ホーム » サイト管理者

サイト管理者

疑似科学とされるものの科学性評定サイト

管理担当者 山本輝太郎

統括研究員 明治大学教授 石川幹人   (科学基礎論)

共同研究員 信州大学教授 菊池聡    (認知心理学)

      明治大学教授 長田恭一   (食品化学)

      明治大学准教授 蛭川立   (人類学)

      法政大学教授 左巻健男   (理科教育)

      明治大学准教授 今村哲也  (知的財産法)

相談役   蒲田典弘

      藤木文彦

制作協力  サイエンスウェブ株式会社

法的事項

 サイト管理者は、本サイトに掲載される情報を逐次更新し、妥当な情報を提供するべく努力しております。しかし、本サイトに掲載されている情報は研究途上のものであるため、情報の精確性、完全性、最新性等についてサイト管理者は、一切の責任を負いません。
 ハイパーリンク先のその他すべてのサイトに掲載されている情報についても、本サイト管理者は、一切の責任を負いません。以上、ご了解のうえ閲覧ください。

情報提供、コメント、質問を歓迎します。

投稿

投稿&回答

代替医療の現場で働いています。
周囲が明らかに疑似科学である物に対して肯定的な姿勢の人間ばかりで自分が正気なのかそうでないのかわからなくなります。
願わくは直接お会いして、普段わたしたちが取り扱っている疑似科学を紐解いてほしいと思っていますが・・・。
当サイトを運営している皆様とお話できたり、講演を聴いたりすることはできるのでしょうか。
(投稿者:----------,投稿日時:2018/05/26 13:37:23)

ご投稿ありがとうございます。
7月21日に本研究所でサイエンスカフェを実施しますので、そちらにお越しいただくのはいかがでしょうか。講演者は科学ライターの松永和紀さんで、場所は明治大学駿河台キャンパスで行います。
席に限りがありますが、もし参加ご希望であれば、こちらで優先的に席を確保します。
お名前、アドレス等を記載の上、コメントください(もちろん、非公開情報として対応いたします)。
(回答日時:2018/06/09 19:35:12)

本サイトについての提案です。
本サイトのドメイン名は sciencecomlabo.jp となっていますが、例えばsciencecomlabo.meiji.ac.jpなどに変えた方が良いと思います。なぜなら.jpドメインは誰でも簡単に取得でき、信用性が低く、明治大学に属する研究所としてはふさわしくない為です。

sciencecomlabo.jpのwhoisも見てみましたが、サイエンスウェブ社の丹野篤美という方の個人名義で登録されています。同じレジストラ (JPRS) を使っている meiji.ac.jp はちゃんと大学として登録されているにも関わらずです。

また、httpsに対応していない事もサイトの信用性を大いに下げています。

これらを加味すると、本サイトが本当に明治大学科学コミュニケーション研究所が運営しているのかすら、客観的に信用できる根拠はないと言っても極論ではないでしょう。即ち、似非科学の信用性を評定するサイト自体に信用性が無いという悲しい状態になってると言えます。

よって速やかにドメインを変更し、現在のsciencecomlabo.jpは全て変更後のURLにリダイレクトすることを検討した方がいいと思います。

以下、類似の事例です。
http://takagi-hiromitsu.jp/diary/20141227.html

それにしても、制作協力とあるサイエンスウェブ社と言うのはどこまで関わってるんですかね。とりあえずドメイン登録者が同社の個人名義なのは擁護できない。同じく明治大の別学部である riappa-meiji.jp も担当したようですが、本サイトと同じ有様でした。しまいには自社サイトもhttpsに対応してない始末。研究機関専門のWeb制作会社にしては流石にお粗末過ぎますね。 (投稿者:ppp,投稿日時:2018/05/13 15:35:50)

ご投稿ありがとうございます。
まさにご指摘の通りで、ドメインやhttpsの件については以前から運営上の議題となっています。
そこで現在、このサイトに関する情報はそのまま(あるいは一部刷新し)で、疑似科学に関する新規プラットフォームを構築中でございます(https://gijika.com)。
本格公開は本年秋ごろを予定しておりますが、少なくともセキュリティ面への一定の改善を目指しております。
また、本サイトは明治大学の直轄というわけではなく、明治大学の研究知財戦略機構における「科学コミュニケーション研究所(代表:石川幹人)」によって管理・運営されています。ドメインをmeiji~などとすること自体は、おそらく何らかの規約に抵触することもないとは思いますが、現状、新規サイトについては先のサイトアドレスにて運営していく予定です。
情報セキュリティ面での有益なご指摘に感謝いたします。
(回答日時:2018/05/14 22:27:18)

本サイトについての提案です。
本サイトのドメイン名は sciencecomlabo.jp となっていますが、例えばsciencecomlabo.meiji.ac.jpなどに変えた方が良いと思います。なぜなら.jpドメインは誰でも簡単に取得でき、信用性が低く、明治大学に属する研究所としてはふさわしくない為です。

sciencecomlabo.jpのwhoisも見てみましたが、サイエンスウェブ社の丹野篤美という方の個人名義で登録されています。同じレジストラ (JPRS) を使っている meiji.ac.jp はちゃんと大学として登録されているにも関わらずです。

また、httpsに対応していない事もサイトの信用性を大いに下げています。

これらを加味すると、本サイトが本当に明治大学科学コミュニケーション研究所が運営しているのかすら、客観的に信用できる根拠はないと言っても極論ではないでしょう。即ち、似非科学の信用性を評定するサイト自体に信用性が無いという悲しい状態になってると言えます。

よって速やかにドメインを変更し、現在のsciencecomlabo.jpは全て変更後のURLにリダイレクトすることを検討した方がいいと思います。

以下、類似の事例です。
http://takagi-hiromitsu.jp/diary/20141227.html

それにしても、制作協力とあるサイエンスウェブ社と言うのはどこまで関わってるんですかね。とりあえずドメイン登録者が同社の個人名義なのは擁護できない。同じく明治大の別研究所である riappa-meiji.jp も担当したようですが、本サイトと同じ有様でした。しまいには自社サイトもhttpsに対応してない始末。研究機関専門のWeb制作会社にしては流石にお粗末過ぎますね。 (投稿者:ppp,投稿日時:2018/05/13 15:32:55)

ご投稿ありがとうございます(同じ投稿者様でしょうか)。
まさにご指摘の通りで、ドメインやhttpsの件については以前から運営上の議題となっています。
そこで現在、このサイトに関する情報はそのまま(あるいは一部刷新し)で、疑似科学に関する新規プラットフォームを構築中でございます(https://gijika.com)。
本格公開は本年秋ごろを予定しておりますが、少なくともセキュリティ面への一定の改善を目指しております。
また、本サイトは明治大学の直轄というわけではなく、明治大学の研究知財戦略機構における「科学コミュニケーション研究所(代表:石川幹人)」によって管理・運営されています。ドメインをmeiji~などとすること自体は、おそらく何らかの規約に抵触することもないとは思いますが、現状、新規サイトについては先のサイトアドレスにて運営していく予定です。
情報セキュリティ面での有益なご指摘に感謝いたします。
(回答日時:2018/05/14 22:27:53)

潜在意識やNLPに関しても検討をお願いします。

脳医学や脳科学と関連付けるなどサイエンスチックなイメージを与えながらも、私見ではありますが、おいしいところをつまみぐいしているだけのオカルトチックな印象しか感じません。 (投稿者:山田,投稿日時:2018/02/24 15:51:07)

ご投稿ありがとうございます。
依頼了解いたしました。
(回答日時:2018/03/07 22:43:54)

最近、巷で流行っている宗教?のセミナーに「観術」(NR JAPAN)というものがあります。韓国人のノ・ジェス氏が提唱しているようですが、量子力学から発展し、全ての科学・哲学領域を包括する大統一理論「HITOTSU学」というものがあるそうです。
私も本を読み、セミナーを受けてみましたが、量子力学を利用した疑似科学宗教のようにしか思えませんでした。「ゲーデルの不完全性定理」を理念的に越えていると、よく解らない主張されていることもあり、科学と呼ぶのもおこがましい気持ちではありますが。
是非とも科学性の評定をお願いしたく、ご報告致します。 (投稿者:とあるサラリーマン,投稿日時:2018/01/28 23:50:30)

ご投稿ありがとうございます。
このところ「量子力学的~」などの文言はよく流行っているようですね。あまり裏付けのない状態で応用的に用いられている言説・製品等が多いのではないかと思いますね。
評定依頼・情報提供に感謝いたします。
(回答日時:2018/01/31 16:07:48)

1 2 3 4 5 6 7 8

      ※投稿された記事やコメントは運用管理者が承認した後、掲載されます。