ホーム » 評定の基本的考え

評定の基本的考え

 一般に、「これこれの条件を満たさなければ科学とは言えない」とか、「これこれの条件を満たせば科学である」とかの、「科学であるための必要十分条件」は存在しない。そのため、科学と疑似科学を分ける境界を明確に決めることはできない。しかし、科学ならば「およそこれらの条件を満たすべき」とか、現実に科学とみられているものは「これらの条件を満たす傾向にある」という諸条件は存在している。本サイトでは、次の10の条件を掲げて評定する。

 本研究におけるこれらの評定項目については、トーマス・クーンの「客観性、価値判断、理論選択」に着想を得ている。詳しくは評定項目の出典にて記載している。
 各条件の詳しい説明はトップページにあるが、こうした条件をどれも高く満足する場合は「明らかに科学である」ということができる。
 たとえば物理学化学ならば、どの条件も高く評定することができ、科学と明言できる。
 しかし、医学生物学工学などの人体や技能に関する分野では、実験データが収集されていて、データの観点の条件は高く評価できるが、それを説明する理論が整備されてなく、理論の観点の条件は低い評価のままのことがある。逆に、政治学経済学などの社会科学分野では、現象を説明する理論が立論・吟味され、理論の観点の条件は高く評価できるが、現象に関するデータを十分集めることが難しく、データの観点の条件は低い評価のままのことがある。
 つまり、部分的に条件が低評価であっても、社会通念上、科学と言うべき分野や究明対象があることも事実である。また、それまで確実と思われていた理論に重大な欠陥が見つかって科学とは言えなくなったり、正確なデータが収集できるようになって新たに科学になったりする分野もある。科学であるかどうかは、究明の進行状況に応じて、時代とともに変化もするわけである。
 科学かどうかに不確実で不確定な側面があるため、科学を装った言説でもってそれにつけこみ、架空の信用を得る行為がおきやすい。いわゆる疑似科学として糾弾されるものがそれに当たる。ところが一方で、科学として未完成状態にある探究が、疑似科学のレッテルを貼られることで、不当な扱いを受ける場合も存在する。


 そこで本サイトでは、さまざまな究明対象に関する現時点の活動を、上述の10つの諸条件について評価し、それらを総合的に捉えてどの程度の科学性があるか、将来の展望はどうかを、次の4段階(加えて判断留保)により評定する。各究明対象について多くの人々が適切な認識に至ることを目標にしている。なお、究明対象の定義のあいまいさなどの理由で、2段階をまたいだ評定を行う場合もある。

科学

諸条件の評価が全体にわたって高いか、または部分的に低評価の条件があっても、他の高評価の条件によってそれを埋め合わせられる。現時点および将来にわたって科学と評定できる。

発展途上の科学

諸条件の評価が全体にわたって高いとまでは言えないが、部分的に高評価の条件がある。暫定的に科学とみなせるが、今後の研究いかんによっては、科学とは言えない状況になる恐れも残される。

未科学

諸条件の評価が全体にわたって低いが、部分的に高評価の条件がある。今のところ科学とは言えないが、将来にわたって研究を積み重ねた結果、科学と言える段階に進む可能性がある。

疑似科学

科学的な言説をもっているにもかかわらず、諸条件の評価が全体にわたってきわめて低い。実際のところ科学とは言えないうえに、社会的な問題をもはらむので、「科学でない」と明言するほうがよい。

判断保留

評定対象の特別な問題のため、現時点では評定を行えない。たとえば、安全性にかかわる評定対象の場合、「危険な効果はあるとは言えない」と評定できても「安全とまでは断言できない」のであれば、「本当に危険性はないのか」と予防措置を続ける必要が生じる。こうした対象の場合、いったん判断留保としておく。

参考文献:『疑似科学と科学の哲学』 伊勢田哲治
『99.9%は仮説』 竹内薫
『科学との正しい付き合い方』 内田麻理香
『誤解だらけの「危ない話」』 小島正美
『科学と神秘のあいだ』 菊池誠
『なぜ疑似科学を信じるのか』 菊池聡
『クリティカルシンキング不思議現象篇』 シック&ヴォーン
『疑似科学入門』 池内了
『科学とオカルト』 池田清彦
『なぜ疑似科学が社会を動かすのか』 石川幹人

情報提供、コメント、質問を歓迎します。

投稿

投稿&回答

ネット上で、「ニセ医学批判」を行っていることで有名なNATROMという医師がいますが、彼の意見の真偽をどのように評価しますか? (投稿者:maprmed70,投稿日時:2016/03/18 16:05:36)

お返事遅れました。
NATROMさんという方の、具体的にどの部分の意見について述べればよいのでしょうか?
何か情報をご提示していただけると助かるのですが……。 (回答日時:2016/03/22 19:04:33)

活動概要「データの客観性」について一言

近代科学は客観性を追求してきたが、現代物理学確立以降では、客観的であることが難しい研究対象が多い。
そのような階層や領域では、無作為化対照試験のような方法を適用することはナンセンスであるし、データは定量的ではなく定性的に扱ったほうがよい場合も多い。
法則・理論によって真偽が判別されるのであり、検証法などによって保証されるわけではない。メカニズムを探究しないエビデンスなどは、結果的に疑似科学を温存させ、不毛な論争を続けることになる。十分、ご注意を

(投稿者:maprmed70,投稿日時:2016/03/04 16:40:36)

ありがとうございます。
ご指摘、よくわかります。
(回答日時:2016/03/08 15:09:26)

「評定の基本的考え」において、
「なぜ、タンパク質を論じないのですか?」ということをコメントしたが、それが「評定依頼」のサプリメントに回されている。大部分の病気はタンパク質において発現するのであり、タンパク質は生命現象の中心となる物質である。したがって、タンパク質の物理・化学的特性を理解せずに医学における科学と疑似科学の問題は解決できない。

この程度の基礎的な知識に欠けるようでは、このサイトは閉鎖したほうがよいだろう。 (投稿者:maprmed70,投稿日時:2016/02/24 01:40:58)

maprmed70さん
そういうことでしたか。
ただ、本サイトの「構成上」、あるいは趣旨上、タンパク質を単独で論じるために「丁度良い」ページが現状ありません。
ですから、ご教示ありがたく承って、今後の方針として対応します。 (回答日時:2016/02/24 08:36:58)

なぜ、タンパク質を論じないのですか?
(投稿者:maprmed70,投稿日時:2016/02/18 12:55:46)

(回答日時:2016/02/22 13:23:45)

「発展途上の科学」というカテゴリーは、かなり不遜な印象を与える。
私自身は鍼灸は近代医学との整合性のある理論構築が必要だと考えるが、「科学として発展途上」と決めつけるのはこれまでの努力にたいしていささか失礼だと思う。現在も、検証も進められているではないか。検証にさらされているのなら、それは十分に科学の名前に値すると思う。一体、どうであったら納得してもらえるのか。そんなこと言ったら、臨床医学のかなりの部分が「発展途上の科学」ということになる。例えば外傷の治療は、殺菌消毒から湿潤療法へと移行している最中だが、殺菌して感染症を防ぐ治療に問題点が存在するから「発展途上の科学」ということになる。
うるさいことを言えば、科学というものは常に発展途上なものであって、完全にエスタブリッシュされた理論など存在しないと思う。

「科学とみなされるが、人によって評価が分かれる」ぐらいが、適切な表現ではないか。

さらに、理論の検証に統一性が見られない。例えばDHA・EPAの「理論の普遍性」の「そういう意味で〜」以降は何言ってるんだかわからない。またヒアルロン酸・コラーゲンは経口と経皮で分けて考えるべきだし、βカロテンは明らかな論旨の混乱が見られる。抗酸化作用・活性酸素除去については、ある程度立場を明らかにするべきだと思う。
特にどの項目も「中」と評価されたものは、「それもアリかな」から「単にケチつけた」まで幅が広く、読者に混乱をもたらす。
アニマルセラピーについては、どういう効果を検証しているのか全く理解できない。これで「がんが治る」とか言ってれば問題だが、治療に対する動機付けや精神的なケアについては十分な症例報告もあるはず。正直、ケチをつけているとしか思えない。

私としては明らかな疑似科学の検証だけに絞った方がいいと思う。そうでなければ、もっと多分野の専門家を交えてディスカッションし、腰を据えた検証をすべきだ。少なくとも鍼灸やカイロプラクティックに対する記述は勉強不足だと判断せざるをえない。
国立健康・栄養研究所のDBのように、科学的な検証を冷静に行ってもう少し抑えた書き方をすることを期待する。 (投稿者:有機化学研究者,投稿日時:2016/01/06 14:19:36)

ご投稿ありがとうございます。
なるほど。鋭いご指摘もありますが、今後の方針として受け止め、対応させていただきます。
また詳細なご指摘など、いただければと思います。 (回答日時:2016/01/09 22:51:19)

twitter などのボタンをつけて欲しいです。すぐにSNSにシェアできますので。 (投稿者:zanjibar,投稿日時:2016/01/02 21:50:49)

ご投稿ありがとうございます。
ご提案の件、前向きに検討いたします。
ありがとうございます。今後も本研究をよろしくお願いいたします。 (回答日時:2016/01/05 23:33:15)

ページトップに更新情報があると嬉しいです。 (投稿者:Meat)

Meat様
ご指摘の通りで、近く改善する予定でございます。
ご投稿ありがとうございます。

私は、10年程前からL型ロッドを用いたダウジングにより、地中に埋設された水道管はもとより、1000~1400年昔(奈良時代)に造られた古代の道路、七道駅路や寺社の遺構跡を探索しています。
非常に便利に使用していますが、この方法は疑似科学ですか、超心理学の分野でしょうか教えて下さい。
(投稿者:sakusuke)

サイト全体を眺めまして、気付いた事を自ブログにまとめました。ぜひご一考下さい。↓
http://blog.goo.ne.jp/osato512/e/9f9be1b6ff6b616f63712135ef34f8ef (投稿者:OSATO)

OSATO様
ご投稿ありがとうございます。
ブログ拝見させていただきました。大変鋭いご指摘が多く恐縮しております。特に四段階評価についてはほかの方からもいくつかご意見を頂戴しておりまして、色々工夫すべきところがあるかと思っております(ブログ内で提案されていたレーダーチャートなども一つですね)
頂いたご指摘を考察し、本研究を発展的なもの(適切な科学コミュニケーションの場として)としていきたいと考えておりますのでご協力お願いいたします。
ありがとうございます。

疑似科学の科学的妥当性を検証する活動は、多くの方が待ち望んでいたものではないかと思います。日々生み出される不正理論を個人で検証するのは、非常に難しいことでしたので。私もその一人で、微力ながら活動を支援できたらと思っております。不都合な点がなければ是非、一般からの献金窓口の設置をご検討ください。 (投稿者:止場なみ)

止場なみ様
ご投稿ありがとうございます。
ありがたいお申し出なのですが、恐縮ですが本研究においては現在のところ献金を募る予定はございません。悪しからずご了承ください。
ですが、何か情報、ご意見等ございましたらいつでもお寄せください。ありがとうございます。

1 2 3 4 5

      ※投稿された記事やコメントは運用管理者が承認した後、掲載されます。