ホーム » 評定依頼・情報提供

評定依頼・情報提供のページ

本研究では閲覧者の皆様による情報提供、評定依頼を歓迎しております。現在、下記のような個別の評定依頼項目があります。※ただし、すべての依頼項目を記載しているわけではなく、記載項目もそのまま疑似科学となるわけではないため注意してください。

新しい項目の評定依頼、研究への要望などのご意見があればご投稿ください。

  • ポリフェノール

  • プルーン

  • EGF

  • 燕の巣

  • 青汁

  • ビフィズス菌

  • 黒酢

  • ローズヒップ

  • イソフラボン

  • コンドロイチン

  • ナットウキナーゼ

  • ココナツオイル

  • ミドリムシ(ユーグレナ)

  • γ-アミノ酪酸(GABA)

  • マルチビタミン・ミネラル

  • ラクトフェリン

  • オルニチン

  • セサミン

  • 糖鎖サプリメント

  • クロレラ

  • パロチン(唾液腺ホルモン)

  • アミノ酸

  • ハイドロキノンの皮膚漂白作用(美肌効果)

  • グルコシルセラミドの経口摂取によるセラミドの増加(皮膚保湿)

  • 植物マグマ

  • イミダペプチド飲料

  • 飲む日焼け止め

  • グルタチオン

  • 肝臓エキス

  • ケイ素水

  • イオン水

  • プラズマクラスター

  • ナノ銀除染

  • マクロビオティック

  • ローフード主義

  • 空間除菌

  • モーツァルト効果

  • 燃料電池の保存形態

  • チタンベルト

  • 「スピードラーニング」等による学習効果

  • 常温核融合

  • 宮脇式植樹

  • ブルーライトカットメガネ

  • ゆる体操

  • グルテンフリーダイエット

  • いわゆる湯シャン

  • 一般家庭での空気清浄機の効能

  • 緑茶による健康法

  • 食品添加物無添加神話

  • ヘアビューザー

  • ミネラル濃縮水

  • アロマエッセンシャル液による認知症予防

  • 「フラーレン」の美容効果

  • シナプソロジー

  • 腸内フローラ

  • 素粒水

  • フォローアップミルク

  • 雑穀

  • マヌカハニーの抗菌作用

  • 不食

  • 運動後数十分から脂肪燃焼効率があがる

  • 冷え取り靴下

  • 熱変換塗料・消熱塗料

  • 活水器

  • 麦飯石

  • 筋力トレーニング

  • シックスパッド

  • 4スタンス理論

  • 経済効果

  • メンタルトレーニング

  • トリガーポイント療法

  • 二軸理論

  • 赤ちゃんトレーニング

  • 漢方

  • オステオパシー

  • ハーブ療法

  • アロマセラピー

  • 血液クレンジング

  • body talk

  • プラセンタ療法

  • 来談者中心療法

  • 感覚統合訓練

  • 精神分析学

  • ファスティング

  • リフレクソロジー

  • 電気治療

  • トラウマ治療法「FAP療法」

  • 「梅酢」の不妊改善効果

  • コルギ

  • アーユルヴェーダ

  • 内観療法

  • 酵素カプセル

  • 腸もみ

  • 瞑想

  • 右脳左脳論

  • 方位学

  • SPI検査における性格測定

  • ゲノム解析による能力診断

  • ロールシャッハテスト

  • コーチング

  • 個性心理学

  • モンテッソーリ

  • 非認知的能力

  • 分析心理学

  • ポジティブ心理学

  • アドラー心理学

  • 人間性心理学

  • NLP(神経言語プログラミング)

  • マインドフルネス認知療法

  • 組織神学

  • 反相対論

  • a-t-u-m量子加工技術

  • ケムトレイル陰謀論

  • 地震雲

  • 守護霊

  • 武術などにおける「気」

  • 積雪予知、地震予知

  • コレステロール害悪論

  • ゲーム脳

  • 遺伝子組み換え食品

  • 経皮毒

  • 白砂糖有害論

  • 使い捨てナプキン有害論

  • 有害物質は子宮にたまる論

  • シャンプーにおけるラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na有害説

  • 小麦粉有害論

  • 炭水化物(糖質)有害論

  • 化学物質過敏症

  • 化学調味料危険説

  • 骨格調整

投稿

投稿&回答

マカ
ガラナ
アルギニン
冬虫夏草

滋養強壮効果についてです。

「滋養強壮」という言葉そのものが
精力アップという誤解がありますが。 (投稿者:おおとり,投稿日時:2018/09/19 18:18:40)

ご投稿ありがとうございます。 (回答日時:2018/09/28 14:21:03)

「ベビーマグちゃん」について反応ありがとうございます。当方も、云十年前の学生時代の科学知識とグーグル先生でさらに検討した結果、不審な点の説明がちょっと不十分だったので補足させてください。

まずマグネシウムはかなり水と反応しにくい物質だ、というのは留意が必要でしょう。

しかしもっと重要なのは次の点です。

石鹸成分は普通、油分と接触すると「けん化」して界面活性剤に変化し、それがさらに衣服から皮脂汚れなどを、水とともに流していきます。

しかしマグネシウムは仮にある程度水に溶け、油分と接触してけん化が起きても、できた脂肪酸マグネシウムは水に溶けない「金属石鹸」といわれる物質になるのです。「石鹸」と名前はついてますが、水に溶けないので界面活性剤としての機能はありません。

マグネシウムが石鹸の界面活性剤としての効果を失わせてしまうのは、カルシウムやマグネシウムなどが多く含まれる「硬水」で石鹸の泡立ちが悪くなることでも知られているようです。


***
「ベビーマグちゃん」の開発者のインタビューも読んだのですが、開発のきっかけは「機械油で汚れた手を、白いマグネシウムの粉が入った箱に突っ込んで引き抜くとキレイになっている」ことを知っていたからだそうです。実はこれは科学的にあり得る話です。この場合油と反応したマグネシウムは、水に溶けなくても、粉を手でポンポン払えば落ちていきます。

この現象を、水に溶けて界面活性剤として汚れを押し流すのとを同一視したのが、決定的な誤りではないでしょうか。それとも、皮脂汚れにマグネシウムがくっつくとその重さで、より衣服から剥ぎ取ることができるのでしょうか・・・。


***
科学の専門家でない当方の力では、ここまでの考察が限界でした。見落としもあるかもしれません。それでは調査していただけるか、検討のほどよろしくお願いします。連続投稿失礼しました。


<追伸>そもそもマグネシウムを混ぜただけで洗浄力がグンと上がるなら、洗剤メーカーがとっくにやってると思うんですけどね(苦笑) (投稿者:ヤマダ,投稿日時:2018/09/18 12:17:23)

ご投稿ありがとうございます。
>科学の専門家でない当方の力では、ここまでの考察が限界でした。
――いや、十分充実した内容に思います。個人的にマグちゃんのHPで気になったのは、臭い成分の分解率がマグちゃんと市販洗剤の併用で、むしろ下がるという点ですかね。皮質汚れについては、併用で分解率が上がるので、結果が一貫しないような印象を受けます。理論的にあり得ることならばそれまでですが。
><追伸>そもそもマグネシウムを混ぜただけで洗浄力がグンと上がるなら、洗剤メーカーがとっくにやってると思うんですけどね(苦笑)
――同感です。 (回答日時:2018/09/28 14:17:44)

家族が「ベビーマグちゃん」(宮本製作所)なるものを買ってきました。これは純度の高いマグネシウム(説明書に99.95%と明記)のみが網の袋に入れてあり、洗濯機に投入すると、アルカリイオン水(ネットではアルカリ性の水素水と記述してるところもあるようだ)ができて、
「>洗浄力(皮脂汚れの分解率)は市販の合成洗剤と同等」
「>消臭力(ニオイ成分の分解率)は市販の合成洗剤の約10倍」
「>除菌効果は99%以上」
(3項目は全て説明書よりそのまま引用)の効果がある、洗剤いらずであるという商品のようです。

しかし普通の洗剤は界面活性剤などが入った上で、中性だったり弱アルカリ性だったりするんだと思いますが、水溶性の低いマグネシウムを単体で洗濯槽に投入しただけで、皮脂汚れを服から引き剥がすようなアルカリphになるとは思えず、これは疑似科学商品なのではないかと疑問に思いました。

本当に科学的根拠があると言える商品なのか、検証していただけないでしょうか。聞くところによると最近、テレビ東京の番組「ガイアの夜明け」や、有名人のネット発信で取り上げられて流行の兆しを見せており、検証してもし科学的根拠がないならばそのことを迅速に発信しておくことは公益性があると思います。上記のように効能が説明書に明記されており、場合によっては消費者庁にも問い合わせしてみようかとも考えております。よろしくお願いします。 (投稿者:ヤマダ,投稿日時:2018/09/13 02:22:38)

ご投稿ありがとうございます。
なるほど。ネットで当該商品調べてみましたが、かなり話題ですね。興味深いです。実際、開発会社のHPのマグネシウムの説明はかなり胡散臭いですが苦笑、洗濯物となるとどうなんでしょうかね。 (回答日時:2018/09/17 20:44:52)

テレビのスイッチを入れるとサプリメントの通販が繁盛しています。8割以上が、医学的な根拠があるかのような催眠術商法です。
健康食品の名称から薬のような名称を使ってサプリメントと言われると効能が高いと信じる人も多いと思います。しかし、サプリメントに使われている化学物質ですが、本当にサプリメントの含まれているのでしょうか。医薬品の工場て製薬しているとはかけ離れた設備で製造をされ、食品衛生法の規制外と聞きます。原料が以前には家畜の餌だった、魚の頭、家畜を解体した時にでる汚物とも言える骨 皮膚から抽出しているからタダノような物です。さて、貴殿が医学的 薬学科の説明されているサプリメントの物質と市販されているサプリメントとは全く異なる物と思えてなりません。
薬学科として有効とされている組成物質の素は、本来は何でしようか。効能を指摘される前にそのような成分が実際に飲用できる形て精製できるのかと言う点も探究して頂きたいと思います。
化学式をどんなに用いても、それは学問上の世界で、実際に試験管の中で見えなくては仮説の世界に過ぎないと思えてなりません。
サプリメントの現実は絵に描いた餅のような空想と願望から成り立っているのかも知れません。

(投稿者:あまのじゃく,投稿日時:2018/09/12 22:35:57)

ご投稿ありがとうございます。
ご指摘のような「粗悪品」が出回っている可能性は大いにあると思います。ただ、そこまで調べるのは、我々の規模ですとなかなか難しいですね。国民生活センターなどの業務範疇かとも思います。
(回答日時:2018/09/17 20:45:22)

はじめまして。
当方以前ネットワークビジネス系のサプリの様な物を服用していました。
そこで謳われていたのはビタミンEによる抗酸化作用です。
そのビタミンEが活性酸素を中和して癌を防ぐという物でした。
そもそも活性酸素が癌を生み出すというのも、生物が生きていく上で必ず起こることかと思います。ただ、それらがなくなれば免疫を保てなくなるので癌の前にウィルスなどにやられてしまいます。
一体何が正しいのかよく分かりません。
是非とも評定をお願い出来ればと存じます。 (投稿者:TTK,投稿日時:2018/09/03 22:14:32)

ご投稿ありがとうございます。
ビタミンEにおける抗酸化作用、がんへの予防効果についてですね。
以下の厚生労働省の資料によると、抗酸化作用はあるようですが、癌への予防には寄与しないようです。それどころか、場合によっては有害に働くこともあるそうなので注意が必要です。以下のリンク先に書かれていることは基本的に信用できますので参考になさるのがよいと思います。
厚生労働省「統合医療情報発信サイト~ビタミンE」
http://www.ejim.ncgg.go.jp/public/overseas/c03/11.html
(回答日時:2018/09/04 10:22:28)

評定依頼です。【コラーゲンマシン、コラーゲンランプマシン】
酸素カプセルのようにカプセルに入って可視光線を照射されるほか、最近ではヨガと組み合わせる方法もあるようです。
繊維芽細胞に紫外線を取り除いた可視光線を当てることで活性化させ、コラーゲンの生成を促す。
一見根拠がありそうな情報がエステサロンなどで記載されていますが、「医療でも使われている」などの大雑把な文言が多く、疑似科学っぽさを感じました。ライトの色がピンクなのもエステの顧客のメインの女性に絞っているのかなと想像しています。
また、紫外線を取り除いた可視光線を当てることで繊維芽細胞が活性化されるのが『事実』だとして、
「太陽光」や「蛍光灯」の光との「明確な効果の違い」があるのかという点についても疑問が湧いてきます

ぜひ評定をお願いします。
(投稿者:2012卒業生,投稿日時:2018/08/28 09:43:31)

ご投稿、ならびに依頼ありがとうございます。 (回答日時:2018/09/04 10:21:30)

日常で疑問に思った事なんですが
人から言われるとそんな気がするっていう効果に名前はありますか?
例えば「今日寒くない?」と言われて意識すると確かに寒いなと思ったり、服屋で「似合ってますよ」と言われると良いかもって思ったりするんです。
自分が調べてみた物はこう解釈しました。
バナーム効果は『曖昧に性格を言われるとそんな気がする』効果でラベリング効果は『人からその性格の人と思われる』効果でプラシーボ効果は『薬が効くと言われると効く気がする』という効果
でも何か違う気がして、モヤっとしていた所にとても興味深いホームページを見つけたので投稿しました。解説をお願いしたいです。
(投稿者:ありんこ,投稿日時:2018/08/25 00:56:14)

ご投稿ありがとうございます。
バーナム効果とプラセボ効果については、本サイトの「疑似科学用語事典」にて説明しておりますので、ご覧ください。http://www.sciencecomlabo.jp/encyclopedia/list.html
また、まだ本格公開前ですが、現在本研究で進めているeラーニング教材でもこの二つを扱っておりますので、よければご覧ください(youtube動画、音声付き)。
「バーナム効果」:
https://www.youtube.com/watch?v=x_t6HiQYGTs&feature=youtu.be
「プラシーボ効果」:
https://www.youtube.com/watch?v=sEooCw4QCIE&feature=youtu.be

ラベリング効果については、たとえば、以下の論文の一部に説明がありますね。
工藤与志文「歴史的事実の誤認識における「ラベリング効果」について」『札幌学院大学人文学会紀要』2001
https://sgul.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=2340&item_no=1&page_id=13&block_id=21
(回答日時:2018/09/04 10:18:12)

いつも興味深く拝見させていただいております。
疑似科学という枠に入るかは微妙なのですが、
ニコチン、タールが入っていない電子タバコ(VAPE)の有害性について検証していただきたいです。

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000086477.html
厚生労働省の調査では、ニコチン、タールを使用しない電子タバコからもホルムアルデヒドなどの有害性物質が検出されたと書かれています。
ですが、電子タバコの多くのユーザーの間では「ホルムアルデヒドが検出されたのは、誤った方法で電子タバコを利用したせいで、正しい使い方なら問題がない」
「厚生労働省の実験では不自然な高出力(70〜100w)で負荷をかけたため、コイルが焦げてホルムアルデヒドが検出された」
というのが定説のようになっています。

また、電子タバコを利用する際に消耗する液体、通称リキッドについても、原料であるプロピレングリコールを加熱すると有害だとする新聞記事がある一方で、いや、あれは喘息の薬にも使われているので安全だとする意見もあります。

どちらが本当か、もしくはどちらも嘘なのでしょうか?
電子タバコは、まったく害のないタバコの代替品と言えるのでしょうか?
是非検証していただきたいです。 (投稿者:ぴにゃこら太,投稿日時:2018/08/20 02:23:23)

ご投稿ありがとうございます。
電子タバコについてはいろいろ議論されていますね。
ただ以下を読む限り、身体にどのくらい害があるのか(ないのか)はまさに議論の最中で、まだ結論が下せる状況ではないようですね。もちろん、いずれはいろいろ検証していく必要があると思いますが。
日本呼吸器学会「非燃焼・加熱式タバコや電子タバコに対する日本呼吸器学会の見解」
http://www.jrs.or.jp/uploads/uploads/files/photos/hikanetsu_kenkai.pdf

(回答日時:2018/09/04 10:15:51)

素晴らしいサイトを提供していただき、まことにありがとうございます。

ぜひ評定していただきたいことは2つ思いつきました。

まず、「気功」という中国由来の民間医療です。聞いた話で乳がんで亡くなった小林麻央が標準治療に頼らず、気功でなんとかがんを戦おうとしてたらしいです。おそらく真の効果はないないだろう治療方法だと考えてますので、ぜひ評価していただきたいと思います。

なお、人を「16型の性格」に分ける「Myers-Briggs Type Indicator」という心理学テストがあります。人気が増えつつあり、仕事でこのテストを受けることになったんですが、このテストについて疑わしい声もたくさん聞いていますので、ぜひ調べていただければと思います。

引き続きのご研究が成功されますこと願っております!

コンティオ (投稿者:コンティオ,投稿日時:2018/08/09 01:52:08)

ご投稿ありがとうございます。激励にも感謝いたします。
気功、16性格診断について承りました。
ちなみに、16性格診断は以前より問題が指摘されています。また実は、入社試験などで使われるSPI試験の初期のもの(現在は違う)でも16性格診断が使われていました。
参考:石川幹人『なぜ疑似科学が社会を動かすのか』PHP新書、pp.233-249、2016
(回答日時:2018/09/04 10:14:12)

連続して失礼いたします。
類パロチンについて、「ローヤルゼリー内に含まれていることが岐阜薬科大学の研究によって発見されました」と記載を見かけることが何度かありますが、元になった論文だと推測できるものが見つかりましたので、情報提供いたします。

https://ci.nii.ac.jp/naid/110000051535
こちらの論文ですが、「高等動物の唾液からパロチンが分離同定されているのだから、働きバチの咽頭腺から出されるローヤルゼリーにもパロチン様物質があるだろう」との内容で、ローヤルゼリーから類パロチンが分離同定されたという内容ではありませんでした。

記事内ではパロチンが出てきますが、厚生労働省により認められていた時期の1963年に書かれたものなので、その後にパロチンの存在が疑わしいとされたことも考慮されていないだろうと推測できます。

類パロチンの評定をしていただけるのでしたら、これも考慮に入れていただけると助かります。何卒よろしくお願いいたします。 (投稿者:十二月,投稿日時:2018/07/26 16:52:07)

(回答日時:2018/08/06 13:29:19)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47

      ※投稿された記事やコメントは運用管理者が承認した後、掲載されます。