ホーム » 安全性に関する言説 » 牛乳有害説

牛乳有害説

言説の一般的概念や通念の説明

語句説明

 本項では、牛乳有害説(牛乳有害論)について評定する。牛乳有害説とは、「牛乳は人の体に悪い」という基本的な考えのもと、牛乳が人の健康に与える影響(特に“害”)について論じている言説である(1)。
 牛乳についての基本的な知識として、以下に、まず牛乳の組成成分について記載する。

牛乳の組成(100g当たり)「日本食品標準成分表2010」による

エネルギー 67㎉        マグネシウム 10mg          
タンパク質 3.3g ナトリウム 41mg
脂質 3.8g カリウム 150mg
炭水化物 4.8g ビタミンA 39
カルシウム 110mg ビタミンC 1mg
リン 9mg コレステロール 12mg

 あらためて述べるほどのことでもないが、牛乳の成分において一番に注目されるのは、やはり「カルシウム」だろう。カルシウムはヒトを含む動物や植物の代表的なミネラル(必須元素)であり、骨を構成する主成分である(2)(3)。ミネラルは人体で生成することができないため、生命維持のためには食品から摂取する必要があり、カルシウムはその中でも最も多く体内に存在し、ヒトの体重の1~2%を占めている¹(3)。
 牛乳において強調されるのは、このカルシウムを効率よく取り入れることのできる食品だということであり、反対に牛乳有害説で唱えられているのは、カルシウムを摂取するのに牛乳は相応しい食品であるとは言えず、むしろ健康を悪化させるという主張である(1)(4)(5)(6)。
 しかし、牛乳有害説を厳密に明示化するのは難しく、たとえば、「牛乳を飲むと下痢をするため、消化吸収に優れず、かえって体調を悪化させる」といった弱い主張から、「牛乳を飲みすぎると骨粗鬆症になる(1)」といった強い言説まで様々である。
 そのため、本項では一般通念として用いられる「牛乳が(人体に)有害である」という説明を俯瞰しつつ、強い主張については新谷弘実氏による著書『病気にならない生き方』にて謳われているものを中心的な対象とする。これは、新谷氏の著書が社会的に与えた影響や、これが「牛乳有害説」が広く一般に知られることになった契機であるという指摘に基づいている(4)(5)(6)(7)(8)。なお、本項の記述は牛乳アレルギーの問題を否定するものではない。

1その内、99%は歯と骨に、残りの1%は血液や細胞外液などに存在している(2)。

効果の作用機序を説明する理論の観点

理論の論理性 (低)

 牛乳有害説の理論では、強い主張においても弱い主張においても消化吸収の問題が、その思想の根底にあるようである(1)(4)(5)(6)。そこで、ここでもまず牛乳の消化吸収における問題――具体的には乳糖不耐症(ラクターゼ欠乏症lactase deficiency)について検討していく。
 日本人を含むアジア系の人種² には、遺伝的に乳糖³を分解する酵素(ラクターゼ⁴)が少なかったり、活性していなかったりする人が多くおり(9)、こういった欠損が認められることを乳糖不耐症という(4)(9)(10)。乳糖とは、牛乳を含む「乳」の大部分を占める糖⁵であり、乳糖不耐症とはすなわち、この乳糖を上手に分解することができず、吸収不良を起こすことを指す。症状としては、牛乳などの「乳」を飲んだ後におこる下痢、腹痛、腹部膨満などが挙げられる(9)。
 この乳糖不耐症が、牛乳有害説を唱える根幹部分の考えとなっていることがうかがえる(1)(4)(5)。つまり、日本人の多くは乳糖を分解し吸収する能力が低いので、牛乳を飲んでも栄養素を取り込めず、しかも下痢などの症状をおこすため健康に悪影響を及ぼす、といった調子である。
 この論理はある程度筋が通っているようにも見えるものの、疑問点もある。
 もっとも強く指摘すべき点は、乳糖不耐症であるからといって、栄養素をまったく吸収できないわけではないということだ(2)(4)(5)(10)。たとえば、カルシウムは主に小腸上部の十二指腸や空腸で吸収されるのだが、乳糖不耐症は小腸で吸収されなかった乳糖が大腸に移行して起こるものである。つまり、作用している体の器官がそれぞれで違うため、栄養素が得られないという説明になっていないことがいえる。
 乳糖不耐症がカルシウムなどの栄養素の吸収を妨げているわけではなく、それらはむしろきちんと吸収されている(5)(10)。下痢=消化・吸収不良というイメージが直観的に想起されるが――確かにそういう意味もあるが――少なくとも牛乳の場合、有害説を唱えるほど強力な根拠とはならない。
 次に、主に新谷弘実氏の著書『病気にならない生き方』にて述べられている「牛乳を飲みすぎると骨粗鬆症になる(1)」といった理論についてであるが、これにはさらに懐疑的にならざるを得ない。以下に、その該当箇所を抜粋する(1)。

 人間の血中カルシウム濃度は、通常九~一〇ミリグラム(一〇〇㏄中)と一定しています。ところが、牛乳を飲むと、血中カルシウム濃度は急激に上昇するそうです。そのため一見すると、カルシウムがより多く吸収されたように思いがちですが、この「血中濃度の上昇」こそが、悲劇をもたらすのです。
 じつは急激にカルシウムの血中濃度が上がると、体は血中のカルシウム濃度をなんとか通常値に戻そうと恒常性コントロールが働き、血中余剰カルシウムを腎臓から尿に排出してしまうのです。つまり、カルシウムをとるために飲んだ牛乳のカルシウムは、かえって体内のカルシウム量を減らしてしまうという皮肉な結果を招くのです。  

新谷弘実『病気にならない生き方』p73

 新谷氏の理論には少なくとも二点、疑問点がある。
 一つ目は、なぜカルシウム量が“減るのか”、という点である。確かに、身体の恒常性という意味において、体に吸収されたもののうち、不要な部分は排出される。しかし、それは体内組織のバランスを保つためであり、カルシウム量が“減る”という意味にはならない。
 体内のカルシウムはホルモンやビタミンの働きによって交換され続けており、それによって濃度を一定に保っている(5)(10)。つまり、たとえ過剰にカルシウムを摂取したとしても(これ自体は褒められたことではないし、別の問題を生じさせるが)、恒常性を一定に保つために余剰部分が排出されるだけであり、“減る”わけではない。
 二つ目は、なぜ牛乳だけがダメなのか、という点である。新谷氏は、小魚や海藻類でカルシウムを補充することは奨励している(1)が、それは、牛乳だけがダメだという説明にはなっていない。仮に、上述の「恒常性コントロール」が働くのなら、小魚や海藻類についても同じ理論が適用されそうであるが、その点には応えていない。
 以上、「牛乳有害説」の論理性という意味において、全般的に合理的な説明はないといえる。

2遺伝的な乳糖不耐症は、農耕民族であるアジア系人種に多く、牧畜民族である北ヨーロッパ系人種に少ないことが示唆されているが、これには諸説がある(後で詳述する)(9)(10)。

3ちなみに、乳糖は英語でラクトースといい、「ラクト」はラテン語で「乳」を意味している。

4ヒトを除くほとんどの動物では、出産直後にはラクターゼが存在するものの、その後消失するが、ヒトでは多くの場合、ラクターゼの活性は生涯存在する(9)。

5一般に食品の糖質はデンプン、二糖類(ショ糖、乳糖)、グルコース(ブドウ糖)の形態で保有されている(9)。

理論の体系性 (低)

 牛乳有害説では多くの面において、既存の学術的知見と合致しない説明がある。乳糖不耐症については既に述べたが、ここでは特に、新谷弘実氏の言説に焦点を当て、その中でも「牛乳を飲みすぎると骨粗鬆症になる(1)」といった主張を中心的に取り上げる。これは、新谷氏の著書『病気にならない生き方』が、(少なくとも日本において)確認できる範囲では初めて「牛乳を多く飲むと骨粗鬆症になる」といった言説を展開しているためである(1)(4)(5)。
 骨粗鬆症とは、平易な言い方をすると「骨がもろくなり、骨折しやすくなる病気」である(9)(11)(12)(13)。骨の強さ(骨強度)は骨の量(骨密度)と骨の質(骨質)で決まり、骨粗鬆症とは、それらが悪くなった状態のことを指す。骨は通常、骨吸収と骨形成を繰り返している――つまり、古い骨を壊し新しい骨を作っているのだが、そのサイクルに支障をきたすと骨粗鬆症になる⁶(12)。
 骨粗鬆症の危険因子の一つとしてカルシウム摂取量の不十分性が、現在医学的に広く受け入れられている知見である(9)。一日の総カルシウム摂取量が400mg未満であると骨格に悪影響を及ぼすとされ、現在、(日本人の)成人においては一日に1000mg~1200mgの摂取が医学的に推奨されている(9)。そして、カルシウムを多く含む食品として牛乳、あるいは乳製品が代表例として示されている(9)。
 繰り返しになるが、この骨粗鬆症について、新谷氏は牛乳の多飲が発症に影響を与えているという説を展開している。この言説の背景には、アメリカ、スウェーデン、デンマーク、フィンランドなどの酪農がさかんで牛乳を大量に飲んでいる国では骨粗鬆症が多い、という説があり、また、新谷氏がその科学的根拠としているのは「Milk, Dietary Calcium, and Bone Fracture in Women」D. Feskanich et al American J. Public Health,Vol. 87, 991~997 (1997)と、WHOによる「カルシウム・パラドックス⁷」に関するレポートである(5)(7)(8)(14)。
 しかし、前者の論文は牛乳多飲によって骨粗鬆症の予防効果はなかったとしているだけのものであり、牛乳が発症に影響を及ぼすという因果関係を述べたものではなく、有害であるという言説を裏付けるものでもない。また、後者のWHOのレポートに関しては、そもそも牛乳の多飲について触れてすらいない(5)(8)(14)。
 以上のように、少なくとも牛乳多飲が骨粗鬆症発症に影響を与えるという言説は整合的とはいえない。

6女性ホルモンが骨の新陳代謝に関わっているとされるため、一般に、骨粗鬆症患者には女性が多い(9)(12)。

7カルシウム・パラドックスとは、カルシウムの摂取量が多い国では、かえって骨折が多いという現象のことである。ただし、カルシウム摂取量との因果関係はまだわかっておらず、WHOはこの原因解明の必要性について指摘している(5)。

理論の普遍性 (低)

 人間にとって牛乳が有害であるという言説が支持されるならば、非常に普遍性の高い理論であるといえる。しかし、現在のところ牛乳有害説は、言説の内部的(論理性)にも外部的(体系性)にも理論的に多くの矛盾がみられ、普遍性を装っていることが推察される。
 ただし、牛乳有害説が普遍性を装う背景には、「牛乳には栄養素が豊富にあるため、牛乳さえ飲んでいればよい」といった、牛乳が「完全食品⁸」であるとの、いわゆる牛乳神話という“誤信”が広く一般に受け入れられすぎているのではないか、という疑問を出発点としている面も(多少だが)見受けることができ(1)(5)(10)、この点に関しての言及は必要だろう。

8完全食品とは、端的に言うと、栄養をバランスよく豊富に含む食品のことである(7)(10)。

実証的効果を示すデータの観点

データの再現性 (低)

 直接的に牛乳が有害であるとの言説を支持する研究データは収集されていない。
 牛乳などの乳製品と骨粗鬆症に関する研究は多くあり、骨粗鬆症の予防に効果はない、といったデータも少数だが報告されている(7)。しかし、それは“牛乳が有害である”ことを裏付けるデータではなく、(牛乳有害説がそれを根拠とすることは)研究結果の誤用であることが見受けられる(5)(7)。
 また、多くの研究データから牛乳の飲用は骨の健康や骨粗鬆症の予防に役立つとの結果が得られており(2)(5)(7)(11)(15)、こうした意味からも、牛乳有害説のデータの再現性は低い。

データの客観性 (低)

 再現性の項目で述べたように牛乳有害説の根拠とされているデータは、統計データの取り違えや研究結果の読み間違えなどによる誤用であることが見受けられる(5)(7)。そのため、そもそも牛乳が有害であるという科学的根拠となっておらず、肯定派の示すデータの客観性には大いに疑問がもたれる。
 その中でも『病気にならない生き方』の著者、新谷弘実氏に対して牛乳乳製品健康科学会議が送った公開質問状、およびその回答(5)が顕著な例として挙げられる。
 たとえば、①ホモジナイズ⁹することにより、生乳に含まれていた乳脂肪は酸素と結びつき「過酸化脂肪」に変化する(1)、②牛乳に含まれるたんぱく質の約八割を占める「カゼイン」は、胃に入るとすぐに固まってしまい、消化がとても悪い、などの主張が新谷氏によって展開されており、それぞれ、①「Homogenization of milk and milk products」Milk Homogenization and Heart Disease,Mary G. Enig, PhD(大学の教科書的HPの一節)と②「Milk」(オレゴン州立大学の教科書だと思われる)がその根拠として提示されている(5)。
 しかし、①②にはともに新谷氏の主張を裏付ける記述はなく、統計データの誤用、もしくは恣意的な文脈の選択があることがうかがえる。
 以上のように、研究データそれ自体は信頼できるが、それを“使う”言説側に問題があることが見受けられ、そういう意味で客観性も低評価とする。

9ホモジナイズ牛乳とは、人の手によって成分が「均質化」された牛乳の事であり、ノンホモジナイズド牛乳とはその過程がないもののことを指す(2)(6)。両者は主に脂肪球の均一化という意味において特に意を異にする(2)(6)(10)。

データと理論の双方からの観点

データ収集の理論的妥当性 (低)

 データの再現性、データの客観性の項目で述べたように、牛乳有害説を示すデータは他の研究結果の誤用にあり、理論に合致したデータを収集しているとはいえない。
 牛乳消費量の多い国に骨折が多いという相関データが得られたとしても、それらの国が高緯度地域で日射量が少なく、骨形成に必要なビタミンDの生成量が少ない可能性や、それらの国に長身で脚の骨の長い人が多く、骨折頻度が高い可能性が指摘でき、有害説を主張する妥当性は低い。
 また、牛乳有害説では、研究論文や臨床データの中から「牛乳が有害である」という結論を導くために都合のよい部分のみを切り取り、あるいはそれを極端に誇張した形で発信することで、かろうじて成立しているとさえいえ、妥当性のある評価がされているとは言い難い¹⁰

10これと同様の指摘が前述の牛乳乳製品健康科学会議からされている(5)。

理論によるデータ予測性 (低)

 仮に牛乳が有害であるならば、本来ならば、どういうカテゴリーに属するどのような人が対象なのか、あるいはそのような人たちがどの程度の牛乳を飲用すると“害”となるのか、といった検証を行わなければならないのだが、実際には倫理的な問題¹¹が伴うため、それが困難であるという面があることは否めない。
 しかし、たとえば、ヒトのアレルギー症状の中でも最も強力なもののうちの一つである牛乳アレルギーについてはその発症機構はかなり細かく解明されており、症状への制御についても研究されている(2)(9)。また、牛乳に限らず、カルシウムの一度の摂取量の上限は600mgとされており¹² (9)、牛乳有害説のみが特別に検証不可能な理論ともいえない。
 牛乳有害説ではこのような研究を言説補強の論拠として引用いることがうかがえるが(5)、“牛乳が有害である”ことを直接示した研究はなく、データの予測もできない状況にある。

11当然のことだが、人体を傷つけることが“目的である”実験は、現代で奨励されることはない。

12これは、高用量ではカルシウム吸収率が低下するためである(9)。

社会的観点

社会での公共性 (低)

 現在、牛乳が有害であるという言説は、その根拠が不明瞭なまま一般に流布されていることが懸念される(4)(7)。特に、新谷氏の著書による影響は大きく、牛乳と科学に関する学術団体である牛乳乳製品科学会議による公開質問にまで至ったことは言及すべきだろう(5)。
 また、最近(2015年時点)ではTV番組にて芸能人が牛乳有害説を支持していると述べ、物議をかもしたことは記憶に新しい(16)(17)。
 このように、牛乳有害説は社会的に御しきられているとは言い難く、データよりも直感が先行して一般に認知されているとさえ見受けられる(4)(16)(17)。行政機関などの多くの団体が警告、提言を発信してはいるが、それよりも有害であるとの説の方が“感染力”が高く、公共性が保たれているとはいえないだろう。

議論の歴史性 (中)

 牛乳が有害であるという言説が、いつ、どこで生まれたのかを特定することは難しい(10)。新谷氏による有害説が最も認知度が高いとはいえるだろうが、それ以前にも、牛乳が人体に有害であるという言説が“存在”していたとの指摘もある(10)。
 こうした背景には、牛乳が「完全食品」であるという、いわゆる牛乳神話に対する不信を読み取ることができる(5)。この意味においての議論は(最低限)考慮には値するが、少なくとも現在の牛乳に関する学術団体は牛乳神話に否定的であり、「完全食品」であることを謳っているわけでもない(5)(8)(10)。そして、新谷弘実氏と牛乳乳製品健康科学会議との論争に見るように(5)、両者にはある種のディスコミュニケーションが生じているといえる。
 他にも、乳糖不耐症について文化人類学や進化心理学の文脈にて語るべき問題なのか、それとも生理学分野のみで説明可能な事象なのかについては現在も議論が続いており、統一した見解には至っていないなど(2)(9)、残された課題もある。ただし、そもそもこれも牛乳有害説における直接的な議論ではない。
 以上から、議論の歴史性は中と評するが、これは、牛乳有害説において建設的な議論が形成されてきたということを意味しているわけではない。

社会への応用性 (低)

 牛乳有害説の社会への応用性は低いと評価した。上述のとおり、有害説は論理性が乏しく、根拠として用いられているデータも客観性に欠けたものである。
 しかし、本言説が広まることにより、実際に害はないにもかかわらず牛乳を忌避する人が増える可能性がある。日本人においてはカルシウム摂取量の不足が指摘されており、良質なカルシウム源である牛乳を他の食品と併せて適量摂取することはむしろ望ましいことである(3)(8)(9)。
 乳糖不耐症や牛乳アレルギーのような特定の疾患は別として、牛乳そのものが人間にとって有害であるという言説に有用性を見出すことは(現在のところ)難しい。

編集協力:anonymous様

総評

疑似科学

 牛乳が有害であるという説に関して、合理的な説明を与えることもできなければ、それを示唆するデータもない。少なくとも骨粗鬆症における有害説の理論はほぼ完全に破綻しており、他の研究データの誤用などによって、なんとか体裁だけが支えられているという状態にあるといえる。換言すると、言説のつじつまをあわせるために研究データを引用しているのだ。
 また、公共性の項目でも述べたが、芸能人など社会的影響力のある個人をも巻き込みながらこうした言説が流布されていることが見受けられ(16)(17)、一般への“広まり方”も高いことがうかがえる。
 乳糖不耐症によって下痢症状などがあらわれ、牛乳を飲むことが不快であると感じている人は、個人としては多くいるだろうが、前述のように牛乳の栄養素はきちんと吸収されているため、牛乳⇒有害という構図は一般化されえないだろう。
 牛乳有害説が信奉される背景には、いわゆる「牛乳神話」への不信を読み取ることができる。この点においては、有害説にも一分の理があるように思えるが、だからといってそれが無条件に受け入れられるわけではない。
 電磁波などとは違い、仮に自身に被害がある場合でも牛乳有害説は「個人で対処が可能」な言説¹³であるため疑似科学であることをあえて強調したい。
 ただし、この総評はあくまで有害説を唱えるほどの強力な根拠とはなりえないというだけのものであり、乳糖不耐症の場合は牛乳以外からの該当栄養素摂取も可能であるため無理な牛乳摂取は薦めない。また、牛乳を含む乳製品の接種にはある種のリスクも報告されているため、適切な量を守って飲むことが望ましいだろう。たとえば、学校給食における児童の牛乳飲用に対する議論も別個必要であろうことも付しておく。

編集協力:cheapie様、mim様

13現代の文明社会において、電磁波を回避して生きていくことは実質的に不可能であるが、牛乳を避けることはできるだろう。

参考文献:

(1)『病気にならない生き方』新谷弘実
(2)『乳の科学』上野川修一/編
(3) http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail660.html 「カルシウム解説」健康食品の安全性・有効性情報 国立健康・栄養研究所
(4)『謎解き超科学』ASIOS
(5)http://www.zennyuren.or.jp/news/kaitou/kaitou.htm 「新谷弘実医師の回答書の内容等について牛乳乳製品健康科学会議の見解」牛乳乳製品健康科学会議(平成19年12月18日)
(6)『本物の牛乳は日本人に合う』小寺とき
(7)http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/4383/00017224/kouza2.pdf 「(牛乳)研究者からみたフードファディズム」仁木良哉
(8)https://www.rakuno.ac.jp/news/200608/news15.html 「ミルクと酪農の真実と未来」酪農学園大学連続公開シンポジウム「ミルクの科学~牛乳の正当な評価~」仁木良哉氏 北海道大学名誉教授
(9)『ハリソン内科学 第三版』黒川清・福井次矢/監修
(10)『牛乳読本 だれでもわかる牛乳の新知識』土屋文安
(11)http://www.jpof.or.jp/ 公益社団法人 骨粗鬆症財団
(12)http://www.eisai.jp/diseases-and-symptoms/osteoporosis/ 「骨粗鬆症ってどんな病気?」エーザイ株式会社
(13)https://www.takeda.co.jp/patients/osteoporosis/index.html 「骨粗しょう症ガイド」武田製薬株式会社
(14)「Milk, Dietary Calcium, and Bone Fracture in Women」D. Feskanich et al American J. Public Health,Vol. 87, 991~997 (1997)
(15)http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/07315724.2000.10718088 「Calcium, Dairy Products and Osteoporosis」 P. Heaney J. American College of Nutrition Vol.19, 83-99, 2000
(16)http://www.tv-asahi.co.jp/mininaru/backnumber/0118-2/ 「中居正広のミになる図書館」「知らなきゃ良かった!」第31弾[2015年7月7日放送]
(17)http://www.j-cast.com/2015/07/22240789.html 「松嶋尚美の「牛乳有害」発言に批判相次ぐ 専門家も「科学的根拠に基づかない」とばっさり」J-CASTニュース

・『グルコサミンはひざに効かない』山本啓一
・『牛乳・乳製品Q&A集』社団法人 日本乳業協会
・http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu3/houkoku/1298713.htm「日本食品標準成分表2010」文部科学省

情報提供、コメント、質問を歓迎します。

(最終更新日時2017年6月19日)

投稿

投稿&回答

訂正
Milk, dietary calcium, and bone fractures in women: a 12-year prospective studyの部分は
WHOレポートのカルシウム・パラドックスの間違いです。 (投稿者:mim,投稿日時:2017/06/16 13:04:52)

(回答日時:2017/06/19 11:12:05)

>「カルシウム」「乳糖」「(牛乳を含む)乳製品全般」という位置づけであり、これらの議論を牛乳の問題に特化して引用するのも問題に思います。

勘違いがあるようですが乳糖の論文を除いて、乳製品グループだけの言及ではなく、牛乳も単独に言及されています。

ハーバードの文献18
http://cancerres.aacrjournals.org/content/58/3/442.long
以上からPDFを確認できましたが、カルシウムにも、ほかの論文を参照して牛乳にも言及しています。

資料のJPHC乳製品では、上のような研究主張を追試したものだと思います。乳製品というグループの他、牛乳、チーズ、ヨーグルト、またおそらくカルシウムに換算して、それぞれについて、前立腺がんのリスクを高めるという結果を得ています。

なおも乳製品と位置づけるのであれば、乳製品の問題として扱う意義があるかもしれないとのことですが、客観的な記述となるので好ましいかと思います。

>これは牛乳に限らない問題で、(究極的には)どんなものでも過剰摂取は害になりうると思います。かといってそれを「牛乳の害」として扱うのはどうか、という上と同様の疑問が残ります。

暴飲のように過剰表現し疑問視されている根拠が不明確ですが、研究の対象は日常飲みうる範囲であり身体を壊すほどの暴飲ではないはずです。実態と離れた文章表現によってのみ却下するというのは、客観的ではないと思います。私が適切な表現を例えれば「砂糖の害が知られているので控えめに摂取しましょう」となります。

>別々のデータから相関関係を推し量っているようにみえ、牛乳の害の根拠として”弱い”と考えます。

そうですね。既に本文中でMilk, Dietary Calcium, and Bone Fracture in Womenの相関データを採用しその表現は適切かと思います。同様に扱われることが良いと思います。
(投稿者:mim,投稿日時:2017/06/16 12:10:15)

ご投稿ありがとうございます。
>「砂糖の害が知られているので控えめに摂取しましょう」
――要はこれを、「牛乳の害が知られているので控えめに摂取しましょう」と単純化できるかということになるかと思います。「牛乳有害説」としている本項目では(新谷氏などによる言説をも肯定しているという)誤解を与えかねないのでは、という印象を受けます。
そこで、たとえばご紹介いただいたJPHCのサイトにあるように、
>乳製品の摂取は控えた方がよいのか?
今回の研究では、乳製品をたくさん摂取すると前立腺がんのリスクが高くなりましたが、一方、乳製品の摂取が、骨粗鬆症、高血圧、大腸がんといった疾患に予防的であるという報告も多くあります。したがって、乳製品の摂取を控えた方がいいかについては、総合的な判断が必要であり、現時点では結論を出すことはできません。今後、乳製品の利益と不利益のバランスを明らかにするような研究が期待されます。
――こちらの総評内でも「牛乳を含む乳製品の接種にはある種のリスクも報告されているため、適切な量を守って飲むことが望ましい。」という記述を追記したいと考えますがいかがでしょうか。
[追記]
>暴飲のように過剰表現し疑問視されている根拠が不明確ですが、研究の対象は日常飲みうる範囲であり身体を壊すほどの暴飲ではないはずです。
――既出のハーバードの文献18では1日2000mgのカルシウム量とあり、これを「日常的」とするかは意見が分かれるところだと思われます。(※牛乳100gあたりのカルシウム量110mg)http://www.j-milk.jp/kenko/kenko/8d863s000000oxdq.html
ちなみに、http://www.ejim.ncgg.go.jp/pro/overseas/c03/01.html
のサイトでもカルシウムの許容摂取量についての情報があり、いわゆる牛乳神話のように「牛乳はとにかく健康によいのでがぶがぶ飲みましょう」という主張も有害説と同じように疑問です。
(回答日時:2017/06/19 11:10:08)

>牛乳有害説とは、「牛乳は人の体に悪い」という基本的な考えのもと、牛乳が人の健康に与える影響(特に“害”)について論じている言説である(1)。

以上のように定義されていますよね。新谷氏の文献1にそう書いてあるのではなくて、例として挙げているのでしょう。文献1だけを検証したのでは、「牛乳が人の健康に与える影響(特に“害”)について論じている言説」の全てではなく、新谷氏の説を検証しただけです。般化されすぎています。

私の意見として、下痢やアレルギーは健康への害と言えます。

文献1は2005年の一般書で、「牛乳有害説」としては、これより前の2001年にハーバード大学教授の『Eat, Drink, and Be Halty』が出版されており、提示したハーバードの栄養情報と主張は同じです。

こちらの挙げた証拠が証拠として扱われていないのではという疑問は解消され、ここの筆者の方に検討して頂いており、主観的に却下されたことで証拠とは言えないと評定されています。
証拠となりうるものだということを理解しました。

ハーバードの文献15は、12のコホート研究から、牛乳など乳製品との関連は見られなかったが、乳糖の高量の摂取が卵巣がんのリスクを高めるということですね。これは食品との関係ではなく、量によって害となるリスクが高まる性質が予想されます。文献18の返答に続きます。

文献16は、その通りで、牛乳の製法を原因とした、一般的な現代の牛乳中の女性ホルモンの影響への言及ですね。相関の研究ですね。
「さらなる研究が必要ともありますが」として、評定サイトの筆者が言わんとする具体的な言及がはしょられています。「さらなる研究が必要」は様々な論文に頻繁に書かれている文言なので、ことさら注目する理由が分かりません。何らかの秘匿された理由により、証拠として扱うことはまったくできないということでしょうか。

文献18は、アブストラクトに食品からのカルシウムによる前立腺がんのリスク増加が確認されたとありますね。ハーバードの本文では牛乳と前立腺がんの関係の出典となっています。ですので、論文本文にそうした言及が予想されます。
これについては、日本でも結果が出ています。
・http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/317.html (資料:JPHC乳製品とします)

>カルシウムの過剰摂取についての見解であり、牛乳の害というよりは乳製品全般を論じているようでして

以上のようにありますが、
資料のJPHC乳製品では、乳製品として、また牛乳として、またカルシウムとして、「健康に与える影響特に害について論じた」ものです。
ハーバードやJPHC乳製品では、食品成分を独立した因子として扱っています。食品の健康の研究ではこうした認識の仕方の慣行があり、ハーバードも同様の論文なのではと思います。
その上で、ハーバードは牛乳の害の懸念のため無理に飲む必要がないとしています。
牛乳の害として扱わない評定サイトの筆者の方のスタンスが明示されておらず分かりませんが、
少なくとも牛乳を含む乳製品の害の証拠があるとの理解に至ったのでしたら、認められる証拠があることに言及してはいかがかと思います。 (投稿者:mim,投稿日時:2017/06/15 03:12:30)

>新谷氏の説を検証しただけです。般化されすぎています
――なるほど。ご指摘はわかります。そこで、ハーバードなどの根拠を引っ張っておられるというということでしょうか?
しかし、ご自身でも書かれているように文献15、文献18の「乳糖の接種量」や「カルシウムの接種量」を「牛乳の害」の問題として特化して扱うのも難しいのではないでしょうか。元記事内でも「カルシウム」「乳糖」「(牛乳を含む)乳製品全般」という位置づけであり、これらの議論を牛乳の問題に特化して引用するのも問題に思います。また、文献16は大変ユニークな研究ですが、元論文では別々のデータから相関関係を推し量っているようにみえ、牛乳の害の根拠として”弱い”と考えます。
(※本項「牛乳有害説」について、牛乳に限らず広く乳製品全般の問題として扱うということを検討する意義はあると思いますし、そうしたご指摘は理解できます。ただその場合、「牛乳有害説」というネーミングは変更したほうがよいでしょうが)
>下痢やアレルギーは健康への害と言えます
――わかります。本項でもこうした問題を軽視している記述はないように思います。ただ、「牛乳アレルギーの人は牛乳を飲むのを控えよう」はごく穏当な意見ですが、一方で(たとえば新谷氏の説のように)社会的な問題となっているのはこうした意味ではないですよね。
>JPHC乳製品では、乳製品として、また牛乳として、またカルシウムとして、「健康に与える影響特に害について論じた」
>ハーバードは牛乳の害の懸念のため無理に飲む必要がないとしています
>量によって害となるリスクが高まる性質
――これは牛乳に限らない問題で、(究極的には)どんなものでも過剰摂取は害になりうると思います。かといってそれを「牛乳の害」として扱うのはどうか、という上と同様の疑問が残ります。
【追記】ご提示いただいたハーバード大学の元記事と、そこで引用されている文献16を見直しましたが、文献16では「食生活」と「ガン」との相関関係を推し量っているデータは提示されていましたが、「牛乳の製法」や「ホルモン関連のがん」に関する具体的なデータはAbstractからはわかりませんでした。というよりも、論文のタイトルや文中で言及されている「エストロゲン」に関するデータがAbstractでは提示されていないため、ハーバードの元記事の引用の仕方にもやや問題があるようにも思われます。 (回答日時:2017/06/15 12:25:04)

>牛乳が有害であるとの根拠をお示しください
以上の文章に何か特有の意味が込められていましたらそれを明確にして頂けたらと思います。

下痢については本記事中で無理して飲むことないとされていますが、乳糖不耐症による下痢というのは害にカウントされてはいないのでしょうか。
アレルギーについては何か例外があるようですが、
主なアレルゲンであり、またおそらく証拠をあげましたがアトピー性皮膚炎のリスクを高めます。

ハーバード大学の栄養情報のサイトを提示していますし、
その受け売りですが。
受け売りというか、研究結果に依拠した客観的なソースであり、ハーバード大学医学部に権威付けられています。
・男女においてある種のがんのリスクを高める。
・健康に良くない脂肪の飽和脂肪酸に富む。
(乳脂肪は食品では肉などより遥かに多く、7割近くが飽和脂肪酸で構成されていますから)
・そうしたリスクがありながら、牛乳を飲んでも骨折率は減らない。
こうしたリスクがありますから、他のカルシウム源がありますよということです。

これらの根拠はそちらの定義する牛乳有害説には当てはまっていないということでしょうか。 (投稿者:mim,投稿日時:2017/06/14 16:17:34)

>乳糖不耐症による下痢というのは害にカウントされてはいないのでしょうか
>アレルギーについては何か例外があるようですが
――アレルギー体質の人にアレルギー物質がよくないのはいわば”当たり前”のことでして、本項でも「アレルギー体質であろうと牛乳は飲むべきだ」との見解は示していないと考えますがいかがでしょうか。
また、
>ハーバード大学の栄養情報のサイトを提示していますし、
――とある、当該サイトの内容についてですが、サイト内では文献15(Genkinger JM, Hunter DJ, Spiegelman D, et al. Dairy products and ovarian cancer: a pooled analysis of 12 cohort studies. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2006; 15:364–72.)を引用しつつラクトース(乳製品一般)の高接種群女性における卵巣がんのリスクについて言及していますが、その研究内では関連性はなかったとしています(記事内の直後の文でも書かれていますが)。
次に、文献16( Ganmaa D, Sato A. The possible role of female sex hormones in milk from pregnant cows in the development of breast, ovarian, and corpus uteri cancers. Med Hypotheses. 2005; 65:1028–37.)を引用し、現代の牛乳のホルモン組成とホルモン関連のがんに対するリスクについて言及しています。リンク先からは元論文のAbstractしか読めないのですが、これは牛乳の製法の違い(100年前?)を問題にしているのでしょうか。ちょっとよくわからないのでお教えいただきたいのですが、Abstractによると、この研究ではがんのデータ(1993-97 from Cancer Incidence in Five Continents) と、食習慣のデータ (1961-97 from FAOSTAT) in 40 countries.という別々のデータを比較したということなのでしょうか。ただ、直後の文にてさらなる研究が必要ともありますが。
また、文献18(Giovannucci E, Rimm EB, Wolk A, et al. Calcium and fructose intake in relation to risk of prostate cancer. Cancer Res. 1998; 58:442–447.)を引用しつつ、牛乳を日に2杯以上飲む群の前立腺がん発症のリスクについて述べていますが、少なくとも元論文のAbstractをみる限り、「牛乳の害」というよりは「カルシウムの過剰摂取」を問題視しているようにも読めます。
きちんと読み取れているか不安ですが、この見解をもってmimさんのおっしゃるような牛乳は有害だとする「証拠」にはならないと考えますがいかがでしょう。
また、リンク先の主題はカルシウムの過剰摂取についての見解であり、牛乳の害というよりは乳製品全般を論じているようでして、ご指摘の内容とは若干意味がズレているとも思われます。
(回答日時:2017/06/14 23:14:48)

新谷氏のカルシウムパラドックスと乳糖不耐症の説を「牛乳有害論」だと般化させており、
「牛乳有害説の社会への応用性は低い」としています。

牛乳は『食物アレルギー診療の手引き2011』において
医療受診した食物アレルギーの第2位20.9%が牛乳が原因となっており、
害のある一般的な食物なのではないでしょうか。牛乳のカゼインがアレルゲンともなります。
牛乳タンパク質は18つの研究でアトピー性皮膚炎の発症リスクに関わっているようです。 PMID 20416019

こうしたアレルゲンとしての牛乳の指摘が必要となるのは、牛乳有害説が他にあるからですね。
筆者は新谷氏の説を、有害説などと般化させすぎて
論理が飛躍しているのではと言えます。正確な表現、網羅的な調査ではないということです。誤解を与えているということです。

骨粗鬆症財団理事長の監修の『骨粗鬆症にならない体質』には
「乳製品は骨によいのか悪いのか」という1節があり
牛乳からカルシウムを摂取することには議論の余地があると記されており、
アジア系の90%が持つといわれる乳糖不耐症、
カゼインによる皮膚炎、乳糖による卵巣がんのリスク上昇、乳牛への抗生物質の多用、
動物性タンパク質であり骨が弱る可能性があるなどの懸念があるということです。

ハーバード大学の栄養情報のサイト
https://www.hsph.harvard.edu/nutritionsource/calcium-full-story
ここでは、骨折のリスクが減る証拠もなく
卵巣がんや前立腺がんのリスクのために乳製品の摂取を避けるの懸命かもしれないと書かれています。もちろん牛乳の恩恵も書かれていますが。
「牛乳有害説の社会への応用性は低いと評価した」という結論は、調査範囲が狭いにも関わらず飛躍しているのではと言えます。

「直接的に牛乳が有害であるとの言説を支持する研究データは収集されていない」というのは、
人類知にとって収集されていないのではなくて、
ここの筆者が収集していないということでしょう。
主語が分かりにくくなっています。 (投稿者:mim,投稿日時:2017/06/14 10:33:34)

ご投稿ありがとうございます。
>新谷氏のカルシウムパラドックスと乳糖不耐症の説を「牛乳有害論」だと般化させており、
――そうでしょうか。本文にもありますが、新谷氏は「牛乳を飲みすぎると骨粗しょう症になる」(『病気にならない生き方』70ページ)と牛乳”に”害があるという因果関係を支持しています。カルシウムパラドクスや乳糖不耐症による消化・吸収の話の域を超えて「有害説を展開している」と判断するのが妥当なのではないでしょうか。
>牛乳は『食物アレルギー診療の手引き2011』において[…]
>こうしたアレルゲンとしての牛乳の指摘が必要[…]
――アレルギーについての記述は個別の評定項目に記してありますが、語句説明にも記載したほうがよさそうですね。
>牛乳有害説の社会への応用性は低いと評価した」という結論は、調査範囲が狭いにも関わらず飛躍しているのでは[…]
――逆に、牛乳有害説を社会的に肯定するメリットには何がありますか。「牛乳は素晴らしいから絶対に飲みなさい」と述べているわけではないのですが。
>ここの筆者が収集していないということでしょう。
主語が分かりにくくなっています。
――牛乳が「有害である」という根拠をお示しください。 (回答日時:2017/06/14 13:09:32)

http://kakutaclinic.life.coocan.jp/Milk-EST.htm

こちらの記事のような牛乳に含まれる女性ホルモンについて
たくさんネットに書かれています。
こちらも是非検証をお願いしたいと思います。

書かれている方がいらっしゃいますが、「乳がんと牛乳」
読みました、科学者である著者自らが乳がんと戦い、
乳がんの犯人は牛乳とつきとめ、見事に転移性の乳がんを
克服していますし、その後乳製品を除く栄養指導で多くの
乳がん患者をすくっています、大変納得できる内容でした。

私の親友が二人、若くして今年乳がんで亡くなりました、
牛乳と女性ホルモンの関係性が明らかにならないならば
乳製品はわざわざとることはないと思います。
命がけで飲む必要はまったくないと思います。
ヨーグルトで乳酸菌をとらなくても他にいくらでも
とるすべはありますし。 (投稿者:4児の母,投稿日時:2017/05/22 14:34:33)

ご投稿ありがとうございます。
記載されたサイト情報の多くはアレルギーに関する記述なので、”牛乳それ自体に害がある”ということとはまた別問題だと考えます。
ご心配されていることは、「牛乳に含まれる女性ホルモンによる影響(特に乳がん)」だと思いますが、これまでのところ、はっきりとした因果関係を示すような研究はありません。
ただし、「牛乳を飲む習慣」と「疾患」に対する統計的な議論はいくつかありまして、下記URLが参考になるかと思います。
http://www.epi-c.jp/entry/lecture_006.html

>命がけで飲む必要はまったくないと思います。
おっしゃる通りですね。健康効果を期待できるどんな食品でも、「摂りすぎ」はむしろ”害”になりうることを広く認識すべきと思います。 (回答日時:2017/05/26 14:10:40)

下の方でもコメントした酪農家です。
元作業員 さんは生乳の生産・流通の仕組みをよく理解していないようです。

>お産を迎える(迎えた?)牛には産後の病気予防のため、抗生物質の投与が認められているらしいのです。

乾乳軟膏の事かな?
乾乳軟膏はお産予定日の二ヶ月前に入れます。
で、そこからお産まで絞らない。
入れる理由は産後の乳房炎予防のためなどですね。

>そして、数日経たぬうちにその経産牛は搾乳・出荷が再開されるので、抗生物質入りの牛乳がスーパーやコンビニに並ぶというわけです。

なんでそうなるのかわからない(呆れ)
飛躍し過ぎでしょ(^^;
搾乳はお産後すぐ再開されますが、出荷はもちろん停止です。
バケットミルカーで搾るなりの方法で、5日ほどは搾り捨てです。
正常牛の牛乳を貯めておくバルククーラーには一滴も入りません。
5日ほど、と書きましたが、「5日くらい経ったからクーラーに入れていいべ!」といった目見当で出荷再開するわけではありません。
必ずその牛の生乳サンプルを取って提出します。
その結果、◯(異常なし)との通知を受けてから初めて出荷再開できるのです。
そこで×の結果が出ることもままありますし、その場合は当然出荷できません。次の日またサンプルを提出します。
下のコメントで病気や乳房炎の際の抗生物質検査について書きましたが、お産に関わる抗生物質についても同じです。
乾乳軟膏だろうが抗生物質注射だろうが、それが私たちの口に入る事はあり得ないのです。

じゃあ、そのサンプルを提出しないでバルクに入れていたら?と思うかも知れませんが、それもあり得ません。
我々が生産する生乳はタンクローリーによって数件合同で集荷されます。
当然牛乳は混ざりますが、しかし、ローリーが各農家のバルククーラーから牛乳を取り出す際、必ずサンプルを取るのです。一件ごとに。
酪農家自身が取るのではなく、運転手さんが専用の器具を使って取ります。
その後ローリーから工場へ受け入れる際にもう一度検査するので、そこで抗生物質が見つかれば誰が入れたのかは特定されてしまいます。
そしてローリーの牛乳まるまる廃棄となります。
その場合、抗生物質を混ぜてしまった農家がローリー1台ぶんの賠償を支払います。
なので、そんなリスキーな事をしてまでたかが知れた量の生乳(抗生物質入り)を入れようと思う馬鹿な農家はいません。
この抗生物質検査は0か100かみたいな検査なので、例えばたくさん搾って薄めようとしてもしっかり引っかかります(^^;



その責任者とかいう人が何を意図してそんな事を仰っているのかわかりませんが、
人づてに聞いた話だから話半分と言われても、誤った情報をネットに書いて流布されるのは生産者としては困ります。 (投稿者:長,投稿日時:2017/01/11 22:03:12)

長様
ありがとうございます。
説得力ある綿密な説明に思います。情報提供に感謝いたします。
デマ情報が流布されることに対する考えには全く同意で、個人的に、日本の科学コミュニケーションが抱えている大きな課題といえるとも思います。どうしても、「科学者(専門家)」VS「一般」という構図を(研究者ですら)見出しがちなのですが、より建設的な方向に向けての対話が必要と考えます。
その意味で、生産者という立場からの本サイトへのご助言、情報提供に、重ねて感謝いたします。 (回答日時:2017/01/11 23:00:58)

うろ覚えなので話半分でお願いします。
国内で指折りの牛乳生産量を誇るところのとある責任者から世間話の際に聴いたのが、抗生物質の入った市販の牛乳は飲まないようにしているというのです。

どういうことかというと、お産を迎える(迎えた?)牛には産後の病気予防のため、抗生物質の投与が認められているらしいのです。
そして、数日経たぬうちにその経産牛は搾乳・出荷が再開されるので、抗生物質入りの牛乳がスーパーやコンビニに並ぶというわけです。

このことから市販の牛乳には抗生物質が一切入っていないのではなく、検査対象からは外された種類または量の抗生物質以外は入っていないということです。
以上、別視点からの牛乳有害説でした。 (投稿者:元作業員,投稿日時:2017/01/02 10:34:40)

ご投稿ありがとうございます。
真偽が不明なので、何とも言えないですね。
流通の原理としてちょっと考えにくいのですが……。
この件に関しては、下にあります「長」様のコメント内容が参考になるかと思いますし、同意します。 (回答日時:2017/01/10 10:03:54)

酪農家です。
下のトントンという方が貼っていた記事について、この場を借りて一言言わせていただきたい。

リンク先の記事を拝見させてもらいました。
酪農の現場を全く知らない人間が勝手な事書いてるなあ、というのが感想です。
特に言っておきたいのは、抗生物質の件。

エサに大量に混ぜる抗生物質。。。
聞いたことがない。名前があるなら教えて欲しい。

まず、乳房炎や外傷が発生したら、軟膏等の抗生物質を使って治療します。
投与中はもちろん、残留中の牛乳も肉も出荷停止。
出荷停止期間(残留期間)は臨床的に確立されたものであり、獣医師より酪農家に都度通知されます。
検査は酪農家からローリーで出荷される時と、工場での受け入れ時に行っています。特に抗生物質のチェックは厳しく、異常のないものだけが製品化されています。
つまり、抗生物質が混ざった牛乳が消費者の口に届くことは有り得ないです。
酪農家も百万円単位で罰金取られる事をわざわざしませんから。笑



社会への公共性の項目で、生産者への傍迷惑という点も考慮して欲しいものです。。
私はたまたまこのサイトにたどり着いたのでこのデマに反論できましたが、所詮まだごく一部でしょうし。
SNSではかなり拡散されてますよね。


それと、下の方で投稿に対しての貴サイトのコメントがいつの間にか消えている現象がいくつか見られました。
返信も含めて見たかったのですけどね。。 (投稿者:長,投稿日時:2016/12/22 14:53:02)

ご投稿ありがとうございます。
そして、本当に貴重な情報感謝いたします。

酪農家の方というプロ目線で見ると、当該サイトの情報の「デタラメ」さが際立ちますね。
下のほうのコメントにも書きましたが、私も「抗生物質が牛乳に残留している」という話は聞いたことがないですし、流通の原理的に考えて、この話にはかなりの疑いをもっております。
牛乳有害説について、少なくとも、こうした「デマ」が「科学」として流布されるのは問題と思いますね。
また、たとえば学校給食で牛乳を「飲まされる」ということが問題なのであれば、変えなければならないのは「社会の認識」の方であり、これを「科学の責任」とするのには、少し無理があるとも考えます。まぁ、現在の学校給食の牛乳制度は、戦後すぐの栄養状態が危機的であった日本の子供たちに対し、GHQの政策としてもたらされたという、歴史的な経緯があり、これは前時代的とは思いますが。

※「コメントが消えている」とのことでしたが、ページ下部に1、2、3と小さく数字が振ってあり、そこから、前のコメントにさかのぼれるようになっております。

公共性の項目についてのご指摘も再考いたします。
貴重な知見のご提供、ありがとうございました。
(回答日時:2016/12/22 17:03:17)

下の方、北海道が牛乳の消費量が多いと仰っているがまったくのガセ情報で笑えます。
生産量は断トツの1位ですが、消費量は47都道府県中ずっと下位に位置している。
まぁ、だいたい疑似科学を信奉する人はこういう根拠に乏しいデタラメな連中だというのがよくわかりました。 (投稿者:長谷川,投稿日時:2016/12/20 22:21:26)

(回答日時:2016/12/21 10:52:37)

1 2 3 4 5 6 7

      ※投稿された記事やコメントは運用管理者が承認した後、掲載されます。