ホーム » 不思議現象 » ヒーリング

ヒーリング

言説の一般的概念や通念の説明

語句説明

 ヒーリングとは、心霊ヒーリング(Psychic Healing)とも呼ばれ、手かざしや祈りなどの方法で、疾患の治癒や緩和をする代替医療の総称である。宗教や伝統的儀礼の文脈では、超自然的な力による効果として語られることもある。

効果の作用機序を説明する理論の観点

理論の論理性 (低)

 ヒーリングがどのようになされるかの仮説が設定できていないので、論理性はうんぬんできない。しかし、プラセボ効果のように、明らかに存在すると見られている効果でさえも、その作用機序は不明であるので、現時点では過大な要求とも思える。

理論の体系性 (低)

 遠隔の祈りによるヒーリングの場合、これまでの伝統的な物理学では受け入れられない「時空間を越えた作用」が想定されており、物理学の諸法則に整合的でない。手かざしの場合は、何らかの皮膚感覚で影響すると考える余地があるが、それにしても治癒というところまで説明できる、自然科学と接続した理論は見当たらない。

理論の普遍性 (低)

 ヒーリングの対象疾患はきわめて広いと想定されている。しかしそれを支える理論がないため、現状では評価できない。
 また、医学的な観点からすると、対象疾患がきわめて広いことがむしろ胡散臭い。

実証的効果を示すデータの観点

データの再現性 (中)

 直接手かざしする実験の場合、患者に対して心理的影響を及ぼすので、プラセボ効果であることが疑われる。患者に知らせずに手かざしする実験や、遠隔地から祈る実験などが実施されているが、安定した結果は得られていない。そこで小久保秀之は、手かざしの対象を人間の患者ではなく、切ったキュウリの断片にして、手かざし後のキュウリの活性度測定を行ったところ、安定した実験データを得ている。これらを総合的にみて、再現性は中程度と評定できる。

データの客観性 (低)

 プラセボ効果が疑われる実験では、客観性が保てない。上の小久保の実験も、まだ他の研究者による追試がなされていない。この点から客観性は低いと判断する。

データと理論の双方からの観点

データ収集の理論的妥当性 (低)

 プラセボ効果を排したうえで、疾患の治癒や緩和をどのような方法で管理実験できるか、その方法が確立されていない。上述の小久保の実験では、キュウリが長持ちする度合いを測定することで、ヒーリング効果を推定しているが、その妥当性もまだ議論がある段階である。

理論によるデータ予測性 (低)

 確定した理論がなく、理論に基づく予測が立てられない状態である。

社会的観点

社会での公共性 (高)

 ヒーリング現象はかねてより超心理学の研究対象であり、ESP研究のひとつとして「病変部の人体透視」が研究され、生体に対する念力は「バイオPK」と呼ばれて研究されてきた。しかしヒーリングは最近、補完医療や代替医療のひとつと見られる向きがあり、研究発表は補完代替医療の論文誌(Journal of complementary and alternative medicine)に発表される傾向がある。日本では、国際生命情報科学会で関連研究が発表されている。このように、研究を推進する社会的仕組みは、他の科学分野と同様によく整備されていると言える。

議論の歴史性 (中)

 ヒーリングの研究結果は、上記学術論文誌や、他の関連した論文誌に科学論文が掲載されている。アメリカを中心に、補完代替医療が世界的に推進されている状況のもと、オープンに議論できるような形で研究が蓄積されつつあると言える。

社会への応用性 (低)

 ヒーリング能力があると商売にしている人がいるとすれば、疑ってかかるほうがよい。現時点ではヒーリング効果がわずかにあったとしても、どのような疾患にどの程度効果があるのかさえ明らかでない。それでは実用に供することができない。

総評

疑似科学

 ヒーリング研究は、科学的なアプローチがとられはじめている。しかし、いまだデータが十分でなく、一部に肯定的データが検出できているとしても、その結果を理論構築につなげるのは難しい。将来的に科学となる可能性は否定できないが、現時点でヒーリング現象を論じるのは疑似科学療法を助長する恐れがあり、社会的に大きな危険がある。そのため、あえて疑似科学としておく。

参考文献:

『潜在能力の科学』 山本幹男ほか

情報提供、コメント、質問を歓迎します。

(最終更新日時2015年8月17日)

投稿

投稿&回答

(投稿者:spirit,投稿日時:2016/06/28 19:19:36)
精神疾患改善のために行われていたロボトミー手術との共通性
http://logmi.jp/107575
ロボトミー手術は方法がどうこうだけではなく結果も精神疾患改善はされたが個性など人格をも破壊するということで現在行われていません。
現在の薬物治療は一定の精神疾患を改善をしているものの副作用で他に影響がある、つまりロボトミーばりの副作用ではないものの無い方が良いため、研究し本作用を強く副作用は弱くしようとしています。

方法を述べるばかりで何の疾病を対象にしてるのか不明ですが、単に医学と共通する方法など一部だけ似ていても同じ価値にはなりません。

たとえば、北京周口店の洞窟で発掘されたクロマニョン人の化石には、頭蓋骨に空けた穴が残っており、
http://www.jtb.cn/heritage/zhoukoudian.html
すでに「北京原人は火を使用し狩猟生活をしていた事を証明する遺跡が発掘されました。」とあるため対動物の武器を持っておりこれを人に使用する可能性もあり医療行為であると確信できない
特に北京、つまり中国においては古代からつまり人類としては相当古くから東洋医学や医術と呼ばれる治療行為があるのにもかかわらずヒーリングのようなロボトミーのような外科手術が東洋医学や医術にないことも矛盾しています
もしあるのであればロボトミーやヒーリングがあとになるため、古代中国から伝わる外科手術が無視されてロボトミーやヒーリングが新発見のように言われることは考えにくいです (投稿者:鬱病持ち,投稿日時:2017/03/20 09:54:36)

(回答日時:2017/03/23 22:33:27)

初めて拝見いたしました。
さて、早速ですが、お時間があれば調べていただきたいことがあります。
靈氣(零紀)という手当て療法です。
知人が「できる」、「習った」などといいます。説明を聞いても私にはトンデモとしか思えないのです。

宇宙エネルギーの一つだということです。
宇宙エネルギーッテナンデスカネ?
と思うのですが。

その人は、開業しようなどという始末です。
詐欺などで事件化しないか心配です。

よろしくお願いします。

(投稿者:田中,投稿日時:2017/03/19 23:55:06)

ご投稿ありがとうございます。
いわゆる手かざし療法については慢性的に多くの問題が潜在しているようです。療法として大きな事故になることは考えにくいのですが医事法的な観点から「診断」は禁止されていますので、ご友人様にもご忠言ください。
以下のリンクが参考になるかと思います。
http://www.ejim.ncgg.go.jp/public/overseas/c02/10.html
(回答日時:2017/03/23 22:33:01)

 心霊手術の回答ですが、少しはしょりすぎていると思います。フィリピンの心霊手術とブラジルの心霊手術は分けた方がよいでしょう。

 フィリピンでは手品を使った技法が中心ですが、ブラジルの場合は実際にメスやハサミを使って「手術」を行います。

 よく知られているドクター・フリッツの例では、メスで皮膚を切開したり、注射針を眼窩に差し込んだりします。
 また、ドナ・シセラの例では、麻酔無しで頭皮を切開し、頭蓋骨に穴を空けるという「手術」を行います(痛いし、出血もする)。
 いずれも80年代に記録映像が出版されています。

 ドナ・シセラのように頭蓋骨に穴を空ける「治療」は、化石人類の時代から行われていたと推定されます。
 たとえば、北京周口店の洞窟で発掘されたクロマニョン人の化石には、頭蓋骨に空けた穴が残っており、また穴を空けた後に何年か生きていたこともわかっています(化石の複製が上野の国立博物館にあります)。
(投稿者:クビーニョ,投稿日時:2017/01/05 20:36:45)

ご投稿ありがとうございます。
参考になります。
「地域性がある」ということなのですね。
ブラジルの例で、患者はショック死しないのか気になります。 (回答日時:2017/01/10 10:27:12)

実際にヒーリングを行い、その効果の調査を行っている各組織と、明治大学科学コミュニケーション研究所様が連携をとり研究をすすめていくことも肝要かとおもいます。

(参考)
実際にヒーリングを行い、その効果の調査を行っている各組織


財団法人日本心霊科学協会
http://blogs.yahoo.co.jp/shinrei_jimu/45933892.html

スピリチュアリズム普及会
http://spiritualhealing-volunteer.jp/
(投稿者:spirit,投稿日時:2016/07/09 13:24:15)

ありがとうございます。
前向きに検討いたします。 (回答日時:2016/07/11 16:54:18)

歴史的には著名なヒーラーとして
ハリー・エドワーズ
カール・ウィックランド
エドガー・ケイシー
などがいます。
彼らは膨大な治癒の実例を残しています。
プラセボ効果・キュウリの活性度測定の事例にとらわれることなく、ヒーリング問題の要といえる実際のヒーラーによる治癒の実例を検証していくが必要とおもわれます。
(投稿者:spirit,投稿日時:2016/06/28 19:19:36)

(回答日時:2016/07/08 10:30:45)

1 2

      ※投稿された記事やコメントは運用管理者が承認した後、掲載されます。