ホーム » 自己啓発 » 占星術

占星術

言説の一般的概念や通念の説明

語句説明

 占星術とは、ある瞬間の天体の配列が地上の出来事に影響を及ぼしているとし、人間の性質や将来の見通しを予測するというものである。
 占星術はメソポタミアを起源とし、古代エジプトで体系化され、ギリシア、ローマ、アラビアにおいて発達した(2)。本項目では、そのような系譜の中で一般的に「西洋占星術」¹と分類されるものを中心に言及していく。
 また、占星術には少なからずアート(芸術的技法)や文化としての意味があるが、ここではそれらは評定の対象とはしない。あくまで、“科学的に研究されてきた(されている)対象”としての占星術のみを扱い、記述していく。

1実践的な占星術では、惑星の性質、獣帯(12星座)、季節、アスペクト(角度)、ハウスなどから、それらを構成要素として描きこんだ「ホロスコープ」を用いて解釈を行う(1)(2)。

効果の作用機序を説明する理論の観点

理論の論理性 (低)

 広く知られているように、占星術は天文学²と切り離せない関係にある。古代では多くの知識人が占星術を支持し、天文学者兼占星術家だったことも見逃せない(1)。
 一般的に天文学が占星術から分離していく過程は、コペルニクスの地動説によって見ることができる。科学としての天文学、迷信としての占星術が確立されていった最も中心的な“変化”であったことは間違いないだろう。
 ただし、占星術批判は何もコペルニクスから始まったわけではない。それ以前も、天文学は科学だが占星術は迷信だという懐疑的な意見は多くあった(2)。
 また、技術の発達につれて新しい惑星が発見されると、占星術ではそれらに対し“独自の解釈”を加えたアド・ホックな説明を行ってきたことが指摘できる(1)。霊魂論、心理学、医学などとの組み合わせや、キリスト社会、イスラム世界、中国占星術など時勢や文化と併合し生き残りを図ってきたという見方もでき、論理として一貫性に乏しい。

2西洋中世においては天文学も占星術も用語としてはastrologiaが用いられ、明確に区別されていないことも見受けられる(2)。

理論の体系性 (低)

 占星術の理論体系は天動説に依拠しているため、現代の自然科学的知見とは整合性がとれない。占星術はプトレマイオス的宇宙観に沿って「知として形成」されてきたため、それが覆されると内部のほとんどの理論が他の学術的知見と矛盾してしまう。
 また、占星術では惑星や星座の関係性が人間に何らかの影響を及ぼすとしているが、現代の物理学や天文学的見地からはそのような所見は見当たらない。

理論の普遍性 (低)

 占星術では独自の解釈によって、人間の心理状態を部分的にでも引き出すことができ、それで一見すると普遍性が高いように見える。しかし、広く知られている「バーナム効果」「確証バイアス」「自己成就」などの心理効果や「コールドリーディング」や「ホットリーディング」などの一種の詐欺的技術によって“占い行為”が当たる現象が説明できてしまい、まさに、普遍性が高いように見えるだけあると考えられる(占星術専門家においてもある種のごまかしがあることは認めている(1))。

実証的効果を示すデータの観点

データの再現性 (低)

 占星術において、実証主義的なアプローチによる研究報告はこれまでほとんどない。科学的根拠とされるものでは1950年代にゴークラン夫妻が行った研究がほとんど唯一のものとして挙げられる(1)(3)。 ミシェル・ゴークランとフランソワーズ・ゴークランは、惑星の位置と人々の職業的傾向との相関関係について調査を行い、統計学的データに基づいて占星術の有効性を示唆した。たとえば、傑出した運動選手が誕生するときの火星の位置の傾向性、政治家の誕生と木星の位置関係などが報告されたのだ(3)。
 しかし、その報告においてさえ、職業選択における他の社会的要因と比べて惑星による影響は(有意水準ではあったものの)あまりにも小さすぎ実際に使用するには再現性に乏しいことが指摘されている。
 たとえ膨大な逸話の累積があったとしても、それだけでは再現性を保証することはできず、前述のゴークラン夫妻の研究を加味しても評価は低い。

データの客観性 (低)

 コペルニクスの地動説によってほぼ完全に天文学と分離して以降、占星術は統計学的手法による客観性をほとんど重要視しておらず研究もほとんど行われていない。文化や風習としての面が強調されてきた。
 客観性を推し量れるほとんど唯一の報告は、前述のゴークラン夫妻の研究のみといってよい。

データと理論の双方からの観点

データ収集の理論的妥当性 (低)

 ゴークラン夫妻の研究では弱い相関関係だったが妥当なデータが収集されていた。しかし、それ以外は主に逸話や神話的な信奉を積み重ねているに過ぎず、占星術の有効性を示唆できるデータではない。

理論によるデータ予測性 (低)

 繰り返しになるが、占星術は天動説を理論の根拠としている点でデータ予測性は低いといえる。
 また、ゴークラン夫妻の研究のように惑星の位置関係と何らかの関係性を示唆するデータを測定することも可能なのだが、かなり大規模な調査になるため実現されていない。

社会的観点

社会での公共性 (低)

 現在占星術において、科学的な研究方法を用いて活動している団体は確認できず、個々の「専門家」を名乗るものによってその社会的な存在が保たれている。多くの占星術「専門家」はそもそも科学性を謳っておらず、文化的意味を強調している。
 海外においても同様の傾向であり、英国占星学協会、米国占星学者連盟といった団体はあるものの、活動の大部分は実践や普及であり、実証主義的な研究は重要視していないように見受けられる。
 このように、信頼判断の全権を消費者などの利用者側に委ねていることは、社会的な公共性の低さを表しているといってよい。

議論の歴史性 (高)

 占星術の歴史は長く、その中で絶えず批判にさらされてきた。コペルニクスによる地動説が支持される以前にも、占星術に懐疑的な知識人が多くいたことは特筆されることだろう(2)。アウグスティヌス、トマス・アクィナスなどが挙げられる。トマス・アクィナスにおいては、天体の運動が人間事象に影響を与えているという占星術の基本的な枠組みは肯定しつつ、しかし、その妥当性は一部分に過ぎないとの理論を展開している(2)。
 一方で、古代ではヒポクラテス、近世にかけてはユングやパラケルススといった当時の「科学者」³たちが占星術を支持していたことも事実である。医学の父とされるヒポクラテスは、身体の「四体液説」に占星術的な意味における惑星との関係を積極的に取り入れようとした。また、パラケルススにおいては瀉血や水銀治療の患者への適用量や時期などを占星術に頼っていたとの考察もある(1)。
 以上のように、占星術は歴史的に無批判に受け入れられていたわけではなく、むしろ執拗に肯定論と否定論が繰り返されてきた。天動説が支持されていた中世までにおいても否定論が存在していたことは意味ある「目録」といえる。

3厳密な意味では、いわゆる「職業科学者」が現れるのは19世紀後半になってからであるが、ここでは簡略的に「科学者」という用語を用いる(4)。

社会への応用性 (中)

 現在、我々が社会生活を送るうえで「占い」といったものを目にしない日を探すほうが難しいだろう。日本において「占い」、特に西洋占星術はポピュラーであり、特定の社会的な位置を獲得しているといえる。
 占星術は現代社会においても幅広く応用されている。たとえば、週7日制は天動説に基づく占星術の名残であり(1)、現在では生活環境の中に完全に根付いている。また、心理学の面から見ると、何かに迷っているときに「占い」を“使う”ことは「認知的節約」につながる。「本日のラッキーカラーは黄色です」といわれれば、服装や装飾においてわざわざ深く考えることなく“決める”ことができるだろう。
 以上のように、占星術における社会への応用性を低いとは評価しきれない側面がある。
 高額なお布施や無益な投資には“個人レベル”で注意を払う必要があるが、社会的な応用性は中と評価する。

総評

疑似科学

 コペルニクスによる地動説が一般に受け入れられるにしたがって、天文学と占星術は別々の道を進み、特に科学的研究においてそれが顕著となっていった。
 占星術では、惑星が人間に何らかの影響を及ぼすのではないかという前提のもと、超自然的な関係性に目を向けているが、その論理の根幹には天動説をはじめとした自然科学では受け入れられないものが多々ある。
 「たとえ疑似科学、オカルト的言説であっても社会的な需要に応えている」というのが占星術コミュニティの主張であり、ある意味では的を射ている。少なくとも、占星術の社会的な役割について批判する権利を科学は有していない。地動説が受け入れられてもなお生き残っている占星術は、もはや科学的な議論の枠組みを乗り越えてしまったといえるのかもしれない。
 占星術が「疑似科学」であることよりも、このような社会的断絶のほうが根本的問題なのかもしれない。

参考文献:

(1)『世界占術大全』 アルバート・S・ライオンズ
(2)『科学思想史』 金森修
(3) http://www.theoryofastrology.com/gauquelin/mars_effect.htm 「Is There Really a Mars Effect?」 Michel Gauquelin Journal of Astrological Studies, Issue 11, Fall 1988, pp. 4-7.
(4)『科学者とは何か』 村上陽一郎
『「占い脳」でかしこく生きる』 鏡リュウジ

情報提供、コメント、質問を歓迎します。

(最終更新日時2016年1月13日)

投稿

投稿&回答

動物占いについても検証してほしいです。
会社の研修で動物占いのコンサルタント会社が来たことがありますが、個性心理学という独自の学問領域を打ち立ててあたかも科学的であるかのように語られていました。
その内容は四柱推命と心理学の融合というものでしたが、要するに生年月日で性格が決まるという、およそ血液型性格診断や占星術と大差ないと感じられるものでした。
検証すべき疑似科学のひとつではないかと思います。 (投稿者:占い嫌い)

「個性心理学」を評定依頼に追加させていただきました。
ありがとうございます。

科学的に「疑似科学とされるものの科学性を評定」するには、現代科学が少なくとも「全知の段階にある」という前提が必要です。では現代科学は、例えば今私たちの目の前にある「机が究極的に何によって出来ているか」を根源的に説明する科学的知見を得ているのでしょうか。
未だ科学は存在の5%しか解明していないと聞きますが、残り95%とされるダークマターやダークエネルギー、M理論が提唱しているとされる5次元以上の世界について、現代科学は既に完全に解明済みなのでしょうか。 (投稿者:よちよち歩き)

雑誌の星占いをする人は「さそり座のラッキーカラー」などをどのように決めているのですか? (投稿者:swc)

占星術の理論はそんなに細かいことまで規定しないので、それぞれの人の流儀や直感で決めています。だから、偶然上に当たることはまずありません。

手相占いはどうして当たるのですか? (投稿者:swc)

占い師は、手相を見て会話している間に、見てもらう人の性格や悩みを察知して、それをあたかも手相でわかったかのように話しているのです。

1 2

      ※投稿された記事やコメントは運用管理者が承認した後、掲載されます。

惑星軌道から占う西洋占星術
米国占星学者連盟
英国占星学協会
「Is There Really a Mars Effect?」
Michel Gauquelin Journal of Astrological Studies, Issue 11, Fall 1988, pp. 4-7.