ホーム » 評定依頼・情報提供

評定依頼・情報提供のページ

本研究では閲覧者の皆様による情報提供、評定依頼を歓迎しております。現在、下記のような個別の評定依頼項目(依頼項目をすべて掲載しているわけではありません)があり、今後の評定の目安にしていく予定です。

新しい項目の評定依頼、または掲載されている項目についての情報提供、さらに本研究への要望などのご意見があればこちらのページにご投稿ください。

  • ポリフェノール

  • プルーン

  • EGF

  • 燕の巣

  • 青汁

  • ビフィズス菌

  • 黒酢

  • ローズヒップ

  • イソフラボン

  • コンドロイチン

  • ナットウキナーゼ

  • ココナツオイル

  • ミドリムシ(ユーグレナ)

  • γ-アミノ酪酸(GABA)

  • マルチビタミン・ミネラル

  • ラクトフェリン

  • オルニチン

  • 水素サプリメント

  • セサミン

  • 糖鎖サプリメント

  • クロレラ

  • パロチン(唾液腺ホルモン)

  • アミノ酸

  • ハイドロキノンの皮膚漂白作用(美肌効果)

  • グルコシルセラミドの経口摂取によるセラミドの増加(皮膚保湿)

  • 植物マグマ

  • イミダペプチド飲料

  • 飲む日焼け止め

  • グルタチオン

  • 肝臓エキス

  • ケイ素水

  • 還元水素水

  • イオン水

  • 電解水素水

  • プラズマクラスター

  • ナノ銀除染

  • マクロビオティック

  • ローフード主義

  • 空間除菌

  • モーツァルト効果

  • 燃料電池の保存形態

  • チタンベルト

  • 速読術

  • 「スピードラーニング」等による学習効果

  • 常温核融合

  • 水素水

  • 宮脇式植樹

  • ブルーライトカットメガネ

  • ゆる体操

  • グルテンフリーダイエット

  • いわゆる湯シャン

  • 一般家庭での空気清浄機の効能

  • 緑茶による健康法

  • 食品添加物無添加神話

  • 水素風呂

  • ヘアビューザー

  • ミネラル濃縮水

  • アロマエッセンシャル液による認知症予防

  • 「フラーレン」の美容効果

  • シナプソロジー

  • 腸内フローラ

  • 素粒水

  • フォローアップミルク

  • 雑穀

  • マヌカハニーの抗菌作用

  • 不食

  • シックスパッド

  • 運動後数十分から脂肪燃焼効率があがる

  • 冷え取り靴下

  • エマルジョン燃料

  • 熱変換塗料・消熱塗料

  • 活水器

  • 麦飯石

  • 筋力トレーニング

  • シックスパッド

  • 4スタンス理論

  • 経済効果

  • メンタルトレーニング

  • トリガーポイント療法

  • 二軸理論

  • 赤ちゃんトレーニング

  • 漢方

  • オステオパシー

  • ハーブ療法

  • アロマセラピー

  • 血液クレンジング

  • body talk

  • プラセンタ療法

  • 来談者中心療法

  • 感覚統合訓練

  • 精神分析学

  • がんもどき理論

  • ファスティング

  • リフレクソロジー

  • 電気治療

  • トラウマ治療法「FAP療法」

  • 「梅酢」の不妊改善効果

  • コルギ

  • アーユルヴェーダ

  • 内観療法

  • 酵素カプセル

  • 新型うつの「新型」

  • 整体

  • 腸もみ

  • 体を冷やす食べ物、温める食べ物

  • 風邪症状時における対処療法

  • 瞑想

  • 右脳左脳論

  • 方位学

  • SPI検査における性格測定

  • ゲノム解析による能力診断

  • ロールシャッハテスト

  • コーチング

  • 個性心理学

  • シュタイナー教育

  • モンテッソーリ

  • 非認知的能力

  • こどものための哲学

  • 分析心理学

  • ポジティブ心理学

  • アドラー心理学

  • 人間性心理学

  • NLP(神経言語プログラミング)

  • マインドフルネス認知療法

  • 組織神学

  • 反相対論

  • a-t-u-m量子加工技術

  • 幽霊を視る行為

  • ケムトレイル陰謀論

  • 生まれ変わり(稲垣勝巳)

  • 地震雲

  • 守護霊

  • 武術などにおける「気」

  • 積雪予知、地震予知

  • コレステロール害悪論

  • ゲーム脳

  • 遺伝子組み換え食品

  • 経皮毒

  • 白砂糖有害論

  • 使い捨てナプキン有害論

  • 有害物質は子宮にたまる論

  • シャンプーにおけるラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na有害説

  • 小麦粉有害論

  • 炭水化物(糖質)有害論

  • 化学物質過敏症

  • 化学調味料危険説

  • ADHD

  • 双極性障害

  • パニック障害

  • うつ病

  • 骨格調整

投稿

投稿&回答

40代でも持久力向上 カギ握る「抗酸化」と「低糖」

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO29196100Q8A410C1000000?channel=DF130120166093

トレイルランナー鏑木毅氏の著書『日常をポジティブに変える 究極の持久力』からのトレーニング理論の一つとして、「アスタキサンチン(による抗酸化)」と「低糖」があげられています。

鏑木氏はトレイルランニングの世界では第一人者なのでかなりの影響力があります。

これらの評定をお願い致します。

(投稿者:M.M,投稿日時:2018/04/18 15:10:35)

ご投稿ありがとうございます。
承ります。 (回答日時:2018/04/18 15:42:51)

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc

Orthomolecular meta-analysis
で検索したところ、30件ひっかかりました。ヒットしないとのことでしたが、検索方法をお教えいただけるとありがたいです。30件の結果を精査した結果、該当件なし、という結論を得た、ということでしょうか。 (投稿者:の,投稿日時:2018/04/17 22:07:44)

では、説明します。
①:まず、「https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc」を開いて、検索語のところに「meta-analysis」と入力します。
②:次に、検索バー左側の矢印「↓」のところを押して、(初期はおそらく「PMC」となっているところを)「MeSH」に変更します。そのうえで検索します。
※ちなみに、このMeSH(メッシュ)とは、Medical Subject Headings の頭文字で、米国国立医学図書館が定める生命科学用語集です(wikiより)。
③:検索結果、たぶん3件が該当すると思うので、その中で「Meta-Analysis [Publication Type]」を選びます。
④:該当ページを表示したら、画面右側の「PubMed Search Builder」の「Add to search builder」をクリックします。すると、枠内に"Meta-Analysis" [Publication Type]が追加されると思います。
⑤:続いて、「Orthomolecular」を「MeSH」でサーチします。たぶん次のようなページが表示されると思うので(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/mesh/?term=Orthomolecular)、さっきと同じく、画面右側「PubMed Search Builder」の「Add to search builder」をクリックします。
⑥:builder内に「("Meta-Analysis" [Publication Type]) AND "Orthomolecular Therapy"[Mesh]」と記述されていることを確認したら、その下の「Search PubMed」をクリックして検索開始です。
⑦:これで、「Orthomolecular Therapy」における「Meta-Analysis [Publication Type]」のみをサーチすることができます。結果は0件になると思います。
ご指摘にある30件とは、おそらく無関係の文献がキーワード検索で引っかかってしまったのでしょう。 (回答日時:2018/04/18 10:53:35)

テラヘルツ波 < http://www.nuee.nagoya-u.ac.jp/labs/optlab/kawase/chuui.html > (投稿者:宮本 彰,投稿日時:2018/04/16 12:55:45)

ご投稿ありがとうございます。 (回答日時:2018/04/17 12:41:20)

オーソモレキュラー療法について評定をお願いします。オーソモレキュラー療法は
https://isom-japan.org/
オーソモレキュラー医学会なる団体を有し、amazonでのベストセラー書籍もあります。
https://www.amazon.co.jp/%E8%8A%B1%E7%B2%89%E7%97%87%E3%81%AF%EF%BC%91%E9%80%B1%E9%96%93%E3%81%A7%E6%B2%BB%E3%82%8B%EF%BC%81-%E6%BA%9D%E5%8F%A3-%E5%BE%B9/dp/4865811397
一般人には正統的な医学との区別がつかない事例であるため、科学性評定サイトでの評定が重要であると考えます。 (投稿者:の,投稿日時:2018/04/15 10:55:32)

ご投稿ありがとうございます。
オーソモレキュラー医学とは初耳だったので、少し調べてみましたが、基本的にはいわゆるビタミン療法のようなものでしょうか。栄養素をバランスよくきちんと採ろうというのは普通の主張ですが、この療法ではがんや被ばく対策としてこれを勧めているようですね。
ちなみに、医学論文のデータベース(pubmed)にてオーソモレキュラー療法における「メタ分析」の有無を調べましたが、1件もヒットしませんでした(2018.4.17時点)。少なくとも、医学的に信頼性の高い研究は報告されていないようです。
(回答日時:2018/04/17 12:41:40)

https://www.wwdjapan.com/581848

「花粉を水に変える」新素材 導入企業相次ぐ (投稿者:ななこ,投稿日時:2018/04/08 11:38:10)

情報提供ありがとうございます。 (回答日時:2018/04/17 12:43:55)

本態性振戦で悩んでいます。mrガイド下集束超音波治療が効くとネットに書かれていたのですが本当でしょうか?
(投稿者:かず,投稿日時:2018/04/02 13:35:19)

ご投稿ありがとうございます。
「ふるえ」の症状ということですね。お辛いと思います。
ご質問の件ですが、調べたところ「経頭蓋MRガイド下集束超音波治療(MRgFUS)」という名称でここ最近臨床試験が行われていたようです。きちんとした承認の手続きに則っていまして、機器がクラスⅢの高度管理医療機器として新たに認証されていることもあり、まったくデタラメな治療法ということはないです。また、現在どのようになっているか詳細はわかりませんが、最新治療ということで自由診療として行える病院もいくつかあるようです。
ただ、かなり高額なようなので(調べたところですと220万円程度)、ご自身の現在症状と、治療の結果得られるであろう効果とを、主治医とよく相談なさるのがよいかと思います。かなり効果がある、というような新聞記事も見つけましたが、質問者さまの症状に当てはまるかどうかは別の問題ですので、そのあたりを医師と話し合われるのがよいのではないでしょうか。
(回答日時:2018/04/18 15:42:15)


「カイロプラクチックにおけるアクチベータ」
椎骨が共鳴する周波数と、同じ周波数を機器先端から(患部)皮膚面に与え改善をうながす矯正器具だという(刺激はごく微弱、ほぼ何も感じない)。
東洋医学的な養生のエッセンスを取り入れ、脊髄の歪みから健康を促進するというアメリカ発のカイロのコンセプトには方向性として納得がいく部分が一部あるものの、
この器具にまつわる各種効果の発現は、ちょっとよくわからない。【魔法使い(=ぬいぐるみ&マントの中は生身の人間である)の杖】でなければよいが…。


(投稿者:Rejoice21,投稿日時:2018/03/28 08:26:01)

ご投稿ありがとうございます。
市販されている「アクチベーター」はそれなりに高額ですしね。
費用対効果を考えるとどうなのか、という面はありそうです。
情報提供ありがとうございます。
(回答日時:2018/04/04 16:19:32)

https://tenkabutsu.com/isomerized-sugar

果糖ぶどう糖液糖(異性化糖)が危険な理由 (投稿者:白辛子,投稿日時:2018/03/26 01:08:24)

ご投稿ありがとうございます。 (回答日時:2018/04/04 16:19:19)

経済学や社会学は科学といえるのですか。 (投稿者:わろてんか,投稿日時:2018/03/18 13:37:26)

ご投稿ありがとうございます。
ご質問ですが、経済学や社会学も科学による究明の対象とはいえるかと思います。ただし、これらの領域は考察の対象が非常に広いため、理論偏重になる傾向があるようにも考えます。↓参考としてお読みください。
www.sciencecomlabo.jp/concept.html (回答日時:2018/04/04 15:25:16)

NMRの効果をうたった水が話題になっています。

給水設備に装着するだけで水道管のサビ問題が解消されるという商品のようです。
価格が数百万円なので他の疑似科学に比べて額が大きいですね。

大学教授のウェブサイト「水商売ウォッチング」に技術的な解説がありました。
http://www.cml-office.org/wwatch/others/comment-02.html

販売業者のサイトを見てみましたが、電源のない装置から電波が出続ける、電波が金属を透過する、NMR現象で水中に自由電子が生成されるなど、荒唐無稽としか言いようがありません。
http://www.jspkk.co.jp/QA/qa.html

判定をお願いします。 (投稿者:gail,投稿日時:2018/03/18 11:56:44)

ご投稿ありがとうございます。
>電源のない装置から電波が出続ける
――たしかに、この説明は衝撃ですね。いわゆる「永久機関」であると主張しているのでしょうか。一般医療用のMRIを引き合いに出していますが、実態を読む限り少なくとも、名前はおなじ「NMR現象」だけど、意味は全く違うと思われます。
情報提供いただいた天羽先生の水商売ウォッチングがわかりやすいですね。そこに書かれている通りの解釈で基本はよいと思います。
(回答日時:2018/04/18 15:09:21)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41

      ※投稿された記事やコメントは運用管理者が承認した後、掲載されます。