ホーム » 評定依頼・情報提供

評定依頼・情報提供のページ

本研究では閲覧者の皆様による情報提供、評定依頼を歓迎しております。現在、下記のような個別の評定依頼項目があります。※ただし、すべての依頼項目を記載しているわけではなく、記載項目もそのまま疑似科学となるわけではないため注意してください。

新しい項目の評定依頼、研究への要望などのご意見があればご投稿ください。

  • ポリフェノール

  • プルーン

  • EGF

  • 燕の巣

  • 青汁

  • ビフィズス菌

  • 黒酢

  • ローズヒップ

  • イソフラボン

  • コンドロイチン

  • ナットウキナーゼ

  • ココナツオイル

  • ミドリムシ(ユーグレナ)

  • γ-アミノ酪酸(GABA)

  • マルチビタミン・ミネラル

  • ラクトフェリン

  • オルニチン

  • セサミン

  • 糖鎖サプリメント

  • クロレラ

  • パロチン(唾液腺ホルモン)

  • アミノ酸

  • ハイドロキノンの皮膚漂白作用(美肌効果)

  • グルコシルセラミドの経口摂取によるセラミドの増加(皮膚保湿)

  • 植物マグマ

  • イミダペプチド飲料

  • 飲む日焼け止め

  • グルタチオン

  • 肝臓エキス

  • ケイ素水

  • イオン水

  • プラズマクラスター

  • ナノ銀除染

  • マクロビオティック

  • ローフード主義

  • 空間除菌

  • モーツァルト効果

  • 燃料電池の保存形態

  • チタンベルト

  • 「スピードラーニング」等による学習効果

  • 常温核融合

  • 宮脇式植樹

  • ブルーライトカットメガネ

  • ゆる体操

  • グルテンフリーダイエット

  • いわゆる湯シャン

  • 一般家庭での空気清浄機の効能

  • 緑茶による健康法

  • 食品添加物無添加神話

  • ヘアビューザー

  • ミネラル濃縮水

  • アロマエッセンシャル液による認知症予防

  • 「フラーレン」の美容効果

  • シナプソロジー

  • 腸内フローラ

  • 素粒水

  • フォローアップミルク

  • 雑穀

  • マヌカハニーの抗菌作用

  • 不食

  • 運動後数十分から脂肪燃焼効率があがる

  • 冷え取り靴下

  • 熱変換塗料・消熱塗料

  • 活水器

  • 麦飯石

  • 筋力トレーニング

  • シックスパッド

  • 4スタンス理論

  • 経済効果

  • メンタルトレーニング

  • トリガーポイント療法

  • 二軸理論

  • 赤ちゃんトレーニング

  • 漢方

  • オステオパシー

  • ハーブ療法

  • アロマセラピー

  • 血液クレンジング

  • body talk

  • プラセンタ療法

  • 来談者中心療法

  • 感覚統合訓練

  • 精神分析学

  • ファスティング

  • リフレクソロジー

  • 電気治療

  • トラウマ治療法「FAP療法」

  • 「梅酢」の不妊改善効果

  • コルギ

  • アーユルヴェーダ

  • 内観療法

  • 酵素カプセル

  • 腸もみ

  • 瞑想

  • 右脳左脳論

  • 方位学

  • SPI検査における性格測定

  • ゲノム解析による能力診断

  • ロールシャッハテスト

  • コーチング

  • 個性心理学

  • モンテッソーリ

  • 非認知的能力

  • 分析心理学

  • ポジティブ心理学

  • アドラー心理学

  • 人間性心理学

  • NLP(神経言語プログラミング)

  • マインドフルネス認知療法

  • 組織神学

  • 反相対論

  • a-t-u-m量子加工技術

  • ケムトレイル陰謀論

  • 地震雲

  • 守護霊

  • 武術などにおける「気」

  • 積雪予知、地震予知

  • コレステロール害悪論

  • ゲーム脳

  • 遺伝子組み換え食品

  • 経皮毒

  • 白砂糖有害論

  • 使い捨てナプキン有害論

  • 有害物質は子宮にたまる論

  • シャンプーにおけるラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na有害説

  • 小麦粉有害論

  • 炭水化物(糖質)有害論

  • 化学物質過敏症

  • 化学調味料危険説

  • 骨格調整

投稿

投稿&回答

ヴィーガンはどうでしょうか? 動物性食品(肉・卵・乳)などを全く摂らない生活が健康 という主張について (投稿者:アマノ,投稿日時:2018/06/14 09:42:31)

ご投稿ありがとうございます。 (回答日時:2018/06/23 10:05:39)

コハク酸の大腸がんへの効果の信憑性について、疑問に思っています。
現在疑問に思っている点としては、
・大腸がんが行うフマル酸呼吸によってコハク酸が増えているのであって、食事の摂取から得たコハク酸が大腸がんに効果があると言えるのか
・コハク酸自体が発生させる悪影響はどうするつもりか、もしくはコハク酸自体が大腸がんの原因となるのではないか
・大腸内におけるコハク酸濃度が20ミリモルとはどの程度なのか
また、ポリフェノールの摂取が大腸のコハク酸濃度を上げるというだけではなく、しじみなどのコハク酸を含む食材の摂取で大腸内のコハク酸濃度を高めるとの意見も少数ではありますが、存在しているので、
・しじみなどの食材から摂取したコハク酸が吸収されずに大腸に到達するのか、また、実際にそれがどのぐらいの濃度で到達するのか

ということについて、調査していただけたらと思います。
参考資料ですが、
コハク酸の大腸がんへの研究は、
https://www.hiroshima-u.ac.jp/gsbs/news/6922

それを受けてのコハク酸の大腸がんへの効果を賛成する資料は
http://症状と治療法.com/%E3%82%B3%E3%83%8F%E3%82%AF %E9%85%B8%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%82%93%E3%81%AA%E6%88%90%E5%88%86%EF%BC%9F%E3%80%90%E5%90%AB%E3%81%BE%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%81%A87-12547

家庭おくすり大事典 長屋 憲-2017
(URLは長くなってしまうので割愛しますが、googleブックスで該当ページを閲覧できます。


反対に、大腸内でコハク酸が悪影響を与えるとの記述は
https://lab.mykinso.com/kenkyu/20170328_1/
http://arterio.co.jp/wp/2017/08/03/scfa/
https://www.jstage.jst.go.jp/article/nisshoshi1964/96/85sokai/96_85sokai_A67/_pdf
が存在しています。

また、大腸がんがフマル酸呼吸を行うとの記述は
http://www.white-family.or.jp/healthy-island/htm/repoto/repo-to669.htm

で行われています。
悪影響派の資料が正しいのであれば、大腸がんの発生でコハク酸は大腸内で勝手に増えるものであり、決してコハク酸の影響で大腸がん細胞の増殖が抑えられているわけではないと考えております。

他のテーマと比べて、社会的に注目度が高いものではないかもしれませんが、ぜひ研究していただけたらと思います。
よろしくお願いいたします。
(すみません、投稿にあたって予期せぬ改行が入ってしまうようで、ページが見づらくなってしまうようであれば改行を減らしていただけると幸いです。こちらの丸かっこ内は削除していただいて構いません) (投稿者:十二月,投稿日時:2018/06/07 10:27:08)

ご投稿ありがとうございます。
「コハク酸」自体初めて知りました。有益な情報提供ありがとうございます。検討させていただきます。
(回答日時:2018/06/27 21:13:20)

波動医学、メタトロン、について評定をお願いしたいです。


読んでいてすっきりするホームページです。
ありがとうございます。
評定依頼のあるもの、ほとんどが気になります!
(投稿者:ダニちゃん,投稿日時:2018/06/05 00:17:03)

ご投稿ありがとうございます。
励みになります。
(回答日時:2018/06/22 16:55:30)

ウコン(クルクミン)や肝臓エキス
について評定をお願いします。
これらを含有したものは概ね飲酒前に飲むものと宣伝されています。
何れも清涼飲料水か食品にとどまっていますが、ショッピングサイトのレビューを見ると効果があったと散見されます。
(投稿者:三島,投稿日時:2018/05/30 04:30:49)

ご投稿ありがとうございます。
ウコンについては要望が多そうですね。
調査・評定の訴求力は認識しております。
(回答日時:2018/06/09 19:44:07)

面白く読ませていただいてます。
http://www.tms-japan.org/htb.html
腰痛は怒りである、という理論について、精査していただきたいので筆をとりました。
夫がひどい腰痛でした。色々調べて、TMS理論に出会い、読書療法で治りました。
良かったなぁ、と思ってますが、もう15年近く前の話なので、なぜいまだに整形外科では、腰痛だと湿布貼って安静にね、と言われる事が多いのか不思議です。
疑似科学だったのでしょうか?

あと、背骨コンディショニングが最近流行っていますが、実際に体操してみて体にいいような気がしましたが、どこまで科学的に裏付けがあるのかな、と疑問に思いました。

評定いただけたら嬉しいです
(投稿者:たーさん,投稿日時:2018/05/26 10:44:04)

ご投稿ありがとうございます。
確かに、慢性的な腰痛に対する満足いく水準の治療はなかなか難しいようですね。特に、「痛み」は個人の主観に左右される意味合いが強いですし。
背骨コンディショニング流行っているそうですね。神経科学的な理論の説明がされているようですが、一つの運動プログラムのような感じっぽいですね。売られている本の宣伝文句だけみると、かなり仰々しい感じもしますが。 (回答日時:2018/06/23 09:38:52)

以前、生体エネルギーについて依頼をかけたものです。
拙い文章ですが、読んでいただきありがとうございました。

生体エネルギーについての説明が書いてあるところを
リンクしたつもりだったのですが、商品だけしか載って
いませんでした。
大変失礼いたしました

いくつかのサイトで説明しているのがありましたので、
再掲します。
http://tokushu999.com/seitai/index.html
http://e-shinden.com/business/bioenergetic/index.html
https://homaru.co.jp/?mode=f1

(投稿者:元理系経理マン,投稿日時:2018/05/15 16:14:06)

情報提供ありがとうございます。
一通り拝見しました。
見たところ、「生体エネルギー」なる理論は佐藤政二という方が提唱されているようですね。主に農業分野でセミナー等を開き、そこでこの理論を持ち出しているようです。
ただ、生体エネルギーがそもそも何なのか、調べた限りではよくわかりませんね。高校物理などで習う「位置エネルギー」っぽい内容もありましたが、実体は不明です。また、ご存知かもしれませんが、この生体エネルギーの応用商品では、かなり高額な商品(200万円以上のものも)も販売されているようです。
そこでは「電磁波による悪影響を防ぎ、人間の生命力を向上させる」などとしていますが、これはデタラメだと言ってよいでしょう。そもそも、「電磁波による人体への悪影響」という説自体、かなり懐疑的にならざるを得ないので(本サイトの電磁波有害説ページなどをご覧ください。評定内容の信頼性を向上させるために、近日中に大幅改訂する予定でもあります)。
なお、お教えいただいたサイト(http://e-shinden.com/business/bioenergetic/index.html)の中段に、「500億年前、1000億年前の宇宙はどんなだったのだろうか」という記述がありますが、現在の定説では宇宙の年齢は約138億歳だそうなので、この部分は誤りといえます。基本的な事実認識に問題がありそうですね。
(回答日時:2018/05/25 15:29:01)

このようなページ作っていただき有難いです。

岩盤浴
サウナ
霊視
予知能力
ファイトケミカル
経皮毒
オオカミに育てられた子供
断食

新人研修・自己啓発セミナー
マルチ商法・ネットワークビジネス(商法や商品)
浄水器、マンションの水道が錆びない、

自分が最近気になるものを挙げてみましたが、
その他、社会に影響の多いものがあればぜひ取り上げて頂けたらと思います。


チタンテープ、スポーツブレスレット
販売店では、店員がその場で顧客に
商品を身につけさせて、付けた時と付けない時でバランスが良くなった、重いものが持ち上げやすくなったという感覚を実感させて販売する方法が多いです。フィギュアスケートの羽生選手などを広告塔に宣伝しています。

http://kintoregoods.net/phiten.html

…あとこのサイトの検証結果が少々読み解くのに理解力が必要でハードルが高く感じます。

実際、疑似科学の被害者になる人は論文や難しい文章は苦手な人も多いと思うので、そういう方にも理解しやすい書き方だとより良いのかなと思いました。 (投稿者:ひゃ,投稿日時:2018/05/08 19:33:00)

ご投稿ありがとうございます。
「予知能力」や「霊視」についてはすでに、幽霊、ESP、疑似科学関連用語事典等のページで直接ではありませんが記述しているのでご覧になってみてください。
ネットワークビジネスでの疑似科学的商品の蔓延はひどいですね。私自身、知人に勧誘されたのですが、そこで販売している商品とその宣伝文句には??のつくものが多かったです。海外から流入してくる健康食品関連の商品がいろいろあるようですね。
ただ、ネットワークビジネスの問題の本質は科学/疑似科学というよりも、勧誘方法や商法そのものの感じもしております。

また、おっしゃる通り、「読みにくい」「SEO対策をせよ」などのご指摘はいくつも頂戴しており、こちらとしても申し訳なく思っております。
なお現在、本格公開は本年秋ごろに予定しているのですが、「gijika.com」(https://gijika.com)なる新規プラットフォームを開発中でして、こうしたご要望にも少しずつ対応できると思っております。
内容の難しさを緩和するためのeラーニング教材も公開予定ですので、またどうぞご利用ください。
しばらくはご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

(回答日時:2018/05/14 22:29:07)

「ユマニテュード humanitude」はいかがなんでしょうか。
イヴ・ジネストさんというフランスの方が、介護・看護の現場における実践哲学として長年提唱なさっているようです。

 善意に基づくものであることは、あまり疑っていませんが、効果の定量的評価が十分なのかどうか。
 膨大な税金の流れを左右する可能性もあるので、検証を願えればと思います。
(投稿者:Toshipon,投稿日時:2018/05/06 23:01:13)

ご投稿ありがとうございます。
「ユマニテュード humanitude」ですか。初めて聞きました。調べてみます。
教育分野に顕著(たとえばシュタイナー教育など)ですが、哲学的な考え方としてのみ実践しているのであればそう問題はないように思いますが、対象への効果測定や社会的影響面では無視できないこともおおいですよね。
(回答日時:2018/05/14 22:31:39)

地球温暖化の科学性はいかがでしょうか? (投稿者:matsuya_tooru,投稿日時:2018/05/02 07:06:54)

難しい問題です。地球温暖化に対する対策については、科学のみの問題ではなく、政治、国際情勢その他もろもろが絡んでいるので、一概に論じれない部分があります。

(回答日時:2018/05/14 22:33:01)

某芸能人がはまってるといわれる生体エネルギーについて、評定お願いいたします。

http://www.nogenweb.com/qa.html

この前、セミナーに行かされましたが、言っている内容が独自の言葉と理論を用いているため、理解不能でした。

生体エネルギーを導入した建物は、
劣化しないとか、
その建物にテナントで入ってる学習塾の学生たちの成績が上がるとか。
電磁波のマイナスの影響をプラスに変えるとか。
電気の使用量を半分にできるとか。

よろしくお願いいたします。 (投稿者:元理系経理マン,投稿日時:2018/04/20 09:42:16)

ご投稿ありがとうございます。
リンク先拝見しましたが、「生体エネルギー関連商品」との表記をオンライン購入商品が並べられているだけで、「生体エネルギー」を意味することについては何の説明もないようです。ご指摘のように、「塾の成績が上がる」や「電磁波の影響を変える(これ自体、かなり疑問ですが)」などの主張に信ぴょう性があるとは考えにくいですね。
(回答日時:2018/04/29 19:19:32)

pubmedにおけるmeta-analysisのやり方、理解しました。有難う御座います。orthomolecular療法ですが、以下のページにあるように、pubmedにあるデータやmeta-analysisなどの記述があります。
http://orthomolecular.org/resources/omns/v09n01.shtml (投稿者:の,投稿日時:2018/04/18 18:41:05)

ありがとうございます。
なるほど。リンク先拝見しましたが、ほとんどがビタミンDの話なので、これを以ってorthomolecular療法を正当化するには疑問がありますね。
情報提供感謝いたします。改めて検討いたします。
(回答日時:2018/04/29 19:18:44)

40代でも持久力向上 カギ握る「抗酸化」と「低糖」

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO29196100Q8A410C1000000?channel=DF130120166093

トレイルランナー鏑木毅氏の著書『日常をポジティブに変える 究極の持久力』からのトレーニング理論の一つとして、「アスタキサンチン(による抗酸化)」と「低糖」があげられています。

鏑木氏はトレイルランニングの世界では第一人者なのでかなりの影響力があります。

これらの評定をお願い致します。

(投稿者:M.M,投稿日時:2018/04/18 15:10:35)

ご投稿ありがとうございます。
承ります。 (回答日時:2018/04/18 15:42:51)

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc

Orthomolecular meta-analysis
で検索したところ、30件ひっかかりました。ヒットしないとのことでしたが、検索方法をお教えいただけるとありがたいです。30件の結果を精査した結果、該当件なし、という結論を得た、ということでしょうか。 (投稿者:の,投稿日時:2018/04/17 22:07:44)

では、説明します。
①:まず、「https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc」を開いて、検索語のところに「meta-analysis」と入力します。
②:次に、検索バー左側の矢印「↓」のところを押して、(初期はおそらく「PMC」となっているところを)「MeSH」に変更します。そのうえで検索します。
※ちなみに、このMeSH(メッシュ)とは、Medical Subject Headings の頭文字で、米国国立医学図書館が定める生命科学用語集です(wikiより)。
③:検索結果、たぶん3件が該当すると思うので、その中で「Meta-Analysis [Publication Type]」を選びます。
④:該当ページを表示したら、画面右側の「PubMed Search Builder」の「Add to search builder」をクリックします。すると、枠内に"Meta-Analysis" [Publication Type]が追加されると思います。
⑤:続いて、「Orthomolecular」を「MeSH」でサーチします。たぶん次のようなページが表示されると思うので(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/mesh/?term=Orthomolecular)、さっきと同じく、画面右側「PubMed Search Builder」の「Add to search builder」をクリックします。
⑥:builder内に「("Meta-Analysis" [Publication Type]) AND "Orthomolecular Therapy"[Mesh]」と記述されていることを確認したら、その下の「Search PubMed」をクリックして検索開始です。
⑦:これで、「Orthomolecular Therapy」における「Meta-Analysis [Publication Type]」のみをサーチすることができます。結果は0件になると思います。
ご指摘にある30件とは、おそらく無関係の文献がキーワード検索で引っかかってしまったのでしょう。 (回答日時:2018/04/18 10:53:35)

テラヘルツ波 < http://www.nuee.nagoya-u.ac.jp/labs/optlab/kawase/chuui.html > (投稿者:宮本 彰,投稿日時:2018/04/16 12:55:45)

ご投稿ありがとうございます。 (回答日時:2018/04/17 12:41:20)

オーソモレキュラー療法について評定をお願いします。オーソモレキュラー療法は
https://isom-japan.org/
オーソモレキュラー医学会なる団体を有し、amazonでのベストセラー書籍もあります。
https://www.amazon.co.jp/%E8%8A%B1%E7%B2%89%E7%97%87%E3%81%AF%EF%BC%91%E9%80%B1%E9%96%93%E3%81%A7%E6%B2%BB%E3%82%8B%EF%BC%81-%E6%BA%9D%E5%8F%A3-%E5%BE%B9/dp/4865811397
一般人には正統的な医学との区別がつかない事例であるため、科学性評定サイトでの評定が重要であると考えます。 (投稿者:の,投稿日時:2018/04/15 10:55:32)

ご投稿ありがとうございます。
オーソモレキュラー医学とは初耳だったので、少し調べてみましたが、基本的にはいわゆるビタミン療法のようなものでしょうか。栄養素をバランスよくきちんと採ろうというのは普通の主張ですが、この療法ではがんや被ばく対策としてこれを勧めているようですね。
ちなみに、医学論文のデータベース(pubmed)にてオーソモレキュラー療法における「メタ分析」の有無を調べましたが、1件もヒットしませんでした(2018.4.17時点)。少なくとも、医学的に信頼性の高い研究は報告されていないようです。
(回答日時:2018/04/17 12:41:40)

https://www.wwdjapan.com/581848

「花粉を水に変える」新素材 導入企業相次ぐ (投稿者:ななこ,投稿日時:2018/04/08 11:38:10)

情報提供ありがとうございます。 (回答日時:2018/04/17 12:43:55)

本態性振戦で悩んでいます。mrガイド下集束超音波治療が効くとネットに書かれていたのですが本当でしょうか?
(投稿者:かず,投稿日時:2018/04/02 13:35:19)

ご投稿ありがとうございます。
「ふるえ」の症状ということですね。お辛いと思います。
ご質問の件ですが、調べたところ「経頭蓋MRガイド下集束超音波治療(MRgFUS)」という名称でここ最近臨床試験が行われていたようです。きちんとした承認の手続きに則っていまして、機器がクラスⅢの高度管理医療機器として新たに認証されていることもあり、まったくデタラメな治療法ということはないです。また、現在どのようになっているか詳細はわかりませんが、最新治療ということで自由診療として行える病院もいくつかあるようです。
ただ、かなり高額なようなので(調べたところですと220万円程度)、ご自身の現在症状と、治療の結果得られるであろう効果とを、主治医とよく相談なさるのがよいかと思います。かなり効果がある、というような新聞記事も見つけましたが、質問者さまの症状に当てはまるかどうかは別の問題ですので、そのあたりを医師と話し合われるのがよいのではないでしょうか。
(回答日時:2018/04/18 15:42:15)


「カイロプラクチックにおけるアクチベータ」
椎骨が共鳴する周波数と、同じ周波数を機器先端から(患部)皮膚面に与え改善をうながす矯正器具だという(刺激はごく微弱、ほぼ何も感じない)。
東洋医学的な養生のエッセンスを取り入れ、脊髄の歪みから健康を促進するというアメリカ発のカイロのコンセプトには方向性として納得がいく部分が一部あるものの、
この器具にまつわる各種効果の発現は、ちょっとよくわからない。【魔法使い(=ぬいぐるみ&マントの中は生身の人間である)の杖】でなければよいが…。


(投稿者:Rejoice21,投稿日時:2018/03/28 08:26:01)

ご投稿ありがとうございます。
市販されている「アクチベーター」はそれなりに高額ですしね。
費用対効果を考えるとどうなのか、という面はありそうです。
情報提供ありがとうございます。
(回答日時:2018/04/04 16:19:32)

https://tenkabutsu.com/isomerized-sugar

果糖ぶどう糖液糖(異性化糖)が危険な理由 (投稿者:白辛子,投稿日時:2018/03/26 01:08:24)

ご投稿ありがとうございます。 (回答日時:2018/04/04 16:19:19)

経済学や社会学は科学といえるのですか。 (投稿者:わろてんか,投稿日時:2018/03/18 13:37:26)

ご投稿ありがとうございます。
ご質問ですが、経済学や社会学も科学による究明の対象とはいえるかと思います。ただし、これらの領域は考察の対象が非常に広いため、理論偏重になる傾向があるようにも考えます。↓参考としてお読みください。
www.sciencecomlabo.jp/concept.html (回答日時:2018/04/04 15:25:16)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46

      ※投稿された記事やコメントは運用管理者が承認した後、掲載されます。