ホーム » 評定依頼・情報提供

評定依頼・情報提供のページ

本研究では閲覧者の皆様による情報提供、評定依頼を歓迎しております。現在、下記のような個別の評定依頼項目があり、今後の評定の目安にしていく予定です。

新しい項目の評定依頼、または掲載されている項目についての情報提供、さらに本研究への要望などのご意見があればこちらのページにご投稿ください。

  • ポリフェノール

  • プルーン

  • EGF

  • 燕の巣

  • 青汁

  • ビフィズス菌

  • 黒酢

  • ローズヒップ

  • イソフラボン

  • コンドロイチン

  • ナットウキナーゼ

  • ココナツオイル

  • ミドリムシ(ユーグレナ)

  • γ-アミノ酪酸(GABA)

  • マルチビタミン・ミネラル

  • ラクトフェリン

  • オルニチン

  • 水素サプリメント

  • セサミン

  • 糖鎖サプリメント

  • クロレラ

  • パロチン(唾液腺ホルモン)

  • アミノ酸

  • ハイドロキノンの皮膚漂白作用(美肌効果)

  • グルコシルセラミドの経口摂取によるセラミドの増加(皮膚保湿)

  • 植物マグマ

  • イミダペプチド飲料

  • 飲む日焼け止め

  • グルタチオン

  • 肝臓エキス

  • ケイ素水

  • 還元水素水

  • イオン水

  • 電解水素水

  • プラズマクラスター

  • ナノ銀除染

  • マクロビオティック

  • ローフード主義

  • 空間除菌

  • モーツァルト効果

  • 燃料電池の保存形態

  • チタンベルト

  • 速読術

  • 「スピードラーニング」等による学習効果

  • 常温核融合

  • 水素水

  • 宮脇式植樹

  • ブルーライトカットメガネ

  • ゆる体操

  • グルテンフリーダイエット

  • いわゆる湯シャン

  • 一般家庭での空気清浄機の効能

  • 緑茶による健康法

  • 食品添加物無添加神話

  • 水素風呂

  • ヘアビューザー

  • ミネラル濃縮水

  • アロマエッセンシャル液による認知症予防

  • 「フラーレン」の美容効果

  • シナプソロジー

  • 腸内フローラ

  • 素粒水

  • フォローアップミルク

  • 雑穀

  • マヌカハニーの抗菌作用

  • 不食

  • シックスパッド

  • 運動後数十分から脂肪燃焼効率があがる

  • 冷え取り靴下

  • エマルジョン燃料

  • 熱変換塗料・消熱塗料

  • 活水器

  • 麦飯石

  • 筋力トレーニング

  • シックスパッド

  • 4スタンス理論

  • 経済効果

  • メンタルトレーニング

  • トリガーポイント療法

  • 二軸理論

  • 赤ちゃんトレーニング

  • 漢方

  • オステオパシー

  • ハーブ療法

  • アロマセラピー

  • 血液クレンジング

  • body talk

  • プラセンタ療法

  • 来談者中心療法

  • 感覚統合訓練

  • 精神分析学

  • がんもどき理論

  • ファスティング

  • リフレクソロジー

  • 電気治療

  • トラウマ治療法「FAP療法」

  • 「梅酢」の不妊改善効果

  • コルギ

  • アーユルヴェーダ

  • 内観療法

  • 酵素カプセル

  • 新型うつの「新型」

  • 整体

  • 腸もみ

  • 体を冷やす食べ物、温める食べ物

  • 風邪症状時における対処療法

  • 瞑想

  • 右脳左脳論

  • 方位学

  • SPI検査における性格測定

  • ゲノム解析による能力診断

  • ロールシャッハテスト

  • コーチング

  • 個性心理学

  • シュタイナー教育

  • モンテッソーリ

  • 非認知的能力

  • こどものための哲学

  • 分析心理学

  • ポジティブ心理学

  • アドラー心理学

  • 人間性心理学

  • NLP(神経言語プログラミング)

  • マインドフルネス認知療法

  • 組織神学

  • 反相対論

  • a-t-u-m量子加工技術

  • 幽霊を視る行為

  • ケムトレイル陰謀論

  • 生まれ変わり(稲垣勝巳)

  • 地震雲

  • 守護霊

  • 武術などにおける「気」

  • 積雪予知、地震予知

  • コレステロール害悪論

  • ゲーム脳

  • 遺伝子組み換え食品

  • 経皮毒

  • 白砂糖有害論

  • 使い捨てナプキン有害論

  • 有害物質は子宮にたまる論

  • シャンプーにおけるラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na有害説

  • 小麦粉有害論

  • 炭水化物(糖質)有害論

  • 化学物質過敏症

  • 化学調味料危険説

  • ADHD

  • 双極性障害

  • パニック障害

  • うつ病

  • 骨格調整

投稿

投稿&回答

街で特定の塩を摂取することで、放射能を除去できると
して販売されている塩があります。

岩戸の塩という製品名で売られていて、チェルノブイリや
福島へも送付摂取してもらっているそうです。

そもそも塩を経口摂取して、放射能を除去できるので
しょうか? (投稿者:福州街,投稿日時:2017/05/29 15:56:04)

ご投稿ありがとうございます。
>塩を経口摂取して、放射能を除去できる
――おそらくできないと思われます。ただ、コメントにあった製品が「放射能を除去できる」としている言説も(ネット上では)見当たりませんでした。
ちなみに「放射能に塩がよい」というのは、秋月辰一郎氏の「放射能には味噌がいい」に由来しているのかもしれません。
http://synodos.jp/science/2784
放射能関連については、たとえばこの記事などが参考になるかと思います。
(回答日時:2017/06/03 09:24:44)

コンタクトレンズ購入時に「酸素透過率」が高いものを勧められました。
レンズが酸素を通すのか、角膜に酸素を当てる(一部サイトでは「呼吸」と表記しているものも)必要があるのか、の二点で信頼できそうな情報が見つからなかったので評定をお願いします。 (投稿者:penguin,投稿日時:2017/05/13 15:52:38)

ご投稿ありがとうございます。
なるほど。コンタクトレンズは「高度管理医療機器」に分類されるため、少なくとも「とんでもなく怪しいもの」は販売されないと思います。
依頼情報ありがとうございます。ただ、早急に知りたい、ということであれば、かかりつけの眼科医などにもお尋ねになるのがよろしいかと思います。 (回答日時:2017/05/18 10:26:08)

「タッピング・タッチ」という健康法がにわかに流行してきているように感じます。

指先で相手の背中や肩をかるく叩くように(タッピング)触れる(タッチ)ことで、ヒーリング効果があるというものです。
http://health-coach.jp/lp/tappingtouch

NHK「あさイチ」でも取り上げられていました。
http://ameblo.jp/genesispure/entry-10842643652.html

しかしながら、ヒーリング効果については、たとえば
タッピングタッチ施術中の会話によるカウンセリング効果や、
その他の外部環境によるデータへの干渉が完全に排除されていないように感じます。

カイロプラティックやアニマルセラピーと同様かもしれませんが、、、
どうぞ宜しくお願いします。


(投稿者:HIKO,投稿日時:2017/05/09 13:58:26)

ご投稿ありがとうございます。
NHKでも取り上げられたのですね。
上の方の参考リンクをみると
>体に触れることで不安や緊張をとり、肯定的感情や信頼感・安心感を増すタッピングタッチ
とありますが、何を意味しているのかこれだけではよくわかりませんね。ただ、マッサージ等と比べるとやや高額な印象は受けました(相場がわからないのですが)。
依頼として承りました。 (回答日時:2017/05/18 10:15:25)

こちらのサイト

「危険な食品添加物一覧」
http://tenkabutsu.com/

一見、科学的な知見を紹介しているサイトのように見えますが、実際には「食品添加物の危険性」について、ソースとなる文献等まったく提示していません。

サイト管理者は善意によって情報を発信しているつもりかもしれませんが、一方で、匿名での更新を続けており、悪意である可能性も否定できません。 (投稿者:seijyuro,投稿日時:2017/05/07 17:53:07)

ご投稿ありがとうございます。
サイトを拝見したところ、まぁ妥当かな、という情報もチラホラ見られます。ただ、たとえば予防接種に関する記述など、明らかに根拠のない(誤った)情報も多いです。
いわゆる「自然派」の方が書かれた印象ですが、参考文献どころかサイト運営者の情報もないので、そういう意味ではまったく信用できない文章に思います。
書かれている情報については、なるほど、と思わせる(一部ですが)ものもあるので、もう少し”整備”してほしいですね。 (回答日時:2017/05/18 09:56:58)

ホタテの殻を使った消臭除菌剤についての検証をお願いします。
ホタテの殻を「高温で特殊焼成」して水に溶かすと、強アルカリ性の水溶液となり、抗菌性に優れたものになるんだそうです。巷では、水虫、足の臭い、大腸菌その他の除菌、香りのきつい柔軟剤のにおいがついたものの消臭にも、と謳って数社から売られています。洗濯洗剤と一緒にいれたり、野菜や果物の農薬を除去するためにパウダー状のものもあるようです。ネットでは、トマトを水につけてホタテパウダーを入れると水が茶色になる、無農薬のを買ったのにひどい、こんな農薬がついたもの食べられないと憤っている人も見かけました。それはトマトの色素ではと私は思うのですが。
私は農薬がどうこうというのは日本で売られている野菜や果物については心配していませんが、ソファや衣類の消臭に関しては、できれば化学薬品ではなく、天然のもので効果があるのであれば、そちらを使いたいと思っています。
来客がスリッパや布張りのソファになすりつけていった非常にきつい柔軟剤の臭いを消したい目的で1本買ってみたのですが、合成香料の臭いは相変わらずしています。柔軟剤の臭いはともかく、本当に除菌の効果があり、天然で安心というならば使う価値があるのかとも思いますが、今一つよくわからないというのが正直なところです。調査項目に加えていただけたら幸いです。 (投稿者:Elle,投稿日時:2017/04/26 19:15:38)

ご投稿ありがとうございます。
丁寧なコメント感謝いたします。依頼項目として検討いたします。 (回答日時:2017/04/29 11:24:41)

ソルフェジオ周波数 528hzで遺伝子修復などは本当ですか? (投稿者:ユーザー,投稿日時:2017/04/25 17:43:32)

ご投稿ありがとうございます。
評定依頼として承りました。 (回答日時:2017/04/29 11:22:49)

評定をお願いしたい題材が有るのですが
「なたまめ茶」です。

なたまめ(鉈豆)に含まれるカナバニンやコンカナバリンAと言う成分が排膿に効果が有るとのことで蓄膿や副鼻腔炎など
鼻の症状に効果が有るとのことです。

私も鼻ポリープが出来て副鼻腔炎になり病院で薬によりポリープを縮小させようと治療しましたがなかなか思うように効果がでずインターネットで調べたところ、なたまめ茶が賛否両論さまざまな記事が有ることがわかりました。
藁にもすがる思いで現在なたまめ茶を試していますが効果のほどは現在のところ疑問です。現在、飲み初めて2週間、1日に約500mlの飲用です。

是非、科学的見地からなたまめ茶を考察していただきたいと思います。

よろしくお願いいたします。 (投稿者:ゆうじ,投稿日時:2017/04/25 15:11:53)

ご投稿ありがとうございます。
「鼻に効く」というのはいわゆる健康食品では珍しいように思います。
ご依頼ありがとうございます。
お身体にはご自愛ください。 (回答日時:2017/04/29 11:22:17)

波動医学測定器メタトロンという装置について、信憑性はありますか? (投稿者:せんちゃん,投稿日時:2017/04/17 11:58:43)

ご投稿ありがとうございます。
検討いたします (回答日時:2017/04/22 07:51:06)

私が評定をお願いしたいのは「トクホ」
なかんずく「難消化性デキストリン」です

というのも
私はほぼ確実に「こいつ」に健康被害を受けたからです

私もいわゆる中年に差し掛かりメタボに怯える中
「気休め程度にでもなれば」と
とあるトクホ製品のお茶を普段飲んでいるお茶の代わりに飲み始めました

そうして一月ほど経ったころでしょうか
初めは太もも、ほどなくほぼ全身に発疹が生じました
私は元来発疹が出やすい体質で
夏季は何もしてなくても発疹が出たりするので
最初は気にしないでいたのですが
いつもの発疹に比べ余りにも異常なので

それ以前と生活上変わったところを考え
「トクホのお茶」に思い至り飲むのをやめたら
徐々におさまりました
酷い時は痒くて眠れないくらいだった発疹が
今はほぼありません 痕みたいなのが残ってるだけです

最近雑誌でも「トクホの嘘」なる特集が組まれたりしますが
一見「後ろ盾」がありそうな顔をして
とんでもないものを売りつけ
売れればいいという姿勢を取る
メーカーの態度には腹が立ちます

ちなみに私に酷い発疹をもたらしたトクホ茶には
よく見ると
「遺伝子組み換え作物を区別していません」との旨が書いてありますが
「遺伝子組み換え作物安全説/危険説」
も検証/評定してほしい所です
ネット上では「安全派」の宣伝活動が盛んですが
私はこんな酷い目に遭ったこともあって
眉唾に思ってます

ところで
こんな「面白い」サイトがあるのを発見して
面白く拝読しております
色々大変だとは思いますが
頑張ってください応援しております (投稿者:shin,投稿日時:2017/04/12 07:03:00)

ご投稿ありがとうございます。
いわゆる健康食品については、飲用によって被害を受けたという「健康食品による健康被害」も無視できないレベルにありますね。
http://www.caa.go.jp/foods/pdf/syokuhin366.pdf
こちらの資料が、健康食品による被害のまとめとしてわかりやすいものと思います。よろしければ、お時間あるときにでもご一読ください。 (回答日時:2017/04/22 07:50:40)

評定依頼をさせていただきます。
西洋医学(通常医学)でも健診・検診は未科学もしくは発展途上の科学として位置づけるものなのでしょうか?
一番有効な医療がワクチンであるなら、実証的効果を示すデータの観点から再現性、客観性やデータと理論の双方の観点から妥当性、予測性が低い場合や社会的観点から公共性、歴史性、応用性「老後破産」だの「長寿リスク」だのはどうなのでしょうか?

治療をしてもしなくても、人間の寿命は変わらない!
65歳からは検診・薬をやめるに限る! ―高血圧・糖尿病・がんはこわくない 名郷 直樹 (著)
年をとるほど健康への関心は高くなる。国はメタボ健診やがん検診などを推進し、「早期発見・早期治療」のメリットをうたう。だが、EBM(エビデンスに基づく医療)の第一人者である著者は、「65歳を過ぎた人に定期検診は必要ない。
むしろ受けると不幸になる」と断言する。検査にはあいまいな判定や間違いもあり、「絶対」といえるものではない。健診・検診が有効かどうかも実はよくわかっていないのだ。むしろ早期発見しないほうがいいがん(甲状腺がん、前立腺がん)を早期発見してしまうと、かえってデメリットがある。
また、薬もやめたほうがいい。高齢になると薬の効きめもあいまいになってくるし、なにより薬の治療効果より副作用というリスクのほうが大きくなってくる。若い現役世代と定年後世代では、医療のあり方が違ってくるのである。実際には、高齢者は薬を飲んでも飲まなくても、寿命に大差はない。 (投稿者:表現の自由を守る会サポーター,投稿日時:2017/04/10 04:09:00)

ご投稿ありがとうございます。
難しいご質問です。
検査の種類にもよると思います。 (回答日時:2017/04/22 07:42:12)

「水晶水ウモライフ」
説明書よれば、純度99.9%の水溶性珪素
原料は日本産石英(水晶石)
2000°で8時間以上焼き抽出した水溶性結晶。

効能をいろいろ謳っていますが
科学的に証明されたのかどうかわかりません。
安い価格ではないので
検証頂けると助かります。
宜しくお願いします。


(投稿者:ジンジャー,投稿日時:2017/04/04 18:50:56)

ご投稿ありがとうございます。
いわゆるパワーストーンの類でしょうか。情報提供ありがとうございます。 (回答日時:2017/04/05 09:02:00)

「国際標準音」と「モーツァルト効果」について

まず、A=440Hzによる国際標準音で演奏が精神にダメージを与えるという説ですが、実際の演奏では当然様々な音を演奏し、電子楽器でなければ1曲演奏する間でさえA=440Hzの平均律を厳密に保つことは不可能なため、そもそもこの論を唱える方々の期待する状況は発生し得ないと思うのですが、いかがでしょうか。
ちなみに、「国際標準音」が唱えられるまでA=440Hzでの演奏が行われていなかったという証明はありません。楽器の調律は地域年代で著しく変化しており、現存する古い楽器が現役当時の調律を保っている保証もないためです。

また、モーツァルト効果ですが、これも、作曲された当時は現代とは違う構造の楽器で演奏されており、種々の測定結果も現代楽器とは異なると予測されます。そのため、「モーツァルトの音楽」に特徴的なのではなく、「ある種の音楽を演奏した場合の偶発的な現象」に過ぎないと考えております。(作曲家別発生頻度の調査は行われていないはずですが)

なお、当方、ピリオド楽器の奏者です。 (投稿者:放浪楽師,投稿日時:2017/03/27 17:58:11)

ご投稿ありがとうございます。
「国際標準音が精神にダメージを与える」というのは聞いたことがありませんでした。音楽による心身への影響はわりと肯定的に語られることが多いように思っていましたので……。
興味深い情報提供ありがとうございます。 (回答日時:2017/03/31 20:07:50)

タヒチアンノニジュースというものを知人に勧められましたが、信頼性はどうでしょうか?
様々な疾患や症状に効果があったという、本や記事も同時に見せられました。
モリンダ社という海外に本社がある会社の製品で、独自の研究施設や論文も出しているとのことですが。。。 (投稿者:まめ,投稿日時:2017/03/08 07:24:58)

ご投稿ありがとうございます。
ご依頼ありがとうございます。 (回答日時:2017/03/11 09:01:29)

科学的観点から熟考し評価を出しているため非常に参考になります。

今回は「人工甘味料が有害であるか否や」について知りたいため投稿するに至りました。ネットで独自に調べては見たのですが、有害派と無害派で意見が極端に割れており、科学に精通していない私がこんなことを言うのも烏滸がましいですが、両者とも意見を押し付けているようにしか見えず、正確な判断が出来ないため、調査していただければ嬉しいです。 (投稿者:ぷろ,投稿日時:2017/02/26 21:45:16)

ご投稿ありがとうございます。
そのような議論があるのですね。かなり興味深いです。
有害かどうかはともかく、「自然」はよくて「人工」はダメという構図が社会的に溢れているとは思います。 (回答日時:2017/02/28 11:58:07)

コエンザイムが必要ない気がして調べていたらこちらへ辿り着き購入をやめようと思ったものです
複数のサプリを摂取しており飲む前と飲んだ後で変化がはっきりとかんじられ続けています
お手すきのときに宜しければ以下サプリの評定をよろしくお願いします

ピクノジェノール
ドフィラスeps
アサイー
ルテイン
αリポ酸
アストラガルス
ta65
亜鉛
ビオチン
GliSOD
霊芝
アスタキサンチン
スーパー起きディムスターぜ
(投稿者:サプリ常用者,投稿日時:2017/02/26 05:58:15)

ご投稿ありがとうございます。
ご自身が実感されているのであれば、それが一番ですよね。
余計なお世話だと思いますが、サプリメントによってかえって栄養バランスが偏ってしまうこともありますので、その点だけご留意ください。
(回答日時:2017/02/28 12:01:24)

有意義な情報をいつもありがとうございます。

まだでていないようなので、「リーキーガット症候群」について調べていただけると嬉しいです。
リーキーガット症候群とは、なんらかの原因(主張する方たち曰く添加物やグルテンなどがそうらしいです)で胃に微細な穴が開き、そこからもれだした有害物質がアレルギーなどを引き起こす、とかそんなんだったように記憶してます。
とある方面の方々は完全に科学・医学だと信じて広めまくってますが、疑問点が多数あるような気がするので検証のほどよろしくお願い申し上げます (投稿者:はねこ,投稿日時:2017/02/09 00:55:41)

ご投稿、激励ありがとうございます。
胃に穴が開いて有害物が流れる、というのがちょっと突飛に思えますね。工場から有害物質が流れるイメージなのでしょうか苦笑 (回答日時:2017/02/13 10:31:28)

いつも興味深く拝見させて頂いております。
疑似科学なのかよくわかっておりませんが、良く耳にするのが「マーガリンはトランス脂肪酸を含むから危ない」という話です。
少し調べてみると、「狂った油」だとか「食べるプラスチック」だとか、危険を示唆する記事が山程見つかりますし、逆に危険性は無いとする記述も散見されます。
よろしければ評定項目としてご一考下さい。 (投稿者:ふぁれ,投稿日時:2017/02/06 03:47:51)

はい。
ご投稿ありがとうございます。 (回答日時:2017/02/13 10:31:54)

量子論的引き寄せコンサルタント養成講座
http://www.inthetic.com/
の評定をお願いいたします。
量子論という難解な物理学の用語を用いて、「引き寄せの法則」を強化するという手法を用いています。また、コンサルタント養成講座を設けることで、あたかも市場価値があるかのようにセルフブランディングを行うという、高度な戦略を用いてるところが巧妙です。
さて、トランプ大統領に関連したalt-Fact、フェイクニュースやwelqの閉鎖に絡んで、ネットにある情報の真偽を確認する作業の重要性に漸く世間が気づきだしてきました。今後、貴サイトの活動の重要性がますます認知されていくことでしょう。今後のご活躍、ご発展をお祈りいたします。 (投稿者: ,投稿日時:2017/02/05 14:42:33)

ご投稿ありがとうございます。
「引き寄せの法則」は流行するようですね。
多くの人の心をつかむような何か特別な要素があるのでしょうかね。
激励にも感謝いたします。 (回答日時:2017/02/13 10:56:15)

テレビが専門家とやらを持ち出してくる豊洲市場は危険だっていう言説は、疑似科学そのものですけども
ここではそういう、ニュース番組や新聞にまん延する疑似科学は相手にしないんでしょうか
まあやったらやったで御用学者リストWikiみたいなのに名前乗せられて大変なことになるから、この立場で星界だと思いますが (投稿者:1**1**1,投稿日時:2017/02/01 10:17:58)

ご投稿ありがとうございます。
報道に関する科学リテラシーの問題は根深いですね。たとえば、遺伝子組み換え食品やインフルエンザワクチンなどのメディアによる報道に顕著にこの問題が表れていると思います。 (回答日時:2017/02/04 10:14:56)

遠赤外線効果で食べ物が美味しくなる、或いは体があたたまると謳われた食器類を母が大量に購入してきました。
調理はまだしも器の種類で変わるというのはどんな仕組みなんでしょうか。
そもそも遠赤外線には世間で言われているような効果が本当にあるものですか?
考えるほど何か疑似科学のような気がして釈然としないので、どうか評定をいただきたいです。よろしくお願いします! (投稿者:りゅ,投稿日時:2017/01/28 20:15:50)

はい。
ありがとうございます。
物理現象としての「遠赤外線」では考えにくい効果ですね。 (回答日時:2017/02/04 09:58:20)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

      ※投稿された記事やコメントは運用管理者が承認した後、掲載されます。