ホーム » 評定依頼・情報提供

評定依頼・情報提供のページ

本研究では閲覧者の皆様による情報提供、評定依頼を歓迎しております。現在、下記のような個別の評定依頼項目があります。※ただし、すべての依頼項目を記載しているわけではなく、記載項目もそのまま疑似科学となるわけではないため注意してください。

新しい項目の評定依頼、研究への要望などのご意見があればご投稿ください。

  • ポリフェノール

  • プルーン

  • EGF

  • 燕の巣

  • 青汁

  • ビフィズス菌

  • 黒酢

  • ローズヒップ

  • イソフラボン

  • コンドロイチン

  • ナットウキナーゼ

  • ココナツオイル

  • ミドリムシ(ユーグレナ)

  • γ-アミノ酪酸(GABA)

  • マルチビタミン・ミネラル

  • ラクトフェリン

  • オルニチン

  • セサミン

  • 糖鎖サプリメント

  • クロレラ

  • パロチン(唾液腺ホルモン)

  • アミノ酸

  • ハイドロキノンの皮膚漂白作用(美肌効果)

  • グルコシルセラミドの経口摂取によるセラミドの増加(皮膚保湿)

  • 植物マグマ

  • イミダペプチド飲料

  • 飲む日焼け止め

  • グルタチオン

  • 肝臓エキス

  • ケイ素水

  • イオン水

  • プラズマクラスター

  • ナノ銀除染

  • マクロビオティック

  • ローフード主義

  • 空間除菌

  • モーツァルト効果

  • 燃料電池の保存形態

  • チタンベルト

  • 「スピードラーニング」等による学習効果

  • 常温核融合

  • 宮脇式植樹

  • ブルーライトカットメガネ

  • ゆる体操

  • グルテンフリーダイエット

  • いわゆる湯シャン

  • 一般家庭での空気清浄機の効能

  • 緑茶による健康法

  • 食品添加物無添加神話

  • ヘアビューザー

  • ミネラル濃縮水

  • アロマエッセンシャル液による認知症予防

  • 「フラーレン」の美容効果

  • シナプソロジー

  • 腸内フローラ

  • 素粒水

  • フォローアップミルク

  • 雑穀

  • マヌカハニーの抗菌作用

  • 不食

  • 運動後数十分から脂肪燃焼効率があがる

  • 冷え取り靴下

  • 熱変換塗料・消熱塗料

  • 活水器

  • 麦飯石

  • 筋力トレーニング

  • シックスパッド

  • 4スタンス理論

  • 経済効果

  • メンタルトレーニング

  • トリガーポイント療法

  • 二軸理論

  • 赤ちゃんトレーニング

  • 漢方

  • オステオパシー

  • ハーブ療法

  • アロマセラピー

  • 血液クレンジング

  • body talk

  • プラセンタ療法

  • 来談者中心療法

  • 感覚統合訓練

  • 精神分析学

  • ファスティング

  • リフレクソロジー

  • 電気治療

  • トラウマ治療法「FAP療法」

  • 「梅酢」の不妊改善効果

  • コルギ

  • アーユルヴェーダ

  • 内観療法

  • 酵素カプセル

  • 腸もみ

  • 瞑想

  • 右脳左脳論

  • 方位学

  • SPI検査における性格測定

  • ゲノム解析による能力診断

  • ロールシャッハテスト

  • コーチング

  • 個性心理学

  • モンテッソーリ

  • 非認知的能力

  • 分析心理学

  • ポジティブ心理学

  • アドラー心理学

  • 人間性心理学

  • NLP(神経言語プログラミング)

  • マインドフルネス認知療法

  • 組織神学

  • 反相対論

  • a-t-u-m量子加工技術

  • ケムトレイル陰謀論

  • 地震雲

  • 守護霊

  • 武術などにおける「気」

  • 積雪予知、地震予知

  • コレステロール害悪論

  • ゲーム脳

  • 遺伝子組み換え食品

  • 経皮毒

  • 白砂糖有害論

  • 使い捨てナプキン有害論

  • 有害物質は子宮にたまる論

  • シャンプーにおけるラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na有害説

  • 小麦粉有害論

  • 炭水化物(糖質)有害論

  • 化学物質過敏症

  • 化学調味料危険説

  • 骨格調整

投稿

投稿&回答

連続して失礼いたします。
類パロチンについて、「ローヤルゼリー内に含まれていることが岐阜薬科大学の研究によって発見されました」と記載を見かけることが何度かありますが、元になった論文だと推測できるものが見つかりましたので、情報提供いたします。

https://ci.nii.ac.jp/naid/110000051535
こちらの論文ですが、「高等動物の唾液からパロチンが分離同定されているのだから、働きバチの咽頭腺から出されるローヤルゼリーにもパロチン様物質があるだろう」との内容で、ローヤルゼリーから類パロチンが分離同定されたという内容ではありませんでした。

記事内ではパロチンが出てきますが、厚生労働省により認められていた時期の1963年に書かれたものなので、その後にパロチンの存在が疑わしいとされたことも考慮されていないだろうと推測できます。

類パロチンの評定をしていただけるのでしたら、これも考慮に入れていただけると助かります。何卒よろしくお願いいたします。 (投稿者:十二月,投稿日時:2018/07/26 16:52:07)

(回答日時:2018/08/06 13:29:19)

ローヤルゼリーに含まれているとされる「類パロチン」について
既にパロチンや、ローヤルゼリーに関する評定依頼は上がっているので、これらに関連付けて評定を行っていただけたらと思います。
他の方もご指摘の通り、パロチンは唾液腺ホルモンと呼ばれているものですが、唾液腺自体が外分泌系なのでホルモンを分泌するような器官ではないと言われています。パロチンを検索すると非常に多くのサイトが出てきて、信じられているようですね。
こちらはパロチンが存在しないと述べるサイトですが、個人のブログが多いとはいえ書いてあることも内容が通っています。
パロチンに言及している最近の研究論文が存在しないのもなかなか興味深いです。
http://www.geocities.jp/m_kato_clinic/parochin-01.html
https://www.ygken.com/2014/07/blog-post_55.html
http://yiwasaki.com/wp/post-16714-16714.html
http://www.moriyaganka.com/blog/1169.html/

次に、類パロチンについてですが、おそらく名前はパロチンに近い物質であることから名づけられ、パロチンのように若返りホルモンとして働くと記載があります。
しかし、こちらに関する研究論文は全く見つけることができず(私の調査不足かもしれませんが)、実際にパロチンが体内に存在するならまだしも、それを経口摂取で同等の効果が得られるとは信じがたいものです。ほとんどは胃で分解されてしまうのではと考えてしまいます。
さらに、類パロチンの構造式なども全く見つけることができませんでした。パロチンですら構造式が不明な状況なのに、何をもって「類」としているのかが分からず、不思議な物質です。

よろしければ、ローヤルゼリーの評定内容に類パロチンも含めていただければと思います。お願いいたします。 (投稿者:十二月,投稿日時:2018/07/26 10:59:14)

ご投稿ありがとうございます。いつも参考になる情報感謝します。
「類パチロン」はローヤルゼリー関連として承ります。
ローヤルゼリーについては簡単に調査しました。かなりいろんな効果が主張されているようで、部分的には肯定的な見解もあるようです(参考:国立健康栄養研究所「ローヤルゼリー」https://hfnet.nibiohn.go.jp/contents/detail52.html)。また、PubMedで文献調査したところ、ローヤルゼリーに関するメタ分析は0件、RCTは14件見つかりました。
ただし、いずれにしてもパチロンについては不明です。

(回答日時:2018/08/06 13:29:06)

連続投稿失礼します。
体温の上昇と免疫力について調べているうちに、「体温を上げると代謝が上がる」説についても確認できました。
しかし、代謝の上昇が死亡リスクと関連があることを述べる論文があることも確認しましたので、先の「体温を上げると免疫力が上がる」と合わせて評定していただけたらと思います。
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18693224
よろしくお願いいたします。 (投稿者:十二月,投稿日時:2018/07/11 11:32:02)

ご投稿ありがとうございます。
体温と代謝の関係についてはヒトの基本的な生理作用と思われますが、代謝の上昇によってどういった死亡リスクとなるのか個人的にも興味があります。情報提供感謝いたします。
(回答日時:2018/07/20 10:34:35)

2度目の投稿となります。
「体温を上げると免疫力が上がる」という説について、評定をお願いいたします。
サイト内検索をさせていただきましたが、コメントページの検索ができていない可能性があるため、重複していたら申し訳ありません。
今回はかなり広い内容のため、特に関連資料などは集めていませんが、社会的には現在根強く信じられている説だと思います。
よろしくお願いいたします。
(投稿者:十二月,投稿日時:2018/07/11 10:21:16)

ご投稿ありがとうございます。
コメント欄でご不便をかけてしまいすみません。コメント欄が見にくい、前頁のコメントが重複して表示される、などの技術的なご指摘は以前からいただいております。
すでにサイト下部にバナーがありますが、本年秋ごろからスマホ対応版サイト「Gijika.com」を本格公開する予定でして、そこではより使いやすい掲示板機能なども提供していくつもりですので、しばらくお待ちください。
(回答日時:2018/07/20 10:34:56)

貴サイトの記事を興味深く拝見させていただいております。
さて、私がいつも疑問に思っていることがあります。オーディオアクセサリー業界の胡散臭さについてです。
何万円、何十万円もするケーブル等が売られていますが、実際にそれだけの価値があるものかどうか不明です。特殊な材料や構造によりコストが高くなっているのかもしれませんが、それにより「音が良くなる」こととの関連性が示されていません。
また、商品説明の文章には学術的な単語が散りばめられてはいますが、科学的な定義から逸脱しているように思われ、衒学的な表現に終始しています。
一例として下記の商品説明を御覧ください。
http://acousticrevive.jp/portfolio-item/generator/
これは地球の定在波である「シューマン共振」と同じ周波数の電波を発生させる装置だそうです。
まず「研究によれば脳に非常に良い作用があるといわれています」との記載がありますが、誰のどのような研究なのか明確にされていません。
また、この製品によってオーディオの音やプロジェクターの画質まで良くなるそうですが、その根拠が全く示されていません。この製品を使った動画や利用者の感想はリンクされていますが、根拠にはなりえないと思われます。
購入者が満足してればいいじゃないかという意見もあるかもしれませんが、どうしても詐欺的な商法に思えてなりません。是非評定をお願いいたします。
個別の企業の製品を取り上げることには貴サイトとしても問題があるかもしれませんので、オーディオにまつわるオカルトということで判断していただけたらと思います。 (投稿者:Tanaka Hiroshi,投稿日時:2018/07/09 14:07:09)

ご投稿ありがとうございます。
なるほど。ご依頼感謝いたします。
最近のオーディオ機器の技術的な進歩はすごいと思いますが、果たしてヒトの耳にそれを聞き分けられるのか、個人的にも興味があります。もともと、音に関する依頼はほかにもいくつか受けておりますので、候補の一つとして前向きに考えさせていただきます。
(回答日時:2018/07/20 10:35:23)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44

      ※投稿された記事やコメントは運用管理者が承認した後、掲載されます。