疑似科学用語事典

概要

 疑似科学的言説における諸問題を論じるうえで、科学史や科学哲学などの学術分野の知識・概念を理解することは不可欠です。しかし、これには幅広く応用的な学問知識や高度に専門的な用語の識別が必要であり、また、それらの習得に際して多大な労力が要求されることも予測されます。
 そこで、本ページでは疑似科学的言説を理解するうえで必要とされるこうした知識の「事典」を作成していきます。より平易に言いますと、“科学的に考えること”に関連する用語をハイパーテキスト形式で「事典」として表します。
 これにより、本研究における評定記述のより深い理解、そして、サイト自体の敷居の高さの軽減を図っていきます。なお「辞典」ではなく「事典」としたのは、単なる語句の詰め合わせではなく、「事象」というより広い意味を扱うということを目指してのことです。(2016.9.5)

※本ページは科学技術社会論学会2015年度、柿内賢信記念賞研究助成金・実践賞の支援を受けて作成しています。

語句一覧

【あ行】

愛用者の感想

悪徳商法

後づけ仮説(アド・ホックな仮説)

医業類似行為

医薬品区分

因果関係

栄養機能食品

EBM

オーラ

お蔵入り効果

応用性

オカルト

【か行】

回帰効果

科学

学術論文誌

確証バイアス

仮説検定

学会

金縛り

カルト集団

喫煙のリスク

客観性

機能性表示食品

境界設定問題

恐怖

クオリア

公共性

抗酸化物質

酵素

コールド・リーディング

コクラン共同計画

こっくりさん

根拠にもとづく医療

【さ行】

再現性

催眠暗示

サプリメント

サブリミナル効果

視線検知

色彩治療

自己成就予言

システマティック・レビュー

自然治癒力

実験群

終末予言

出版バイアス

実在

証明

ジンクス

信頼性

スランプ

生命エネルギー

説明責任(立証責任)

前世療法

想像世界

相関関係

【た行】

体系性

対抗理論

対照群

ダウジング

多重検定

妥当性

単純接触効果

知覚世界

チェンジ・ブラインドネス

データ

統合医療

特定保健用食品

統制群

トップダウン認知

【な行】

二重盲検法

認知的不協和

【は行】

波動

バーナム効果

パラダイム

パレイドリア

パワーストーン

パワースポット

反証可能性

万能理論

比較対照試験

引き寄せの法則

フードファディズム

普遍性

プラシーボ効果

変性意識状態

補完代替医療

保健機能食品

【ま行】

無作為化比較対照試験

明晰夢

メタ分析

メンタリズム

目撃証言

モデル

【や行】

幽体離脱

予測性

予防医学

予防接種の有効率

【ら行】

ランダム化比較対照試験

RCT

量子論

理論

理論負荷性

臨死体験

歴史性

論理性