ホーム » 評定依頼・情報提供

評定依頼・情報提供のページ

本研究では閲覧者の皆様による情報提供、評定依頼を歓迎しております。現在、下記のような個別の評定依頼項目があり、今後の評定の目安にしていく予定です。

新しい項目の評定依頼、または掲載されている項目についての情報提供、さらに本研究への要望などのご意見があればこちらのページにご投稿ください。(下記の情報は逐次更新いたします。)

サプリメント

  • ポリフェノール

  • プルーン

  • EGF

  • 燕の巣

  • 青汁

  • ビフィズス菌

  • 黒酢

  • ローズヒップ

  • イソフラボン

  • コンドロイチン

  • ナットウキナーゼ

  • ココナツオイル

  • ミドリムシ(ユーグレナ)

  • γ-アミノ酪酸(GABA)

  • マルチビタミン・ミネラル

  • ラクトフェリン

  • オルニチン

  • 水素サプリメント

  • セサミン

  • 糖鎖サプリメント

  • クロレラ

  • パロチン(唾液腺ホルモン)

  • アミノ酸

  • ハイドロキノンの皮膚漂白作用(美肌効果)

  • グルコシルセラミドの経口摂取によるセラミドの増加(皮膚保湿)

  • 植物マグマ

  • イミダペプチド飲料

  • 飲む日焼け止め

  • グルタチオン

  • 肝臓エキス

生活環境改善

  • ケイ素水

  • 還元水素水

  • イオン水

  • 電解水素水

  • プラズマクラスター

  • ナノ銀除染

  • マクロビオティック

  • ローフード主義

  • 空間除菌

  • モーツァルト効果

  • 燃料電池の保存形態

  • チタンベルト

  • 速読術

  • 「スピードラーニング」等による学習効果

  • 常温核融合

  • 水素水

  • 宮脇式植樹

  • ブルーライトカットメガネ

  • ゆる体操

  • グルテンフリーダイエット

  • いわゆる湯シャン

  • 一般家庭での空気清浄機の効能

  • 緑茶による健康法

  • 食品添加物無添加神話

  • 水素風呂

  • ヘアビューザー

  • ミネラル濃縮水

  • アロマエッセンシャル液による認知症予防

  • 「フラーレン」の美容効果

  • シナプソロジー

  • 腸内フローラ

  • 素粒水

  • フォローアップミルク

  • 雑穀

  • マヌカハニーの抗菌作用

  • 不食

  • シックスパッド

  • 運動後数十分から脂肪燃焼効率があがる

  • 冷え取り靴下

  • エマルジョン燃料

  • 熱変換塗料・消熱塗料

  • 活水器

  • 麦飯石

民間代替医療

  • 漢方

  • オステオパシー

  • ハーブ療法

  • アロマセラピー

  • 血液クレンジング

  • body talk

  • プラセンタ療法

  • 来談者中心療法

  • 感覚統合訓練

  • 精神分析学

  • がんもどき理論

  • ファスティング

  • リフレクソロジー

  • 電気治療

  • トラウマ治療法「FAP療法」

  • 「梅酢」の不妊改善効果

  • コルギ

  • アーユルヴェーダ

  • 内観療法

  • 酵素カプセル

  • 新型うつの「新型」

  • 整体

  • 腸もみ

  • 体を冷やす食べ物、温める食べ物

  • 風邪症状時における対処療法

自己啓発

  • 瞑想

  • 右脳左脳論

  • 方位学

  • SPI検査における性格測定

  • ゲノム解析による能力診断

  • ロールシャッハテスト

  • コーチング

  • 個性心理学

  • シュタイナー教育

  • モンテッソーリ

  • 非認知的能力

  • こどものための哲学

  • 分析心理学

  • ポジティブ心理学

  • アドラー心理学

  • 人間性心理学

  • NLP(神経言語プログラミング)

  • マインドフルネス認知療法

  • 組織神学

  • 反相対論

  • a-t-u-m量子加工技術

不思議現象

  • 幽霊を視る行為

  • ケムトレイル陰謀論

  • 生まれ変わり(稲垣勝巳)

  • 地震雲

  • 守護霊

  • 武術などにおける「気」

  • 積雪予知、地震予知

安全性に関する言説

  • コレステロール害悪論

  • ゲーム脳

  • 遺伝子組み換え食品

  • 経皮毒

  • 白砂糖有害論

  • 使い捨てナプキン有害論

  • 有害物質は子宮にたまる論

  • シャンプーにおけるラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na有害説

  • 小麦粉有害論

  • 炭水化物(糖質)有害論

  • 化学物質過敏症

  • 化学調味料危険説

投稿

投稿&回答

今職場にシナプソロジーというめぞっと?
とかに受講料3万5千円
一か月ごとに1万5千円払えっていう
会社からお誘いがあり、上司から相談されています。
はたしてそこまでのお金を払う価値があるのでしょうか?
科学的根拠。資格を取得する意味これらがあるのかどうか
気になります。お願いします。 (投稿者:やまやま,投稿日時:2017/01/05 17:15:51)

ご投稿ありがとうございます。
受講に関しては個人の自由ですので何とも言えないのですが、現状、シナプソロジーの「科学的な効果を示す論文等はない」と、当該領域の普及会が自ら宣言しているようです。
https://synapsology.com/sy/faqs/
「資格」制度についても同様で、当該コミュニティの内部では効力を発揮するのかもしれませんが、一般的に通じる資格とはいえないでしょう(少なくとも、「国家資格」やそれに準じる資格ではありません)。
職場の人間関係上、「断りにくい」事情等あるかもしれませんが、「科学的には効果がない」と断定できると考えます。 (回答日時:2017/01/10 10:23:58)

サプリや美容商品における「抗酸化」の有効性について、調査いただきたく投稿いたしました。

老化やエイジングは活性酸素によって引き起こされる。平たく言うと『体や肌の錆』であり、この活性酸素を減らす抗酸化作用のある物質を摂取すれば良い……
http://www.jsa-site.com/about_kousanka.htm

こういった文言はしばしば見かけます。
「体のサビ」などというのは直感的でわかりやすい表現ですが、「抗酸化食品をとれば老化しない」というのは、どの程度まで事実なのでしょうか。抗酸化とアンチエイジングを結びつけた美容液や食品なども販売されていますが、消費者が期待するような効果はあるのでしょうか。 (投稿者:かるく,投稿日時:2017/01/03 14:17:53)

ご投稿ありがとうございます。
抗酸化物質に関しては、「現在、研究が進められている最中」という表現が適切と思います。
基礎的研究においては肯定的なものも多数あるため一概には言えないのですが、少なくとも現時点で「抗酸化食品をとれば」→「老化しない」と具体的、断定的に定まっている仮説ではありません。
「今後の研究次第」という玉虫色の注釈付きですが、今の時点で「消費者が期待する」効果が得られるとは考えにくいでしょう。 (回答日時:2017/01/10 10:15:57)

非常に手間のかかる、かつ有益な情報サイトの運営お疲れ様です。

さて、リクエストの中に「整体」とありますが、敢えてリクエストします。「野口整体」です。理由は、徒手を用いて身体を刺激する、くらいしか共通点が無いから、です。
(投稿者:K,投稿日時:2016/12/30 18:08:18)

はい。ご依頼ありがとうございます。 (回答日時:2017/01/10 10:00:40)

認知症(アルツハイマー)が「半年間毎日・1000マイクログラムのプラズマローゲン摂取」で改善したという実験をネット上で耳にしました。

アルツハイマーの原因である「アミロイドβたんぱくの蓄積」が解消されるというニュアンスで受け取っています。ですがこれで間違っていないか、完全に理解はしていない状態です。

摂取の方法は
(1)鶏むね肉やホタテなどの貝類を食べる 
(2)サプリを摂る
…の2つが挙げられております。

質問です。
(a)100グラムあたりの鶏むね肉やホタテに含まれるプラズマローゲンは何マイクログラムでしょうか(人体において吸収する際のその壊れやすさを考慮してどれくらい各食材を摂ると1000マイクログラムに達するのでしょうか)?
(b)ネット上で散見される「プラズマローゲン」のサプリについてお気づきの点があればお聞かせ願いたいです。


以上、急な質問で不躾ではありますが、認知症とそのサプリへの関心も世間で高まっており、こうした疑問を持つ方は私にもいるのではないかと思いました。
ご多忙であるかとは存じます。確実な評定を迫るものではありません。また急ぎでもありませんのでこうした疑問を持つ者が居ると知って頂けるだけでも。

突然の長文かきこみ、失礼しました。 (投稿者:いぬのさんぽ,投稿日時:2016/12/04 18:48:56)

ご投稿ありがとうございます。
サプリメントの種類もものすごく広がっているのですね。

ご質問の件ですが、

aすみません。大雑把に調べただけでは詳細な値はわかりませんでした。ただ、参考ですが、次のサイトで主要な栄養成分が表示されるのですが、
http://calorie.slism.jp/110311/
ホタテにおける主要な栄養分類には「プラズマローゲン」は入らないようですね。リン脂質の一部ということだそうなので、表示されている脂質の中からおおよその目途をつけることはできるでしょうが、おっしゃられた通り「何マイクロ」の世界なのでしょう。

bプラズマローゲンのサプリで散見されるのは、アルツハイマーへの予防効果ということですが、今のところ、アルツハイマーへの明確な予防を示す根拠はないと考えます。
たとえば、次のサイトでは「アメリカの研究で、アルツハイマー型認知症の患者はこのプラズマローゲン量が低下していることがわかりました」と書かれていますが、これは、「プラズマローゲンの低下が原因でアルツハイマーを発症する」ということとイコールではありません。http://www.plasmalgdmnt.com/
認知症患者においてプラズマローゲンの量が減っていた(これ自体、まぁそりゃそうだろうとも思いますが苦笑)というのが事実だとしても、「減っている量を採れば予防効果に繋がる」というのは単純すぎる帰結のように感じます。よしんば予防効果があったとしても、そのサプリメントを「誰が」「どのくらい飲めば」効果があるのかがはっきりしない状態では、それを「効果がある」とは(ふつうは)言わないでしょう。
というか、仮に予防効果があるとすれば、アルツハイマーに対する有効な防御手段となるので、むしろ「医薬品」としてきちんと広まってほしいのですが。

回答になっているかどうか自信がありませんが、ひとまず。
よろしくお願いいたします。
(回答日時:2016/12/14 13:56:58)

こちらについての効果効能、評定いただきたく。
(かなり眉唾なのですが・・・)
http://sg-fk.net/ (投稿者:terry,投稿日時:2016/11/17 16:13:33)

(回答日時:2016/11/24 16:18:42)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24

      ※投稿された記事やコメントは運用管理者が承認した後、掲載されます。