ホーム » 不思議現象 » 幽霊

幽霊

言説の一般的概念や通念の説明

語句説明 

 人間の魂が死後も存続し、浮遊して生者の世界と関わったときに、幽霊と見なされる。幽霊の目撃、霊能者による霊視、交霊会における霊界通信、心霊写真、生まれ変わりの報告事例、個人的な体脱体験や臨死体験などによって、幽霊の存在が主張される傾向がある。

効果の作用機序を説明する理論の観点

理論の論理性 (低)

 幽霊あるいは霊魂と称するものがどのような性質をもつかが仮説として確定していない。生者の意識が死後も存続するという構図には、生者の意識が薬剤の影響を受けて変化すること、死に瀕して意識が支離滅裂になることなどを考えると、死後に生前と同様の意識を持つという構図は論理的な不整合がある。また、壁を抜ける幽霊が壁を叩いて音を出しているなどの、基本的な論理矛盾が多数ひそんでいる。

理論の体系性 (低)

 宙を浮遊する幽霊は、物理法則に反していることから、物理学との整合性が低い。一方で、魂に重さがあるなどの説もあり、幽霊の素材が物質なのかそうでないのか、物理学との関係性が不明瞭なまま放置されている。
 また、心理学との関連においても、不整合がみられる。「我々の意識が多くの下部構造からなり、それらが身体機能と関係している」という心理学や脳科学の成果が、「身体には唯一無二の魂が宿り、それが身体の死後も維持される」という幽霊仮説と接続しない。

理論の普遍性 (低)

 幽霊に関するとされる現象の説明が場当たり的であり、全体を広く説明できていない。霊能者の能力や生まれ変わり現象は、超心理学の仮説でも説明ができ、幽霊を持ち出すまでもないという指摘もある。

実証的効果を示すデータの観点

データの再現性 (中)

 体脱体験や臨死体験はたびたび報告されており、ある程度の再現性はある。しかし、脳などに生理的な条件がそろったときに体験される現象として説明できる傾向が見られており、再現性がむしろ幽霊仮説の反証になる方向にある。生まれ変わりの報告事例については、イアン・スティーブンソンらが克明な調査をしており、ある程度の再現性が見られている。

データの客観性 (低)

 霊能者による霊視や交霊会における霊界通信は、限定された薄暗い状況で報告されており、客観性を見出すのが難しい。臨死体験や体脱体験は、特殊な状況にある人々の内的体験であるため、客観的データとは言えない。

データと理論の双方からの観点

データ収集の理論的妥当性 (低)

 交霊会での特異現象や心霊写真には、奇術トリックを使ったパフォーマンスや捏造が多く、データとしての妥当性が低い。幽霊の目撃報告についても、幻覚などの他の要因が疑われる。

理論によるデータ予測性 (低)

 霊能者による霊界の説明が重視される面があるが、たとえ複数の霊能者が同様の内容の霊視をしたとしても科学的な検証には使えない。霊界の説明によって、この生者の世界における何らかの経験の将来予測ができないと科学的実績にはならない。だから、霊界がどんな所であるかは、科学的には検証不能になっている。

社会的観点

社会での公共性 (中)

 ロンドンで1882年に心霊研究協会(Society for Psychical Research)が設立されて学術的な研究がスタートした。この協会によって学術論文誌も発刊され、幽霊研究はこの論文誌を中心にして研究発表がなされていた。しかし、1930年代以降、幽霊研究は超心理学研究にとって代わられるようになる。現在の心霊研究協会は、名称はそのままで活動しているが、活動内容はほとんど超心理学研究になっている。アメリカでも、米国心霊研究協会が設立されたが、活動は停止している。日本でも心霊科学協会が設立されたが、科学としての研究はあまりなされていない。その点では、公共的な研究の枠組みが過去にはあったと言える。

議論の歴史性 (低)

 幽霊研究は1930年代以降、超心理学研究にとって代わられるようになる。現在の心霊研究協会は、名称はそのままで活動しているが、活動内容はほとんど超心理学研究になっている。アメリカでも、米国心霊研究協会が設立されたが、活動は停止している。日本でも心霊科学協会が設立されたが、科学としての研究はあまりなされていない。この事実をもって、科学的な議論が成立しない研究対象であると評定された歴史を見出せる。

社会への応用性 (中)

 死後の世界が、多くの宗教思想に取り入れられ、個人の不安を取り除いたり、社会の安定を促したりする効果を形成するのに、一役かっている。その点では、役に立っていると言えなくもない。しかし一方で、霊感商法やカルト宗教に利用される向きもあり、問題も指摘できる。

総評

疑似科学

 幽霊研究は、かつて学術的なアプローチがとられていたが、その後行き詰った。いまだ信頼できる肯定的データはあまりないので、理論構築につなげるのが難しい。霊魂や霊界の描写については、ほとんど実証不能の物語になっている。現象だけを取り上げると、幽霊を持ち出さなくとも、捏造や誤認識、幻覚の類で説明可能である。本当に奇妙なものについても、超心理的現象として捉えることができる。たとえば、こっくりさんによって誰も知らないことが判明したとしても、幽霊から教わったのではなく、参加者が透視をしたとして説明可能である。現時点では、幽霊は宗教思想にもとづく存在であり、科学的に取り組まれているものではないと、評定される。

参考文献:

『「超常現象」を本気で科学する』 石川幹人
『超心理学~封印された超常現象の科学』 石川幹人
『生まれ変わりの刻印』 イアン・スティーブンソン

情報提供、コメント、質問を歓迎します。

(最終更新日時2015年8月17日)

投稿

投稿&回答

金太郎さんがサイトが宗教に偏見を持っているのではないかと指摘なされていますが
このサイトは偏見を持っているのではなく宗教と科学の線引きがあまりできていないのかと思います。
宗教といってもそれは科学の次元内のものではなく超自然的なもので科学が取り扱うものではないからです。そして宗教における幽霊の定義はこのサイトに取り扱ってるものと似ても似つきませんし
まぁ確かにこのサイトは少しばかり科学主義的なところがありそれがコミュニケーションという対話を阻害させるのではないか?ともおもわないわけではありません。
参考までにカールセーガンの著書から関連したところを載せます。
私はこれまで宗教指導者たちと神学的な議論をしてきたが、そのなかでしばしば尋ねたことがある。それは、もしも中核となる教義が科学によって反証されたとしたらどうするか、ということだ。この質問を現在の第十四世ダライ・ラマに投げかけたとき、彼はためらうことなく、保守的な宗派や根本主義の指導者が誰も言わなかったようなことを言った。ダライ・ラマは「そうなれば、チベット仏教は変わらなければならないでしょう」と言ったのだ。「生まれ変わりのような(どの例にしようかと迷ったが)、真に中核となる教義でもですか?」と私は尋ねた。
「そうです」と、ダライ・ラマ。
「しかし」と、彼は目をキラリとさせながらつけ加えた。「生まれ変わりを反証するのはむずかしいでしょうね」
ダライ・ラマの言う通りである。つまり、反証しようのない宗教上の教義に関しては、科学の進歩を懸念する必要はないのだ。「宇宙の創造者」という、多くの信仰に共通する大いなる概念はそんな教義の一つだろう。これは、正しいと証明することも、まちがっているとして捨て去るのもむずかしい概念である。(P281) (投稿者:aaaa,投稿日時:2016/03/13 09:17:12)

(回答日時:2016/03/14 11:36:58)

宗教への偏見が、このサイトの特徴ではないでしょうか?

宗教を選ぶと、宗教的な対立が避けられないとありますが、意見の対立はどの分野でもありえますから、問題となる対立とは、他人に害を与えるまでに至る対立だと思われます。(特に、自然科学でない学問分野では、意見の対立する状況が正常な状態です、独裁者がいないという意味で)

フレンド派(クエーカー)や、ガンジーの非暴力主義などを見れば、宗教のすべてが、他人に害を与えるまでに至るとは、かならずしもいえない意味で、「歴史的に明白」ではありません(明白との表現は過度の一般化と思われます)。また、宗教的な対立で、社会的に問題となるものは、法的な自由主義を、それぞれの宗教が取り入れることによって可能です。つまり、自然科学の分野ではなくて、社会科学の分野と整合性をもたすことによって、社会的に有害な攻撃性・排他性は、とりのぞくことが可能です。
(投稿者:金太郎,投稿日時:2016/01/03 17:52:44)

(回答日時:2016/01/13 17:18:34)

日本では稲垣勝巳さんのラタラジューの事例の退行催眠で『応答型真性異言』という学んだことのないネパール語をしかも会話できたという懐疑派の虚偽記憶説でも説明できない実験の成果があります。

実験の動画もあります。
https://www.youtube.com/watch?v=E-VsBfgJH5A&index=2&list=PLiSAMaS04nxZWE3xyb7Rv4xEXH7Aeo7Ch

また脳が意識を作る唯物論にについてもまだ証明はされてなく仮説の段階であり量子脳理論みたいな魂を量子論で研究されている学者もいますがどう思いますか?

臨死体験についても脳神経外科のエベンアレグザンダー医師や木内鶴彦さんの事例は説明できないと思います。

他にも臨死体験は患者だけでなくの周囲にいる健康な人も共有したり互いに連絡し合っていない複数の人々が、内容の合致する出来事を目撃した「臨死共有体験」というものがあったり、普通の臨死体験でも聴覚からのイメーシでは知り得ない離れた場所からの情報を見て現実の出来事の一致の幽体離脱」があります。

臨死体験を脳内現象と言う人はは離脱体験で「見た」出来事が、詳細に“実際の出来事と一致するという事実”について全く説明していません
(投稿者:猫,投稿日時:2015/12/29 14:53:56)

ご投稿ありがとうございます。
ご指摘の件ですが、たとえば「臨死体験」という事象それ自体の研究と、それが魂によるものだという研究は別ものとして考察する必要があるかと思います。
いわゆる心霊現象については、霊魂仮説だけではなくESP仮説や脳内現象でも説明可能となってしまい、現状、”霊魂仮説を採用する積極的な理由がない”というのが実態かと考えます。
科学とする場合の霊魂仮説の弱点は、「死後の世界」というものを想定せざるを得ないということです。その場合、「死後の世界」と「現実の世界」の説明責任は肯定側におかれるのですが、その理論構築が十分でない印象を受けます。 (回答日時:2016/01/13 17:14:23)

私は人魂(友人の父が亡くなられたとき、その家の上を人魂が漂ってゆくのを目撃)、火の玉(神社の境内にいたとき、参拝道の脇を直径25cm位の火球(プラズマ?)が本殿の方向に転がって行くのを目撃)、かまいたち(私の頬が数cm自然に切れたことを体験)を経験しましたので、これらを信じていますが、幽霊は見たことがなく、実在しているとは思っていません。  京 (投稿者:京,投稿日時:2015/10/08 23:49:45)

京 様
ご投稿ありがとうございます。
(回答日時:2015/10/13 21:10:45)

世の中には、何も言わなくとも思っていることを的確に読んで当ててしまう霊能者がいます。全ての霊能者がそうというわけでのありませんが、私は本物の心を読み取る人に出会い驚きました。
その方は、アポなし飛び込みの初対面でいきなり会うなり、お互いに一言も話す前に、私の目の前で「ちょっと待ってください」といって目を瞑り念じながら「仕事はどうですか?嫁さんは?」と言ってきました。その時、私は心の中で「仕事と結婚のことで相談したい」と心の中で思っていましたので凄くビックリしました。
こういったことも科学ではありえないということになるのでしょうか? (投稿者:katu,投稿日時:2015/09/27 09:09:25)

katu様
ご投稿ありがとうございます。
ご指摘の件に関してですが、たとえば「ホットリーディング」や「コールドリーディング」といったテクニックが考えられます。「霊能力者」といわれている方の多くはそうした”技術”に優れておりまして、また、それが真贋の見極めを困難にしている要因でもあります。
「科学ではありえない」ということにはなりませんが、現状、大部分は演出であるといってよいでしょう。少なくとも過去の研究においては、多くは否定的な結論となっています。
ただ、現在でもそうしたことを専門的に研究している研究者が(少数ですが)おりますので、100年後には真逆の見解になっているかもしれません。 (回答日時:2015/09/27 13:56:20)

あの様な失礼な質問をしてしまったこと、とても申し訳なく思っています。
ですのであの質問やこれに対する受け答えは載せなくても良いです。
ですがあの質問の中で私が出した要望だけは反映していただくとありがたいです。 (投稿者:aaaa,投稿日時:2015/09/21 08:46:53)

多くのご指摘ありがとうございます。
そして、対応が遅くなり大変申し訳ございませんでした。
サイトに載せなくてもよい、とのことでしたので、コメントを反映するか非常に迷ったのですが、aaaa様のようなご意見やご指摘があることを、まず発信するために掲載させていただくことにいたしました。
不都合があればおっしゃってください。ただちに対応いたします。
また、ご指摘の点についてですが、確かに「幽霊」とひとくくりに論じるのは乱暴だとの意見はほかにもあり、新設項目として「生まれ変わり」「幽体離脱」などを検討中です。が、なかなか手が回らないのも実情でして、その辺りはご容赦願えればと思います。
そして貴重なご指摘でしたので、まずは反映させていただく、ということにいたしました。ありがとうございます。 (回答日時:2016/01/09 22:57:40)

まとめると、経験にもとづく説明をよしとすると、それを行う方法は科学しか(今のところ)なく、よしとしないと宗教などがあるが、その道を選ぶと・・・宗教的な対立は避けられず、社会にも成果の応用が効かないことが、歴史的に明白と思えます。

これを見て思ったのですがなぜ幽霊に関して科学一択の説明か宗教一択の説明しか認めないのでしょうか?
確かに科学はすべての人々が認めることのできるような法則、説明を客観的かつ理性的な探求によって得るものですがそれがすべてなのでしょうか?
科学をすべてとしてあらゆる哲学や宗教の説明を科学的ではない対立を生み出す危険分子として否定するということはあまりに酷なことに思えます。
私自身科学を信じながらあらゆる哲学・宗教を同時に信じることは可能だと思います。
それにどんなに頑張ったところ誰しも科学的ではない先験的な事実を人知れず信じているものです。 (投稿者:aaaa,投稿日時:2015/09/19 13:58:20)

(回答日時:2016/01/09 22:52:07)

そして本サイトでは「幽霊」を「科学としてみた場合には現状、いると言えない(つまり疑似科学)である」と評定しているだけでありまして、宗教のように「科学とはまったく別の主張」とすれば、「いる」と言ってもよいわけです。

との回答をいただきましたが、幽霊が科学としてみた場合いないから本当にいないと何故断言できるのでしょうか?
確かに幽霊の証拠がそもそも少なく理論の論理性がないことからこれが科学ですらない疑似科学であることは明確ですが、疑似科学であるものを何故いないと断言できるのでしょうか?
これが本当に疑似科学であるとするならばいる、いないなどの確かな回答は科学では得られないということになり
幽霊がいるかいないかそもそもそのような回答が科学では無意味とするべきではないでしょうか?
そして臨死体験について書かせていただきましたが
臨死体験が科学では説明されない必要があるなんて書いてはいません。
私自身説明はされえると思っています。
そしてまた一つ言いたいのですが臨死体験や体外離脱は幽霊と何の関係があるのでしょうか?
幽霊が見えるとか見えないとかという領域と臨死体験や体外離脱などの領域に私は何の関係も見出せません。
そちらは幽霊ではなく霊魂が科学的に論じれるかどうかを語っているのでしょうか?
それならば幽霊というタイトルを霊魂に変えるべきだと思います。
あるいは本当に世間一般の認知している幽霊のことならば体外離脱や臨死体験の記述を削除すれば良いと思います。
(投稿者:aaaa,投稿日時:2015/09/19 13:45:29)

(回答日時:2016/01/09 22:51:59)

追記失礼しますが、私が言ったのは幽霊を科学の次元で
論じることはおかしいのでその存在・不存在もまた
科学によって決めつけることもまたおかしいということです(科学領域内において認知不可とするならばいいのですが)。 (投稿者:aaaa,投稿日時:2015/09/11 16:53:41)

(回答日時:2015/09/16 21:22:30)

現代科学でも説明のつかない臨死体験はどうお考えですか。
あと
生者の意識が死後も存続するという構図には、生者の意識が薬剤の影響を受けて変化すること、死に瀕して意識が支離滅裂になることなどを考えると、死後に生前と同様の意識を持つという構図は論理的な不整合がある。
この推論は科学的なものなのでしょうか?
唯物論的なバイアスがかかっているように思うのですがどうなのでしょう?
確かに霊魂などを科学的に研究することには反対ですが
逆に科学はそれがいるいないを答えることもできないと思うのですがどうなのでしょう? (投稿者:aaaa,投稿日時:2015/09/11 16:44:51)

aaaa様
ご投稿ありがとうございます。また、返答が遅れてしまい申し訳ありません。ご指摘の件に関しまして、回答いたします。
まず前提といたしまして、トップページにもあるように本研究は「科学コミュニケーション」に立脚した研究を目指していることをご報告させてください。
そして本サイトでは「幽霊」を「科学としてみた場合には現状、いると言えない(つまり疑似科学)である」と評定しているだけでありまして、宗教のように「科学とはまったく別の主張」とすれば、「いる」と言ってもよいわけです。
「臨死体験は科学的に説明できない」(じつは科学で説明できるのに)とのご指摘には、科学を「意識」しており、科学で説明できない必要があるとのお考えがあるように思います。
ですが、本サイトは結局、幽霊による説明と現代科学による説明の、どちらが経験にもとづいて筋が通っているか、を評定していることになるわけです。
まとめると、経験にもとづく説明をよしとすると、それを行う方法は科学しか(今のところ)なく、よしとしないと宗教などがあるが、その道を選ぶと・・・宗教的な対立は避けられず、社会にも成果の応用が効かないことが、歴史的に明白と思えます。 (回答日時:2015/09/16 21:22:25)

1 2 3 4

      ※投稿された記事やコメントは運用管理者が承認した後、掲載されます。

超心理学講座
超心理学の関連研究に関する詳細な解説あり。
心霊研究協会
イギリスの幽霊研究の学術団体。現在は超心理学研究にシフトしている。
日本心霊科学協会
日本における幽霊研究の団体