ホーム » 不思議現象 » UFO現象への様々なアプローチ

UFO

言説の一般的概念や通念の説明

語句説明

 UFOとは本来、未確認飛行物体(Unidentified Flying Object)のことで、空中に浮遊する正体不明の物体を示す。その本来の意味では、数多くの報告があり、未確認の飛行物体がげんに存在していると考えられる。しかし、本項目では、UFOを「異星人の乗り物」という通俗的な解釈で取り扱う。つまり、現在の人類よりも高度な文明をもつ生物がどこか他の星に生息しており、UFOに乗って地球に飛来しているという言説の正当性を評価する。

効果の作用機序を説明する理論の観点

理論の論理性 (中)

 宇宙のどこかに人類以上の文明をもっている生物がいるという仮説は、妥当なものと言える。しかし、宇宙の時空間的広さを考えると、その生物が今ここの我々の地球に来ることができるかといえば、物理学的に言って、はなはだ疑問である。

理論の体系性 (低)

 異星人が地球に来ているとした場合、これまでの伝統的な物理学では受け入れられない「ワープ航法」などのSF的移動方法が必要となり、現在の物理学とは整合的でない。「人類以上の文明をもつ異星人は我々が想像もつかない技術をもっている」という前提が、理論を吟味する視点を見失わせ、疑似科学をもたらしやすくしていることに注意すべきである。

理論の普遍性 (低)

 UFO=異星人の乗り物という説は、たとえば、UFOが日本より欧米で多く目撃される傾向をうまく説明できず、理論の普遍性が低い。その点、「幽霊に遭遇したという主張が宗教的に容認されにくい文化圏でUFOとして目撃される」という説は注目に値する。金縛りが日本では地縛霊の仕業で正当化されるが、欧米では異星人にUFO内で身体検査を受けたとなりがちなのだ。
 また、UFOに伴って「異星人を取り締まる黒服の男たち(メン・イン・ブラック)」が目撃される事例が多いが、これこそ、社会から逸脱した想像が、社会に合わせるように動いた結果としての象徴の現れと解釈できる。黒服の男たちの登場など、日本社会ではまったく意味がわからない現象だろうが、文化の影響が色濃くうかがえるわけだ。

実証的効果を示すデータの観点

データの再現性 (低)

 UFOの目撃が散発的であるため、継続して観察して真偽を確かめるという手順が行えない。これまで得られているデータの再現性は低いと言わざるを得ない。

データの客観性 (低)

 UFOの主張は、機影の目撃や写真撮影、異星人との遭遇体験からUFOに乗りこんだ体験までさまざまある。これらは個人的な体験がほとんどであり、観察データとしては客観性が低い。誤った記憶や、捏造された写真にもとづく主張もある中、客観性の高いデータを探すのは困難である。

データと理論の双方からの観点

データ収集の理論的妥当性 (低)

 UFOの目撃や遭遇体験はごく少数の人に起きているので、それをもって異星人の存在とするには無理がある。物的証拠が収集されてない現状では、幻覚起因説によってそれらの体験を説明するほうが妥当と考えられる。つまり、ある特殊な精神状況に陥った人々がUFO体験をしているならば、UFOは幻覚だったという仮説に分がありそうだ。

理論によるデータ予測性 (低)

 UFO=異星人の乗り物という説は、いつどこにUFOが現れても、それは異星人の意思として片づけられてしまうので、予測性に欠けている。むしろ、幻覚起因説のほうに将来の目撃報告に関する予測性がありそうだ。目撃者の性格や精神状態の統計的な傾向性が今後説明されるかもしれない。

社会的観点

社会での公共性 (高)

 現在、「異星人の乗り物」が地球に飛来しているとすれば、軍と民間の航空管制網により観測にかかると思われる。かりにその管制網をくぐり抜ける高度な技術をもっている宇宙人ならば、人類とオープンにコンタクトしてこないのが不思議とも言える。
 もし異星人が存在してUFOに乗って地球に飛来しているのならば、現代社会ではそれを確証できる態勢が整っているという意味で、公共性は高いと評価する。

議論の歴史性 (低)

 天体観測の技術を利用し、宇宙のどこかに知的文明が存在するどうかを探すSETIプロジェクト(Search for Extra-Terrestrial Intelligence)も進行しているが、現在のところ異星人存在の痕跡は見つかっていない。検討を重ねた歴史を通して、今のところ異星人は地球に来てはいないと見られる。

社会への応用性 (低)

 UFO=異星人の乗り物という説は、社会に役立つ道程が見えない。しかし、幻覚起因説ならば体験者の精神状態を分析して、問題を緩和する手がかりとして使えるだろう。

総評

疑似科学

 異星人がUFOに乗って来訪しているということに科学的根拠があるとする見方は、疑似科学である。しかし、UFO体験を科学的に分析することで心理学的に有効活用する、別の道はありそうだ。

参考文献:

『「超常現象」を本気で科学する』 石川幹人

情報提供、コメント、質問を歓迎します。

(最終更新日時2015年8月17日)

投稿

投稿&回答

科学といえども、地球に住んでる人間が現在の知能で解き明かしたものに過ぎず、自分達の文明では不可能な理論も、宇宙人の高度な文明の存在を否定するだけの根拠もないですね。ですからUFOを、未確認なものを今の地球人の科学ごときで解明しようとするのはおこがましいと言えます。地球人が居るのだから、宇宙人も当然居るでしょうし、時間や空間を凌駕する事も、地球人の常識を遥かに覆し得るでしょう。
人類が進化に進化を重ね、あの様な頭でっかちな姿の宇宙人になら可能性も否定できないです。 (投稿者:えくとぷらずむぷらずま)

UFOについては、異星人仮説、ということを想定しております。
また「UFO現象」そのものではなく、それを見る行為においてはまた別に評定項目を追加させる必要があるかもしれませんね。

アメリカ等の軍が開発した実験機、または秘密任務機という説も見たことありますが、科学の論理で偽科学ということはできますか (投稿者:いるか)

いるか様
本研究におけるUFO評定は「宇宙人の乗り物」という通俗的な意味をその定義として用いています。
そのため、ご質問のアメリカ軍、または他の人為的要因についてのUFO説については本研究では評定対象外としておりますので肯定も否定もできません。悪しからずご了承ください。

古代に宇宙人が来ていたとするのも疑似科学ですか? (投稿者:swc15)

そうです。異星人が古代に来ていたという科学的証拠もありません。いっけん、知識の足りない昔には不釣り合いな遺跡や遺物が見つかることがありますが、古代の人類であっても、今の我々と同様に賢かったと見る方が妥当です。

1 2 3

      ※投稿された記事やコメントは運用管理者が承認した後、掲載されます。