ホーム » 評定依頼・情報提供

評定依頼・情報提供のページ

本研究では閲覧者の皆様による情報提供、評定依頼を歓迎しております。現在、下記のような個別の評定依頼項目があります。※ただし、すべての依頼項目を記載しているわけではなく、記載項目もそのまま疑似科学となるわけではないため注意してください。

新しい項目の評定依頼、研究への要望などのご意見があればご投稿ください。

  • ポリフェノール

  • プルーン

  • EGF

  • 燕の巣

  • 青汁

  • ビフィズス菌

  • 黒酢

  • ローズヒップ

  • イソフラボン

  • コンドロイチン

  • ナットウキナーゼ

  • ココナツオイル

  • ミドリムシ(ユーグレナ)

  • γ-アミノ酪酸(GABA)

  • マルチビタミン・ミネラル

  • ラクトフェリン

  • オルニチン

  • セサミン

  • 糖鎖サプリメント

  • クロレラ

  • パロチン(唾液腺ホルモン)

  • アミノ酸

  • ハイドロキノンの皮膚漂白作用(美肌効果)

  • グルコシルセラミドの経口摂取によるセラミドの増加(皮膚保湿)

  • 植物マグマ

  • イミダペプチド飲料

  • 飲む日焼け止め

  • グルタチオン

  • 肝臓エキス

  • ケイ素水

  • イオン水

  • プラズマクラスター

  • ナノ銀除染

  • マクロビオティック

  • ローフード主義

  • 空間除菌

  • モーツァルト効果

  • 燃料電池の保存形態

  • チタンベルト

  • 「スピードラーニング」等による学習効果

  • 常温核融合

  • 宮脇式植樹

  • ブルーライトカットメガネ

  • ゆる体操

  • グルテンフリーダイエット

  • いわゆる湯シャン

  • 一般家庭での空気清浄機の効能

  • 緑茶による健康法

  • 食品添加物無添加神話

  • ヘアビューザー

  • ミネラル濃縮水

  • アロマエッセンシャル液による認知症予防

  • 「フラーレン」の美容効果

  • シナプソロジー

  • 腸内フローラ

  • 素粒水

  • フォローアップミルク

  • 雑穀

  • マヌカハニーの抗菌作用

  • 不食

  • 運動後数十分から脂肪燃焼効率があがる

  • 冷え取り靴下

  • 熱変換塗料・消熱塗料

  • 活水器

  • 麦飯石

  • 筋力トレーニング

  • シックスパッド

  • 4スタンス理論

  • 経済効果

  • メンタルトレーニング

  • トリガーポイント療法

  • 二軸理論

  • 赤ちゃんトレーニング

  • 漢方

  • オステオパシー

  • ハーブ療法

  • アロマセラピー

  • 血液クレンジング

  • body talk

  • プラセンタ療法

  • 来談者中心療法

  • 感覚統合訓練

  • 精神分析学

  • ファスティング

  • リフレクソロジー

  • 電気治療

  • トラウマ治療法「FAP療法」

  • 「梅酢」の不妊改善効果

  • コルギ

  • アーユルヴェーダ

  • 内観療法

  • 酵素カプセル

  • 腸もみ

  • 瞑想

  • 右脳左脳論

  • 方位学

  • SPI検査における性格測定

  • ゲノム解析による能力診断

  • ロールシャッハテスト

  • コーチング

  • 個性心理学

  • モンテッソーリ

  • 非認知的能力

  • 分析心理学

  • ポジティブ心理学

  • アドラー心理学

  • 人間性心理学

  • NLP(神経言語プログラミング)

  • マインドフルネス認知療法

  • 組織神学

  • 反相対論

  • a-t-u-m量子加工技術

  • ケムトレイル陰謀論

  • 地震雲

  • 守護霊

  • 武術などにおける「気」

  • 積雪予知、地震予知

  • コレステロール害悪論

  • ゲーム脳

  • 遺伝子組み換え食品

  • 経皮毒

  • 白砂糖有害論

  • 使い捨てナプキン有害論

  • 有害物質は子宮にたまる論

  • シャンプーにおけるラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na有害説

  • 小麦粉有害論

  • 炭水化物(糖質)有害論

  • 化学物質過敏症

  • 化学調味料危険説

  • 骨格調整

投稿

投稿&回答

ウコン(クルクミン)や肝臓エキス
について評定をお願いします。
これらを含有したものは概ね飲酒前に飲むものと宣伝されています。
何れも清涼飲料水か食品にとどまっていますが、ショッピングサイトのレビューを見ると効果があったと散見されます。
(投稿者:三島,投稿日時:2018/05/30 04:30:49)

ご投稿ありがとうございます。
ウコンについては要望が多そうですね。
調査・評定の訴求力は認識しております。
(回答日時:2018/06/09 19:44:07)

面白く読ませていただいてます。
http://www.tms-japan.org/htb.html
腰痛は怒りである、という理論について、精査していただきたいので筆をとりました。
夫がひどい腰痛でした。色々調べて、TMS理論に出会い、読書療法で治りました。
良かったなぁ、と思ってますが、もう15年近く前の話なので、なぜいまだに整形外科では、腰痛だと湿布貼って安静にね、と言われる事が多いのか不思議です。
疑似科学だったのでしょうか?

あと、背骨コンディショニングが最近流行っていますが、実際に体操してみて体にいいような気がしましたが、どこまで科学的に裏付けがあるのかな、と疑問に思いました。

評定いただけたら嬉しいです
(投稿者:たーさん,投稿日時:2018/05/26 10:44:04)

ご投稿ありがとうございます。
確かに、慢性的な腰痛に対する満足いく水準の治療はなかなか難しいようですね。特に、「痛み」は個人の主観に左右される意味合いが強いですし。
背骨コンディショニング流行っているそうですね。神経科学的な理論の説明がされているようですが、一つの運動プログラムのような感じっぽいですね。売られている本の宣伝文句だけみると、かなり仰々しい感じもしますが。 (回答日時:2018/06/23 09:38:52)

以前、生体エネルギーについて依頼をかけたものです。
拙い文章ですが、読んでいただきありがとうございました。

生体エネルギーについての説明が書いてあるところを
リンクしたつもりだったのですが、商品だけしか載って
いませんでした。
大変失礼いたしました

いくつかのサイトで説明しているのがありましたので、
再掲します。
http://tokushu999.com/seitai/index.html
http://e-shinden.com/business/bioenergetic/index.html
https://homaru.co.jp/?mode=f1

(投稿者:元理系経理マン,投稿日時:2018/05/15 16:14:06)

情報提供ありがとうございます。
一通り拝見しました。
見たところ、「生体エネルギー」なる理論は佐藤政二という方が提唱されているようですね。主に農業分野でセミナー等を開き、そこでこの理論を持ち出しているようです。
ただ、生体エネルギーがそもそも何なのか、調べた限りではよくわかりませんね。高校物理などで習う「位置エネルギー」っぽい内容もありましたが、実体は不明です。また、ご存知かもしれませんが、この生体エネルギーの応用商品では、かなり高額な商品(200万円以上のものも)も販売されているようです。
そこでは「電磁波による悪影響を防ぎ、人間の生命力を向上させる」などとしていますが、これはデタラメだと言ってよいでしょう。そもそも、「電磁波による人体への悪影響」という説自体、かなり懐疑的にならざるを得ないので(本サイトの電磁波有害説ページなどをご覧ください。評定内容の信頼性を向上させるために、近日中に大幅改訂する予定でもあります)。
なお、お教えいただいたサイト(http://e-shinden.com/business/bioenergetic/index.html)の中段に、「500億年前、1000億年前の宇宙はどんなだったのだろうか」という記述がありますが、現在の定説では宇宙の年齢は約138億歳だそうなので、この部分は誤りといえます。基本的な事実認識に問題がありそうですね。
(回答日時:2018/05/25 15:29:01)

このようなページ作っていただき有難いです。

岩盤浴
サウナ
霊視
予知能力
ファイトケミカル
経皮毒
オオカミに育てられた子供
断食

新人研修・自己啓発セミナー
マルチ商法・ネットワークビジネス(商法や商品)
浄水器、マンションの水道が錆びない、

自分が最近気になるものを挙げてみましたが、
その他、社会に影響の多いものがあればぜひ取り上げて頂けたらと思います。


チタンテープ、スポーツブレスレット
販売店では、店員がその場で顧客に
商品を身につけさせて、付けた時と付けない時でバランスが良くなった、重いものが持ち上げやすくなったという感覚を実感させて販売する方法が多いです。フィギュアスケートの羽生選手などを広告塔に宣伝しています。

http://kintoregoods.net/phiten.html

…あとこのサイトの検証結果が少々読み解くのに理解力が必要でハードルが高く感じます。

実際、疑似科学の被害者になる人は論文や難しい文章は苦手な人も多いと思うので、そういう方にも理解しやすい書き方だとより良いのかなと思いました。 (投稿者:ひゃ,投稿日時:2018/05/08 19:33:00)

ご投稿ありがとうございます。
「予知能力」や「霊視」についてはすでに、幽霊、ESP、疑似科学関連用語事典等のページで直接ではありませんが記述しているのでご覧になってみてください。
ネットワークビジネスでの疑似科学的商品の蔓延はひどいですね。私自身、知人に勧誘されたのですが、そこで販売している商品とその宣伝文句には??のつくものが多かったです。海外から流入してくる健康食品関連の商品がいろいろあるようですね。
ただ、ネットワークビジネスの問題の本質は科学/疑似科学というよりも、勧誘方法や商法そのものの感じもしております。

また、おっしゃる通り、「読みにくい」「SEO対策をせよ」などのご指摘はいくつも頂戴しており、こちらとしても申し訳なく思っております。
なお現在、本格公開は本年秋ごろに予定しているのですが、「gijika.com」(https://gijika.com)なる新規プラットフォームを開発中でして、こうしたご要望にも少しずつ対応できると思っております。
内容の難しさを緩和するためのeラーニング教材も公開予定ですので、またどうぞご利用ください。
しばらくはご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

(回答日時:2018/05/14 22:29:07)

「ユマニテュード humanitude」はいかがなんでしょうか。
イヴ・ジネストさんというフランスの方が、介護・看護の現場における実践哲学として長年提唱なさっているようです。

 善意に基づくものであることは、あまり疑っていませんが、効果の定量的評価が十分なのかどうか。
 膨大な税金の流れを左右する可能性もあるので、検証を願えればと思います。
(投稿者:Toshipon,投稿日時:2018/05/06 23:01:13)

ご投稿ありがとうございます。
「ユマニテュード humanitude」ですか。初めて聞きました。調べてみます。
教育分野に顕著(たとえばシュタイナー教育など)ですが、哲学的な考え方としてのみ実践しているのであればそう問題はないように思いますが、対象への効果測定や社会的影響面では無視できないこともおおいですよね。
(回答日時:2018/05/14 22:31:39)

地球温暖化の科学性はいかがでしょうか? (投稿者:matsuya_tooru,投稿日時:2018/05/02 07:06:54)

難しい問題です。地球温暖化に対する対策については、科学のみの問題ではなく、政治、国際情勢その他もろもろが絡んでいるので、一概に論じれない部分があります。

(回答日時:2018/05/14 22:33:01)

某芸能人がはまってるといわれる生体エネルギーについて、評定お願いいたします。

http://www.nogenweb.com/qa.html

この前、セミナーに行かされましたが、言っている内容が独自の言葉と理論を用いているため、理解不能でした。

生体エネルギーを導入した建物は、
劣化しないとか、
その建物にテナントで入ってる学習塾の学生たちの成績が上がるとか。
電磁波のマイナスの影響をプラスに変えるとか。
電気の使用量を半分にできるとか。

よろしくお願いいたします。 (投稿者:元理系経理マン,投稿日時:2018/04/20 09:42:16)

ご投稿ありがとうございます。
リンク先拝見しましたが、「生体エネルギー関連商品」との表記をオンライン購入商品が並べられているだけで、「生体エネルギー」を意味することについては何の説明もないようです。ご指摘のように、「塾の成績が上がる」や「電磁波の影響を変える(これ自体、かなり疑問ですが)」などの主張に信ぴょう性があるとは考えにくいですね。
(回答日時:2018/04/29 19:19:32)

pubmedにおけるmeta-analysisのやり方、理解しました。有難う御座います。orthomolecular療法ですが、以下のページにあるように、pubmedにあるデータやmeta-analysisなどの記述があります。
http://orthomolecular.org/resources/omns/v09n01.shtml (投稿者:の,投稿日時:2018/04/18 18:41:05)

ありがとうございます。
なるほど。リンク先拝見しましたが、ほとんどがビタミンDの話なので、これを以ってorthomolecular療法を正当化するには疑問がありますね。
情報提供感謝いたします。改めて検討いたします。
(回答日時:2018/04/29 19:18:44)

40代でも持久力向上 カギ握る「抗酸化」と「低糖」

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO29196100Q8A410C1000000?channel=DF130120166093

トレイルランナー鏑木毅氏の著書『日常をポジティブに変える 究極の持久力』からのトレーニング理論の一つとして、「アスタキサンチン(による抗酸化)」と「低糖」があげられています。

鏑木氏はトレイルランニングの世界では第一人者なのでかなりの影響力があります。

これらの評定をお願い致します。

(投稿者:M.M,投稿日時:2018/04/18 15:10:35)

ご投稿ありがとうございます。
承ります。 (回答日時:2018/04/18 15:42:51)

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc

Orthomolecular meta-analysis
で検索したところ、30件ひっかかりました。ヒットしないとのことでしたが、検索方法をお教えいただけるとありがたいです。30件の結果を精査した結果、該当件なし、という結論を得た、ということでしょうか。 (投稿者:の,投稿日時:2018/04/17 22:07:44)

では、説明します。
①:まず、「https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc」を開いて、検索語のところに「meta-analysis」と入力します。
②:次に、検索バー左側の矢印「↓」のところを押して、(初期はおそらく「PMC」となっているところを)「MeSH」に変更します。そのうえで検索します。
※ちなみに、このMeSH(メッシュ)とは、Medical Subject Headings の頭文字で、米国国立医学図書館が定める生命科学用語集です(wikiより)。
③:検索結果、たぶん3件が該当すると思うので、その中で「Meta-Analysis [Publication Type]」を選びます。
④:該当ページを表示したら、画面右側の「PubMed Search Builder」の「Add to search builder」をクリックします。すると、枠内に"Meta-Analysis" [Publication Type]が追加されると思います。
⑤:続いて、「Orthomolecular」を「MeSH」でサーチします。たぶん次のようなページが表示されると思うので(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/mesh/?term=Orthomolecular)、さっきと同じく、画面右側「PubMed Search Builder」の「Add to search builder」をクリックします。
⑥:builder内に「("Meta-Analysis" [Publication Type]) AND "Orthomolecular Therapy"[Mesh]」と記述されていることを確認したら、その下の「Search PubMed」をクリックして検索開始です。
⑦:これで、「Orthomolecular Therapy」における「Meta-Analysis [Publication Type]」のみをサーチすることができます。結果は0件になると思います。
ご指摘にある30件とは、おそらく無関係の文献がキーワード検索で引っかかってしまったのでしょう。 (回答日時:2018/04/18 10:53:35)

テラヘルツ波 < http://www.nuee.nagoya-u.ac.jp/labs/optlab/kawase/chuui.html > (投稿者:宮本 彰,投稿日時:2018/04/16 12:55:45)

ご投稿ありがとうございます。 (回答日時:2018/04/17 12:41:20)

オーソモレキュラー療法について評定をお願いします。オーソモレキュラー療法は
https://isom-japan.org/
オーソモレキュラー医学会なる団体を有し、amazonでのベストセラー書籍もあります。
https://www.amazon.co.jp/%E8%8A%B1%E7%B2%89%E7%97%87%E3%81%AF%EF%BC%91%E9%80%B1%E9%96%93%E3%81%A7%E6%B2%BB%E3%82%8B%EF%BC%81-%E6%BA%9D%E5%8F%A3-%E5%BE%B9/dp/4865811397
一般人には正統的な医学との区別がつかない事例であるため、科学性評定サイトでの評定が重要であると考えます。 (投稿者:の,投稿日時:2018/04/15 10:55:32)

ご投稿ありがとうございます。
オーソモレキュラー医学とは初耳だったので、少し調べてみましたが、基本的にはいわゆるビタミン療法のようなものでしょうか。栄養素をバランスよくきちんと採ろうというのは普通の主張ですが、この療法ではがんや被ばく対策としてこれを勧めているようですね。
ちなみに、医学論文のデータベース(pubmed)にてオーソモレキュラー療法における「メタ分析」の有無を調べましたが、1件もヒットしませんでした(2018.4.17時点)。少なくとも、医学的に信頼性の高い研究は報告されていないようです。
(回答日時:2018/04/17 12:41:40)

https://www.wwdjapan.com/581848

「花粉を水に変える」新素材 導入企業相次ぐ (投稿者:ななこ,投稿日時:2018/04/08 11:38:10)

情報提供ありがとうございます。 (回答日時:2018/04/17 12:43:55)

本態性振戦で悩んでいます。mrガイド下集束超音波治療が効くとネットに書かれていたのですが本当でしょうか?
(投稿者:かず,投稿日時:2018/04/02 13:35:19)

ご投稿ありがとうございます。
「ふるえ」の症状ということですね。お辛いと思います。
ご質問の件ですが、調べたところ「経頭蓋MRガイド下集束超音波治療(MRgFUS)」という名称でここ最近臨床試験が行われていたようです。きちんとした承認の手続きに則っていまして、機器がクラスⅢの高度管理医療機器として新たに認証されていることもあり、まったくデタラメな治療法ということはないです。また、現在どのようになっているか詳細はわかりませんが、最新治療ということで自由診療として行える病院もいくつかあるようです。
ただ、かなり高額なようなので(調べたところですと220万円程度)、ご自身の現在症状と、治療の結果得られるであろう効果とを、主治医とよく相談なさるのがよいかと思います。かなり効果がある、というような新聞記事も見つけましたが、質問者さまの症状に当てはまるかどうかは別の問題ですので、そのあたりを医師と話し合われるのがよいのではないでしょうか。
(回答日時:2018/04/18 15:42:15)


「カイロプラクチックにおけるアクチベータ」
椎骨が共鳴する周波数と、同じ周波数を機器先端から(患部)皮膚面に与え改善をうながす矯正器具だという(刺激はごく微弱、ほぼ何も感じない)。
東洋医学的な養生のエッセンスを取り入れ、脊髄の歪みから健康を促進するというアメリカ発のカイロのコンセプトには方向性として納得がいく部分が一部あるものの、
この器具にまつわる各種効果の発現は、ちょっとよくわからない。【魔法使い(=ぬいぐるみ&マントの中は生身の人間である)の杖】でなければよいが…。


(投稿者:Rejoice21,投稿日時:2018/03/28 08:26:01)

ご投稿ありがとうございます。
市販されている「アクチベーター」はそれなりに高額ですしね。
費用対効果を考えるとどうなのか、という面はありそうです。
情報提供ありがとうございます。
(回答日時:2018/04/04 16:19:32)

https://tenkabutsu.com/isomerized-sugar

果糖ぶどう糖液糖(異性化糖)が危険な理由 (投稿者:白辛子,投稿日時:2018/03/26 01:08:24)

ご投稿ありがとうございます。 (回答日時:2018/04/04 16:19:19)

経済学や社会学は科学といえるのですか。 (投稿者:わろてんか,投稿日時:2018/03/18 13:37:26)

ご投稿ありがとうございます。
ご質問ですが、経済学や社会学も科学による究明の対象とはいえるかと思います。ただし、これらの領域は考察の対象が非常に広いため、理論偏重になる傾向があるようにも考えます。↓参考としてお読みください。
www.sciencecomlabo.jp/concept.html (回答日時:2018/04/04 15:25:16)

NMRの効果をうたった水が話題になっています。

給水設備に装着するだけで水道管のサビ問題が解消されるという商品のようです。
価格が数百万円なので他の疑似科学に比べて額が大きいですね。

大学教授のウェブサイト「水商売ウォッチング」に技術的な解説がありました。
http://www.cml-office.org/wwatch/others/comment-02.html

販売業者のサイトを見てみましたが、電源のない装置から電波が出続ける、電波が金属を透過する、NMR現象で水中に自由電子が生成されるなど、荒唐無稽としか言いようがありません。
http://www.jspkk.co.jp/QA/qa.html

判定をお願いします。 (投稿者:gail,投稿日時:2018/03/18 11:56:44)

ご投稿ありがとうございます。
>電源のない装置から電波が出続ける
――たしかに、この説明は衝撃ですね。いわゆる「永久機関」であると主張しているのでしょうか。一般医療用のMRIを引き合いに出していますが、実態を読む限り少なくとも、名前はおなじ「NMR現象」だけど、意味は全く違うと思われます。
情報提供いただいた天羽先生の水商売ウォッチングがわかりやすいですね。そこに書かれている通りの解釈で基本はよいと思います。
(回答日時:2018/04/18 15:09:21)

服用危険 飲むと寿命が縮む薬・サプリ
鈴木 祐 (著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4865371125/
★薬とサプリの残酷すぎる3つの真実
真実1 医者でも薬とサプリの本当の害はわかっていない
真実2 そもそも薬やサプリには思ったほどの効果がない
真実3 ヒトの体は、どんどん副作用が出やすくなっていく
★飲むと体を壊す8つのサプリ
マルチビタミン/ビタミンC/カルシウム/ビタミンA/ベータカロチン/フィッシュオイル/ビタミンE/ビタミンB群
★あなたの寿命を縮める9タイプの薬
「服用危険」な薬リスト
危険な薬の正しい減らし方は ?
「危険な薬」を正しく減らすためのフローチャート
★決して信じてはいけない6つの健康法
糖質制限食/ベジタリアン/マクロビオティック/腰痛治療(の一部)/ココナッツオイル/グルテンフリー食/癌の代替療法
★金を出すと損をする13の健康商品
マウスウォッシュ/サラダ油/もの忘れの薬/甘酒/ローヤルゼリー/青汁/ヒアルロン酸/セサミン/プラセンタ/栄養ドリンク/イチョウ葉エキス/グルコサミン/コンドロイチン/磁気治療

真に健康的になる方法として「友人を作る」「質の高いカロリーを摂取する」「歩く!」の3つを挙げられています。
人間は孤独には耐えられない生き物、何かのグループに参加すれば、人間関係の改善効果は得られる。
自然のままの素材から作られた食事、野菜が多い食事、肉と魚は品質の良いものを激選する。
毎日歩くほど暮らしが楽しくなっていく。

社交性がなく、料理が下手で、運動嫌いだと否定したくなります。
検証をお願いいたします。 (投稿者:表現の自由を守る会サポーター,投稿日時:2018/03/16 18:14:00)

ご投稿ありがとうございます。
ベータカロチンやヒアルロン酸などは本サイトの評定がありますので適宜ご覧ください。
>社交性がなく、料理が下手で、運動嫌いだと否定したくなります。
確かに、社交性などは個人の向き不向きもありますしね。「統計による一般的な情報としての健康」と「各個人の気質による健康」をある程度分けてご覧になられるのがよいかもしれません。

(回答日時:2018/03/20 16:12:45)

トラウマ治療法「FAP療法」

臨床心理士の資格も心理学博士でも無い方々が沢山、上級FAP療法の資格??を取って、フランチャイズでセラピーを開業して、FAP開発者とこの方法を絶賛しています。

アメリカでカウンセラーとして本を出版する心理学者は4年制大学の学士の後、修士と博士を取り、ドクターとなって膨大な知識と心療経験とアカデミックエビデンスを基に臨床心理学博士として本を書きます。臨床結果などの科学的根拠信頼の基に。

FAP療法開発者の大嶋信頼さんという方は、幼少期からクリスチャンで思想影響を受けアメリカの大学卒業後、ヒプノセラピストと名乗り(大嶋さんの本を英訳した方が仰っています)自己暗示アイデアで次々と本を出されていますが、ブログや本で著者の言い切る理論は裏付けされているものなのでしょうか。

確かに言葉や無意識は非常に大切だと思いますし、自己暗示と言葉の習慣によって過去のトラウマが軽くなったという方も多いのには頷きます。

ただホルモンやニューロンなど専門用語を頻発していますが、脳科学と医学専門知識を持つ経験の上での話なのか、化学物質や医学的な話をしつつ、まとめあげている理論は事実なのか・・

ブログや本で著者の言い切る理論は本当に裏付けされたうえで、セラピーを行ってきたものなのか、
仮説による人間関係の序列や下層という言い方や帯電や生まれる前の一体感の理論や注意欠陥多動性障害の決めつけなど、本当にそうなのかなぁと思う見解が沢山あり、
著者が著書を正当化するためにカウンセラー実験をして論文にする予定ならば尚更胡散臭く感じます。

試しに外国の方に英訳されているキンドル版のミラーニューロンの著書を勧めてみたのですが、博士としてエビデンスがあるかどうかを訊かれてバッサリ断られました・・。

臨床心理士ではない心理セラピストとしての位置づけなのか、ヒプノセラピストなのか、信者を集める新興宗教的なものなのか、誰かの医学専門知識と科学専門知識を利用したものなのか、既存の成功哲学(心の奥底の想いを掘り起こしていく)が合体しているような気も・・
(投稿者:信じる者は救われる?,投稿日時:2018/03/13 04:35:36)

ご投稿ありがとうございます。
コメントにある「FAP療法」とは、「Functional analytic psychotherapy(訳:機能的分析精神療法、精神分析的心理療法?)」とは違うものなのでしょうか?
・https://www.i-counseling.jp/fap療法/
・kokoloyo.strikingly.com/
・http://shizuko-o.com/?page_id=709
などを読む限り、「Free from Anxiety Program」の略だそうですが、内容を読むと精神分析的な療法という意味に読めます。精神分析的心理療法の一つだとすると、これはかなり伝統的に実践されてきた療法ですが、理論的な疑問や有効性の観点から、現在では認知行動療法にとってかわられています。
ご指摘のように、「ミラーニューロン」や「脳科学云々」などに話が飛んでいるのは飛躍した論理だといえると思います。また、心理療法の分野だとFAP=Functional analytic psychotherapyでしょうから、あえて誤認されるような表記を用いるのは問題ですね。
【参考】
・https://en.wikipedia.org/wiki/Functional_analytic_psychotherapy
・www.jsccp.jp/near/interview6.php (回答日時:2018/03/14 13:53:26)

こんにちは。 ちびっこ科学者としてあなたを尊敬します。

提案なのですが、少し前に科学/化学に興味の無い方がこのようなサイトを参考にする時は文字が多い段階でサイトを抜けてしまうという話を友人から聞きました。
現在評論の構成は評論対象の説明、各方面からの評論、結論 という形になっているのですが、結論を最初に置き、その結論を支える評論はより詳しく知りたい方は読んでどうぞという形にすれば、科学に詳しく無い方でも取り敢えずは結論を知ることができ、疑似科学による犠牲者を減らすことが出来るのではないかと思うのですがどうでしょうか。 (投稿者:ぱせり,投稿日時:2018/02/18 15:30:14)

ちびっこ科学者さま(?)
ご投稿ありがとうございます。
ご指摘の通り、当サイトの見づらさは、読みにくさはユーザーに優しいとはいえない状態です。
しかしながら現在、本サイトに関わる研究グループでは新規にプラットフォームサイトを構築中です。
http://gijika.com/pre/
一般公開は本年9月頃を計画しております。
なにとぞよろしくお願いいたします。 (回答日時:2018/03/07 22:36:35)

教えてください。
1.うつ・パニックは鉄分不足か原因だった
という本について。
i herbというアメリカ版お薬ドットコムのような、沢山のメーカーのサプリメントを選んで購入できるサイトをご紹介されてるので、何か特別な商材を押し売りしようという気配は皆無。実際、そこからNOW社のキレート加工されたフェロケル鉄をのんでいるが、全く問題ない。むしろいいように思う。
同時に高タンパク、メガビタミン摂取を分子栄養学に基づいておススメされているが、このフェロケル鉄、メガビタミン、高タンパクな食事というものは、果たして?
Facebookグループなどでは、なかなか聞けない客観的意見をお聞きしたいです。

2.SS健康法
最近Facebookでよく見かける、胃を折り畳む健康法だそうです。
アチューンメントを受けると、そのような胃を折り畳むことができるようになるらしいですが、胡散臭さ満載過ぎて笑えます。
出席すると、洗脳されてくるらしく、いいことしか言わなくなるとツイッターで出ていたので、調査お願いします。 (投稿者:ゆりか,投稿日時:2018/02/17 23:20:57)

ご投稿ありがとうございます。
「胃を折りたたむ」とはどのような状態を意味するのか気になりますね。
身体によくない印象しか受けないです苦笑。 (回答日時:2018/03/07 22:35:35)

大変有意義な情報を沢山ありがとうございます。

ぜひ「分子整合栄養医学」「オーソモレキュラー」について科学的ジャッジをお願いいたします。

上記に基づく「栄養療法」と称し、高額なサプリメントを多量に飲むことで、「うつ病」「統合失調症」などの精神疾患、「癌」「アトピー性皮膚炎」「心疾患」「糖尿病」などなど何でも改善することができるとPRされています。本も沢山出てきますが、一般書ばかりです。動物実験や臨床研究、学会発表など正規の医学的な検証を経ていないようです。

この療法を取り入れて自費診療するクリニックも増えているようで、知人が何十万円もの大金をサプリメントに費やしていましたが、結局心の病気は治らないままでした。

ライナス・ポーリングというアメリカのノーベル賞学者が昔に言いだした栄養学だそうですが、科学的な根拠は本当にあるのでしょうか?
ぜひ貴サイトで検証をお願いいたします。

参考URL 
http://eat-hygeia.jp/contents/treatments/20.html
http://www.km-heartclinic.jp/?page_id=22
https://www.amazon.co.jp/%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%81%A7%E6%B2%BB%E3%81%99%E5%BF%83%E3%81%AE%E7%97%85%E2%80%95%E5%BF%83%E3%83%BB%E8%84%B3%E3%83%BB%E6%A0%84%E9%A4%8A-%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E5%8C%BB%E5%AD%A6%E3%81%AE%E6%BD%AE%E6%B5%81-%E5%A4%A7%E6%B2%A2-%E5%8D%9A/dp/4476032451/ref=cm_cr_arp_d_product_top?ie=UTF8

(投稿者:ウェルビーイング,投稿日時:2018/02/11 17:39:30)

ご投稿ありがとうございます。
情報提供感謝いたします。
知人の方は大変ですね。
疑似科学的な内容を多く含む商法は病気などで弱っている人にこそ有効に働きます。正常な判断が下せない状態に付け込むのは経済活動を前提としたとしてもたいへん問題に思います。
(回答日時:2018/03/07 22:33:31)

食事により血管プラークが減るというのは
本当でしょうか。

(血圧薬・コレステロール低下薬は不要。むしろ飲まないことを推奨されていて、飲むとプラークの減りが悪くなるという点にも疑問を感じています。)

そんなに簡単に血管プラークは増えたり減ったり
するのでしょうか。

書籍などは絶賛の嵐ですが、
HPを隅々まで読むと

油や脂質(植物性の脂質も含める)を少しでも
毎日取り続けると脳梗塞や心筋梗塞の危険がと
何度も書かれている割には、
時々なら大丈夫だという記述があったり、

グラム単位で脂質量を制限しているかと思えば、
細かく脂質量を合計して計算しないで下さいと
書かれていたり、一貫性がなく困惑しています。


また、大学病院や医療機関、研究者までがこの事実に
気づいてないかのように書かれていますが、このような食事療法は科学的にどうなのでしょうか。

http://majimaclinic22.webmedipr.jp/kanzenyobou/column1/29.html

お忙しいところ恐れ入りますが
よろしくお願いいたします。 (投稿者:ぽん,投稿日時:2018/02/04 15:37:43)

ご投稿ありがとうございます。
程度にもよるでしょうが、頸動脈プラーク対策として食事をコントロールするのは効果があると思われます。
【参考】
www.myclinic.ne.jp/imobile/contents/medicalinfo/top_naika/suzuken_naika_126/mdcl_info.html
また、ご提示いただいたHP拝見しましたが、確かに情報量が多いですね。どこまで食事を厳密にコントロールすべきかは患者個別の病態によるところが大きいと思われますので、ウェブ情報はあまり気にせずに、主治医と相談されるのが一番でしょう。
(回答日時:2018/03/14 15:03:34)

知り合い(ややスピリチュアル寄り)がSNSで喧伝していたことですが。Wi-fiが生物に与える影響について。
なお、スウェーデンでの記事の引用が下記のサイトにあります。ルータの傍と別の部屋とに種子を置いたところ、ルータの傍のは発芽しなかったとの報告。

ただし、ここに書かれている
「この研究は学校からよく受け止められただけではなく、国際的にも広く知られるようになり、生物学者や放射線の専門家らが今回の発見の重要性を認識するなど国際的な関心を集め始めました。」

という件は、生物や放射線関係の学会では現在報告は見当たりません。また、2室での実験と書かれていますが、実験は各1個の容器のみで行われており、個体差を排除する試みも不十分です。

また、Wi-fiと携帯電話の電磁波が同じ種類というのも、厳密には誤りですが(当方情報通信技術者です)

https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12347157051.html (投稿者:まんどらごら,投稿日時:2018/01/31 11:06:25)

ご投稿ありがとうございます。
有益な情報ありがとうございます。これは実験手法に問題がありそうですね。
電磁波による害が語られる場合、Wi-fiもGPSもAMラジオも一緒くたにされる傾向があるようです。というより、このあたりの厳密な区分けがされているようには思えず、「電磁波」という語句がよくないイメージを想起させているだけではないのか?とさえ思います。

(回答日時:2018/02/10 23:17:55)

高濃度ビタミンによる癌治療の有効性について
お願いします。
過去に、藁にもすがる患者を食い物にする悪質な行為だと一蹴していらっしゃる医者がいました。
私はただ真偽が知りたいだけですが、他の第三者である有識者の意見をお聞きしたいです。 (投稿者:きぬはた,投稿日時:2018/01/30 11:08:54)

ご投稿ありがとうございます。
がん治療に関しては、患者を誘惑するような甘言が後を絶たず、問題化しているようです。
(参考)BuzzFeed「がん患者を惑わす「甘い言葉」とは? インチキ医療で命を落とす前にできること」2017
https://www.buzzfeed.com/jp/seiichirokuchiki/suzuki-katsumata-tsugawa?utm_term=.dwbEMzEZg#.vevw2Aw1z

また、NIH(アメリカ国立衛生研究所)のこちらの文面を読む限り、高濃度ビタミンC摂取の治療薬としての使用は承認されていないようです。一方、QOLや副作用の減少がみられたと示唆する研究はあるようです(もちろん治療効果とは区別されるものですが)
(参考)
https://www.cancer.gov/about-cancer/treatment/cam/patient/vitamin-c-pdq#link/_19

(回答日時:2018/02/10 23:17:26)

すいません。先ほどの「観術」についての追記です。
私が参照した書籍は『宇宙一美しい奇跡の数式 0=∞=1』(著 ノ・ジェス)です。表紙には「悟りを科学化した一冊」と書いてあり、量子力学で仏教的な思想(を越えるもの)を説明するような内容でした。
お忙しいとは思いますが、宜しくお願い致します。 (投稿者:とあるサラリーマン,投稿日時:2018/01/29 00:03:03)

(回答日時:2018/01/31 16:08:03)

二酸化塩素を発生させるグッズを部屋に置いたり首に掛けたりするだけで「空間を除菌できる」商品について評定をお願いします。

2014年3月に消費者庁から「根拠がなく、景品表示法違反(優良誤認など)に当たる」と各社に通達されましたが、今も販売されています。

医薬品メーカーが「雑貨」として、エセ科学商品を販売しているのであれば、タチが悪いと思います。

よろしくお願いします。
(投稿者:みなみ,投稿日時:2018/01/25 17:02:29)

ご投稿ありがとうございます。
評定依頼・情報提供感謝いたします。
(回答日時:2018/01/31 16:05:29)

仮説
バストクリームでバストがアップする

→とても怪しいです。
 本当に効果あるのでしょうか。 (投稿者:あひる,投稿日時:2018/01/20 23:26:53)

ご投稿、ならびに情報提供ありがとうございます。
いただいた情報については順次調査いたします。
(回答日時:2018/01/31 16:02:34)

バイオプログラミングについてお願いします。
株式会社リュミエリーナが開発しているレプロナイザーというヘアドライヤーに用いられている技術です。
このヘアドライヤーは、口コミで広がり、バカ売れしている状況です。価格は38000円です(笑)
私は理系の大学院卒ですが、明らかに公式ページの説明が怪しいものになっています。場の量子論などについて語っています。
また、会社の求人もなく、美容以外の他の事業にもさまざまな展開をしていると公式ページに書かれていますが、どこにも詳細はありません。実際社員がいるのかも怪しいと思います。よろしくお願いします。 (投稿者:たかはし,投稿日時:2018/01/16 00:50:17)

ご投稿ありがとうございます。
ドライヤーで38000円とはかなり高額ですね。
リュミエリーナについて少し調べてみましたが、「怪しい」「胡散臭い」との声はいくつかあがっているようです。
会社のウェブサイトにも「時間と空間の量子力学」などと美容とは全然関係なさそうなフレーズが目立ちます。
(回答日時:2018/01/18 12:24:55)

いつも拝読しております
ホメオパシーという治療法について評定していただきたいです (投稿者:1024,投稿日時:2018/01/07 18:19:59)

ご投稿ありがとうございます。
「ホメオパシー」項目はすでに評定公開しております。
画面左の評定項目一覧よりお選びください。
(回答日時:2018/01/12 09:51:21)

こんにちは。膝痛のサプリを怪しみながら閲覧していたところ、このように科学的な検証を行っているサイトに辿り着き感激しております。今後の益々のご発展をお祈りします。
私の評定依頼ですが、是非プロテオグリカンを取り上げていただきたいと思います。 (投稿者:さだげね屋,投稿日時:2018/01/03 14:04:06)

ご投稿、また激励のコメントありがとうございます。
依頼承ります。
(回答日時:2018/01/12 09:52:49)

卵たくさん食べても大丈夫論についてお願いします! (投稿者:jusforcout,投稿日時:2017/12/20 00:38:41)

ご投稿ありがとうございます。
依頼ありがとうございます。
(回答日時:2018/01/05 12:24:48)

発酵させない大豆有害論についてお願いします! (投稿者:jusforcout,投稿日時:2017/12/20 00:31:12)

ご投稿ありがとうございます。
依頼ありがとうございます。
(回答日時:2018/01/05 12:24:26)

喫煙の害を否定する言説(喫煙無害論?)の評定をお願いします (投稿者:匿名希望,投稿日時:2017/12/16 21:25:59)

ご投稿ありがとうございます。
ご依頼ありがとうございます。
(回答日時:2017/12/18 17:45:17)

非常に勉強になる情報発信、ありがとうございます。
一部の臨床心理士などが好んで用いる、夢分析、箱庭療法、アートセラピーなどの技法についての評定をご検討いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。
(投稿者:hogehoge,投稿日時:2017/12/15 11:24:36)

ご投稿ありがとうございます。
有難いコメントです。
また、ご依頼ありがとうございます。 (回答日時:2017/12/18 17:46:48)

朝日新聞デジタルでも取り上げられた『砂糖の有害性』について、怪しい人たちが怪しい言い回しで声高に主張を展開していますが、これはどんなものでしょうか? (投稿者:sputnik,投稿日時:2017/11/24 01:18:15)

ご投稿ありがとうございます。
詳細な調査をしないと何とも言えないところもありますが、そもそも「砂糖の有害性」という表現がかなり多義的だと思います。糖分自体はヒトの活動の中でも重要なものですし。
問題は、どの程度の砂糖を摂取した場合、どのくらい「有害」なのかであって、それがはっきり明示されていないのであれば、あまり心配する必要はないでしょうね。そういう情報は信用できない、と判断してもよいと思います。
多くの物質(というかほとんどすべての物質)は過剰摂取すれば何らかの悪影響が出るのがふつうですから、「砂糖の有害性」が意味する対象が何なのか、が問題となるでしょうね(あえて極端なキャッチを用いるという戦略はよく見かけます)。
ご質問のお答えになっているかどうか自信ありませんが。
ちなみに、関係のありそうな記事を見かけたので、リンクを貼っておきます。
http://www.huffingtonpost.jp/kenji-ando/harmfulsugar_a_23286917/
(回答日時:2017/11/28 15:30:46)

サプリメント(DHA・EPA)の情報を探している際に貴サイトに辿り着きました。拝読し、大変参考になりました。

同じサプリメント関連で気になっている物があり、質問(評定依頼)をさせて戴きたいのですが、『春ウコン研究会』というHPがあります。

(春ウコン研究会HP)http://www.haru-ukon.com/

この研究会は山形大学客員教授の松井良業さんと言う方が研究会の会長を務めておられ、春ウコンについての研究をされておられるとのことです。
このHPによると、春ウコンを最適量摂取する事で、免疫のレベルが極めて高くなり、癌などの成人病が改善できると紹介されています。又、そのエビデンスも併せて紹介されておられる様です。

この『春ウコン』についての評定の御検討を宜しくお願い致します。

(投稿者:匿名希望,投稿日時:2017/11/23 12:51:04)

ご投稿と評定依頼、そして激励のコメントありがとうございます。 (回答日時:2017/11/28 15:31:24)

 11月13日のテレ東WBSにて、電気パルスで痩せるという『EMS』の売れ筋ランキングなんかやってました。あんな偽物、と思っていたらまともにテレビが取り上げていて情けなく思いました。明日また騙された人が買いに行きそうです。
 WEB上では、いくつか虚偽をあばくサイトもありましたけど、こちらではまだ取り上げておられないようです。いろいろとお忙しいとは思いますが、依頼ということではありませんけど、一応投稿させていただきました。
 番組では売れ筋上位の会社の人が出てきて、京都大学と共同研究とか言ってましたが、本当ですかね。 (投稿者:あんち,投稿日時:2017/11/14 01:37:08)

ご投稿ありがとうございます。
確かに、痩せるという意味では眉唾かもしれませんね。
ご依頼ありがとうございます。
(回答日時:2017/11/15 10:48:55)

バイノーラルビートの件で回答していただきありがとうございます。
是非、当サイトへの資金援助をさせていただきたく思いますので、E-mailアドレスまでご連絡の方をお願いします。 (投稿者:みやかず,投稿日時:2017/11/07 14:31:17)

お申し出ありがとうございます。
また、対応がやや遅くなり申し訳ありません。
こちらの研究責任者から、メールさせていただきます。
よろしくお願いいたします。
(回答日時:2017/11/15 10:50:45)

バイノーラルビートに関して検証をお願いしたく思います。
左右の耳から入る周波数に差をもたせることで睡眠導入・記憶力向上・集中力向上・ストレス軽減等効果があると言わせておりますが、どのようなエビデンスがあるのでしょうか?
また、副作用に関しても風説なのかエビデンスがあるのか明確にしていただけたらと思います。
PS
当HPにはかなりお世話になっております。
無料で見れますので大変助かっておりますが、匿名で資金援助することは可能でしょうか?
また、有料メールマガジンなどを行う予定がありましたら教えてください。 (投稿者:みやかず,投稿日時:2017/10/16 14:47:45)

ご投稿ありがとうございます。
評定依頼承りました。少し調べてみましたが、研究論文に関しては「binaural beats」で検索するといくつか引っかかってきますね。結構ユニークな論文を見つけましたので、以下に貼ります(「歯医者さんでの不安が減る」らしいです。※この一報だけでは何とも言えませんが)。
Effectiveness of binaural beats in reducing preoperative dental anxiety.
(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28325532)

>当HPにはかなりお世話になっております。
無料で見れますので大変助かっておりますが、匿名で資金援助することは可能でしょうか?
また、有料メールマガジンなどを行う予定がありましたら教えてください。
――ありがとうございます。大変うれしく思います。
まず、ご寄付については(条件付きですが)受け入れる用意がありますので、もしお申し出いただくご意思がおありでしたら、別個メール等で説明させていただきたいと思います。コメント記入時に入力されたアドレス(管理者のみ閲覧可です)にメールさせていただくことは可能でしょうか。
また、「有料メールマガジン」への展開は現状考えておりません。
励ましのコメント大変ありがたく思っております。今後も本サイトをご活用くださいませ。 (回答日時:2017/10/23 11:42:58)

疑似科学の検証興味深く拝見しております。
また、お忙しい中の依頼です。

天使の周波数 ソルフェジオ周波数528Hz
悪魔の周波数 デビルス・トーン 440Hz

ロンブー論文という番組や小林麻央さんのブログで話題となりました。

論文やエビデンス疑似科学でAND検索をかけると、明らかに怪しいことが分かります。

体系的にまとめて頂けると、非常に助かります。
よろしくお願いします。 (投稿者:みやもんた,投稿日時:2017/10/12 10:01:46)

ご投稿ありがとうございます。
こうした主張が「電磁波有害説」などにつながっているのでしょうか。Wi-fiの普及により、日ごろから電波、電磁波に接している現代社会では、心身の不調の原因を一義的に「電磁波」に求めるのは難しいように思うのですが。
(回答日時:2017/10/16 10:27:20)

ご回答御礼

「構造医学」について質問させていただいた者です。
早速お調べいただきありがとうございました。

メディアでも発言している著名な学者が大会の会長を務めたりしており(https://koui.org/convention/past/)、文理融合の新局面かと思ってしまいましたが、どうやら学術的な場で語るべきものではないようですね。 (投稿者:liyuehua,投稿日時:2017/10/02 21:07:57)

ご投稿ありがとうございます。
添付いただいたサイトも閲覧しましたが、研究会・学会という体裁にはなっているようですね。ただ、おそらく臨床的な医学研究というよりは哲学的?(この言葉が適当かどうかわかりませんが)な医学研究のようにもみえます。
あまり実態が掴めませんね。
(回答日時:2017/10/11 12:14:19)

福島原発事故の後によく聞かれた「乳酸菌(微生物)が放射能(放射性物質)を分解する」説を検証してください。貴サイトでも取り上げられた「EM菌」をはじめとする微生物群は地球の放射能濃度を下げている、という説を唱える人が意外と多いのに驚いています。よろしくお願いいたします。 (投稿者:rmx,投稿日時:2017/09/29 11:50:31)

ご投稿ありがとうございます。
「乳酸菌万能説」のような主張もあるのですね。依頼承りました。
(回答日時:2017/10/02 15:27:52)

ご回答御礼

「フルボ酸」について、評定依頼をさせて頂いたところ、
一週間以内に、ご回答を頂き、感謝申し上げます。

以前、MLMの説明会に、付き合い上、仕方なく参加した
経験があり、当時は「放射能に効く白い粉(牛骨粉)」を販
売していました。説明者は黒板に効能を書いたのち、直ぐ
にそれを消すのです。カタログには、効能や商品の食品分
析結果は記載がありません。
今回の「フルボ酸サプリメント」についても同様でした。

MLMが特定商品取引法に抵触していないとはいえ、中身
は、商品を販売する人や紹介する人に、大幅な利益還元が
もたらされるという実態は変化しておりません。

貴研究所で、科学性の評定の中に、庶民を騙すような手口
で、高額な商品を売り、さらに買った人を販売員にするよ
うな組織にもメスを入れて欲しいと願います。

今回の回答に感謝しつつ、貴研究所のご活躍をお祈り申し
上げます。

(投稿者:fukuchan,投稿日時:2017/09/26 00:19:52)

ご投稿ありがとうございます。
激励感謝いたします。
個人的にも、疑似科学とMLMの関連性はかなり深いように感じておりますし、用いられている「騙しの手口」による被害は究明していかなければいけないものと考えています。
今後も本研究をよろしくお願いいたします。
(回答日時:2017/10/02 14:29:37)

「構造医学」とは学問的に確立されたものなのでしょうか。理論を取り入れている整骨院も少なくないようですが、Web上では関連団体や関係者のサイトが大半で、客観的に説明しているサイトに出会えません。創始者が理学博士/医学博士なので研究者や論文の検索サイトも当たってみたのですが該当するものを見つけ出すことができませんでした。

https://kouzouigaku.jp/kouikikan/
https://koui.org

(投稿者:liyuehua,投稿日時:2017/09/25 21:15:32)

ご投稿ありがとうございます。
「構造医学」ですか。初めて耳にしました。
ご提供いただいた情報を調べてみても、どのような医学なのかよくわかりませんね。
「重力」という言葉が散見されますが、「重力」をどのように治療に用いるのでしょうか。
『ハリソン内科学』など、よく知られている医学書には「構造医学」という語句自体ありませんので、学術的・研究的に一般的なものではないと思われます。
(回答日時:2017/10/02 14:23:36)

ひざ痛がひどくて、知人から「色彩診断治療」する治療院を紹介されました。ネットで見ると、ほめてばかりですが、実際治療を受けて、ちっともよくはなりません。逆に痛みが増したくらいです。
即効性があるように言われていますが、実際はどうなのでしょう?
本当のところが知りたいです。 (投稿者:ブラックスワン,投稿日時:2017/09/25 16:42:09)


ご投稿ありがとうございます。
「治らない」と考えてよいと思います。
そもそも、「色彩診断」が何を意味するのかがよくわからないのですが、作用機序(理論の説明)と実証的なデータがあるのかどうか確かめてみる必要があるでしょう。
(回答日時:2017/10/02 14:17:06)

こんにちは

科学的見解を引用した非科学的なものについて調べてほしいです。

たとえば水素水。
これは医学的な研究もありますが
臨床レベルでもなく今後が期待される研究です。
ところが、まがい物の水素水を販売されてしまい
その研究者も苦言を呈していました。
http://www2.nms.ac.jp/ig/biocell/generalnews/general.html

最近は、こうした科学的研究を論拠にした疑似科学が多いように見えます。臨床や応用が出来る前に喧伝してしまうパターンです。

ほかにも遺伝子検査や重金属汚染を調べる検査は怪しげな検査結果で行うところが多いです。自費診療でこうした検査を行い、これまた品質の怪しいサプリメントを販売する悪徳医師もいます。

下記は海外でまとめられた非標準的な検査をする民間検査機関で、日本にも上陸しています。

https://www.quackwatch.org/01QuackeryRelatedTopics/Tests/nonstandard.html


(投稿者:科学的な根拠を伴う非科学的なもの,投稿日時:2017/09/23 15:15:42)

ご投稿ありがとうございます。
ご指摘の通りに思います。特に水素水に関しては、最近風向きが変わったようにも思いますが、未だに過度に効果を標榜する販売方法となっているように感じます。
「重金属汚染を調べる検査」というのは聞いたことがないのですが、何を調べるとわかるのでしょうかね。
(回答日時:2017/09/25 14:29:49)

フルボ酸又は、フルボ酸ミネラルというサプリメントについて

大々的にインターネットやMLMのネットワーク組織の企業が販売している、このフルボ酸サプリメントは、どんな病気にも効果があり、放射能除去にも効能があるとしています。

フルボ酸自体が精製が困難な物質のようですが、高額な商品にも関わらず、大々的に製造されていますね。

様々な病気に効くとの宣伝に対し、科学的な検証ができていないと思われますが、情報の提供をお願いします。
尚、ある医学団体も推薦しているようですが、どんなデーターに対して、商品認証をしているのでしょうか?

(投稿者:fukuchan,投稿日時:2017/09/19 12:59:23)

ご投稿ありがとうございます。
「フルボ酸」で検索するとたしかにさまざまな情報が出てきますね。
おおざっぱに調べたところ、医学研究で論文化されているものはほとんどないようです。
海外文献まで隅々調査したわけではありませんが、「病気への効果」には注意したほうがよいかと思われます。
(回答日時:2017/09/25 14:31:40)

鉱石パワー商品&水の無機質ジェル化化粧品について

地元の美容室にて、〇ェレナシリーズという化粧品等を販売しています。

「天然鉱石(パワーストーン)の力で、 筋肉が本来の正しい位置に戻ることで血流が良くなりムクミや冷え性等改善へ導く商品です。
美容目的だけでなく、健康に留意されている全ての方に喜んで頂けるシリーズです。」

「地球のエネルギー、自然界の大きなパワーである天然鉱物の中から、人体のそれぞれの経絡に同調し共振共鳴しあうバイブレーションを持つ天然鉱物を超微粒子にして配合しています。」というものもあります。

商品としては、インナー(タンクトップで20000円以上)やマニキュア(6000円。高級ブランドでも5000円前後です)等。身につけるまたは塗ることで体のゆがみを治すとして美容室のお客さんに勧めています。

これらについては、ゲルマニウム等々からおおよそ結果は類推できるところですが、フェイクなロジックの組み立て方について評定をいただければと思います。


また、同シリーズに「特殊技術で水の臨界点を超えた次元で派生する物理的変化を応用し、水分子間に架橋特性を持たせ、世界で初めての無機質ジェル化したものです」という水をゲル化した「らしい」美容液もあり、各所のエステサロン等に広まっているようですが・・・これについてはいかがでしょうか? そもそも水を無機質ジェル化させることは構造上不可能だと思われます。
漏水対策の工事に「無機質ジェル」というものがあり、それにヒントを得た名称ではないかと思われます。

ちなみに、私にも当初はしきりと勧めていましたが、当方が技術者であり、無機質ジェル工法を知っていること等をちらりと雑談で出したところ、勧誘はピタリとやみました。

(投稿者:Fontana,投稿日時:2017/09/12 17:50:49)

ご投稿ありがとうございます。
>フェイクなロジックの組み立て方について
まさにこの点は重要ですね。貴重な情報提供とも合わせてコメント感謝いたします。
>当方が技術者であり、無機質ジェル工法を知っていること等をちらりと雑談で出したところ
こうした問題の根深さ/悪質さの一つは、「無知な人をターゲットにする」ことにあるかと思います。逆に、「専門知識を有している」ことをほのめかすのが単純ですが非常に効果的な手でもありますね。

「水の無機質ジェル化」ですか……。
「無機質ジェル」で検索すると結構いろんなサイトがヒットしますね。化粧品業界のトレンドなのかもしれません。
(余談ですが、中には「ケイ素」含有を謳っている商品もありますが、ケイ素を肌に塗りつけて何かいいことがあるのでしょうか)
参考:http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail579lite.html(国立健康栄養研究所・健康食品の素材情報データベース「ケイ素」) (回答日時:2017/09/18 09:53:00)

現在大きなムーブメントとなっているグルテンフリーダイエットは社会的影響も強いと思われ、是非とも評定をお願いしたく、既出の依頼と重複にはなりますが依頼の書き込みをさせていただきます。 (投稿者:RT,投稿日時:2017/09/10 22:23:25)

ご投稿ありがとうございます。
おっしゃる通り、確かに社会的影響の大きい主張ですね。
重ねて承りました。 (回答日時:2017/09/18 10:42:38)

評定依頼です。

「アロエベビー」(アロベビーではありません)

アロエベビーとは:
妊娠前からアロエベラジュースやプロポリス、ポーレン(全てフォーエバーリビングプロダクツジャパン有限会社の商品)を摂取しているお母さんから生まれてきた子どもの事で、主に以下の特徴があるとされます。

・発育がいい
・育てやすい
・右脳と左脳のバランスがいい
・病気にかかりにくい
・集中力がある

アロエベラジュースを摂取していないと、上記の特徴を子どもに与えない親であるかのようにも感じます。特にこれから誕生する我が子のためなら出来るだけの事をしたいと思っている人々は、客観的な判断ができないまま、義務感で飲むこともあるでしょう。また、成長した子に対して、親が「お前はアロエベビーなんだよ」と言うことの恐ろしさも感じます。

成人病協会の推薦、コーシャーマーク取得、潜在意識、宇宙エネルギーなどが謳い文句のようです。
科学性の評定が必要だと思います。何卒ご検討ください。

関連書籍
「なぜ、アロエベラで育った子どもは奇蹟を起こすのか?」
森下敬一 (著), 高沼道子 (著)
出版社: キラジェンヌ veggy Books
(投稿者:アロエの効果,投稿日時:2017/09/03 14:27:26)

ご投稿ありがとうございます。
依頼承りました。
参考となる情報もいただき、確認させていただきます。 (回答日時:2017/09/10 12:14:57)

ハイレゾオーディオの評定を依頼します (投稿者:よしてる,投稿日時:2017/08/31 01:04:14)

ご投稿ありがとうございます。
依頼項目としてストックさせていただきます。 (回答日時:2017/09/10 12:19:09)

お忙しい中失礼します。
地球温暖化と温室効果ガスとされているCO2の関係についてお願いしたいです。

自分は大学生なのですが、環境科学において代表的な温室効果ガスとしてCO2を示され、ハワイ島におけるCO2の増加が読み取れるグラフや、地球の平均温度が上昇していることなどが説明されたのですが、そのグラフからは(季節によってCO2濃度が変化する為に上下を繰り返しつつも)ほぼ一定の増加率のようであり、近年の中国やインドなどの大国の発展にともなった変化なども見受けられず、また、水蒸気の温室効果はCO2の比ではないという情報ををインターネット上ではありますが、目にしました。

本当にCO2濃度が上昇しているのか、地球は本当に温度が上昇しているのか、果たしてこの2つにはそれほど強い結びつきがあるのかを調べていただきたいです。

今や地球温暖化はビジネスとなっておりますし、自分も必要以上のエネルギー消費は望ましくないとは思っていますが、不安感を最近は煽りすぎているような、なんとなく腑に落ちないような、そんな感覚なのです。

可能であればお願いいたします。 (投稿者:後藤,投稿日時:2017/07/30 00:46:59)

・ご投稿ありがとうございます。
>今や地球温暖化はビジネスとなっておりますし、自分も必要以上のエネルギー消費は望ましくないとは思っていますが、不安感を最近は煽りすぎているような、
――ご指摘よくわかります。
地球温暖化にはさまざまな観点から議論があるところですので、現時点で一義的に「○○だ」とは言えないように思います。たとえばCO2との強い関連性がみられるとしても、それが「人類による」ものかどうかにはまた議論があるようですし。
(回答日時:2017/07/31 06:50:34)

https://isom-japan.org/about-us/orthomolecular.html
「オーソモレキュラー医学」の評定をお願いいたします。
「一般社団法人 日本オーソモレキュラー医学会」
なる組織を設立して、活動の拠点としております。
他の疑似科学と異なり、科学的用語を適切に用いてるため、素人には通常の医学との違いが分かりません。また、医者の団体による活動であるため、いかにも本当らしいというイメージを持ってしまいます。実際、朝日新聞にも
「医師監修レストラン 健康も味も」という記事が記載されました。(2017年7月27日朝刊、東京版25ページ) (投稿者:    ,投稿日時:2017/07/27 22:20:20)

ご投稿ありがとうございます。
こういう分野があるのですね。
調査依頼承りました。
(回答日時:2017/07/31 07:01:56)

お世話になっております。
回答遅れる事がございますのであらかじめご容赦くださいませ。

投稿へのご回答ありがとうございます。
非常に助かります。

パンフレットも郵送できます。

ご連絡お待ちしております。 (投稿者:Hiro,投稿日時:2017/07/18 17:39:13)

ありがとうございます。
こちらこそ、お返事が遅くなり申し訳ありません。
別途ご連絡差し上げますのでよろしくお願いいたします。 (回答日時:2017/07/31 07:03:57)

お忙しい中のご依頼申し訳ありません。

数年前より地方の個人経営美容室を中心に聖水ビジネスが横行しております。家族もハマってしまい説明も聞いてくれません。

具体的には光触媒使用を謳った水で、『ビーワン』『アクアーリオ』『トリニティZ』のような名前で販売されております。

http://www.aquaproject.co.jp/trinity/

生産者のサイトには農作物の収穫up、ペットの皮膚のタダレの改善、自動車燃費のupなどが記されておりますが、営業マンが『ガンが治った』『家族のうつがなおった』『除染に使える』『豊洲問題にも有効』など吹聴しております。

必要とあらば実験データが載っているとされるパンフレットもお送りできます。

サイトの趣旨とは違うと思いますが、情報弱者を食い物にするビジネスが許せなく思いご依頼させて頂きました。

ご検討くださいませ。 (投稿者:匿名失礼します,投稿日時:2017/07/15 17:30:28)


・ご投稿ありがとうございます。
添えていただいたリンク先を閲覧しましたが、基本的に「何でもあり」の会社のようです。ざっと眺めただけですが、かなり悪質だと思います。
たとえば、当該サイト上にありました「カルシストX」(http://www.aquaproject.co.jp/pdf/calcist.pdf)の商品説明では「飲用し排泄するだけで浄化槽がきれいになる」ことを謳っていますが、それがどういった成分による効果なのか明らかにされていません。「カルシウム」を連想させる商品名ですが狙っているのでしょうか。
また、「ビーワン」シリーズのページにて、「若返った」ということが「写真」つきで主張されていますが、これらはカメラの角度や色合い、写し方などのテクニックだと思われます。というか、なぜ高齢者の曲がった背腰がシャンプーで治るのでしょうか。意味不明です。

>家族もハマってしまい説明も聞いてくれません。
――かなり悪質なケースに思われますし、消費者センターなどに相談されてみてはいかがでしょうか。

>必要とあらば実験データが載っているとされるパンフレットもお送りできます。
――ありがとうございます。一度拝見してみたいのですが、入力いただいたメールアドレスにこちらから連絡してもよろしいでしょうか。 (回答日時:2017/07/18 14:42:34)

 はじめまして。
私は、「人工甘味料の安全性議論」について評定依頼を投稿させていただきたいと思います。
既出でしたら申し訳ありません。

 いくつもの安全性試験を経て現在国内で認可されているアスパルテームなどの人工甘味料についても、危険視を勧める専門家とされる方々がいらっしゃいます。

 最近の研究では、腸内細菌への影響があるのだろうということが分かってきているそうです。そういう「ゼロリスク」とは言えない部分をついて、
・全ての人工甘味料を危険とするようなもの
・摂取量を考えないもの
・動物種差を考えないもの
・既存の糖との比較を行っていないもの
などなど様々な危険論が見受けられます。

 これまでに行われた研究に基づき、現段階でこれらの科学性はいかほどか、ぜひ評定していただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

-参考-
https://www.alic.go.jp/content/000138490.pdf
  (投稿者:マヨ,投稿日時:2017/07/14 17:01:47)

ご投稿ありがとうございます。
添えていただいたURLも拝読いたしました。大変参考になりました。
人工甘味料についてはそのような議論がなされているのですね。「全ての人工甘味料を危険とするようなもの」という主張などは、いわゆる「自然派」志向に近い感じがします。
参考URLにもありますように、こうした議論では「摂取量を考えないもの」が根深い要因であると思われますね。
依頼項目として承ります。 (回答日時:2017/07/18 14:16:29)

復元ドライヤーに関して。
他メーカーと比較して安価ではあるものの、育毛光線のような造語が見受けられ、疑似科学としての評価をお願い致します。

メーカーサイト
>熱線のヒーター部からも育成光線を放射させるために、育成光線放射率93%という驚異のパワーを出す温光石を45ミクロンまで小さく装着しました。
https://www.louvredo.com/Products/Detail/30

販促のサイト
効能を謳っている点が問題だろうと思います。
>ちなみにこの育成光線、医療などにも使われる最も体に優しい波長のエネルギーらしく、リフトアップや冷え性改善、疲労回復やデトックス効果が期待できるんだとか!
https://geinou-news.jp/articles/%E5%BE%A9%E5%85%83%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC-%E4%BA%BA%E6%B0%97-%E7%90%86%E7%94%B1 (投稿者:T.H.,投稿日時:2017/07/10 16:03:05)

ご投稿ありがとうございます。
調査依頼として把握させていただきます。 (回答日時:2017/07/10 21:11:11)

トリガーポイント療法

二軸理論

4スタンス理論

経済効果

シックスパッド

メンタルトレーニング

メンタリスト

赤ちゃんトレーニング



の評定項目追加もお願いします (投稿者:ミズノ,投稿日時:2017/07/02 21:16:38)

ご投稿ありがとうございます。
「メンタリスト」については評定とは少し違いますが、「メンタリズム」としてすでに「疑似科学関連用語事典」に掲載させていただいております。
他は依頼項目として把握いたしました。 (回答日時:2017/07/10 21:16:50)

筋力トレーニング を評定の対象にお願いします
それで結構です

(投稿者:たっくん,投稿日時:2017/07/02 20:50:52)

はい。
依頼項目として追記いたします。 (回答日時:2017/07/02 20:55:09)

そのページはすでに見てます。

中は理解できましたが、私はそれが科学的かどうかの説明を今しろと言ってるんです。

それぞれの対象によって比較の仕方も評定も異なりますよね?
あなたが多角的といったように

すぐにできないのなら評定対象に入れるべきでは? (投稿者:たっくん,投稿日時:2017/07/02 20:36:09)

>中は理解できましたが、私はそれが科学的かどうかの説明を今しろと言ってるんです。
――「評定項目の出典」ページにもありますが、科学哲学分野の参考書を読まれることを勧めます。失礼ですが、コメントの意図がつかめません。
「筋力トレーニング」を評定依頼のリストに追加せよ、という要望であればすぐに対応します(しかし、先にも申しましたが単に「依頼のリスト」に追加するだけでありますが)。 (回答日時:2017/07/02 20:46:08)

このサイトは科学的といっていますが、科学的とはどういうことを指すのですか?、身体が変わること?

有用性?



有用性でいえば筋力トレーニングをすることで、筋力がわずかに上がる代わりに、疲労がたまりやすくなったり、運動能力が落ちたりと、いろいろなことが言われています。


有用性」と一言でいっても、多角的な視点から評価が必要ということですね。


これ前回の回答なんですけど、全然言ってることに答えてないですよね?何を指してるかって聞いてるのに、ただご独り言のように、あなたの有用性に対しての言葉の解釈(定義)についてつぶやいただけですよね

このサイトって2ちゃんねるみたいなクオリティで素人がやってるんですか?
誠実さも感じないし、意地悪さばっかり見えるんですけど

この回答じゃ何も次に進みません。誰が見てもはぐらかしたようにしか見えませんよ。
もし有用性について多角的な検証が必要なら、評定対象に入れるべきじゃないですか?

まず、「筋力トレーニング」を評定対象に入れるか入れないか?

また、科学的であることの説明をすぐにお願いします。じゃなかったら評定対象にするということであのリストに追加してください
(投稿者:たっくん,投稿日時:2017/07/02 19:12:26)

>科学的であることの説明をすぐにお願いします
――まず、「サイトの基本的な考え方」をご覧くださいhttp://www.sciencecomlabo.jp/concept.html
(回答日時:2017/07/02 19:20:42)

あとゆる体操は、もうすでに科学的な検証は数多くされてますよ

このサイトで、容疑者のように扱って陳列するのはとても失礼だと思います。名誉棄損ですよ
まず検証してから、あの並びにするべきですよ

それとゆる体操の効果をどうのこうのあなた方が検証するなら、まず絶大な効果を得られる2年ほどみんなでやるべきですね

一日10分でもいいので。そういうこともせずにこういう扱いをするのは本当に失礼だと思います

ゆる体操の検証で12年も多くの方にやってもらい、データをとって効果も確かめ、安全性なども確かめ、結果無料で誰でも指導していいというオープン化に今現在はなっています。
http://www.yuruexercise.net/japan/message06.html
膨大な労力が注がれてできていますので、このくらいは読んでくださいねみんなで

http://headliners.blog.fc2.com/blog-entry-3.html
それからゆる理論、身体理論なども元に作られています。
これは究極の身体という本を読めばすごい理論だと分かると思います。
本当にわずかですが、このサイトにも載っているので読んでください
出来れば本を購入して読んでください
参考書籍
「完全版ゆる身体論」
「究極の身体」



基本的に世に偽物は確かに多いですし、それを検証しようとする試みは素晴らしいですが、それは本気でやってください

そこはお願いします
(投稿者:たっくん,投稿日時:2017/06/28 17:25:19)

ご投稿ありがとうございます。
>このサイトで、容疑者のように扱って陳列するのはとても失礼だと思います。名誉棄損ですよ
まず検証してから、あの並びにするべきですよ
――そういう意図はないのですが、「見せ方」として改善が必要かもしれません。
情報提供ありがとうございます。 (回答日時:2017/07/02 18:39:50)

このサイトは科学的といっていますが、科学的とはどういうことを指すのですか?、身体が変わること?
有用性?

有用性でいえば筋力トレーニングをすることで、筋力がわずかに上がる代わりに、疲労がたまりやすくなったり、運動能力が落ちたりと、いろいろなことが言われています。

実際に清原選手や松坂選手、浅田真央選手など数えきれないほど選手が筋力トレーニングでダメになっています。

このあたりも検証していただけるのでしょうか? (投稿者:たっくん,投稿日時:2017/06/28 15:37:46)

ご投稿ありがとうございます。
>有用性でいえば筋力トレーニングをすることで、筋力がわずかに上がる代わりに、疲労がたまりやすくなったり、運動能力が落ちたりと、いろいろなことが言われています
――「有用性」と一言でいっても、多角的な視点から評価が必要ということですね。 (回答日時:2017/07/02 18:38:44)

こんばんは。
以前よりサプリメントの項目が減った気がしますが、気のせいでしょうか?

今後のリストの中にポリフェノールが入っていましたので、その中に含まれるかの知れませんが、
・ルテイン
・ゼアキサンチン
の科学性はいかがでしょうか?
目薬の木やブルーベリーなどの疑似科学と違って、科学的根拠のある、目のサプリとしては信頼性の高いものだと認識しています。
個人的にもそうした判断で服用しています。
ただ実際信頼性の高いものなのか検証をしていただければと思います。

(投稿者:good,投稿日時:2017/06/21 04:08:42)

ご投稿ありがとうございます。
ご依頼ありがとうございます。サプリメント項目も増設予定です。
(回答日時:2017/06/25 18:53:48)

人間の血液型の起源として、最初はO型しかなく紀元前2万5千年頃にA型、紀元前1万5千年頃にB型、1000年前にAB型が発生したという話をテレビのバラエティ番組などで、聞きました。
Web上の情報も「血液型 発生 歴史」で検索すると、
http://100ken-1bun.blogspot.jp/2013/03/blog-post_21.html
など幾つか見つかります。
科学的に信用できる根拠を示しているものが見つけられず、また、血液型性格診断と結び付けていることも多いので、疑似科学の可能性が高いと思われるのですがいかがでしょうか。 (投稿者:touran7,投稿日時:2017/06/12 21:57:23)

ご投稿ありがとうございます。
ご指摘の通りです。
血液型発生の歴史的研究には意義があるでしょうが、それを個人の性格と直接結びつけるのは難しいでしょうね。 (回答日時:2017/06/19 10:54:16)

「右脳左脳論」について、OECDが詳しく解説しているようです。
http://www.oecd.org/edu/ceri/neuromyth6.htm
昨今は「利き脳」との呼称も見受けられます。
ある団体は、片付け術と結び付けて紹介しており、社会的な影響が大きいと思います。
項目名も含め、ご検討ください。 (投稿者:*ad*****,投稿日時:2017/05/30 08:01:27)

ご投稿ありがとございます。
>ある団体は、片付け術と結び付けて紹介しており、社会的な影響が大きいと思います。
――そうなのですね。より詳しい情報等ありましたらお教えください。OECDの解説はかなり詳しく、参考になりますね。 (回答日時:2017/06/03 09:11:43)

街で特定の塩を摂取することで、放射能を除去できると
して販売されている塩があります。

岩戸の塩という製品名で売られていて、チェルノブイリや
福島へも送付摂取してもらっているそうです。

そもそも塩を経口摂取して、放射能を除去できるので
しょうか? (投稿者:福州街,投稿日時:2017/05/29 15:56:04)

ご投稿ありがとうございます。
>塩を経口摂取して、放射能を除去できる
――おそらくできないと思われます。ただ、コメントにあった製品が「放射能を除去できる」としている言説も(ネット上では)見当たりませんでした。
ちなみに「放射能に塩がよい」というのは、秋月辰一郎氏の「放射能には味噌がいい」に由来しているのかもしれません。
http://synodos.jp/science/2784
放射能関連については、たとえばこの記事などが参考になるかと思います。
(回答日時:2017/06/03 09:24:44)

コンタクトレンズ購入時に「酸素透過率」が高いものを勧められました。
レンズが酸素を通すのか、角膜に酸素を当てる(一部サイトでは「呼吸」と表記しているものも)必要があるのか、の二点で信頼できそうな情報が見つからなかったので評定をお願いします。 (投稿者:penguin,投稿日時:2017/05/13 15:52:38)

ご投稿ありがとうございます。
なるほど。コンタクトレンズは「高度管理医療機器」に分類されるため、少なくとも「とんでもなく怪しいもの」は販売されないと思います。
依頼情報ありがとうございます。ただ、早急に知りたい、ということであれば、かかりつけの眼科医などにもお尋ねになるのがよろしいかと思います。 (回答日時:2017/05/18 10:26:08)

「タッピング・タッチ」という健康法がにわかに流行してきているように感じます。

指先で相手の背中や肩をかるく叩くように(タッピング)触れる(タッチ)ことで、ヒーリング効果があるというものです。
http://health-coach.jp/lp/tappingtouch

NHK「あさイチ」でも取り上げられていました。
http://ameblo.jp/genesispure/entry-10842643652.html

しかしながら、ヒーリング効果については、たとえば
タッピングタッチ施術中の会話によるカウンセリング効果や、
その他の外部環境によるデータへの干渉が完全に排除されていないように感じます。

カイロプラティックやアニマルセラピーと同様かもしれませんが、、、
どうぞ宜しくお願いします。


(投稿者:HIKO,投稿日時:2017/05/09 13:58:26)

ご投稿ありがとうございます。
NHKでも取り上げられたのですね。
上の方の参考リンクをみると
>体に触れることで不安や緊張をとり、肯定的感情や信頼感・安心感を増すタッピングタッチ
とありますが、何を意味しているのかこれだけではよくわかりませんね。ただ、マッサージ等と比べるとやや高額な印象は受けました(相場がわからないのですが)。
依頼として承りました。 (回答日時:2017/05/18 10:15:25)

こちらのサイト

「危険な食品添加物一覧」
http://tenkabutsu.com/

一見、科学的な知見を紹介しているサイトのように見えますが、実際には「食品添加物の危険性」について、ソースとなる文献等まったく提示していません。

サイト管理者は善意によって情報を発信しているつもりかもしれませんが、一方で、匿名での更新を続けており、悪意である可能性も否定できません。 (投稿者:seijyuro,投稿日時:2017/05/07 17:53:07)

ご投稿ありがとうございます。
サイトを拝見したところ、まぁ妥当かな、という情報もチラホラ見られます。ただ、たとえば予防接種に関する記述など、明らかに根拠のない(誤った)情報も多いです。
いわゆる「自然派」の方が書かれた印象ですが、参考文献どころかサイト運営者の情報もないので、そういう意味ではまったく信用できない文章に思います。
書かれている情報については、なるほど、と思わせる(一部ですが)ものもあるので、もう少し”整備”してほしいですね。 (回答日時:2017/05/18 09:56:58)

ホタテの殻を使った消臭除菌剤についての検証をお願いします。
ホタテの殻を「高温で特殊焼成」して水に溶かすと、強アルカリ性の水溶液となり、抗菌性に優れたものになるんだそうです。巷では、水虫、足の臭い、大腸菌その他の除菌、香りのきつい柔軟剤のにおいがついたものの消臭にも、と謳って数社から売られています。洗濯洗剤と一緒にいれたり、野菜や果物の農薬を除去するためにパウダー状のものもあるようです。ネットでは、トマトを水につけてホタテパウダーを入れると水が茶色になる、無農薬のを買ったのにひどい、こんな農薬がついたもの食べられないと憤っている人も見かけました。それはトマトの色素ではと私は思うのですが。
私は農薬がどうこうというのは日本で売られている野菜や果物については心配していませんが、ソファや衣類の消臭に関しては、できれば化学薬品ではなく、天然のもので効果があるのであれば、そちらを使いたいと思っています。
来客がスリッパや布張りのソファになすりつけていった非常にきつい柔軟剤の臭いを消したい目的で1本買ってみたのですが、合成香料の臭いは相変わらずしています。柔軟剤の臭いはともかく、本当に除菌の効果があり、天然で安心というならば使う価値があるのかとも思いますが、今一つよくわからないというのが正直なところです。調査項目に加えていただけたら幸いです。 (投稿者:Elle,投稿日時:2017/04/26 19:15:38)

ご投稿ありがとうございます。
丁寧なコメント感謝いたします。依頼項目として検討いたします。 (回答日時:2017/04/29 11:24:41)

ソルフェジオ周波数 528hzで遺伝子修復などは本当ですか? (投稿者:ユーザー,投稿日時:2017/04/25 17:43:32)

ご投稿ありがとうございます。
評定依頼として承りました。 (回答日時:2017/04/29 11:22:49)

評定をお願いしたい題材が有るのですが
「なたまめ茶」です。

なたまめ(鉈豆)に含まれるカナバニンやコンカナバリンAと言う成分が排膿に効果が有るとのことで蓄膿や副鼻腔炎など
鼻の症状に効果が有るとのことです。

私も鼻ポリープが出来て副鼻腔炎になり病院で薬によりポリープを縮小させようと治療しましたがなかなか思うように効果がでずインターネットで調べたところ、なたまめ茶が賛否両論さまざまな記事が有ることがわかりました。
藁にもすがる思いで現在なたまめ茶を試していますが効果のほどは現在のところ疑問です。現在、飲み初めて2週間、1日に約500mlの飲用です。

是非、科学的見地からなたまめ茶を考察していただきたいと思います。

よろしくお願いいたします。 (投稿者:ゆうじ,投稿日時:2017/04/25 15:11:53)

ご投稿ありがとうございます。
「鼻に効く」というのはいわゆる健康食品では珍しいように思います。
ご依頼ありがとうございます。
お身体にはご自愛ください。 (回答日時:2017/04/29 11:22:17)

波動医学測定器メタトロンという装置について、信憑性はありますか? (投稿者:せんちゃん,投稿日時:2017/04/17 11:58:43)

ご投稿ありがとうございます。
検討いたします (回答日時:2017/04/22 07:51:06)

私が評定をお願いしたいのは「トクホ」
なかんずく「難消化性デキストリン」です

というのも
私はほぼ確実に「こいつ」に健康被害を受けたからです

私もいわゆる中年に差し掛かりメタボに怯える中
「気休め程度にでもなれば」と
とあるトクホ製品のお茶を普段飲んでいるお茶の代わりに飲み始めました

そうして一月ほど経ったころでしょうか
初めは太もも、ほどなくほぼ全身に発疹が生じました
私は元来発疹が出やすい体質で
夏季は何もしてなくても発疹が出たりするので
最初は気にしないでいたのですが
いつもの発疹に比べ余りにも異常なので

それ以前と生活上変わったところを考え
「トクホのお茶」に思い至り飲むのをやめたら
徐々におさまりました
酷い時は痒くて眠れないくらいだった発疹が
今はほぼありません 痕みたいなのが残ってるだけです

最近雑誌でも「トクホの嘘」なる特集が組まれたりしますが
一見「後ろ盾」がありそうな顔をして
とんでもないものを売りつけ
売れればいいという姿勢を取る
メーカーの態度には腹が立ちます

ちなみに私に酷い発疹をもたらしたトクホ茶には
よく見ると
「遺伝子組み換え作物を区別していません」との旨が書いてありますが
「遺伝子組み換え作物安全説/危険説」
も検証/評定してほしい所です
ネット上では「安全派」の宣伝活動が盛んですが
私はこんな酷い目に遭ったこともあって
眉唾に思ってます

ところで
こんな「面白い」サイトがあるのを発見して
面白く拝読しております
色々大変だとは思いますが
頑張ってください応援しております (投稿者:shin,投稿日時:2017/04/12 07:03:00)

ご投稿ありがとうございます。
いわゆる健康食品については、飲用によって被害を受けたという「健康食品による健康被害」も無視できないレベルにありますね。
http://www.caa.go.jp/foods/pdf/syokuhin366.pdf
こちらの資料が、健康食品による被害のまとめとしてわかりやすいものと思います。よろしければ、お時間あるときにでもご一読ください。 (回答日時:2017/04/22 07:50:40)

評定依頼をさせていただきます。
西洋医学(通常医学)でも健診・検診は未科学もしくは発展途上の科学として位置づけるものなのでしょうか?
一番有効な医療がワクチンであるなら、実証的効果を示すデータの観点から再現性、客観性やデータと理論の双方の観点から妥当性、予測性が低い場合や社会的観点から公共性、歴史性、応用性「老後破産」だの「長寿リスク」だのはどうなのでしょうか?

治療をしてもしなくても、人間の寿命は変わらない!
65歳からは検診・薬をやめるに限る! ―高血圧・糖尿病・がんはこわくない 名郷 直樹 (著)
年をとるほど健康への関心は高くなる。国はメタボ健診やがん検診などを推進し、「早期発見・早期治療」のメリットをうたう。だが、EBM(エビデンスに基づく医療)の第一人者である著者は、「65歳を過ぎた人に定期検診は必要ない。
むしろ受けると不幸になる」と断言する。検査にはあいまいな判定や間違いもあり、「絶対」といえるものではない。健診・検診が有効かどうかも実はよくわかっていないのだ。むしろ早期発見しないほうがいいがん(甲状腺がん、前立腺がん)を早期発見してしまうと、かえってデメリットがある。
また、薬もやめたほうがいい。高齢になると薬の効きめもあいまいになってくるし、なにより薬の治療効果より副作用というリスクのほうが大きくなってくる。若い現役世代と定年後世代では、医療のあり方が違ってくるのである。実際には、高齢者は薬を飲んでも飲まなくても、寿命に大差はない。 (投稿者:表現の自由を守る会サポーター,投稿日時:2017/04/10 04:09:00)

ご投稿ありがとうございます。
難しいご質問です。
検査の種類にもよると思います。 (回答日時:2017/04/22 07:42:12)

「水晶水ウモライフ」
説明書よれば、純度99.9%の水溶性珪素
原料は日本産石英(水晶石)
2000°で8時間以上焼き抽出した水溶性結晶。

効能をいろいろ謳っていますが
科学的に証明されたのかどうかわかりません。
安い価格ではないので
検証頂けると助かります。
宜しくお願いします。


(投稿者:ジンジャー,投稿日時:2017/04/04 18:50:56)

ご投稿ありがとうございます。
いわゆるパワーストーンの類でしょうか。情報提供ありがとうございます。 (回答日時:2017/04/05 09:02:00)

「国際標準音」と「モーツァルト効果」について

まず、A=440Hzによる国際標準音で演奏が精神にダメージを与えるという説ですが、実際の演奏では当然様々な音を演奏し、電子楽器でなければ1曲演奏する間でさえA=440Hzの平均律を厳密に保つことは不可能なため、そもそもこの論を唱える方々の期待する状況は発生し得ないと思うのですが、いかがでしょうか。
ちなみに、「国際標準音」が唱えられるまでA=440Hzでの演奏が行われていなかったという証明はありません。楽器の調律は地域年代で著しく変化しており、現存する古い楽器が現役当時の調律を保っている保証もないためです。

また、モーツァルト効果ですが、これも、作曲された当時は現代とは違う構造の楽器で演奏されており、種々の測定結果も現代楽器とは異なると予測されます。そのため、「モーツァルトの音楽」に特徴的なのではなく、「ある種の音楽を演奏した場合の偶発的な現象」に過ぎないと考えております。(作曲家別発生頻度の調査は行われていないはずですが)

なお、当方、ピリオド楽器の奏者です。 (投稿者:放浪楽師,投稿日時:2017/03/27 17:58:11)

ご投稿ありがとうございます。
「国際標準音が精神にダメージを与える」というのは聞いたことがありませんでした。音楽による心身への影響はわりと肯定的に語られることが多いように思っていましたので……。
興味深い情報提供ありがとうございます。 (回答日時:2017/03/31 20:07:50)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57

      ※投稿された記事やコメントは運用管理者が承認した後、掲載されます。