ホーム » 評定の基本的考え

評定の基本的考え

 一般に、「これこれの条件を満たさなければ科学とは言えない」とか、「これこれの条件を満たせば科学である」とかの、「科学であるための必要十分条件」は存在しない。そのため、科学と疑似科学を分ける境界を明確に決めることはできない。しかし、科学ならば「およそこれらの条件を満たすべき」とか、現実に科学とみられているものは「これらの条件を満たす傾向にある」という諸条件は存在している。本サイトでは、次の10の条件を掲げて評定する。

 本研究におけるこれらの評定項目については、トーマス・クーンの「客観性、価値判断、理論選択」に着想を得ている。詳しくは評定項目の出典にて記載している。
 各条件の詳しい説明はトップページにあるが、こうした条件をどれも高く満足する場合は「明らかに科学である」ということができる。
 たとえば物理学化学ならば、どの条件も高く評定することができ、科学と明言できる。
 しかし、医学生物学工学などの人体や技能に関する分野では、実験データが収集されていて、データの観点の条件は高く評価できるが、それを説明する理論が整備されてなく、理論の観点の条件は低い評価のままのことがある。逆に、政治学経済学などの社会科学分野では、現象を説明する理論が立論・吟味され、理論の観点の条件は高く評価できるが、現象に関するデータを十分集めることが難しく、データの観点の条件は低い評価のままのことがある。
 つまり、部分的に条件が低評価であっても、社会通念上、科学と言うべき分野や究明対象があることも事実である。また、それまで確実と思われていた理論に重大な欠陥が見つかって科学とは言えなくなったり、正確なデータが収集できるようになって新たに科学になったりする分野もある。科学であるかどうかは、究明の進行状況に応じて、時代とともに変化もするわけである。
 科学かどうかに不確実で不確定な側面があるため、科学を装った言説でもってそれにつけこみ、架空の信用を得る行為がおきやすい。いわゆる疑似科学として糾弾されるものがそれに当たる。ところが一方で、科学として未完成状態にある探究が、疑似科学のレッテルを貼られることで、不当な扱いを受ける場合も存在する。


 そこで本サイトでは、さまざまな究明対象に関する現時点の活動を、上述の9つの諸条件について評価し、それらを総合的に捉えてどの程度の科学性があるか、将来の展望はどうかを、次の4段階(加えて判断留保)により評定する。各究明対象について多くの人々が適切な認識に至ることを目標にしている。なお、究明対象の定義のあいまいさなどの理由で、2段階をまたいだ評定を行う場合もある。

科学

諸条件の評価が全体にわたって高いか、または部分的に低評価の条件があっても、他の高評価の条件によってそれを埋め合わせられる。現時点および将来にわたって科学と評定できる。

発展途上の科学

諸条件の評価が全体にわたって高いとまでは言えないが、部分的に高評価の条件がある。暫定的に科学とみなせるが、今後の研究いかんによっては、科学とは言えない状況になる恐れも残される。

未科学

諸条件の評価が全体にわたって低いが、部分的に高評価の条件がある。今のところ科学とは言えないが、将来にわたって研究を積み重ねた結果、科学と言える段階に進む可能性がある。

疑似科学

科学的な言説をもっているにもかかわらず、諸条件の評価が全体にわたってきわめて低い。実際のところ科学とは言えないうえに、社会的な問題をもはらむので、「科学でない」と明言するほうがよい。

判断保留

評定対象の特別な問題のため、現時点では評定を行えない。たとえば、安全性にかかわる評定対象の場合、「危険な効果はあるとは言えない」と評定できても「安全とまでは断言できない」のであれば、「本当に危険性はないのか」と予防措置を続ける必要が生じる。こうした対象の場合、いったん判断留保としておく。

参考文献:『疑似科学と科学の哲学』 伊勢田哲治
『99.9%は仮説』 竹内薫
『科学との正しい付き合い方』 内田麻理香
『誤解だらけの「危ない話」』 小島正美
『科学と神秘のあいだ』 菊池誠
『なぜ疑似科学を信じるのか』 菊池聡
『クリティカルシンキング不思議現象篇』 シック&ヴォーン
『疑似科学入門』 池内了
『科学とオカルト』 池田清彦
『なぜ疑似科学が社会を動かすのか』 石川幹人

情報提供、コメント、質問を歓迎します。

投稿

投稿&回答

貴サイトを興味深く拝見いたしました。
一点だけ気になった部分が、総評を判定した年月日が不明な点です。
今後もしかしたら、質が高く有意な研究論文が発表される事があるかもしれない。
そう考えた場合、たとえ暫定的判断だとしても日付は入れる方がより良いと考えます。
また、少なくとも判定からどの程度の期間、対象の研究が進んでいないかが明確にわかるので、見る側の判断材料にもなります。
ご検討お願いいたします。 (投稿者:NOR)

NOR様
ご投稿ありがとうございます。
非常に鋭いご指摘です。確かに改善しなければならない点だと痛感しております。前向きに検討させていただきます。
試験運用段階の当研究サイトでしたが、予想外に反響があったことに管理側としても当惑しているところです。まだ粗削りで未熟なものでございますが、洗練されたものとなるようにご協力お願いいたします。
ご指摘ありがとうございました。

医療関係の人も身につけていることがあってがっかりする「空間除菌」関連のものに関してもまとめていただけると嬉しいです。 (投稿者:reve)

どこに質問すればいいのか分からなくて、この電磁波有害説の1行目に送電線の文字があったのでここに書かせていただきます。
電位治療器はどの程度エビデンスは確立されているのですか? (投稿者:ifoo)

http://itall.exblog.jp/20639427/
あと板橋区のうそっぱちホタル繁殖でほじくりかえされてきたナノ銀除染と

http://togetter.com/li/604652
できれば反ワクチンもお願いします。 (投稿者:reve)

素晴らしい取り組みだと思います。様々の要望があり大変かとは思いますが、
いわゆるプラズマクラスターについても取り上げていただける予定はあるでしょうか。
いわゆる科学者でも詳しい方以外は、疑似科学的なのかどうかよく知らない方が多いかと思います。 (投稿者:es)

es様
ご投稿ありがとうございます。
本研究はまだ試験運用段階ということもあり、方向性や方針などについても厳密に定まっているわけではありません。
ただ、本研究では皆様から広く情報を募り検証していくという手法を採用しておりますので、ご指摘のプラズマクラスターに関しての詳しい情報等ございましたら是非ご投稿ください。
初期段階ということもあり、まだまだ未整備の面も多いですがご協力をお願いします。

各種評定拝見しました。どれも冷静な表現で好感が持てるのですが、それだけに参考文献が惜しいと考えます。題材を扱った書籍ではなく、論文等への一次元情報への記述もお願いいたします。(たとえ全員が入手できなくても、入手できる人もいるはずです。それがないと、評定の客観性が再検証できません。) (投稿者:osiire)

osiire様
ご投稿ありがとうございます。
まったくご指摘の通りで、一次資料の追記も充実させていく方針です。
本研究ではそういった情報も募っておりますので、一次資料、二次資料問わずお持ちの情報等あればご投稿ください。

はじめまして。
私は40歳主婦です。
すごい検証の数々、大変興味深く読みました。

もっとどんどん増やすんでしょうか?
是非やっていただきたいです。他にも、コエンザイムQ10、ヒアルロン酸、EGFなど、コスメ業界には新しい物質が日々増えています。
中にはもちろんあやしそうなものも…是非検証していただきたいです。

それから、進捗はするんでしょうか?
特に発展途上の科学、などは、もしかして研究が進んで数年後には科学と認定されるに足るものも出てくるかもしれません。啓発系には希望は薄そうですが(^_^;)
1年に一度くらい見直してみても面白いと思います。

もう一点、
総評が『科学』であると位置付けられるものに関しても、あえて検証していただきたいです。
そうすると、擬似科学とされたものとの比較がわかりやすいと思います。
例えば…と言っても、ちょっとフィールド広すぎちゃってなかなか提示しにくいですが、
『塩』とか。一般的には高血圧症の原因になるとかよく言われていますが、
むかしTVで、「身体に悪いとされた実験には、30kgの塩化ナトリウムが使用されたからだ、などと言って、ミネラル分が多い塩なら、毎日塩水飲んでた方が身体に良い」とかやってて、ぶったまげたことがありました。
どの程度の科学性で塩化ナトリウムが身体に悪いのか、とか。これ科学と認定されなかったらヤバイですかね…。


とりとめなくスミマセン。
でも本当に興味深いサイトだったので、今後ますますのご発展を期待しております。 (投稿者:すずき)

すずき様
ご投稿ありがとうございます。
個別のトピックスについては今後も増やしていく予定です。
特にサプリメントについては研究材料が豊富にあるため需要に応じて調査していければと考えております。『塩』では少し捉えどころがありませんが、もう少し具体的な言説があれば是非情報提供をお願いいたします。
また、ご指摘にありました進捗または検証についても随時更新していく予定です。本研究ではトップダウン式の体系性ではなく、皆様の情報提供によりボトムアップ式に近いものを目指しております。
そのため、総評における評定や記事内容においても広く情報を募集しており、議論していきたいと考えております。
よろしくお願いいたします。

初めまして

こちらで扱っていただけるカテゴリーに医療関連は難しいでしょうか?
具体的には ワクチン害悪論 の内の
防腐剤水銀化合物の自閉症起因論ですが

私、一応理系の端くれとして、

・水銀化合物が自閉症の起因となる可能性
・水銀化合物のワクチン中の濃度

との2段階に於いて、強く疑似科学性を感じております (投稿者:G.Foyle)

G.Foyle様
ご投稿ありがとうございます。
ご質問の件に関しまして、「ワクチン害悪論」トピックス新設のために情報を募りたいと思います。
ご協力お願いいたします。

1 2 3 4 5

      ※投稿された記事やコメントは運用管理者が承認した後、掲載されます。