ホーム » 生活環境改善 » ゲルマニウム

ゲルマニウム

言説の一般的概念や通念の説明

語句説明

 本項目では、ゲルマニウムの経口摂取による人体の健康促進と、ゲルマニウムブレスレットなど外用製品による健康有効性の言説について言及する。本項では全編にわたって浅井一彦氏を起源としたアサイゲルマニウムに関連する言説を中心に扱い、データ面での評定は特にこれについての言及である。
 当然ながら、トランジスタなどに用いられている、原子番号32である半導体としてのゲルマニウムの電気物性的有効性については本項目の評価対象ではない。

効果の作用機序を説明する理論の観点

理論の論理性 (低)

 浅井氏らによるゲルマニウム言説では、「有機ゲルマニウムが体内の酸素循環の活性化に寄与し、それによって生命活動が活発になり万病を癒す」という理論がある。しかし、ゲルマニウムを摂取することによって体内の酸素循環が活性化されるという研究報告はなく、独自に構築された推論に過ぎない。他にも万病予防、治療となるとの主張がみられるが、物語的意味の比重が大きい(たとえば、漢医学で癌などの重病に効くとされるサルノコシカケや朝鮮人参の成分にゲルマニウムが多量に存在する、といったことなどから言説が構築されている)(1)。
 また、経口摂取により体内のインターフェロンが活性化され、人体の免疫力が高まるといった主張もみられる(8)(9)が、その理論も「ルルドの泉」などを根拠としており、伝説や物語からの転用に過ぎない(1)(2)(3)。確かに、ゲルマニウム製品の中で唯一医薬品認定を受けているプロパゲルマニウム(B型慢性肝炎治療薬)にはこのインターフェロンを誘発する作用があるが、インターフェロンが肝炎ウイルスに一定の抵抗力があることはわかっているものの、それが万病に効くという証左はない(4)。
 そういうわけで、少なくとも経口摂取によるゲルマニウムの万病有効性については、論理の著しい飛躍がある。
 ゲルマニウムブレスレットなどの外用ゲルマニウム製品についても同様の評価ができる。製品によって「マイナスイオン」健康効果があるといったものや、発汗作用による「デトックス」排出効果、ゲルマニウムを身につけることによる「有害電磁波」の遮断といったように特定の論理を構築しているものではない(5)。このような言説を論理性の根拠として用いても、外用ゲルマニウム製品の論理の補強には全く寄与しない。
 以上から、経口摂取、外用品ともにゲルマニウム製品の論理性は低いと評価する。

理論の体系性 (低)

 プロパゲルマニウムを含めた経口摂取によるゲルマニウム健康説で用いられている用語(1)(2)(3)(8)(9)――酸素循環やサイトカイン(インターフェロン)という概念自体は完全に誤りとまでは言えない。つまり、プロパゲルマニウムを盾に「有機ゲルマニウムは免疫系に作用する」という効果だけならば文脈上一応読み取ることも可能ではある。しかし、多くのゲルマニウム言説ではそれ以上の万能性を謳っており(2)(3)、そうした万能性を担保するための合理的な説明がゲルマニウム言説側からされている様子はない。
 これは外用品の効果の説明においても同様で、言説の根拠として「マイナスイオン」「デトックス」「電磁波有害説」といった現代の学術的知見と整合的でない概念が用いられている。

理論の普遍性 (低)

 仮に、ゲルマニウム言説を広い意味で受け入れたとしても、たとえばプロパゲルマニウムは慢性B型肝炎における治療薬であり、原則他の病気に用いることはない。よって特定疾患における有効性という意味で普遍性は低いといえる(※補足すると、慢性B型肝炎という病気は臨床現場でも稀なものに位置しており、少なくとも医学教科書レベルでは一般的な病気として認識されていない。また、現在ではB型肝炎について一生抗体の残るワクチンが開発されており、プロパゲルマニウム治療薬を臨床現場で用いること自体、稀有な状況といえる)。
 万能効果を主張するゲルマニウム言説では、主張している立場からすると広く普遍的だとしているが、しかしそれを裏付ける再現性、客観性を伴ったデータは報告されていないため、普遍性を論じる以前の問題といえる。
 外用ゲルマニウム製品についても同様で、有効性を特定しておらず広く普遍的だとしているが、それを裏付ける研究は行われていない。健康効果については個人の感想、愛用者の評価でしか提示されておらず、実証的な説明が与えられてはいない。

実証的効果を示すデータの観点

データの再現性 (低)

 浅井氏を起源とするゲルマニウム言説では、酸素循環を促進させることで人体機能が活性化し、あらゆる病的症状が改善すると主張している(1)。しかしこの言説を検証しようとしても、現代の実証研究の方法論ではとらえきれず、それに替わる研究方法も確立できない。つまり、反証不可能な万能理論と化していることが見受けられる。また、酸素循環の活性化のみでは説明のつかない疾患に対しても有効性があるとの主張も見られるが、その再現性には疑問がもたれる。
 他に、ゲルマニウムブレスレットをはじめ、外用品としてもゲルマニウムの健康有効性が主張されているが、その効果についても量的データなどによって再現性は示されていない。
 効果とされるものの根拠は愛用者の感想など逸話的な積み重ねに終始しており、それらも質的データとして厳密に研究されたものではなく、これでは単なる“物語”としてでしか評価できない。データの再現性は低い。

データの客観性 (低)

 プロパゲルマニウムについては、第三者機関などによる対照実験、また効果対象の特定化がなされている認可医薬品なので、客観性は高いと評定できるが、疑似科学として問題となっているものに該当しないので、除外して考察する。
 少なくとも、アサイゲルマニウムが源にあるゲルマニウム言説では、客観性の高いデータが集められているとは言えない。
 効果を支えているデータが「愛用者の感想」や簡易的なアンケートであるため、肯定側の主張を消費者に流し込みやすい構図となっている。
 以上より、客観性は低いと評価する。

データと理論の双方からの観点

データ収集の理論的妥当性 (低)

 慢性B型肝炎治療薬としてのプロパゲルマニウムについては、医薬品の認可を受けているものの特定疾患に向けた限定的使用にとどまるので、以下の評価からは除外して考える。
 アサイゲルマニウムを起源としたゲルマニウム言説では、理論、データの両面において疑問がもたれる上、そうした疑問や批判を回避できる研究がおこなわれているとはいえない。

理論によるデータ予測性 (低)

 妥当性の項目と同様に、慢性B型肝炎治療薬としてのプロパゲルマニウムについては、医薬品の認可を受けているものの特定疾患に向けた限定的使用にとどまるので、以下の評価からは除外して考える。
 現代の科学的研究手法は特定物質の“万能性”ということを前提としていないため、万能性が言説の中心にあるものでは、データを予測できる研究を行うことはできない。強調するならば、このような万能性という言説自体が科学的研究対象からは逸脱してしまっているとさえ言える。

社会的観点

社会での公共性 (低)

 ゲルマニウム健康有効性の源泉として最も代表的なものに「浅井ゲルマニウム研究所」(6)が挙げられ、一般に流布されているゲルマニウム製品の多くが科学的根拠としてこの団体による研究を参照している。
 しかし、「浅井ゲルマニウム研究所」のゲルマニウム健康有効性研究は極めて限定的かつ閉鎖的環境で行われており、公共性を伴っているとは言えない。

議論の歴史性 (低)

 アサイゲルマニウムが源にあるゲルマニウム言説は、浅井一彦氏ほぼ一人によって構築されたものである上、氏から提示された理論について広く議論された様子はない。特に言説内部における批判的な議論や研究は一切ないといってよく、言説の信奉者によってのみ議論が積み上げられてきたことが見受けられる。

社会への応用性 (低)

 ゲルマニウム健康言説は、日本においてすでに一定の社会的な位置を確保している。「ゲルマニウム温泉」、「ゲルマニウムブレスレット」、「ゲルマニウムサプリメント」、「ゲルマニウム水」といった製品も社会に流通しており、一般的な認知も高いといえる(5)。
 しかし、実態としては、「ゲルマニウム」という記号の“科学的側面”を印象上の解釈で用いられていると見受けられる(7)。
 これらのことから、社会への応用性は低いと評価できる。

総評

疑似科学

 本項で特に問題としているのは、アサイゲルマニウムを起源とする言説についてである。この言説における人への健康効果では、浅井一彦氏という個人の逸話的な歴史や経験をなぞり、提示された理論に従った形での後追い研究が行われているのみだといえる。
 他にも、外用ゲルマニウム製品は「マイナスイオン」や「デトックス」など別の疑似科学的言説の一般認知と強く相関しており、「マイナスイオン」を人体に浴びるのは健康に良いことで、それを効率よく行うにはゲルマニウムブレスレットをつければよい、などといった具合に言説同士が結びつき、それぞれに都合の良い形で一般に流布されているようである。
 ゲルマニウム言説では、内用、外用とその用途はさまざまであるものの、根底には“信奉(その形態はさまざまであるが)”が潜在していることが見受けられ、これが最大の問題だともいえるだろう。

参考文献:

(1)『ゲルマニウムと私』 浅井一彦
(2)『有機ゲルマニウムの科学』 石田名香雄 木村郁郎
(3)『新・ゲルマニウムで病気を治す』 志摩春夫
(4)セロシオン国民生活センター 
(5)ゲルマニウムブレスレットについてのページ
(6)株式会社浅井ゲルマニウム研究所
(7)国立健康・栄養研究所
(8)『ゲルマニウム――奇跡の”医療ミネラル”』 大形郁夫
(9)『ゲルマニウム電子浴』 大形郁夫

情報提供、コメント、質問を歓迎します。

(最終更新日時2016年3月28日)

投稿

投稿&回答

雑誌とかにある変なパワーストーンも

扱って見てほしい (投稿者:メメント,投稿日時:2018/11/30 19:53:26)

ご投稿ありがとうございます。
「事典」ではすでに扱っているのですが、個別の商品となると評定は難しいですね。
https://gijika.com/rate/encyclopedia.html#parentHorizontalTab6 (回答日時:2018/12/07 15:29:31)

質問の重複になったら申し訳ございません。
三共製薬から発売されているセロシオン(プロパゲルマニウム)(C6H10Ge2O7)nは、PubMED ID15165414 Germane facts about germanium sesquioxide: I. Chemistry and anticancer properties.で述べられている「ゲルマニウム粉末(浅井ゲルマニウム含む)」と同じものでしょうか? (投稿者:yamamoto,投稿日時:2018/09/30 10:09:47)

お返事遅れてすみません。
当該文献、セロシオンの添付資料を読みましたが、プロパゲルマニウムとアサイゲルマニウムは、構造式上は同一のものと考えられますが、実態は異なっていると思われます(というかよくわかりません)。
アサイゲルマニウムでは「水に溶ける」といわれていますが、一般にプロパゲルマニウムは水に溶けにくいようです。
ご参考までに:https://hfnet.nibiohn.go.jp/contents/detail979.html (回答日時:2018/11/29 09:47:50)

こんにちは
お忙しいところ質問させて頂きます。
1週間程前より 有機ゲルマニウムの
サプリメントを飲み始めました。
ネットで 無機ゲルマニウムの死亡例が
あった事が 書かれてありました。
そして 調べるうちに
たとえ有機ゲルマニウムであろうとも
経口摂取により健康障害や死亡例が
報告されているため、
絶対の安全性は確立されていない
という事が書かれてあり
有機ゲルマニウムのサプリメントを
扱っている業者に問い合わせると
有機ゲルマニウムで そのような事が
おきた事は 解らないとの応えてであったり
昔 無機ゲルマニウムで死亡したという時代に
有機ゲルマニウムと称して
実は 無機ゲルマニウムだったので
そのような 言い方で書かれてしまったのでは
ないか…という 応えだったりしましたが
本当のところ
有機ゲルマニウムで死亡や
重篤な副作用が おきる事は
あるのでしょうか?

お返事 頂けると助かります
よろしくお願いいたします (投稿者:sumie,投稿日時:2018/09/20 16:59:49)

ご投稿ありがとうございます。
お返事遅れてすみません。
調査したところ、いくつか事例報告があるようです。英語文献ですが、よければご参照ください。
①Tao, Bolger. 1997 Hazard assessment of germanium supplements. Regul Toxicol Pharmacol. 25(3):211-9.
②van der Spoel, et al. 1990 Dangers of dietary germanium supplements. Lancet. 336(8707):117.
そもそも有機ゲルマニウムは日本で流行っている独特の事象のようで、海外ではそれを不思議とみる向きもあるようです。なお現在、調査結果を基に本評定も改訂中です。 (回答日時:2018/11/03 13:51:43)

『1:安全性』および『2:発汗作用』について

(エビデンスを元にした評価サイトはとても有益で参考にさせてもらっています。感謝)


1:ネットを僕のような一般人が調べると『安全と危険』という情報が『濃度や摂取量の記載もなく』書かれています。処方薬としてのゲルマニウム(以下Ge)を見ると副作用が書かれているので飲んだ時の有毒性の参考になるのですが、お風呂に入れた場合(皮膚についた時)の有毒性(濃度などの目安)に関する情報があったら知りたいです。

2:入浴剤としてGeの粉末を使ったことがあります。あまり期待せず入浴したところ思いのほか発汗があり動悸がするくらいで少し怖くなりました。これだけでは1人の感想にすぎないのですが、ネットを見る限りは同じような感想を持った人がけっこういるようです。

そこでGeの発汗作用についての研究などがあったら知りたいのと、もし温泉程度の効果が認められるのであれば、その部分に関しては記載してもいいような気がしています。

(忙しいと思いますので可能ならば回答して下さい) (投稿者:HASE,投稿日時:2017/03/09 02:37:33)

ご投稿ありがとうございます。
なるほど。発汗作用ですか。調べてみます。
有毒性については、「効くかどうかはともかく、きちんとした実験にて安全性が確かめられていない」としか言いようがないかもしれません。たとえば、一気に大量摂取したらどうなるか、などはわかりませんね。 (回答日時:2017/03/11 08:48:48)

すみませんが、質問の回答はされていませんね。

では
「権威を利用しているように見えるから、明治大学の権威で科学的評定サイトとして公開しているので、企業のサイトに出ている各大学名のその研究成果(エビデンス)を確認したのでしょうか?」となります。
その成果の確認をした上で、判断する事が科学評定では無いのでしょうか?
※このサイトの【活性水素水】の部分を、科学評定として1大学名と1教授の主張を倫理の理論性に出されています。

トクホや医薬品にする事が、正当な手続きと言われていますが、それを判断するのは、お金を出す人や当事者の判断の気がします。
※トクホでの個別許可を得るた為のヒト試験だけで、数億かかると聞いた事があります。医薬品だと更に桁が違うようです。
また、トクホでも、過去にエコナ問題で回収・取り消しがあったり、現在でも、規格基準型トクホで取り消しになったりしているようです。
これらの費用が、まだ安価であれば、この科学性評定サイトにある項目品の中に、医療費削減に繋がる物が実際に多く埋もれている可能性があると感じてています。






(投稿者:rabitan,投稿日時:2017/02/16 16:44:25)

浅井ゲルマニウムについてのご指摘ですが、
>権威を利用しているように見えるから、明治大学の権威で科学的評定サイトとして公開しているので、企業のサイトに出ている各大学名のその研究成果(エビデンス)を確認したのでしょうか?」となります。
――すみません。質問の意図をいまいちつかめていないのですが、私が言いたかったのは「(本サイトを含め、)効果の実態よりも権威を利用して商品の信頼を得ようとしている(ようにみえる)のであれば、それを”見抜く視野”を磨くことは大切ですよね」ということです。
要するに浅井ゲルマニウムの場合ですと、「〇〇大学と共同研究を行った」という「宣伝」のほうが「効果の実態」よりも先行しているのではないか?、という指摘です(同様に本サイトの評定の信頼性ですが、内容は一応”調査のうえで”のものですが、精度が低い、あるいは明確な誤りがあるなどについては、「この記述はこう変えたほうが良い」などとご指摘くだされば幸いです)。

>トクホや医薬品にする事が、正当な手続きと言われていますが、それを判断するのは、お金を出す人や当事者の判断の気がします。
――このご意見自体はもっともなのですが、現状、というか実際問題、医薬品などの「正当とされる手続き」が”現にある”わけで、それを効果の担保における一つの判断基準にするのは自然な感覚かと思います。むしろ、そうした当事者の判断を助ける「科学的リテラシー」の向上を目指すのが本サイトの目的でもあります。
ちなみに、極論すると、「〇〇大学と共同でこうこうこういう研究を行った」というだけのものなら世の中履いて捨てるほどあって、しかし、そうしたことを「信頼の担保」として商品等を販売するのであれば、これは消費者に対してかなり無責任なのではないでしょうか(医薬品として認証されたもの以外は”絶対に認めない”という意味ではありません)。
なので、その中から「効果の確かさ」をきちんと実証できたものが制度的な支えを得る、としておく態度も一方では必要かと思います。
実際のところ、「〇〇大学と共同研究を行った」は、”まぁ話半分に聞いておく”というのが、少なくとも医療・健康情報の分野での適当な態度かもしれません。

[追記]
申し訳ありません。本来の質問内容に触れていませんでした。本サイトの評定はいわゆるシステマティックレビューではありませんので、浅井ゲルマニウム研究所にて記載されている委託研究大学との研究成果すべてを確認しているわけではありません(というより、大学名の記述だけでは確認するのは困難です)。上の記述は、これだけの研究を行っていて、見える形で成果が出されていないことを疑問視しているとご認識ください。 (回答日時:2017/02/28 12:44:26)

1 2 3

      ※投稿された記事やコメントは運用管理者が承認した後、掲載されます。