ホーム » 生活環境改善 » 水からの伝言

水からの伝言

言説の一般的概念や通念の説明

語句説明

からの伝言とは、「水を結晶させた氷の形状からメッセージを読み取ることができる」という旨の主張が展開された書籍のタイトルである。これはたとえば、「水にありがとうや平和などの「よい言葉」をかけると結晶は美しい形となり、バカや戦争などの「悪い言葉」をかけると結晶も醜い形となる」といった意味である[1-3]。日本の経営者である江本勝氏(株式会社I.H.M.代表取締役)によって出版された。

  水からの伝言が話題となったのは、日本の道徳教育現場でこの内容が取り上げられ、「科学的に検証された事実」として広まったことに由来する[4]。後に江本氏は「著書はフィクションであり物語である」と述べているが、一方で自身の主張については「いずれは証明されるもの」とも語っており、実際、水からの伝言に関連したいくつかの研究所を主宰している。本項では、こうした主張を便宜的に「水からの伝言」と定めて科学性を評定する。

目次:

1.「波動」という説明の論理性は低い
理論の観点:論理性(低) 体系性(低) 普遍性(低)

2.主観的に「きれい」「きたない」を分けるという問題
データの観点:再現性(低) 客観性(低)

3.実質的に反証不可能な主張である
理論とデータの観点:妥当性(低) 予測性(低)

4.「よい言葉をつかいましょう」は穏当だが、「水からの伝言」を肯定しない
社会的観点:公共性(低) 歴史性(低) 応用性(低)

総評:疑似科学



理論の観点:

論理性(低)

  「水からの伝言」では人間の言葉は「波動」でありそれを水が理解するとしている。また、水も振動している「波動」であり万物は「波動」からできているとも説明している[1-3]。

  まず、これらの「波動」が物理学用語の波動とは区別されることに注意されたい。この主張では、音波としての空気の振動、水分子の熱による振動、万物を構成する量子の確率振幅を混同していることがうかがえる。

  また、言葉が価値を運ぶという発想は、言語の恣意性やコミュニケーションにおける概念共有の前提からもずれた、一種の言霊信仰に似た側面がある。当然ながら「バカ」という言葉を聞いて、それが肯定的な意味であるのか否定的な意味であるのかについて一義的な判断を下すすべはなく、その意味は様々な文脈において変化しうるものである。   

  人間が理解すべき水準にある意味を「水」に委ねている本言説は、「悪意の言葉をかけると、相手の体の水に悪影響があるからやめよう」という意図となり、人間関係を物理現象に還元する倒錯した論理構成になっている。

体系性(低)

  ごく基本的な自然科学的知識、あるいは言語学などの知見と相容れない考え方である。水の結晶(雪の結晶)の形については中谷宇吉郎氏の中谷ダイアグラムという研究があるが[5]、水からの伝言の主張はそういった研究とも不整合である。

普遍性(低)

  あらゆるものは「波動」であるとして、どこにでもある「水」の重要性を謳ってはいるものの、具体的な理論構築は示されていない。



データの観点:

再現性(低)

  科学論文での厳密な報告がなく再現性を評定できない。ご飯に声をかける実験など、派生した実験の結果が多数の個人から報告されたとしているが、報告バイアスがかなり強いものと推測できる。

客観性(低)

  本言説の報告のほとんどは、江本氏の著書出版で行われており、厳密な論文報告は出されていない。実験の体裁はとっているものの、科学の実験としては十分にコントロールされているとは言い難い。一般読者からの「実験報告」をそのまま次の著書に載せている例もあり、結果の解釈も多分に恣意的である。

  また、実権者の主観で“きれいな結晶”を認定しており、その基準にはばらつきがあることが予想できるため客観的な判断とはいえない。結晶の取扱いが難しいとして、結晶実験はほとんど特定のスタッフによって行われている。ゆえにデータの客観性は低いといえる。



理論とデータの観点:

妥当性(低)

  データとして得られた“きれいな結晶”が本当に言葉によってきれいになったのか判別できない。また、その言葉には本当に「波動」という作用が働いているのかという理論自体が支持されていないうえ、「波動」という概念も不明瞭なため妥当性を評価できる水準にない。

予測性(低)

  主張自体は形式上の予測性は持つが、主張が信頼できず現象も再現できないため予測しているとはいえない。また、本言説の理論への反証が実質的に行えない以上、予測性のある研究を行っているとはいえない。



社会的観点:

公共性(低)

  現在、水からの伝言言説に関連する主張(水の結晶における言葉の影響など)について公共性の高い研究が行われているとはいえない。たとえば「株式会社I.H.M」など、熱心に普及活動を行っている団体はあるものの[6]、この団体は著者である江本氏の経営によるものであり、科学的研究の枠組みとして評価できない。

  当該団体では、水はある種の「波動」を感知するとしてその波動測定器なるものを販売しているが、そこで謳われている「波動」の実態は不明である。啓蒙、啓発団体であるとの説明のほうが適切である。

歴史性(低)

  本言説は実質的に江本氏一人によって構築されてきた上、関連団体内部にて批判的な議論を行っているようには見られない。また、他の研究者などから指摘されている科学的な議論としての「批判」を反省的に受けとめ改善してもおらず、江本氏による啓発活動として見るほうが妥当である。科学的な議論が行われていないため、歴史性は低評価である。

応用性(低)

  本言説が科学的な研究からは逸脱していることを指摘してきた。よって本言説を科学的だとして、何らかの製品開発で社会へ還元するということについては当然ながら低評価とする。

  水からの伝言の主張は「よい言葉をつかいましょう」ということとも換言でき、これ自体は穏当な主張のように思われる。ただし、「よい言葉」をかける対象である水の結晶の美しさをその外見でのみ判断しており、きれいな結晶と醜い結晶の違いは「見た目」によってでしか測定されていない。これは、解釈によっては差別思想にもつながるものであり、道徳教育としてはふさわしいものとはいえないであろう。



総評

疑似科学

からの伝言で述べられている主張の多くは科学の体裁をなそうとしていないため、本来ならば科学性の判定をするような対象ではない。しかし、一部で科学的研究の結果であると主張され[7]、中等教育の現場で取り上げられた経緯もふまえ、疑似科学であるとあえて強調しておく社会的意義があると考える。



参考文献

  • [1]江本勝『水からの伝言』波動教育社1999
  • [2]江本勝『水は答えを知っている~その結晶にこめられたメッセージ』サンマーク出版2001
  • [3]江本勝『水の「真」力~心と体のウォーターヒーリング』講談社2008
  • [4]左巻健男『水はなんにも知らないよ』ディスカヴァートゥエンティワン2007
  • [5]神田健三「雪結晶の様々な形ができる条件(Conditions for Forming Various Patterns of Snow Crystals)」中谷宇吉郎 雪の科学館(http://wattandedison.com/Snow_Crystal.pdf)
  • [6]株式会社I.H.M(http://hado.com/)
  • [7]DEAN RADIN, NANCY LUND, MASARU EMOTO, AND TAKASHIGE KIZU Effects of Distant Intention on Water Crystal Formation: A Triple-Blind Replication Journal of Scientific Exploration, Vol.22, No.4, pp.481–493, 2008
  • 情報提供、コメント、質問を歓迎します。

    (最終更新日時2018年10月5日)

    投稿

    投稿&回答

    水が言葉を理解して反応してるんではなくて実験してる人の言葉と其れを意識で思ってる事に反応してるんだろう
    否定的な人が実験しても再現性は得られないと思われる
    はなからバカにしてる人とかが実験しても其れ相応の結晶しか出来ないと思うよ
    自分の現実は自分の脳が創っている
    基本的には脳が深層意識で信じた通りにしか成らないから

    言葉一つじゃ弱いなら同じ言葉を大量に書き連ねてみたらどうなるか
    紙にいっぱい書くか
    PCで大量にコピーしてメモリーカード等に入れるとかDVDでもいいから実験してみよう
    否定しか出来ない偏った人は実験には不向きだけど
    脳が創る現実に果たして介入出来るかどうか
    (投稿者:○,投稿日時:2018/06/01 17:17:15)

    (回答日時:2018/06/09 19:36:18)

    量子スケールの観点からはどうでしょうか。
    種子が芽吹き、細胞が分裂していく過程においては、根源的には量子論的な確率過程が存在すると思いますが、そこに意思を伴う観測行為は全く影響しないのでしょうか。 (投稿者:koko,投稿日時:2017/09/22 19:25:35)

    ご投稿ありがとうございます。
    「量子スケールの観点」というのがよくわからないのですが、水からの伝言の問題は、「きれいな言葉」「きれいな結晶」というあいまいさが伴う判断を実証的科学の土壌で主張している(ように見える)ことかと思います。
    (回答日時:2017/09/25 14:30:43)

    『水からの伝言』が疑似科学などではないとする科学者の記事を読みましたので、ご存知かと思いますが転写させていただきます。

    ワシントン大学生物工学科教授のジェラルド・ポラック博士は、世界でもトップレベルの水の科学者のお一人であり、過去10年にわたって、毎年世界中から水の科学者・研究者が一堂に会する「物理学・化学・生物学における水に関する年次会議」の議長をされています。
     また科学専門誌「WATER」の創設メンバー兼編集長もされてきています。
     ポラック博士は、世界一流の科学者でありながら、故・江本勝会長の著書『水からの伝言』を高く評価してくださっています。
    『水からの伝言』では、水にさまざまな処理を加えた後で、その水を凍結し、形成される氷の結晶の形を観察する実験を積み重ねることによって、「水はさまざまな情報を記憶する可能性がある」ということを示唆してきています。
     『水からの伝言』は疑似科学ではないかもしれないという興味深い記事でしたので、ご存知かと思いましたが転写させていただきました。

    『水からの伝言』は科学書としてではなく、一般の方に向けた啓蒙書として書かれたものであり、江本勝会長自身も科学者ではなかったため、この結果について、一部の科学者たちから、「水が情報を記憶するはずがない」「非科学的である」と言った批判を受けてきました。

     ところが、ポラック博士が提唱している『第四の水の相』という新しい水の姿を考慮すると、「水には情報を記憶する可能性がある」ということが、極めて科学的に推測されるのです。
     そのため、ポラック博士自身、江本会長の仕事に関して、「江本博士が始めたスピリチュアルな面での仕事と、私たちが行っている科学的な研究の間には、とても密接な関係があります。お互いにとてもよく対応していると思います」と言ってます。

    http://hado.com/water-memory/4th/
    (投稿者:那月ルミ,投稿日時:2017/06/07 23:38:31)

    ご投稿ありがとうございます。
    >『第四の水の相』という新しい水の姿を考慮すると、「水には情報を記憶する可能性がある」ということが、極めて科学的に推測されるのです。
    ――そうですね。今後、科学的な実証研究によって示されるのであれば、こうした可能性も出てくるかもしれませんね。
    ただ、リンク先を拝見したところ、「株式会社IHM」(※江本氏が創業した会社で『水からの伝言』の出版元)からの情報であり、そのあたりの信頼性には慎重になるべきとは思いますが。 (回答日時:2017/06/10 12:13:40)

    江本勝さんの言う「水からの伝言」は、江本勝さんの「自らの伝言」なのです。「水からの伝言」と言うからこのブログの対象になるのです。「自らの伝言」なら只の戯言です。ブログ主様はどう思いますか? (投稿者:たもん,投稿日時:2017/03/11 11:57:58)

    ご投稿ありがとうございます。
    「自らの伝言」うまい言い換えですね。
    ご指摘わかります。
    実際のところ「水からの伝言」のような主張は履いて捨てるほどありますが、この問題がここまで話題になったのは学校教育の場に用いられたという経緯が大きいように思います。 (回答日時:2017/03/23 21:57:07)

    横入りですが、「植物への声掛け」というカテゴリには植物にクラシック音楽を聴かせて生育を良くすると考えてる人達も含まれる気がします。
    「波動」という考えが何物であるか、特定の周波数が生き物に何らかの影響を及ぼすと考えてる人達は一定数いるような気がします。
    イルカにセラピー効果があるとか、音叉で身体の不調を治すとか。 (投稿者:ユウリ,投稿日時:2017/03/03 12:32:15)

    ご投稿ありがとうございます。
    ご指摘の通りと思います。「波動」や「量子」などの語感に何らかの”魅力”があるのでしょうね。 (回答日時:2017/03/11 09:04:43)

    1 2 3

          ※投稿された記事やコメントは運用管理者が承認した後、掲載されます。

    「水からの伝言」を信じないでください
    お水様で金儲け
    「Effects of Distant Intention on Water Crystal Formation: A Triple-Blind Replication」
    DEAN RADIN, NANCY LUND, MASARU EMOTO, AND TAKASHIGE KIZU Journal of Scientific Exploration, Vol.22, No. 4, pp.481–493, 2008
    株式会社I.H.M