ホーム » 不思議現象 » UFO現象への様々なアプローチ

UFO

言説の一般的概念や通念の説明

語句説明

 UFOとは本来、未確認飛行物体(Unidentified Flying Object)のことで、空中に浮遊する正体不明の物体を示す。その本来の意味では、数多くの報告があり、未確認の飛行物体がげんに存在していると考えられる。しかし、本項目では、UFOを「異星人の乗り物」という通俗的な解釈で取り扱う。つまり、現在の人類よりも高度な文明をもつ生物がどこか他の星に生息しており、UFOに乗って地球に飛来しているという言説の正当性を評価する。

効果の作用機序を説明する理論の観点

理論の論理性 (中)

 宇宙のどこかに人類以上の文明をもっている生物がいるという仮説は、妥当なものと言える。しかし、宇宙の時空間的広さを考えると、その生物が今ここの我々の地球に来ることができるかといえば、物理学的に言って、はなはだ疑問である。

理論の体系性 (低)

 異星人が地球に来ているとした場合、これまでの伝統的な物理学では受け入れられない「ワープ航法」などのSF的移動方法が必要となり、現在の物理学とは整合的でない。「人類以上の文明をもつ異星人は我々が想像もつかない技術をもっている」という前提が、理論を吟味する視点を見失わせ、疑似科学をもたらしやすくしていることに注意すべきである。

理論の普遍性 (低)

 UFO=異星人の乗り物という説は、たとえば、UFOが日本より欧米で多く目撃される傾向をうまく説明できず、理論の普遍性が低い。その点、「幽霊に遭遇したという主張が宗教的に容認されにくい文化圏でUFOとして目撃される」という説は注目に値する。金縛りが日本では地縛霊の仕業で正当化されるが、欧米では異星人にUFO内で身体検査を受けたとなりがちなのだ。
 また、UFOに伴って「異星人を取り締まる黒服の男たち(メン・イン・ブラック)」が目撃される事例が多いが、これこそ、社会から逸脱した想像が、社会に合わせるように動いた結果としての象徴の現れと解釈できる。黒服の男たちの登場など、日本社会ではまったく意味がわからない現象だろうが、文化の影響が色濃くうかがえるわけだ。

実証的効果を示すデータの観点

データの再現性 (低)

 UFOの目撃が散発的であるため、継続して観察して真偽を確かめるという手順が行えない。これまで得られているデータの再現性は低いと言わざるを得ない。

データの客観性 (低)

 UFOの主張は、機影の目撃や写真撮影、異星人との遭遇体験からUFOに乗りこんだ体験までさまざまある。これらは個人的な体験がほとんどであり、観察データとしては客観性が低い。誤った記憶や、捏造された写真にもとづく主張もある中、客観性の高いデータを探すのは困難である。

データと理論の双方からの観点

データ収集の理論的妥当性 (低)

 UFOの目撃や遭遇体験はごく少数の人に起きているので、それをもって異星人の存在とするには無理がある。物的証拠が収集されてない現状では、幻覚起因説によってそれらの体験を説明するほうが妥当と考えられる。つまり、ある特殊な精神状況に陥った人々がUFO体験をしているならば、UFOは幻覚だったという仮説に分がありそうだ。

理論によるデータ予測性 (低)

 UFO=異星人の乗り物という説は、いつどこにUFOが現れても、それは異星人の意思として片づけられてしまうので、予測性に欠けている。むしろ、幻覚起因説のほうに将来の目撃報告に関する予測性がありそうだ。目撃者の性格や精神状態の統計的な傾向性が今後説明されるかもしれない。

社会的観点

社会での公共性 (高)

 現在、「異星人の乗り物」が地球に飛来しているとすれば、軍と民間の航空管制網により観測にかかると思われる。かりにその管制網をくぐり抜ける高度な技術をもっている宇宙人ならば、人類とオープンにコンタクトしてこないのが不思議とも言える。
 もし異星人が存在してUFOに乗って地球に飛来しているのならば、現代社会ではそれを確証できる態勢が整っているという意味で、公共性は高いと評価する。

議論の歴史性 (低)

 天体観測の技術を利用し、宇宙のどこかに知的文明が存在するどうかを探すSETIプロジェクト(Search for Extra-Terrestrial Intelligence)も進行しているが、現在のところ異星人存在の痕跡は見つかっていない。検討を重ねた歴史を通して、今のところ異星人は地球に来てはいないと見られる。

社会への応用性 (低)

 UFO=異星人の乗り物という説は、社会に役立つ道程が見えない。しかし、幻覚起因説ならば体験者の精神状態を分析して、問題を緩和する手がかりとして使えるだろう。

総評

疑似科学

 異星人がUFOに乗って来訪しているということに科学的根拠があるとする見方は、疑似科学である。しかし、UFO体験を科学的に分析することで心理学的に有効活用する、別の道はありそうだ。

参考文献:

『「超常現象」を本気で科学する』 石川幹人

情報提供、コメント、質問を歓迎します。

(最終更新日時2015年8月17日)

投稿

投稿&回答

多くの目撃情報は星、人工衛星、プラズマなどの自然現象、飛行機や鳥の見間違いのようです。宇宙人の乗り物というのも話が飛躍しすぎているでしょう。ただし、夜の雲の下を飛行機よりもはるかに速く音もなく飛んでいく赤っぽい丸い二つの物体、夜の住宅地の上をハンググライダーのようで何も動力もなく音もなく飛んでいるものを見てしまい、UFO自体は何かありそうだと思います。こういうことを言うとあんまり信じてもらえないのですけど。 (投稿者:かっぱ,投稿日時:2018/06/09 14:53:39)

いえいえ。そんなことないですよ。
ご投稿ありがとうございます。 (回答日時:2018/06/09 19:31:29)

ホーキング博士には本気王(ホーキング)の印象があります。
「エイリアン上陸…人類を大虐殺に」 ホーキング博士の警告に科学者騒然!
http://www.sankei.com/premium/news/151011/prm1510110010-n1.html

宇宙人という単語には“人”という文字が入っています。
ですから、宇宙人とは、
人と同程度の文明を有する生物という意味だと思います。
だとすると、宇宙人が存在することは間違いありません。
地球と言う惑星には宇宙人が生息しています。
地球人と自称するの宇宙人。
広い宇宙空間に、地球人以外の宇宙人は生息して
いないのでしょうか?
「いない」という断定には無理があるように思えます。
むしろ、「いる」可能性の方が高いように感じています。
もしもいるとして、
その宇宙人は地球人を同等の宇宙人だと認めるだろうか?という疑問が沸きます。
私たちの宇宙人の定義が地球文明と同程度の文明を有するというものだとすると、遭遇?相手の宇宙人も、同じように彼らと同程度の文明を有する存在を宇宙人と認識するかもしれないからです。
もしも地球文明が、彼らの文明を大きく下回っていた場合は、地球人は宇宙人だとは認められないかも知れません。その場合、かって先進国が未開の地アフリカの住民を奴隷にしたり、アメリカの先住民を虐殺したような歴史が、地球規模で再現されるようなことも有り得ないことではないの知れないと思いました。SFコミックみたいですが(笑)

参議院では、これまで2回ほどUFO関連の質問が(防衛大臣)ありましたが、衆議院では初めてだと思います。
政府としてはこれ以外の答弁は有り得ないでしょう。
「綿密な検討を重ねています」などと答弁したら、
物笑いの種になりますから。

政府:UFOへの対応、答弁書を閣議決定 - 毎日新聞
政府は27日の閣議で、未確認飛行物体(UFO)について「地球外から我が国に飛来した場合の対応について
特段の検討を行っていない」とする答弁書を決定した。
https://mainichi.jp/articles/20180227/k00/00e/010/249000c

人工的な信号である可能性は低いように思えますが…。
94光年のかなたに高度な文明? 「非常に強い信号」を観測 https://www.cnn.co.jp/fringe/35088255.html @cnn_co_jpさんから

夢物語のようなUFOの存在の有無よりも、
UFOの呼称も、調査も、研究も米軍主導という現実の方が興味深いですね。
米軍機が遭遇した未確認飛行物体、新たな映像公開
https://www.cnn.co.jp/fringe/35116071.html @cnn_co_jpさんから

謎の飛行物体「この目で見た」、元米軍パイロットが証言
https://www.cnn.co.jp/fringe/35112306.html @cnn_co_jpさんから

米国防総省のUFO研究、地球外生命の証拠「確信」と元責任者
https://www.cnn.co.jp/fringe/35112181.html @cnn_co_jpさんから
(投稿者:ジュウレンジャー,投稿日時:2018/03/21 22:53:11)

情報提供感謝いたします。 (回答日時:2018/04/04 16:20:45)

知的生命はおそらく宇宙にある何兆もの惑星に、数々の障害(ペルム紀などにあった、またこれからも何度もある惑星自体の災害や恒星の爆発など宇宙の災害)を乗り越えて存在するでしょうけど、ここに書いてあるように、光の速さを超える乗り物の存在があり得なかったら無理ですね。また光の速さ以上で物理的に直進できたとしても数々の浮遊物に激突する可能性が飛躍的に高くなるのではないでしょうか?ワープという技術が現実には無いとすれば地球に知的生命が来るのは不可能ですね。 (投稿者:nifty尚,投稿日時:2018/03/16 19:57:10)

ご投稿ありがとうございます。 (回答日時:2018/03/20 16:11:46)

UFOというネーミングの名付け親は、日清製粉ではなく、
米空軍のUFO研究チームのリーダーのようです。
――――――――――――――――――――――――――
「UFO」の名付け親は、エドワード・ラッペルト大尉という米空軍の将校で、「プロジェクト・ブルーブック」として知られる、もっとも大規模なUFO研究の取り組みで初代の責任者を務めた人物。 米空軍によるUFO研究は1947年にスタートし、その後20年以上にわたって続けられ、研究チームのもとには、合わせて1万2618件の目撃情報が寄せられた。 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180102-00010003-esquire-life (投稿者:ジュウレンジャー,投稿日時:2018/02/25 12:27:35)

ご投稿ありがとうございます。
なるほど。勉強になります。
(回答日時:2018/03/07 22:45:11)

日本の防衛省に相当する省庁が、
UFO現象の調査を行っていたとは驚きです。

もっとも、
「予算の拠出に値する、もっと優先度の高い問題がほかにある」との判断で(笑)調査は2012年に打ち切りになっています。
UFO現象も謎ですが、UFO問題に真面目に?取り組むUSA現象も、それ以上に謎めいていると思いました。
**************************************************
2017.12.18 Mon posted at 11:38 JST(CNN)
米国防総省が極秘のUFO研究プロジェクトを立ち上げ、
兵士らが空中で遭遇した未確認現象について調査していたことが明らかになった。
https://www.cnn.co.jp/fringe/35112093.html

2017.12.19 Tue posted at 14:25 JST(CNN)
米国防総省で極秘のUFO研究プロジェクトの責任者を務めていた元高官が18日、CNNのインタビューに応じ、https://www.cnn.co.jp/fringe/35112181.html

2017年12月18日(月)15時00分
国防総省が調査したUFOの一つは、オーラを放ちながら回転し、高速で飛んでいた。海軍機F/A-18スーパーホーネットが捉えた映像 http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/12/ufo.php

太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ2017年12月14日(木)19時20分
スティーブン・ホーキング博士率いるブレークスルー・リッスンは11日、米ウェスト・バージニア州にあるグリーンバンク望遠鏡を使い、このナゾの物体から電波信号が発せられていないかを探る意向を明らかにした。
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/12/post-9120.php

(投稿者:ジュウレンジャー,投稿日時:2017/12/28 22:33:18)

ご投稿ありがとうございます。
有益な情報提供に思います。ありがとうございます。 (回答日時:2018/01/05 12:30:27)

1 2 3 4

      ※投稿された記事やコメントは運用管理者が承認した後、掲載されます。