ホーム » 評定依頼・情報提供

評定依頼・情報提供のページ

本研究では閲覧者の皆様による情報提供、評定依頼を歓迎しております。現在、下記のような個別の評定依頼項目(依頼項目をすべて掲載しているわけではありません)があり、今後の評定の目安にしていく予定です。

新しい項目の評定依頼、または掲載されている項目についての情報提供、さらに本研究への要望などのご意見があればこちらのページにご投稿ください。

  • ポリフェノール

  • プルーン

  • EGF

  • 燕の巣

  • 青汁

  • ビフィズス菌

  • 黒酢

  • ローズヒップ

  • イソフラボン

  • コンドロイチン

  • ナットウキナーゼ

  • ココナツオイル

  • ミドリムシ(ユーグレナ)

  • γ-アミノ酪酸(GABA)

  • マルチビタミン・ミネラル

  • ラクトフェリン

  • オルニチン

  • 水素サプリメント

  • セサミン

  • 糖鎖サプリメント

  • クロレラ

  • パロチン(唾液腺ホルモン)

  • アミノ酸

  • ハイドロキノンの皮膚漂白作用(美肌効果)

  • グルコシルセラミドの経口摂取によるセラミドの増加(皮膚保湿)

  • 植物マグマ

  • イミダペプチド飲料

  • 飲む日焼け止め

  • グルタチオン

  • 肝臓エキス

  • ケイ素水

  • 還元水素水

  • イオン水

  • 電解水素水

  • プラズマクラスター

  • ナノ銀除染

  • マクロビオティック

  • ローフード主義

  • 空間除菌

  • モーツァルト効果

  • 燃料電池の保存形態

  • チタンベルト

  • 速読術

  • 「スピードラーニング」等による学習効果

  • 常温核融合

  • 水素水

  • 宮脇式植樹

  • ブルーライトカットメガネ

  • ゆる体操

  • グルテンフリーダイエット

  • いわゆる湯シャン

  • 一般家庭での空気清浄機の効能

  • 緑茶による健康法

  • 食品添加物無添加神話

  • 水素風呂

  • ヘアビューザー

  • ミネラル濃縮水

  • アロマエッセンシャル液による認知症予防

  • 「フラーレン」の美容効果

  • シナプソロジー

  • 腸内フローラ

  • 素粒水

  • フォローアップミルク

  • 雑穀

  • マヌカハニーの抗菌作用

  • 不食

  • シックスパッド

  • 運動後数十分から脂肪燃焼効率があがる

  • 冷え取り靴下

  • エマルジョン燃料

  • 熱変換塗料・消熱塗料

  • 活水器

  • 麦飯石

  • 筋力トレーニング

  • シックスパッド

  • 4スタンス理論

  • 経済効果

  • メンタルトレーニング

  • トリガーポイント療法

  • 二軸理論

  • 赤ちゃんトレーニング

  • 漢方

  • オステオパシー

  • ハーブ療法

  • アロマセラピー

  • 血液クレンジング

  • body talk

  • プラセンタ療法

  • 来談者中心療法

  • 感覚統合訓練

  • 精神分析学

  • がんもどき理論

  • ファスティング

  • リフレクソロジー

  • 電気治療

  • トラウマ治療法「FAP療法」

  • 「梅酢」の不妊改善効果

  • コルギ

  • アーユルヴェーダ

  • 内観療法

  • 酵素カプセル

  • 新型うつの「新型」

  • 整体

  • 腸もみ

  • 体を冷やす食べ物、温める食べ物

  • 風邪症状時における対処療法

  • 瞑想

  • 右脳左脳論

  • 方位学

  • SPI検査における性格測定

  • ゲノム解析による能力診断

  • ロールシャッハテスト

  • コーチング

  • 個性心理学

  • シュタイナー教育

  • モンテッソーリ

  • 非認知的能力

  • こどものための哲学

  • 分析心理学

  • ポジティブ心理学

  • アドラー心理学

  • 人間性心理学

  • NLP(神経言語プログラミング)

  • マインドフルネス認知療法

  • 組織神学

  • 反相対論

  • a-t-u-m量子加工技術

  • 幽霊を視る行為

  • ケムトレイル陰謀論

  • 生まれ変わり(稲垣勝巳)

  • 地震雲

  • 守護霊

  • 武術などにおける「気」

  • 積雪予知、地震予知

  • コレステロール害悪論

  • ゲーム脳

  • 遺伝子組み換え食品

  • 経皮毒

  • 白砂糖有害論

  • 使い捨てナプキン有害論

  • 有害物質は子宮にたまる論

  • シャンプーにおけるラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na有害説

  • 小麦粉有害論

  • 炭水化物(糖質)有害論

  • 化学物質過敏症

  • 化学調味料危険説

  • ADHD

  • 双極性障害

  • パニック障害

  • うつ病

  • 骨格調整

投稿

投稿&回答

鉱石パワー商品&水の無機質ジェル化化粧品について

地元の美容室にて、〇ェレナシリーズという化粧品等を販売しています。

「天然鉱石(パワーストーン)の力で、 筋肉が本来の正しい位置に戻ることで血流が良くなりムクミや冷え性等改善へ導く商品です。
美容目的だけでなく、健康に留意されている全ての方に喜んで頂けるシリーズです。」

「地球のエネルギー、自然界の大きなパワーである天然鉱物の中から、人体のそれぞれの経絡に同調し共振共鳴しあうバイブレーションを持つ天然鉱物を超微粒子にして配合しています。」というものもあります。

商品としては、インナー(タンクトップで20000円以上)やマニキュア(6000円。高級ブランドでも5000円前後です)等。身につけるまたは塗ることで体のゆがみを治すとして美容室のお客さんに勧めています。

これらについては、ゲルマニウム等々からおおよそ結果は類推できるところですが、フェイクなロジックの組み立て方について評定をいただければと思います。


また、同シリーズに「特殊技術で水の臨界点を超えた次元で派生する物理的変化を応用し、水分子間に架橋特性を持たせ、世界で初めての無機質ジェル化したものです」という水をゲル化した「らしい」美容液もあり、各所のエステサロン等に広まっているようですが・・・これについてはいかがでしょうか? そもそも水を無機質ジェル化させることは構造上不可能だと思われます。
漏水対策の工事に「無機質ジェル」というものがあり、それにヒントを得た名称ではないかと思われます。

ちなみに、私にも当初はしきりと勧めていましたが、当方が技術者であり、無機質ジェル工法を知っていること等をちらりと雑談で出したところ、勧誘はピタリとやみました。

(投稿者:Fontana,投稿日時:2017/09/12 17:50:49)

ご投稿ありがとうございます。
>フェイクなロジックの組み立て方について
まさにこの点は重要ですね。貴重な情報提供とも合わせてコメント感謝いたします。
>当方が技術者であり、無機質ジェル工法を知っていること等をちらりと雑談で出したところ
こうした問題の根深さ/悪質さの一つは、「無知な人をターゲットにする」ことにあるかと思います。逆に、「専門知識を有している」ことをほのめかすのが単純ですが非常に効果的な手でもありますね。

「水の無機質ジェル化」ですか……。
「無機質ジェル」で検索すると結構いろんなサイトがヒットしますね。化粧品業界のトレンドなのかもしれません。
(余談ですが、中には「ケイ素」含有を謳っている商品もありますが、ケイ素を肌に塗りつけて何かいいことがあるのでしょうか)
参考:http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail579lite.html(国立健康栄養研究所・健康食品の素材情報データベース「ケイ素」) (回答日時:2017/09/18 09:53:00)

現在大きなムーブメントとなっているグルテンフリーダイエットは社会的影響も強いと思われ、是非とも評定をお願いしたく、既出の依頼と重複にはなりますが依頼の書き込みをさせていただきます。 (投稿者:RT,投稿日時:2017/09/10 22:23:25)

ご投稿ありがとうございます。
おっしゃる通り、確かに社会的影響の大きい主張ですね。
重ねて承りました。 (回答日時:2017/09/18 10:42:38)

評定依頼です。

「アロエベビー」(アロベビーではありません)

アロエベビーとは:
妊娠前からアロエベラジュースやプロポリス、ポーレン(全てフォーエバーリビングプロダクツジャパン有限会社の商品)を摂取しているお母さんから生まれてきた子どもの事で、主に以下の特徴があるとされます。

・発育がいい
・育てやすい
・右脳と左脳のバランスがいい
・病気にかかりにくい
・集中力がある

アロエベラジュースを摂取していないと、上記の特徴を子どもに与えない親であるかのようにも感じます。特にこれから誕生する我が子のためなら出来るだけの事をしたいと思っている人々は、客観的な判断ができないまま、義務感で飲むこともあるでしょう。また、成長した子に対して、親が「お前はアロエベビーなんだよ」と言うことの恐ろしさも感じます。

成人病協会の推薦、コーシャーマーク取得、潜在意識、宇宙エネルギーなどが謳い文句のようです。
科学性の評定が必要だと思います。何卒ご検討ください。

関連書籍
「なぜ、アロエベラで育った子どもは奇蹟を起こすのか?」
森下敬一 (著), 高沼道子 (著)
出版社: キラジェンヌ veggy Books
(投稿者:アロエの効果,投稿日時:2017/09/03 14:27:26)

ご投稿ありがとうございます。
依頼承りました。
参考となる情報もいただき、確認させていただきます。 (回答日時:2017/09/10 12:14:57)

ハイレゾオーディオの評定を依頼します (投稿者:よしてる,投稿日時:2017/08/31 01:04:14)

ご投稿ありがとうございます。
依頼項目としてストックさせていただきます。 (回答日時:2017/09/10 12:19:09)

お忙しい中失礼します。
地球温暖化と温室効果ガスとされているCO2の関係についてお願いしたいです。

自分は大学生なのですが、環境科学において代表的な温室効果ガスとしてCO2を示され、ハワイ島におけるCO2の増加が読み取れるグラフや、地球の平均温度が上昇していることなどが説明されたのですが、そのグラフからは(季節によってCO2濃度が変化する為に上下を繰り返しつつも)ほぼ一定の増加率のようであり、近年の中国やインドなどの大国の発展にともなった変化なども見受けられず、また、水蒸気の温室効果はCO2の比ではないという情報ををインターネット上ではありますが、目にしました。

本当にCO2濃度が上昇しているのか、地球は本当に温度が上昇しているのか、果たしてこの2つにはそれほど強い結びつきがあるのかを調べていただきたいです。

今や地球温暖化はビジネスとなっておりますし、自分も必要以上のエネルギー消費は望ましくないとは思っていますが、不安感を最近は煽りすぎているような、なんとなく腑に落ちないような、そんな感覚なのです。

可能であればお願いいたします。 (投稿者:後藤,投稿日時:2017/07/30 00:46:59)

・ご投稿ありがとうございます。
>今や地球温暖化はビジネスとなっておりますし、自分も必要以上のエネルギー消費は望ましくないとは思っていますが、不安感を最近は煽りすぎているような、
――ご指摘よくわかります。
地球温暖化にはさまざまな観点から議論があるところですので、現時点で一義的に「○○だ」とは言えないように思います。たとえばCO2との強い関連性がみられるとしても、それが「人類による」ものかどうかにはまた議論があるようですし。
(回答日時:2017/07/31 06:50:34)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32

      ※投稿された記事やコメントは運用管理者が承認した後、掲載されます。