ホーム » 評定依頼・情報提供

評定依頼・情報提供のページ

本研究では閲覧者の皆様による情報提供、評定依頼を歓迎しております。現在、下記のような個別の評定依頼項目があり、今後の評定の目安にしていく予定です。

新しい項目の評定依頼、または掲載されている項目についての情報提供、さらに本研究への要望などのご意見があればこちらのページにご投稿ください。(下記の情報は逐次更新いたします。)

サプリメント

  • ポリフェノール

  • プルーン

  • EGF

  • 燕の巣

  • 青汁

  • ビフィズス菌

  • 黒酢

  • ローズヒップ

  • イソフラボン

  • コンドロイチン

  • ナットウキナーゼ

  • ココナツオイル

  • ミドリムシ(ユーグレナ)

  • γ-アミノ酪酸(GABA)

  • マルチビタミン・ミネラル

  • ラクトフェリン

  • オルニチン

  • 水素サプリメント

  • セサミン

  • 糖鎖サプリメント

  • クロレラ

  • パロチン(唾液腺ホルモン)

  • アミノ酸

  • ハイドロキノンの皮膚漂白作用(美肌効果)

  • グルコシルセラミドの経口摂取によるセラミドの増加(皮膚保湿)

  • 植物マグマ

  • イミダペプチド飲料

  • 飲む日焼け止め

  • グルタチオン

  • 肝臓エキス

生活環境改善

  • ケイ素水

  • 還元水素水

  • イオン水

  • 電解水素水

  • プラズマクラスター

  • ナノ銀除染

  • マクロビオティック

  • ローフード主義

  • 空間除菌

  • モーツァルト効果

  • 燃料電池の保存形態

  • チタンベルト

  • 速読術

  • 「スピードラーニング」等による学習効果

  • 常温核融合

  • 水素水

  • 宮脇式植樹

  • ブルーライトカットメガネ

  • ゆる体操

  • グルテンフリーダイエット

  • いわゆる湯シャン

  • 一般家庭での空気清浄機の効能

  • 緑茶による健康法

  • 食品添加物無添加神話

  • 水素風呂

  • ヘアビューザー

  • ミネラル濃縮水

  • アロマエッセンシャル液による認知症予防

  • 「フラーレン」の美容効果

  • シナプソロジー

  • 腸内フローラ

  • 素粒水

  • フォローアップミルク

  • 雑穀

  • マヌカハニーの抗菌作用

  • 不食

  • シックスパッド

  • 運動後数十分から脂肪燃焼効率があがる

  • 冷え取り靴下

  • エマルジョン燃料

  • 熱変換塗料・消熱塗料

  • 活水器

  • 麦飯石

民間代替医療

  • 漢方

  • オステオパシー

  • ハーブ療法

  • アロマセラピー

  • 血液クレンジング

  • body talk

  • プラセンタ療法

  • 来談者中心療法

  • 感覚統合訓練

  • 精神分析学

  • がんもどき理論

  • ファスティング

  • リフレクソロジー

  • 電気治療

  • トラウマ治療法「FAP療法」

  • 「梅酢」の不妊改善効果

  • コルギ

  • アーユルヴェーダ

  • 内観療法

  • 酵素カプセル

  • 新型うつの「新型」

  • 整体

  • 腸もみ

  • 体を冷やす食べ物、温める食べ物

  • 風邪症状時における対処療法

自己啓発

  • 瞑想

  • 右脳左脳論

  • 方位学

  • SPI検査における性格測定

  • ゲノム解析による能力診断

  • ロールシャッハテスト

  • コーチング

  • 個性心理学

  • シュタイナー教育

  • モンテッソーリ

  • 非認知的能力

  • こどものための哲学

  • 分析心理学

  • ポジティブ心理学

  • アドラー心理学

  • 人間性心理学

  • NLP(神経言語プログラミング)

  • マインドフルネス認知療法

  • 組織神学

  • 反相対論

  • a-t-u-m量子加工技術

不思議現象

  • 幽霊を視る行為

  • ケムトレイル陰謀論

  • 生まれ変わり(稲垣勝巳)

  • 地震雲

  • 守護霊

  • 武術などにおける「気」

  • 積雪予知、地震予知

安全性に関する言説

  • コレステロール害悪論

  • ゲーム脳

  • 遺伝子組み換え食品

  • 経皮毒

  • 白砂糖有害論

  • 使い捨てナプキン有害論

  • 有害物質は子宮にたまる論

  • シャンプーにおけるラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na有害説

  • 小麦粉有害論

  • 炭水化物(糖質)有害論

  • 化学物質過敏症

  • 化学調味料危険説

投稿

投稿&回答

フォーデイズ(http://fordays.jp/)なる団体が高齢者等を標的にして悪質な手段で売りさばいている「核酸」について、評定をお願いしたいのです。

妻の母親が見事にのめりこんでしまい、勝手に送りつけて来たり飲むのを強要したり、非常に苦慮しております。

勧誘活動の形態を聴き取るに、「 勉強会」だとか「研修会」の名目で人を集め、閉めきった会場で 日用品を無料で配り、得した気分にさせ、巧みな話術で雰囲気を盛り上げ興奮状態にしていく、まさに「催眠商法」のそれです。

また、その勧誘行為において、
「東京大学との共同研究の結果、核酸が体にいい効果をもたらすことが分かった」などと謳っているそうですが、
その実態は、
フォーデイズが東京大学に対して講座を開設するための資金を寄付しただけで、その講座の内容も「種々の食品、食品添加物あるいは飼料添加物の開発に必要な動物モデルの開発とそれら動物モデルを用いた機能解析(東京大学大学院ホームページより抜粋:http://www.vm.a.u-tokyo.ac.jp/labo/25.html)」であり、核酸についての研究ではないようです。

そもそも核酸(DNA・RNA)はすべての細胞に含まれており、それは普段我々が口にしている食物でも同じであり、仮に核酸が体にいい影響をもたらすとしても、追加で摂取する必要はないと思われます。
また、核酸を大量に摂取したところで、体内で分解されてしまうため、サクラと思われる人物がYahoo!知恵袋などで回答している「細胞の修復を早める」効果はないと思われます。
むしろ「サケの白子から抽出した」とのことなので、細胞質の過剰摂取に伴う痛風の発症の蓋然性を高める結果になると思います。

これらの内容を何度も説明しているのですが、
聴き手が馬鹿なうえに徐々に感情的になり、最終的には「どうしてあなたたちのためを思って薦めているのに嫌がるの?!!」とヒステリーを起こして手をつけられなくなります。

貴学のような権威ある組織が提示する内容であれば、受け入れる可能性もあるので、
「核酸が体にいい効果をもたらすかどうか」
をぜひ評定していただきたく、よろしくお願いいたします。 (投稿者:ぬるぽん,投稿日時:2016/11/15 09:50:46)

ご投稿ありがとうございます。
それはお困りですね。
お見受けしたところ、かなり悪質な印象なのですが、ネットワークビジネス(マルチ商法)の販売形態なのでしょうか。製品もかなり高額ですし……。
評定依頼は承りましたが、なにぶん少数の実行部隊で行っている研究でして、なかなか手が回らないと思われます。少なくとも「ぬるぽん」様のコメントには筋が通っているように思いますので、本サイトやこのコメントをお身内の方に見せつつコミュニケーションを試みてくださればと思います。
また、拝見したところ、当該企業の製品で「機能性表示食品」の認可を取っているものもあるようです。機能性表示食品の制度では、ある程度の科学的根拠があれば「健康を謳う」ことができますが、これがかなり低いハードルなので問題にもなっています。
ご参考に↓
・https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160825-OYTET50029/
・http://news.livedoor.com/article/detail/11233000/
科学的な議論を試みるのであれば、このあたりは説得材料なるかと思います。また、逆にそれ以外の製品は「機能性表示食品すら取得していない製品」とみることもできますが。
(※ただし、当該製品が機能性表示食品を取得している理由は「目の調子を整える」ことみたいなので、「細胞の修復を早める」などと謳うことはできないと思うのですが)
ただ、お身内の方が感情的に「信じたい」という思いのほうが強すぎるようでしたら、科学の議論ではなくもう少し現実的な、金銭などの問題に切り口を求めたほうがいいかもしれませんね。
(回答日時:2016/11/16 13:34:21)

天然の抗生物質とよばれる。
「プロポリス」
「オレガノ」
「エキナセア」
について、抗生物質としての効果が
疑似科学かどうか調査してほしいです。

また、これらには免疫力を高めると歌われていますが、
ペニシリンを始め抗生物質を摂取しても、
免疫力が上がることはありません。

これらの、嘘の部分と真実の部分を
明確にしてほしいと思い投稿させて頂きました。

よろしくお願いします。 (投稿者:mito,投稿日時:2016/11/14 17:09:01)

ご投稿ありがとうございます。
依頼、了解いたしました。
仮に抗生物質としての効果があったとしても、「健康時に常用すべき」とはならないと思うのですが、不思議な話ですね苦笑。 (回答日時:2016/11/16 13:05:29)

サリドマイドについて。

以前、サリドマイドは癌の治療に役立つ可能性があるという記事を見たのでこのメールを送ります。

サリドマイドはご存知のように身体の一部が欠損した子供を産む可能性を持つ非常に危険な薬です。

しかしそれゆえサリドマイドが癌治療に効果がある可能性を持っているのではないかと考えています。

胎児はほぼ大人と同じ器官をもって生まれます、つまり大人のミニチュアであり成長して体が大きくなるだけであり、大人になってから新しく重要な器官が発生することはありません。

受精卵は完全なDNA情報を持っていますが、数十回の細胞分裂を繰り返したのち特定の器官(心臓とか目玉とか)になり、以降はいくら細胞分裂を繰り返してもその先にはいきません。

最初はあらゆるものになる可能性を持った受精卵が分裂を繰り返す時、必要な情報以外は次第に隠されていくことで、ある特定の器官になるように仕向けられるのだと考えます、つまりあらゆる細胞は完全な情報を持っているがその細胞にとって必要な情報以外隠されていて見えなくなっているということです。

ある細胞が分裂して片方がAという器官になりもう片方がBという器官になる時があるはずです。
その時、AにはBになることのできる情報が隠された設計図が渡され、Bにはその逆の設計図が渡されるのだと考えました。

サリドマイドはその設計変更の時にその情報の伝達を邪魔してしまうことで必要な器官の発生を妨げるのではないでしょうか、そして単なる細胞分裂には影響しないものと思います。

出産後の人体に新しい器官が発生することはありませんが癌化は新しい器官の発生と考えることが出来ます、肺がんは肺に似ていますが肺としての機能は無い新しい器官が発生したと考えるとしっくりきます。

成人の場合、普通なら分裂時に細胞を複製することが出来るだけの設計図が渡されるところを、隠した部分が少しズレた設計図が渡されたようなものでしょう、そして新しい器官(癌)が生まれるのです。

そしてサリドマイドは元と違った設計図を渡すことを邪魔することで癌の発生を抑える作用をするのではと思います。

つまりこれまでの抗がん剤のように癌を殺すのではなく新たな発生を抑えることでがん治療ができることになります。

もしこの理論の通りだとしたら、通常の抗がん剤との併用は問題ないと思います。

以上かなりトンデモで穴だらけの理論だと思いますが、がん治療に決定打が無い現在、少しは考慮してもよいのではないでしょうか? (投稿者:BUNZI,投稿日時:2016/10/24 02:14:34)

(回答日時:2016/10/27 13:52:28)

サブリミナル効果による自己啓発について評定をお願いします。
サブリミナル効果自体は心理実験で使われていると思いますが、それを自己啓発にまで応用する商品が出ております。

よろしくお願いいたします。 (投稿者:mikio,投稿日時:2016/10/20 14:42:16)

(回答日時:2016/10/21 11:00:01)


ローヤルゼリーの美容への効果について調べて頂きたいです。

ローヤルゼリーは様々な効能があり、中には科学的に証明されているものもあると言うことなのですが、化粧品等で謳われている美容効果(保湿効果、育毛効果など)については、私の見たところ科学的に証明されているという情報は見当たりませんでした。

ご検討の程よろしくお願いします。 (投稿者:ちぇりこ,投稿日時:2016/10/10 10:54:59)

ご投稿ありがとうございます。
評定依頼、承りました。
気長にお待ちください。 (回答日時:2016/10/11 08:54:08)

評定依頼のページに一覧されている各項目について、今現在そちらでの研究(?)の進捗状況はどうなっているのでしょうか。 (投稿者:ふしぎ発見,投稿日時:2016/09/27 21:35:45)

ご投稿ありがとうございます。
個別の評定については少ない人数で行っていることもあり、申し訳ありませんがお答えできる状況にありません。 (回答日時:2016/09/30 15:21:15)

リコネクション、リコネクティブヒーリングなるものを調べて頂けますか。
公式サイト?の記載が抽象的で理解が及ばなかったのですが、
世界各国の科学者によって存在が証明されているとの記述があり、何人かの外国人科学者らしき人物の顔写真が載っております。
よろしくお願いします。 (投稿者:笹を貪るパンダ,投稿日時:2016/09/17 13:07:17)

(回答日時:2016/09/17 13:58:44)

PHP新書を興味深く読ませていただきました

評定いただきたいのはあまり世の中には知られていないかもしれませんが青果物鮮度保持フィルムというもので
フィルムに何かを混ぜたものらしく、フィルムからオーラ、波動が発せられ青果物の分子、水分に影響を与え、鮮度を保つというものです。

各メーカーに確認しても理論的にはわからないが、とにかく効果はある、効果は半永久的に続くとのことで、私自身が個人的に実験しても効果は?です。

具体的には
三井東セロ「スパッシュ」
ベルグリーンワイズ 「オーラパック」
精工 「S&S」

という商品が大手だと思います。

新書の中にあったように、いわゆるオーラ系で非常に怪しいと思っています。
スーパーの青果売り場でそれらのフィルムに包装されたものもよく見かけます。

ご検討よろしくお願いいたします

以上

(投稿者:よしりん,投稿日時:2016/09/15 21:18:02)

(回答日時:2016/09/17 13:00:21)

千羽鶴の効果についてです。
風邪を引くと、クラスメイトが千羽鶴を折るという話をよく聞きますが、あれは「科学的に」意味があるのでしょうか?
よく「気持ちの問題」と言いますが、それで具合が良くなることは科学的に解明されているのでしょうか?
こういった正式な機関の研究ではっきりと否定された方が良いと思います。 (投稿者:相澤,投稿日時:2016/09/13 00:16:59)

(回答日時:2016/09/15 11:28:20)

・ヴェポラップを胸に塗ると咳が止まる
・風邪を引いたときのすりおろしリンゴ
・おかゆ
・卵酒

調べてほしいのは以上の点です。こんなのは、ただのプラシーボですよね。
こういった頭の悪い療法をとる人々が出る前に、科学的な根拠がないことをはっきりさせてください。
バカな母親のせいで風邪をこじらせる子供が不憫です。

あと、個人的に生理痛のときにカロナールもロキソニンも効きませんので、検証をお願いします。
痛みに効くか否かは、「主観による」とはっきりと提示してください。
信じて買う人たちが可哀想ですから。 (投稿者:ててしの,投稿日時:2016/09/10 20:51:24)

ご投稿ありがとうございます。 (回答日時:2016/09/12 08:15:45)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24

      ※投稿された記事やコメントは運用管理者が承認した後、掲載されます。