ホーム » 生活環境改善 » ゲルマニウム

ゲルマニウム

言説の一般的概念や通念の説明

語句説明

 本項目では、ゲルマニウムの経口摂取による人体の健康促進と、ゲルマニウムブレスレットなど外用製品による健康有効性の言説について言及する。本項では全編にわたって浅井一彦氏を起源としたアサイゲルマニウムに関連する言説を中心に扱い、データ面での評定は特にこれについての言及である。
 当然ながら、トランジスタなどに用いられている、原子番号32である半導体としてのゲルマニウムの電気物性的有効性については本項目の評価対象ではない。

効果の作用機序を説明する理論の観点

理論の論理性 (低)

 浅井氏らによるゲルマニウム言説では、「有機ゲルマニウムが体内の酸素循環の活性化に寄与し、それによって生命活動が活発になり万病を癒す」という理論がある。しかし、ゲルマニウムを摂取することによって体内の酸素循環が活性化されるという研究報告はなく、独自に構築された推論に過ぎない。他にも万病予防、治療となるとの主張がみられるが、物語的意味の比重が大きい(たとえば、漢医学で癌などの重病に効くとされるサルノコシカケや朝鮮人参の成分にゲルマニウムが多量に存在する、といったことなどから言説が構築されている)(1)。
 また、経口摂取により体内のインターフェロンが活性化され、人体の免疫力が高まるといった主張もみられる(8)(9)が、その理論も「ルルドの泉」などを根拠としており、伝説や物語からの転用に過ぎない(1)(2)(3)。確かに、ゲルマニウム製品の中で唯一医薬品認定を受けているプロパゲルマニウム(B型慢性肝炎治療薬)にはこのインターフェロンを誘発する作用があるが、インターフェロンが肝炎ウイルスに一定の抵抗力があることはわかっているものの、それが万病に効くという証左はない(4)。
 そういうわけで、少なくとも経口摂取によるゲルマニウムの万病有効性については、論理の著しい飛躍がある。
 ゲルマニウムブレスレットなどの外用ゲルマニウム製品についても同様の評価ができる。製品によって「マイナスイオン」健康効果があるといったものや、発汗作用による「デトックス」排出効果、ゲルマニウムを身につけることによる「有害電磁波」の遮断といったように特定の論理を構築しているものではない(5)。このような言説を論理性の根拠として用いても、外用ゲルマニウム製品の論理の補強には全く寄与しない。
 以上から、経口摂取、外用品ともにゲルマニウム製品の論理性は低いと評価する。

理論の体系性 (低)

 プロパゲルマニウムを含めた経口摂取によるゲルマニウム健康説で用いられている用語(1)(2)(3)(8)(9)――酸素循環やサイトカイン(インターフェロン)という概念自体は完全に誤りとまでは言えない。つまり、プロパゲルマニウムを盾に「有機ゲルマニウムは免疫系に作用する」という効果だけならば文脈上一応読み取ることも可能ではある。しかし、多くのゲルマニウム言説ではそれ以上の万能性を謳っており(2)(3)、そうした万能性を担保するための合理的な説明がゲルマニウム言説側からされている様子はない。
 これは外用品の効果の説明においても同様で、言説の根拠として「マイナスイオン」「デトックス」「電磁波有害説」といった現代の学術的知見と整合的でない概念が用いられている。

理論の普遍性 (低)

 仮に、ゲルマニウム言説を広い意味で受け入れたとしても、たとえばプロパゲルマニウムは慢性B型肝炎における治療薬であり、原則他の病気に用いることはない。よって特定疾患における有効性という意味で普遍性は低いといえる(※補足すると、慢性B型肝炎という病気は臨床現場でも稀なものに位置しており、少なくとも医学教科書レベルでは一般的な病気として認識されていない。また、現在ではB型肝炎について一生抗体の残るワクチンが開発されており、プロパゲルマニウム治療薬を臨床現場で用いること自体、稀有な状況といえる)。
 万能効果を主張するゲルマニウム言説では、主張している立場からすると広く普遍的だとしているが、しかしそれを裏付ける再現性、客観性を伴ったデータは報告されていないため、普遍性を論じる以前の問題といえる。
 外用ゲルマニウム製品についても同様で、有効性を特定しておらず広く普遍的だとしているが、それを裏付ける研究は行われていない。健康効果については個人の感想、愛用者の評価でしか提示されておらず、実証的な説明が与えられてはいない。

実証的効果を示すデータの観点

データの再現性 (低)

 浅井氏を起源とするゲルマニウム言説では、酸素循環を促進させることで人体機能が活性化し、あらゆる病的症状が改善すると主張している(1)。しかしこの言説を検証しようとしても、現代の実証研究の方法論ではとらえきれず、それに替わる研究方法も確立できない。つまり、反証不可能な万能理論と化していることが見受けられる。また、酸素循環の活性化のみでは説明のつかない疾患に対しても有効性があるとの主張も見られるが、その再現性には疑問がもたれる。
 他に、ゲルマニウムブレスレットをはじめ、外用品としてもゲルマニウムの健康有効性が主張されているが、その効果についても量的データなどによって再現性は示されていない。
 効果とされるものの根拠は愛用者の感想など逸話的な積み重ねに終始しており、それらも質的データとして厳密に研究されたものではなく、これでは単なる“物語”としてでしか評価できない。データの再現性は低い。

データの客観性 (低)

 プロパゲルマニウムについては、第三者機関などによる対照実験、また効果対象の特定化がなされている認可医薬品なので、客観性は高いと評定できるが、疑似科学として問題となっているものに該当しないので、除外して考察する。
 少なくとも、アサイゲルマニウムが源にあるゲルマニウム言説では、客観性の高いデータが集められているとは言えない。
 効果を支えているデータが「愛用者の感想」や簡易的なアンケートであるため、肯定側の主張を消費者に流し込みやすい構図となっている。
 以上より、客観性は低いと評価する。

データと理論の双方からの観点

データ収集の理論的妥当性 (低)

 慢性B型肝炎治療薬としてのプロパゲルマニウムについては、医薬品の認可を受けているものの特定疾患に向けた限定的使用にとどまるので、以下の評価からは除外して考える。
 アサイゲルマニウムを起源としたゲルマニウム言説では、理論、データの両面において疑問がもたれる上、そうした疑問や批判を回避できる研究がおこなわれているとはいえない。

理論によるデータ予測性 (低)

 妥当性の項目と同様に、慢性B型肝炎治療薬としてのプロパゲルマニウムについては、医薬品の認可を受けているものの特定疾患に向けた限定的使用にとどまるので、以下の評価からは除外して考える。
 現代の科学的研究手法は特定物質の“万能性”ということを前提としていないため、万能性が言説の中心にあるものでは、データを予測できる研究を行うことはできない。強調するならば、このような万能性という言説自体が科学的研究対象からは逸脱してしまっているとさえ言える。

社会的観点

社会での公共性 (低)

 ゲルマニウム健康有効性の源泉として最も代表的なものに「浅井ゲルマニウム研究所」(6)が挙げられ、一般に流布されているゲルマニウム製品の多くが科学的根拠としてこの団体による研究を参照している。
 しかし、「浅井ゲルマニウム研究所」のゲルマニウム健康有効性研究は極めて限定的かつ閉鎖的環境で行われており、公共性を伴っているとは言えない。

議論の歴史性 (低)

 アサイゲルマニウムが源にあるゲルマニウム言説は、浅井一彦氏ほぼ一人によって構築されたものである上、氏から提示された理論について広く議論された様子はない。特に言説内部における批判的な議論や研究は一切ないといってよく、言説の信奉者によってのみ議論が積み上げられてきたことが見受けられる。

社会への応用性 (低)

 ゲルマニウム健康言説は、日本においてすでに一定の社会的な位置を確保している。「ゲルマニウム温泉」、「ゲルマニウムブレスレット」、「ゲルマニウムサプリメント」、「ゲルマニウム水」といった製品も社会に流通しており、一般的な認知も高いといえる(5)。
 しかし、実態としては、「ゲルマニウム」という記号の“科学的側面”を印象上の解釈で用いられていると見受けられる(7)。
 これらのことから、社会への応用性は低いと評価できる。

総評

疑似科学

 本項で特に問題としているのは、アサイゲルマニウムを起源とする言説についてである。この言説における人への健康効果では、浅井一彦氏という個人の逸話的な歴史や経験をなぞり、提示された理論に従った形での後追い研究が行われているのみだといえる。
 他にも、外用ゲルマニウム製品は「マイナスイオン」や「デトックス」など別の疑似科学的言説の一般認知と強く相関しており、「マイナスイオン」を人体に浴びるのは健康に良いことで、それを効率よく行うにはゲルマニウムブレスレットをつければよい、などといった具合に言説同士が結びつき、それぞれに都合の良い形で一般に流布されているようである。
 ゲルマニウム言説では、内用、外用とその用途はさまざまであるものの、根底には“信奉(その形態はさまざまであるが)”が潜在していることが見受けられ、これが最大の問題だともいえるだろう。

参考文献:

(1)『ゲルマニウムと私』 浅井一彦
(2)『有機ゲルマニウムの科学』 石田名香雄 木村郁郎
(3)『新・ゲルマニウムで病気を治す』 志摩春夫
(4)セロシオン国民生活センター 
(5)ゲルマニウムブレスレットについてのページ
(6)株式会社浅井ゲルマニウム研究所
(7)国立健康・栄養研究所
(8)『ゲルマニウム――奇跡の”医療ミネラル”』 大形郁夫
(9)『ゲルマニウム電子浴』 大形郁夫

情報提供、コメント、質問を歓迎します。

(最終更新日時2016年3月28日)

投稿

投稿&回答

リンクされている浅井ゲルマニウムのホームペーシを見ました。
サイトの中に、アサイゲルマニウムについての研究を行った数々の機関とありました。
名だたる国立大学など多くの大学名(医学部)が見受けられますが、その結果を確認されたのでしょうか?
このサイトが、科学性評定とされていますので、確認されないと評定と呼べないと思います。
(普通に考えて、企業として虚偽であれば、サイトにも出さないと思いますが・・・)

健康食品としている以上、結果と紐付ければ、薬で無い以上薬事法に抵触するから出せないと思われますが、その辺りは確認されたのでしょうか?



(投稿者:rabitan,投稿日時:2017/02/07 19:17:36)

ご投稿ありがとうございます。
浅井ゲルマニウムの問題はまさにそこで、大学などの「権威」を利用しているように”見える”ことでしょうか。
多くの場合、「研究」を”大学が一丸となって”行うことはほとんどありえず(研究者一人一人、考え方が違うのがふつうですから)、同じような考えを持つ者同士が「グループ」を組み、その考えに賛同する「(国も含む)スポンサー」から研究費を得て研究を進めるのが一般的でしょうか。
そのため、研究の成果よりも「肩書き」が先行しすぎるというのも、問題となる可能性を含みます(この指摘は、本サイトにも返ってくるものではありますが)。
浅井ゲルマニウムの場合、何らかの格別な健康効果を謳われるならば、最低でも「トクホ」、できれば医薬品として正当な手続きを経てから、消費者の手に届いてほしいと”むしろ”願っているのですが。 (回答日時:2017/02/13 10:53:58)

なにやら難しい話を見ました。今日は北海道旅行から戻ったところです。泊まったお宿から試供品として浅井フーズクリエイションの化粧品をもらいました。そこにはゲルマニュームとあったので
もしかしたらサプリもあるのかとネット検索。そこで浅井ゲルマニュームにたどりついたわけです。やり取りの中に健康食品としての云々とありました。
先日、病気を持つ私は自然食品のお店から、有機バイオゲルマニュームを進められ6錠を毎日飲むようにと進められました。
フェアユング販売者。オーガニックバイオゲルマニューム特許2737636JPN.特許117638KOR.特許5792646USA.とあります。
しかし、水溶性でないと体内に悪いようなことですね。カプセルになっています。値段も16000円。
私は病気になりましたが、健康診断はAランク。病気をした、といわないとどこも悪くはありません。
どこかが悪かったから病気になったのですが。
私の相談はゲルマニュームはサプリとしてこれから愛用?してもよいのか、ということのみです。よろしくお願いします。 (投稿者:サクラ,投稿日時:2016/07/02 21:47:02)

ご投稿ありがとうございます。
現在までのところ、サプリメント形式のゲルマニウムについての健康有効性ははっきりしていないようです。
ただ、ご病気がどのようなものかはわかりませんので、主治医に相談されるのもよいかと思います。 (回答日時:2016/07/08 10:37:43)

 改稿された記事を拝読いたしました。さっそく意見を反映していただきありがとうございます。
 一読しての感想でございますが、プロパゲルマニウムの除外に関する記述が非常に重複しており、リーダビリティーを低くする要因となっていると感じました。「語句説明」のところで、半導体としてのゲルマニウムの有用性を除外していらっしゃるように、プロパゲルマニウムについても以下で論じない旨を記載するとすっきりするのではと存じます。
 以前の稿では漠然とゲルマニウム万能説を批評されていた印象でしたが、本稿では、浅井ゲルマニウム研究所様の研究内容を否定的に述べられている印象をとても強く受けました。ただ、浅井ゲルマニウム研究所様のWebページを拝見するに、それほど、奇想天外な研究機関ではない印象を受けました。一部の記載に、研究により得られた一部の生体影響をもとにゲルマニウムの万能性をほのめかすような記述もございますが(「アサイゲルマニウムの有用性研究について(文献の紹介)」の欄)、少なくとも疑似科学として糾弾されるようなレベルではないと私個人としては感じました。一方で、それを取り扱っている健康食品会社のほうは浅井ゲルマニウム研究所様のデータを利用しつつミスリードを誘うような目に余る記述が多い印象を受けます(おそらく薬事法に抵触しないように工夫はしているようです)。
 本Webページのような活動を行われてますと、場合によっては名誉棄損での訴訟等にもつながる可能性もあります。もちろん社会正義の観点や言論の自由の観点からも、必要に応じて批評は必要であると考えますが、特定の施設や人物について言及なされる際には、慎重に筆を進められることをお勧めいたします。とりいそぎ、老婆心ながらコメントさせていただきました。 (投稿者:anonymous,投稿日時:2016/03/28 19:39:00)

ご意見ありがとうございます。
そうですね。今回の修正でひとまずの骨子は整えたつもりですので、近く、また再修正します。
アサイゲルマニウムについて、これは個人的な印象にすぎないのですが、HPはかなり”まし”なほうで、書籍や関連製品、普及活動などはもう少し過激です。
事業者側との対話(議論)もサイトの狙いの一つであるため、個別具体例への言及もある程度楽観視している意味(積極的な参画を促すこと)もあります。ですがやはり、慎重になるべき部分はそうするべきですね。ご忠言、ありがたく承ります。 (回答日時:2016/03/28 22:59:23)

 ご返答ありがとうございます。
 以下、それを受けましての返信となります。長文となり恐縮ですが、ご参考になれば幸いです。
 具体的に改善が必要と思われる点でございますが「ゲルマニウム万能薬説」を否定すべく管理者様が述べているゲルマニウムの効果と、疑似科学を否定すべく管理者様が”科学的”に論じられている一部の表現について、修正が必要と考えます。
 たとえば、データの再現性の部分において
「有機ゲルマニウムの経口摂取健康効果が一般に流布されて以降、様々な分野の多くの研究者たちが、有機ゲルマニウムの万能性を主張するような実験“としたもの”や研究“を称したもの”を行ってきたが、それらの実態は単なる逸話の積み重ねに過ぎない」
とございますが、総説【引用1】や書籍【引用2】で引用されている研究の多くが、一定の水準を満たした科学研究であると私は考えます(一次資料まであたれておりません、申し訳ございません)。
 データの客観性における
「現在、有機(ここでの「有機」という表記は前述の浅井氏による独自の定義である)ゲルマニウムの人体の健康への有効性研究は、それなりの数が発表されている。しかし、有効であるとされる発表は正統的な医学界や生物学界では見受けられず、その研究は極めて閉鎖的であり、批判的議論が十分になされてないと言える。」
の記述についても同様です。なにをもって"正統的な医学界や生物学界"とするかが明確にされていない以上、この一文は説得力をもたないと思われます。また「有機ゲルマニウム(Organic germanium)」という用語ですが、一般にゲルマニウムと炭素を含む化合物いう意味で使われており、決して浅井ゲルマニウム研究所様だけで使われている用語ではございません。よってデータ収集の理論的妥当性における「有機ゲルマニウムの“有機”が何を意味しているか不明瞭なこともあり、妥当性を評定できるものですらない。」も修正が必要と思われます。
 あと基本的な事ではございますが
「有機ゲルマニウムは免疫系に作用するとしてその根拠を謳っているのだが、有機ゲルマニウムの経口摂取における血中濃度の半減期は8時間ほどであり、また連続投与による蓄積性も認められないため、人体への効果を主に血中濃度に依存する免疫系の医学的効果を期待することはできない。」
につきまして「血中半減期が8時間である」ことと「連続投与による蓄積性がみとめられないこと」→「医学的効果を期待することはできない」というのは論理的につながっておりません。半減期が短くとも効果のある薬剤はございます。蓄積性がなくても効果のある薬剤もあります(というかほとんどです)。
 理論の論理性に述べられております
「インターフェロン誘発作用についても、そもそもインターフェロンがどのようなものか自体、現代医学的観点からもその全容解明はできていない。」
について、たしかに、インターフェロンについては多くの知見が得られておりますが”全容解明”まではないのは確かです。ただ、この記述ではインターフェロン自体があまりよくわかっていないようにとられてしまわないでしょうか。ここでは、「インターフェロンが万病に効く証左はない」程度にとどめておくべきではないでしょうか。この単元のまとめ近くで記載のある「経口摂取による有機ゲルマニウムの論理性には著しい飛躍がある」という記述も「経口摂取による有機ゲルマニウムの万病に対する有効性については、論理の著しい飛躍がある」としたほうがよろしいかと存じます。
 論理の体系性の中で「現代医学の体系性」について述べておられますが、これは一般的なものでしょうか?それであれば、出典が明記されるべきだと考えます。また、「人間は恒温動物であるため、」と「外的な環境の変化に内的な変容によってその恒常性を保つ必要があり」とありますが、変温動物でも恒常性を保つ必要はあります。「そのための構成要素として上述の三つにカテゴライズしている。 」の記述は意味が不明です。
 私個人も、効果が定かではないゲルマニウム化合物を万病に効くよう偽って商売のネタにすることは、いかがなものかと考えており、管理者様と思うところは一緒だと思っております。ただ、科学性を評定するサイトとしては、わかりやすく、論理的に、かつ正確に文章を書き進めていく必要があるのではと考えます。私自身は科学コミュニケーションについては素人でありますので、差し出がましい意見とは存じますが、ご検討賜れましたら幸いです。
【引用1】L. G. Menchikov and M. A. Ignatenko(2013) "Organogermanium, biological activity of. Molecular-biological problems of drug design and mechanism of drug action." Pharmaceutical Chemistry Journal 46: 635-638.
【引用2】E. Lukevics and L. Ignatovich(2005)"32Ge biological activity of organogermanium compounds"in M. Gielen and E. R. T. Tiekink (eds.), Metallo Therapeutic Drugs and Metal-Based Diagnostic Agents. The Use of Metals in Medicine, J. Wiley, Chichester, England, Vol. 15, pp. 279 – 295.

(投稿者:anonymous,投稿日時:2016/03/25 15:45:46)

お返事遅れました。
大変鋭いご指摘に敬服しています。恥ずかしながら、もっと表面的な批判だと決めつけておりました。これだけ深く読みこんでいただき感謝しております。
自身でも全体を読み返しましたが、問題はこちらの立論の仕方でしたね。あまり良い出来ではなかったということを再認識いたしました。
(以下、個別のご指摘に関する返信です。)

まず、基本的な誤りについて

>半減期が短くとも効果のある薬剤はございます。蓄積性がなくても効果のある薬剤もあります(というかほとんどです)。
>また、「人間は恒温動物であるため、」と「外的な環境の変化に内的な変容によってその恒常性を保つ必要があり」とありますが、変温動物でも恒常性を保つ必要はあります。「そのための構成要素として上述の三つにカテゴライズしている。 」の記述は意味が不明です。
――まったくおっしゃる通りです。修正いたします。

次に、記述の問題について

>ただ、この記述ではインターフェロン自体があまりよくわかっていないようにとられてしまわないでしょうか。ここでは、「インターフェロンが万病に効く証左はない」程度にとどめておくべきではないでしょうか。
――これは、ゲルマニウム言説側(浅井研究所はじめ)が積極的にインターフェロンを強調していることを意識した記述だったのですが、読み手によっては違和感があるということですね。挙げていただいた表現に修正します。

>「経口摂取による有機ゲルマニウムの論理性には著しい飛躍がある」という記述も「経口摂取による有機ゲルマニウムの万病に対する有効性については、論理の著しい飛躍がある」としたほうがよろしいかと存じます。
――そうですね。これも改訂いたします。

>なにをもって"正統的な医学界や生物学界"とするかが明確にされていない以上、この一文は説得力をもたないと思われます。
――それ以前にまず、「正統的な」という表現が強すぎるのもあるのでしょうね。対応します。

有機ゲルマニウムについて
>総説【引用1】や書籍【引用2】で引用されている研究の多くが、一定の水準を満たした科学研究であると私は考えます(一次資料まであたれておりません、申し訳ございません)。
>また「有機ゲルマニウム(Organic germanium)」という用語ですが、一般にゲルマニウムと炭素を含む化合物いう意味で使われており、決して浅井ゲルマニウム研究所様だけで使われている用語ではございません。
――根本的に改訂が必要かもしれませんね。こちら側が、「アサイゲルマニウム」の問題として捉えなおすべきかもしれません。
(参考までに)
http://www.vanguard-taiyo.jp/about/asai_germanium.html
http://www.asai-fc.com/agerma/faq.html

 ひとまず、基本的な誤り、表現等の修正は早急に行います。ただ、本質的な問題は別にありそうです。これではむしろ、ディスコミュニケーションを増長してしまいそうですね苦笑。
(追記)ご指摘を受け、評定をアサイゲルマニウムに特化した形式で大幅に書き直しました(「有機」という表記も極力避けました)。前よりはましになったと思いますが、まだ不十分な点があれば再度ご指摘ください。丁寧かつ、的確なご批判ありがとうございます。
(回答日時:2016/03/28 13:43:35)

有益なサイトのお取りまとめお疲れ様です。
 本記事の修正が望ましいと思われます。少なくとも有機ゲルマニウム(Ge-132)については、「疑似科学」と切って捨てることのできない、それなりのエビデンスは出ていると思われます。私のほうで試しに、Google scholar (ご存知のこととは存じますが、Googleが提供している文献検索サービスです)にて "Ge-132 and effect"で検索をかけましたところ1930件の報告(すべてが原著論文ではございませんが)が見つかりました。これらには、もちろん、浅井ゲルマニウム研究所様以外の組織による報告も多数含まれております。日本語の報告も、それなりに多数でているようですので、管理人様のほうでも検索いただけたらと存じます。
 また、本記事では「ゲルマニウム」と大きくタイトルをつけられており、内服、着用、および温泉による外用と異なる使用法をまとめて論じていらっしゃるため、記事全体に無理が生じているように見受けられます。
 着用に絞って文献を集め、論じられたらいかがかと存じます。
 ご検討いただけますと幸いです。 (投稿者:anonymous,投稿日時:2016/03/22 20:08:08)

ご指摘ありがとうございます。
さて、「ゲルマニウム」についてですが、私どもの方でも検索しました。確かに1930件あるようです。
ただ、anoyumous様が具体的にどの研究を受けて、本項の修正(どの部分かも含め)が望ましいと思われたのか、という面をご指摘いただけると対応しやすいかと思います。
本記事は医学領域で用いられるようなシステマティックレビューではありませんので、すべての研究を把握しているわけではないのですが、少なくともここで論じている「ヒトへの健康有効性」という”言説”について、それが医学的、薬学的に示された研究はほとんどないように見受けます。
また、内服、着用のご指摘に関してもよく理解できるのですが、たとえば「内服には効果がないが着用すれば効果がある」といったことであればすぐに対応できるのですが、すでに謳われているゲルマニウム健康関連説側に「説明責任」があり、それらが示されていないのであれば”あえてまとめて論じることに、むしろサイト上の意義がある”とも考えられます。
基本的に「言説」を相手にしているという本サイトの性格上、「わかりやすさ」と「精確性、精密性」はトレードオフの関係にあり、また、分野によっては「あいまいさ」がどうしても付き纏うのですが、それを排除するよりも、バランスを保つことに力点を置こうとすることも意義あることかと……。まぁ、どっちつかずの中途半端になってしまうため、改善が必要なのも確かですが。
(追記)ゲルマニウム記事全体に「まとまりがない」というご指摘には同意です。 (回答日時:2016/03/25 11:22:34)

1 2

      ※投稿された記事やコメントは運用管理者が承認した後、掲載されます。