ホーム » 自己啓発 » 血液型性格診断

血液型性格診断

言説の一般的概念や通念の説明

語句説明

 血液型性格診断とは、一般的にABO式血液型として知られている分類法によって、社会生活におけるヒトの性格を特定できるといった言説である(他に「血液型性格判断」「血液型性格分類」などともされるがこれらのいずれも明確な定義が与えられてはいない)。つまり、「ABO式血液型」という要素“が”特定のヒトの「性格」に影響を与えている、としているものである。
 まず、ABO式血液型について簡単に説明する。ヒトの血液細胞の中で最も大量に存在するのは赤血球であり、この赤血球の細胞膜表面には個人がもっている遺伝子によって表現される血液型物質がある。1900年、オーストリアの研究者であるラントシュタイナー(K.Landsteiner)によってこれが研究され、彼は血液型を4種類(A型、B型、AB型、O型)に分類できることを発見した(1)(2)。
 以上が現在一般認知されているABO式血液型の基本原理である。ちなみに、A、B、Oとは遺伝子を意味しており、メンデルの遺伝法則にしたがって個人を標識する抗原である。そのため、AAまたはAOの組合せでA型に、BBまたはBOの組合せでB型に、OOの組合せでO型に、ABの組合せでAB型になる。
 血液型性格診断は、上述の血液型の4区分から特定のヒトの性格や相性を説明でき、それを日常生活においても活用できるといったものが一般的によく知られているものであり、本項目においても基本的にはそういった一般通念を踏襲したものを“評定の対象”とする(3)(4)(5)。
 加えて、本言説の議論にてしばしば見受けられるアンケート調査などの統計的調査における本言説の有効性、血液型と疾患との関連性、今後の研究可能性においても言及しながら評定を進める。
 血液型性格診断言説においては諸説入り乱れているのが実態だが、能見氏の「血液型人間学」など(3)(4)と、医学・疫学・遺伝的観点からの「血液型」と「ヒト」との成果は明確に区別しながら記述する。

効果の作用機序を説明する理論の観点

理論の論理性 (低)

 そもそも、血液型性格診断における「性格」が何を意味しているのかが不明であることが最大の問題点といえる。「性格」とされるものの定義が不明瞭であり、たとえば“誰の”“どのような状況における”“どういう対応をすることから”“こういう「性格」であると定める”という一般化はなされておらず、どうとでも上手く解釈できる曖昧なもの全般を「性格」と表している(5)。これでは理論を一般化できず、科学性の評定としては致命的である。
 また、ABO式血液型については本項冒頭にて記述したが、果たしてこの区分が如何に人間の性格として反映されているのか、という理論への疑問に対する合理的な説明は今のところないという指摘もできる。たとえば、心理学的知見からたびたび指摘されている「バーナム効果」や「自己成就」については、肯定派において十分な議論がされていない、あるいはそれらの概念の誤用による反論が見受けられ、理論面において充実した議論は行われていないことが推察できる(6)(7)(8)。
 さらに、血液型性格診断の理論においては、その内部においてすら矛盾が見られ、科学性を評価できる理論体系をなしていないことすら指摘できる。たとえば、過度な血液型性格診断信奉者においては「血液型十戒」なるものを理論的な標ぼうとしている(5)のだが、そこでは、「8. 血液型は誰もが客観的な人間理解を可能にする、科学的観察手法である。」としつつ、その2においては「2. 血液型は気質の素材。従って性格はいかようにも料理出来ることを知ろう。」や「9. 血液型は心の科学。性格や未来を占うものではないと知ろう。」などといった内部においても論理性の乏しい説明が多々見受けられる。このように、科学性とはおよそかけ離れた理論を選択していることが言説全般的に見受けられる。
 血液型と疾患や体質にまで話を広げても、今のところ論理性を高く評価できる要素はない。特定の疾患に対する罹患率の違いや耐性についての研究なども、因子の解明や理論構築まではなされていないのが実情だ(9)(10)。
 ABO式血液型で性格診断を行うということは、ヒトを4つの分類に細かく類型化する(できる)ということなのだが、それに対する合理的な説明を見出すことができないのが現状である(そういう意味では、血液型と疾患の研究においては一定の評価を下すことはできる)。

理論の体系性 (中)

 ABO式血液型が既存の学術体系から逸脱した理論であるとは断定できない。人間の体内には大量の赤血球が存在し、その赤血球それぞれにA、B、AB、Oの各型に特有の糖鎖が付いている(ここでの糖鎖とはN-アセチルガラクトサミン、d-ガラクトース、アセチルグルコサミン、フコースによる分子構造を表す)。この点に関するかぎり、生化学的には血液型でそれぞれ全く違った機能をもつとも主張できる。
 しかし、それを正当化するのなら、血液型以外にも分類する要素は数多くありそうだ。仮に血液型のみに注目しても、Rh式やli式、MN式などの識別法もあり、げんに臓器移植などの場合にはこれら多くの要素を考慮する(11)(12)。こう考えると、ABO式のみによって性格にまで言及する理論は、他の知見との整合性が低いと思われる。
 さらに、ヒトの性格について、ABO式血液型を主軸として説明する、という理論選択に合理性を見出すことも難しい。ヒトの「性格」については今も多くの議論があり、「性格」とはどういう要素から構成されているのか、といった問いを考える場合、いわゆる複雑系であることや、進化心理学などでよく知られる「心のモジュール性」(13)(14)という概念として考える方が“ABO式血液型”を持ち出すよりも遥かに整合性が高い。 たとえ、ABO式血液型が「性格」における一要素であったとしても、わざわざ血液型性格診断を「性格」における主理論として採用する必然性はなく、このような言説に依存しなければならない積極的な理由を見出すことはできない。
 ただし、ABO式血液型と進化生物学との相関性や特定疾患への罹患率といった研究が近年報告されていることは注目すべきことだろう(9)(10)。たとえば、A型の遺伝子は免疫機能が低くなる遺伝子と共起する確率が高いので、抗原をなるべくしりぞけようと神経質な性格が共進化したという理論は、進化論、あるいは生物学などと整合的である(10)。その点を考慮したうえで体系性は中程度と評価する。

理論の普遍性 (低)

 特に能見氏を源流とする「血液型人間学(≒血液型性格診断)」においては、それが“誰にでも普遍的に適応可能だ”としているが、言説の実態がつかめない。全般として、“何となく○○型はこんな感じ”という大雑把な情報しか提供されておらず(3)(4)(5)、普遍性を推し量ることはできない。思い込みや社会通念が先行しており、理論的な実像がつかめないのである。これでは普遍性を評定する以前の問題だろう。

実証的効果を示すデータの観点

データの再現性 (低)

 能見正比古氏の著書(研究論文ではない)や「ABOの会」にて、血液型性格診断に関する肯定的な主張がこれまでに何度も発表されている。しかし、データの再現性という観点において、高評価を与えられる水準に達しているとはいえない。
 たとえば、血液型性格診断の源流の一つである能見氏は、自著へのアンケート調査(数万人規模、としているもの)にて再現性を保証できるとしているが、そもそもそのようなアンケートを“能見氏”に送る“対象”がサンプルとして偏っている(平たく言えば、能見氏の信奉者である)というバイアスを排除するような厳密性のあるものではない(3)(4)。血液型性格診断の関連団体である「ABOの会」の主張においても、一万人規模のアンケート調査で統計的有意差が出たとの報告もあるが、前述したような「バーナム効果」「予言の自己成就」「確証バイアス」「F・B・I効果(フリーサイズ・ラベリング・インプリティング効果)」といった、心理学で広く知られた効果が排除された実験デザインがとられていない。
 一方、血液型性格診断に否定的な研究データは数多く積み重ねられており(能見氏の著書においても統計的に有意な差がなかったデータもある(3))、肯定的なデータよりも信頼がおける(15)(16)(17)(18)(19)(20)。
 ただし、血液型と疾患といったことにまで言説の対象範囲を広げると、2009年にアメリカ国立がん研究所が膵臓がんの危険因子と血液型の相関性についての研究報告をしていたり(21)、2000年に科学誌「ネイチャー」にてO型と非O型の胃がんに対する見解が述べられていたり(9)と、再現性において評価できる研究も存在する。まだまだデータ不足という面もあり、一概に評価できるものではないが今後の研究可能性としては期待の持てるものだろう。
 しかし、これらの研究は能見氏等の血液型性格診断を補強するものとは言えず、医学・生理学などにおける研究成果とするのが一般的だ。
 したがって、「血液型性格診断」の再現性は低評価とするが、これは前述の「血液型」の医学的な側面のデータを否定するものではない。

データの客観性 (低)

 肯定派の提示する研究報告においては、信奉者による主観的な感想、統計調査における標本抽出の偏り、研究対象の未特定化、「自分はA型だから神経質だ」という性格の自己成就などの可能性が指摘できる(3)(4)(16)(18)(20)。したがって、血液型性格診断の中心的言説であるABO式血液型“が”「性格」やその傾向性に影響を与えている、としていてもその客観性は低い。
 また、医学・生理学的知見からも言説全体に対して同様の指摘ができる。例をあげると、近年、疫学的にピロリ菌(慢性胃炎など胃疾患の危険因子)保菌者にA型が多いことが指摘されている。血液型性格診断によるとA型の典型的な特性は「神経質」だということが主張されており、その根拠として胃痛の多さなどがデータとして挙げられている(9)(10)。しかし、血液型性格診断で言われているようにA型の人が「神経質」である“がゆえに”胃痛になりやすいのか、それともA型にはピロリ菌保菌者が多くそれによって胃痛が引き起こされるため“結果的”に「神経質」な人が多いように見えるだけなのか、といったことを客観的に区別できるような研究手法は採られていない(前者であれば「血液型性格診断」の成果といえるが、後者ならば改めて議論が必要である)。
 現在の心理学分野と、医学・生理学分野は個々に独立しており、「血液型」と「性格」を連携させた研究方法はまだ未熟ではある。ただし、今後の研究次第(たとえば遺伝学的な)では血液型とヒトの性格との関連性について客観的なデータが示される可能性もなくはないことは追記しておく。

データと理論の双方からの観点

データ収集の理論的妥当性 (低)

 血液型性格診断において、肯定的なデータが妥当に収集されているとは言えない。繰り返しになるが、心理学でよく知られている「自己成就」や「バーナム効果」などの要因を排除した形の実験デザインが採られておらず、このような指摘に対して“反論”できる体制が整っていない。

理論によるデータ予測性 (中)

 現在、能見氏を原点とする「血液型性格診断」が科学的手順を踏まえて研究されているとはいえず、予測性は低い。今一般認知されている血液型性格診断はほとんど文化として根付いてしまっており、もはや科学性を論じるに値しない言説と化している。
 一方、血液型と疾患については医学・疫学的観点から比較的研究が進められており、成果といえるものも出ている。たとえばコホート実験などの医学疫学において信頼できる研究方法から、血液型による膵臓がんリスクの違いといった発表(9)もされており、この点では予測性は高いと評価できる。さらに、進化生物学的観点から血液型とマラリアやコレラとの関連性(10)も若干ではあるが報告されている。
 予測性は中程度と評価するが、これは医学・疫学・遺伝的な成果を高く評価したためであり、このような分野の評価に重点を置いたものである。

社会的観点

社会での公共性 (低)

 日本において血液型性格診断が一般認知され始めたのは、1970年に出版された能見正比古氏による「血液型でわかる相性」からである(4)。これ以前にも1927年に「血液型と気質の研究」と題する研究論文が古川竹二氏(女子高等師範学校教授)によって発表されていたが(6)、継続的な研究が始まったのは前述の能見氏による著書が初めてであり、現在では氏が設立した「ABOの会」という団体が血液型性格診断について肯定的な主張を繰り返している(現在では「ABOセンター」が実質的にその意味を引き継いでいる(5))。
 しかし、利害関係のない公共性の高い研究においては、血液型性格診断はたびたび否定されており、肯定派において同様の水準に達している研究報告は現在のところない。したがって、社会での公共性は低評価とする。

議論の歴史性 (低)

 上述したように、現在の血液型性格診断の社会における広まりは、能見正比古氏の著書にみることができる。それを発端として1970年代から血液型性格診断の科学性の議論もさかんに行われてきた。たとえば心理学分野は血液型性格診断に強く反発しており、否定的な研究発表も多くある(「日本パーソナリティ心理学会」においてはホームページ上にて、血液型性格診断に対して懐疑的な意見文を掲載している(22))。
 一方で、血液型性格診断を積極的に肯定する立場(科学的なものだとして)の多くは能見氏の言説に依存している様子が見受けられ、また、そういった科学性を謳う言説において、“主張の責任を請け負っていない”ことが問題点として挙げられる。たとえば「A型の人は神経質だ」といった主張に対して、「A型なのに神経質でない」という事例(データ)が得られたときにも「100%正確に診断できるわけではない」や、他の全く指標の異なったデータを持ち出して「このデータを担保にできる」などである(現に、肯定派においてはこれが横行している)。このように反証データを得ても、そうしたものに対して無反省であり、科学性が議論できる構造とはいえない。
 以上より、議論の歴史性は低いと評価する。

社会への応用性 (低)

 血液型性格診断が社会において有効的に活用されているとはいえない。そもそも、血液型による性格の傾向性を重視しているのは日本人がほとんどであり、世界的にみると血液型性格診断という概念すら一般的ではない。にもかかわらず日本社会では、ブラッドタイプハラスメントといったものを始めとして人々に対する差別や偏見を助長させる要因の一つとなってしまっているのが実態である(6)(23)。
 また、血液型性格診断はヒトの性格を4種類の血液型の中から“当てる”という占いのような娯楽だと受け取ることもでき、そこに科学性を乗せてしまうと人が感じる快不快の度合いも大きくなってしまうだろう。結果として、人間関係を円滑に進めるうえでの弊害ともなりかねない。
 ただし、これは一概に血液型性格診断のみの功罪とはいえない。たとえば、仏滅に結婚式を挙げる人はまずおらず、一般的に友引に葬式は行わない。このように大衆心理は科学とは無縁に働いており、血液型性格診断が控えめな誤信として機能している分には、科学がそれを排斥する必要まではないだろう。
 しかし、血液型性格診断においては企業の採用といった、人生の大きな岐路でも使用されており、とても控えめという表現で収まっているものではない。このような実情を考慮すると、あえて社会への応用性は低いと評価すべきだろう。

総評

疑似科学

 現在一般認知されている「血液型性格診断」は疑似科学だと位置づけられ、そこで語られているものに科学的根拠は全くないといってよい。たびたび指摘したが、血液型性格診断の最大の問題点は、能見正比古氏の著書「血液型でわかる相性」「血液型人間学」などが流行りすぎてしまったことだろう。能見氏の言説の流行が多くの過激な信奉者を生みだしてしまい、それに対抗する形で主に心理学界からの強い反発が繰り返し行われてきた。このような構図から、心理学界の過剰ともいえる「血液型」嫌いという問題も発生してしまい、健全な議論ができる土壌がない、あるいは良心的な研究者の芽をも摘んでしまっているということは考慮に値する(24)。
 そうした中で、医学・疫学・遺伝的観点や進化生物学的視点からは角度の異なる考察をすることもできる。
 医学領域としての血液型とヒトの研究は1950年代~1970年代初頭までは比較的行われており、多くの疾患と血液型との関連性について様々な議論が繰り返されてきた。そんな折、先の能見氏による著書が爆発的にヒットし、しかもそれを科学だとして主張し一般大衆の誤解を招いた。このような経緯は前述の通りであり、それが多くの研究者を血液型の研究から離れさせてしまい、血液型性格診断を疑似科学の象徴として扱う風潮に、医学界においても繋がった。現在では、血液型について言及できるのは輸血と臓器移植の際のみであり、血液型の話題さえ嫌う医師もいるという状況でさえある(10)。
 しかし、「血液型」と「疾患」、「血液型」と「進化」、「血液型」と「遺伝」といったことについて研究されたものの中には信頼のおけるものも多くあり、今後の研究可能性が幅広いことは肯定材料だろう。さらに、特定疾患へのリスクの違いや、免疫機構の違いなど、遺伝的な説明によって応用性の高いものにもなりうる。
 ヒトの「性格」という言説における明らかな論理的飛躍には注意する必要があるが、少なくとも血液型と人間機能の関連を研究する価値や意味は、心理学から指摘されているほど順位の低いものではないだろう。今後の研究次第では、たとえば血液型と疾患といったアプローチからヒトの気質にまで科学的合理性を保った言及がなされたとしても、それほど不自然ではないだろう。
 ただし、繰り返しになるが、現在広く一般認知されている「血液型性格診断」における科学的根拠は乏しく、疑似科学であると評価する。

参考文献:

(1)『よくわかる 最新血液型の基本としくみ』 松尾友香
(2)『絵でわかる血液のはたらき』 八幡義人
(3)『血液型人間学』 能見正比古
(4)『血液型でわかる相性』 能見正比古
(5)http://www.human-abo.org/#!aboutus/cktc 一般社団法人 ヒューマンサイエンスABOセンター
(6)『なぜ疑似科学を信じるのか』 菊池聡 化学同人
(7)季刊『理科の探求』左巻健男 2015春号 特集 ニセ科学を斬る!リターンズ p50-109(p56-61)
(8)『心理テストはウソでした』 村上宣寛
(9)『血液型で分かる なりやすい病気なりにくい病気』 永田宏
(10)『血液型の科学』 藤田鉱一郎
(11)http://www.jrc.or.jp/donation/first/knowledge/ 日本赤十字社 血液の基礎知識
(12)https://hospital.city.sendai.jp/department/mame05.html 仙台市立病院 診療科のご案内 「第5回 血液型のはなし-ABO式血液型-」
(13)http://plato.stanford.edu/entries/modularity-mind/ Stanford Encyclopedia of Philosophy 「Modularity of Mind」
(14)『だまされ上手が生き残る 入門!進化心理学』 石川幹人  光文社
(15)「血液型と性格の無関連性」縄田健悟(2014)
(16)「血液型性格判断はなぜすたれないのか」 山下玲子 武蔵大学 社会学部
(17)血液型性格判断の差別性と虚妄性(自主企画(2)) 山岡重行 大村政男 浮谷秀一
(18)「Blood-typical personality stereotypes and self-fulfilling prophecy」Sakamoto, A., Yamazaki, K.(2004)
(19)「血液型による性格の相違に関する統計的検討」松井 豊(1991)
(20)Blood-typical Personality Stereotypes and Self-fulfilling ProphecyAkira SAKAMOTO Kenji YAMAZAKI 2002
(21)http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19648918 Genome-wide association study identifies variants in the ABO locus associated with susceptibility to pancreatic cancer.
(22)日本パーソナリティ心理学会血液型性格診断に関する意見文 公益社団法人 日本心理学会
(23)テレビ番組が増幅させる血液型差別 山岡重行
(24)『よい教育とは何か』 西条剛央 京極真 池田清彦

・(ダメな大人にならないための心理学 山岡重行)『書評』野崎瑞樹
・『機関誌「心理学ワールド」52号 2011年1月号 特集/偏見とステレオタイプの心理学』
・『血液型の迷路』 大西赤人
・『性格を科学する心理学のはなし』 小塩真司
・「血液型性格判断の妥当性の検討(2)」 白佐俊憲
・『科学技術をよく考える -クリティカルシンキング練習帳』 伊勢田哲治 戸田山和久  調麻佐志  村上祐子 名古屋大学出版会
・『新編 血液型と性格』 大村政男 福村出版

情報提供、コメント、質問を歓迎します。

(最終更新日時2015年8月17日)

投稿

投稿&回答

申し訳ありません、爆笑です。
以下に、最近の管理者さんと私とのやりとりを示します。
>これまでのように、ABOFANさんにとってご都合が悪いことについては「私(管理人)が統計を理解しておらず、心理学に無知である」との結論なのですね。残念です。
>前回の回答の後半部分への言及もないようですが、ABOFANさんご自身が能見氏の言説をより辱めているということに、いずれお気づきいただければと思います。(回答日時:2016/10/04 00:02:08)
>――毎回失礼な言い方になって申し訳ないのですが、標準偏差、帰無仮説、タイプ2エラー、χ2検定、F検定、連続量…の意味があやふやな人に、納得できるように(面白おかしく雑談も入れながら?)統計的に説明しろと言われても、私は学習塾や予備校の講師ではありませんので無理です。それを証明する原文の引用は、ここでは繰り返しになるので止めますが、以上は事実ですから「都合が悪い」というのとは意味が違います。
(以下の説明は長くなるので省略)
>いや、そんな意味ではないというなら、改めてコメントをお願いします
>――そうですね。こういう意味ではなかったのですが、まぁそんなにこだわる箇所でもないので、お答えいただいたことに感謝します。ありがとうございます。(回答日時:2016/10/04 16:42:26)
――以上のやりとりを“翻訳”すると、「私(管理人)が統計を理解しておらず、心理学に無知である」との結論で、おそらくよろしいのかと…。
>>毎回この調子では、はっきり言って疲れます。
>――とありまして、これがABOFANさんのホームページにおけるコメントだったら筋も通るのですが、ABOFANさんの場合、ご自身の意思で本サイトに「訪問」されているため、お疲れのようでしたら、「お帰り」いただいて結構なのです。(回答日時:2016/10/04 16:42:26)
――はい、ではお言葉に甘えて、管理者さんへの統計的な説明は私が気が向いたものだけにすることにします。従って、ご要望の「サンプルについての質問」は、あえて回答しませんのでご了承ください。
>ちなみに、今まで大勢の方が指摘していますが、「ABOFANさんの統計学」はABOFANさんにしか理解できない世界ですので、こちらにコメントされる際には「みんなの思う統計学」をお使いいただければと思います。
――申し訳ありませんが、管理者さんのように、回帰分析と相関係数もわからない(?)ような「みんなの思う統計学」を使う気にはなりません。ついでに言うと、AABAさんもあまり統計学に詳しくないように記憶しています。もっとも、それは私が統計学に詳しいということでは全くなく、せいぜい大学教養レベルの知識があることの証に過ぎません(苦笑)。
さて、たまには私にも質問させてください。以下は大学教養レベルの統計学の質問なはずです。
1) r=-0.1とすると、独立変数が従属変数をどのくらい説明できますか?(○パーセントといった具体的な数字でお願いします)
2) r=-0.1の効果量の程度は? A.小 B.中 C.大 D.その他 E. わからない F.答えたくない
3) 以上のことから、r=-0.1だとすると、「回帰分析」は意味がありますか? A.ある B.ない C.その他 D.わからない E.答えたくない
ついでに、気が付いた点(再掲)ですが、
>>[1.管理者さんのバックデータ]――A(具体的なデータは本項関連リンク、あるいは参考文献等にあるものが主です)
>――やっと回答いただけましたね。が、すみません、思わず爆笑しました。関連リンクでサンプルが最大(20万人)とその次(3万人)は私が紹介したものです。この2つは、読めばわかるように、血液型によって明確にデータの差があります。つまり、このサイトの「データの再現性(低)」は管理者さん自身によって否定されてしまいました。まさに、既存メディアは事実確認のレベルでネットに敗北してしまったのです!(投稿者:ABO FAN,投稿日時:2016/09/17 23:57:30)
――この点は管理者さんは現在まで無回答でので、特に問題がなければ、私の指摘(「データの再現性(低)」は管理者さん自身によって否定されてしまいました)が正しいものとさせていただきます。
もう一つ例を挙げます(こちらも再掲)。
《引用開始》
>失礼ながら、このサイトの「データの再現性 (低)」には、合計人数が34万人を上回るデータがあるとも思えません。もしあるというなら、勉強ためにぜひお教えください。どうかよろしくお願いします。 (投稿者:ABO FAN,投稿日時:2016/07/09 23:13:29)
>金澤氏などが「34万人」としているデータの詳細をお教えくだされば、お話も進むかと思うのですが……。(回答日時:2016/07/26 16:56:12)
>大学に資料が届いているようです。ありがとうございます。ただ、諸般の事情により、受け取れるのは八月上旬ごろですので、この件についてはその後ご返答させていただきます。 (回答日時:2016/07/30 12:56:37)
>金澤氏が単独で行った研究調査ではないため、はっきり言ってなんともコメントしがたいのですが、これでいったい何をおっしゃりたいのですか?(回答日時:2016/08/09 16:13:28)
→それ以後は言及なし。
――掛け合い漫才としては面白いかもしれませんが、これは少なくとも科学的なコミュニケーションではありません(笑)。(投稿者:ABO FAN,投稿日時:2016/08/28 12:56:15)
《引用終了》
やはり、管理者さんは初歩的な統計学を理解しているとは思えません。
大変失礼しました。 (投稿者:ABO FAN,投稿日時:2016/10/04 22:28:33)

ABOFANさん
>ご要望の「サンプルについての質問」は、あえて回答しませんので
――??まぁ、もうご自由にどうぞ、としか言えませんね苦笑。関連して、
>たまには私にも質問させてください。以下は大学教養レベルの統計学の質問なはずです
――失礼ですがここは雑談用の掲示板ではないので、「血液型性格診断」のページに沿うコメントをお願いします(あと「たまには」というのにも語弊があるかと苦笑)。ということで私も「あえて回答しません」。そもそも、何か試されているようで感情的に「いい気」もしないですし笑。
後半部分の
>この点は管理者さんは現在まで無回答でので
――ですが、ご自身の著書『B型女性はなぜ人気があるのか』p127ですでに分析されているように、「統計データに差があるのは”思い込み”による見かけ上のもので、血液型と性格には関連がない」にカテゴライズされている研究のことですよね(すみません。ABOFAN=金澤正由樹というのはもはや「自明」のことと思われるため、こう書かせてもらいますね)。
さらに、
>それ以後は言及なし。
――??まず、「これで何をおっしゃりたいのですか?」に対しての応答を願いたいのです。
また、前回、前々回の「能見氏」についての私からの話題提起についてはお話ししたくないということでしょうか?無理して聞こうとは私も思いませんので、率直なお気持ちをお聞かせください。ただし、ABOFANさんと「血液型学説」を話題に対話しようと思ったら、避けて通れないとも思います。
[2016.1011追記]
非公開を希望される新しいコメントが届いたので、それに対する回答をこちらに書きます。
1.統計的な議論についてはABOFANさんのほうから「あえて回答拒否」というコメントをいただいているため、少なくとも現状において統計的な議論を避けているのはABOFANさんのほうだという認識です。
2.(少なくとも私としては)あまり重要な問題と考えていなかったのですが、不都合な点があるとお考えになるならば、まずは具体的にご要望ください。※あらかじめ「非公開希望」などとしていただければそのように対処したうえで対応します。
(回答日時:2016/10/05 13:00:01)

 まあ、以前にも指摘したはずですし、ABOFANには理解力がないというか理解したくなさそうなので、言っても無駄なのはわかってますが…。山岡先生の丁寧な指摘もきっと理解できないのでしょうし(理解したくないのでしょうし)…。
 まともな学術論文誌に掲載された論文が間違っていた、というのは、それだけいろいろとやっても(複数による査読というシステムがあっても)間違ってしまうことがある、ということです。査読*すら*されていない無名の人の書いた「論文」なんて眉唾物です。もちろん、その中には価値のあるものもあって、そういうものは誰かに認められたりすることもあるかも知れません (少し異なりますし、古いですが、インドの数学者、ラマヌジャンなんかその例の一つかと思います)が、それはかなり例外的な話です。
 ましてやその(カギ括弧付きの)「論文」もどきすら書けないような人(たとえばABOFAN)は論外の存在です。リジェクトがない、と喜んでいるのは、玉石混交の「石」であっても掲載してもらえること喜んでいる程度の存在です。だから「速報」と「論文」の違いも理解できず(理解することを拒否して)、「ニュートリノが光速を超えたニュースは論文になってないのだから論文なんて価値がない」とか言って(それを見た人の)失笑を買うことになるのです。(で、しかもその件は結果的に計測ミスというオチまでありましたね──ちなみに、だからといってCERNの人々を笑いものにするようなことは普通はしません。彼らは画期的な結果を得たのですが、しかし残念なことにミスがあっただけなのです。そしてそれを認めているのです。これこそ科学者のあるべき姿です。何か言われて「でもでもそうじゃなくて」とか言っているだけの人とは違います)
 私がここに書き込むのはこれで最後です。(だって書いてもたぶん無駄だし)
 万が一、ABOFANが「論文」を書いたとしたら、その時には「書けない」と書いたことを撤回するかも知れませんが。
 ちなみに、山岡先生の話(ABO FAN=金澤正由樹)からすると、他人のふりをして自著の宣伝をしていたのですね。自分で書いたのなら、堂々とアピールすればいいでしょうに。そういった書籍に何かあっても、「ABOFAN」という名前を守りたかったんでしょうか。なんか笑えますね。(「爆笑!」とか言いませんが)
(投稿者:AABA,投稿日時:2016/10/04 11:58:45)

(回答日時:2016/10/04 14:22:40)

管理者さんには短期間の連投で申し訳ないのですが…。
>これまでのように、ABOFANさんにとってご都合が悪いことについては「私(管理人)が統計を理解しておらず、心理学に無知である」との結論なのですね。残念です。
――毎回失礼な言い方になって申し訳ないのですが、標準偏差、帰無仮説、タイプ2エラー、χ2検定、F検定、連続量…の意味があやふやな人に、納得できるように(面白おかしく雑談も入れながら?)統計的に説明しろと言われても、私は学習塾や予備校の講師ではありませんので無理です。それを証明する原文の引用は、ここでは繰り返しになるので止めますが、以上は事実ですから「都合が悪い」というのとは意味が違います。その時点で統計学を知らなくとも問題はありません。自分で調べればいいのです。私はそうやってきましたので…。
>前回の回答の後半部分への言及もないようですが、ABOFANさんご自身が能見氏の言説をより辱めているということに、いずれお気づきいただければと思います。
――抽象的に言われてもわかりません。原文を引用していただけないでしょうか。印象論ではお答えしようがありませんが、ひょっとして、
>私「なぜ回帰分析をおこなったのですか?」
という質問なのでしょうか? 正直、私にはこの質問の意味がわかりません。というのは、私は「回帰分析」は目的ではなく、まずは分布図を作ることが目的だからです。次に、この分布図を分析するツールとして、「相関係数」が一番良さそうだという判断に達しました。ちなみに、「回帰分析」と「相関係数」は違います。http://www.hs.hirosaki-u.ac.jp/~pteiki/research/stat/qa/qacor.html
管理者さんが問題としているケース(?)では、相関係数が-0.1と小さいので、「回帰分析」はほとんど意味がありません。なぜなら、独立変数から従属変数がほとんど予測できないからです。
毎回この調子では、はっきり言って疲れます。お願いですから、もう少し統計学を勉強していただけないでしょうか?
いや、そんな意味ではないというなら、改めてコメントをお願いします。
失礼しました。 (投稿者:ABO FAN,投稿日時:2016/10/04 00:56:26)

ABOFANさん
>いや、そんな意味ではないというなら、改めてコメントをお願いします
――そうですね。こういう意味ではなかったのですが、まぁそんなにこだわる箇所でもないので、お答えいただいたことに感謝します。ありがとうございます。
この調子で、サンプルについての質問にもお答えください。
また、前回の本題は「能見氏」についての質問です。そちらについてのコメントをお待ちしております。
最後に、
>毎回この調子では、はっきり言って疲れます。
――とありまして、これがABOFANさんのホームページにおけるコメントだったら筋も通るのですが、ABOFANさんの場合、ご自身の意思で本サイトに「訪問」されているため、お疲れのようでしたら、「お帰り」いただいて結構なのです。
ちなみに、今まで大勢の方が指摘していますが、「ABOFANさんの統計学」はABOFANさんにしか理解できない世界ですので、こちらにコメントされる際には「みんなの思う統計学」をお使いいただければと思います。 (回答日時:2016/10/04 16:42:26)

投稿の素早い掲載をありがとうございます。また、切望していた山岡先生の回答もいただけたようで、大変ありがとうございます。管理者さんのご尽力に重ねて感謝いたします。
ただ、少々残念なことですが、今回の山岡先生の投稿については、いくつか事実誤認が見られるようです。僭越ながら、気の付いた点を2つほど書かせていただきますので、どうかよろしくご検討のほどお願いいたします。
>古川竹二(1928)の血液型性格関連説は効果が再現されないために心理学会で否定された
――否定の時期が書かかれていませんが、戦前に心理学会で「心理学会で否定された」事実はないはずです。なぜなら、私が調べた限りでは、戦前の心理学の学術誌に掲載された論文は6件で、うち肯定的なものが4件だからです。http://www010.upp.so-net.ne.jp/abofan/furukawa.htm
あるいは、戦後ということなのでしょうか? ただ、そうなると、山岡先生の「思い込み」が存在するという指摘とは矛盾することになりませんか? なぜなら、この掲示板では、基本的に「古川説=能見説=渡邊さんの論文の質問項目=山岡先生の質問項目」というスタンスのはずだからです。そして、少なくともデータで見る限り、血液型によって(「思い込み」による見かけ上の)性格の差が存在することは証明された、というのが山岡先生の主張だと私は理解しています。
以上のことから、戦前でも戦後でも「心理学会で否定された」とは信じられません。よろしければ、「否定された」具体的な文献をご紹介くださいませんか? 私もぜひ勉強してみたいので。
>まず年代のことを考えると、90年代始めに出版された本に記載されている各血液型性格の内容が99年にまで不変であるとはいえません。
――これには大変驚き、かつ大変混乱してきました。山岡先生によると、1990年代始めに出版された本に記載されている各血液型性格の内容(=渡邊さんの論文の質問項目=山岡先生の質問項目)と1999年の各血液型性格の内容(=山岡先生の質問項目)は違うということですか? その根拠は何でしょうか? 仮にそうだとすると、山岡先生の1999年の質問項目は、各血液型性格の内容を表していないことになります。それなら、論理的には、これらの質問項目は「思い込み」ではないので、どんな結果が出ても「思い込み」が存在したかどうか「不明」と言うことになるはずです。更には、10年程度で各血液型性格の内容が変わるとすると、10年間のデータを合計することはナンセンスということにもなりかねません。つまり、山岡先生自身の次の主張は否定されることになりますが…本当なのでしょうか?
・山岡は1999年から2009年にかけて大学生を対象に血液型性格の調査を行っている(有効回答数=6660)。その調査結果から次のような話をしたい。
・(1)血液型項目を用いて自己評定をさせると多くの項目で血液型による有意差が見られる。
出典:日本パーソナリティ心理学会第18回大会自主企画(2) [2009年11月28日]
それだけではなく、「思い込み」が存在しないとすると、「血液型ステレオタイプ」も存在しないので、必然的に血液型によって性格を決めつける「血液型ハラスメント」も存在しないことになりませんか?
ということですので、正直山岡先生の真意が理解できず、大変戸惑っているところです。
なお、「血液型と性格」は、長島雅裕さんの労作である「30年20万人」のデータにより、「血液型による違いが統計的に明確に有意であることが示された。」とされています。
出典:武藤浩二・長島雅裕ほか 2012年
教員養成課程における科学リテラシー構築に向けた疑似科学の実証的批判的研究 2011年度科研費報告書
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-22650191/
失礼いたしました。 (投稿者:ABO FAN,投稿日時:2016/10/03 22:20:13)

(回答日時:2016/10/03 23:42:15)

AABAさん、以前にどこかでお会いしたかもしれませんね。今後ともよろしくお願いいたします。さて、
>ABOFANが「論文」を書いて議論すればいいのですが、まあ、以前のやりとりで彼(or 彼女)にはその能力がないことは証明されてますしね…。 (念のため。「書く」能力があることは、ABOFANが書いてみせることによってしか証明できません)
――残念ながら、私には○B○KATAさんのような才能はありませんので(苦笑)。ご存じのように、権威ある科学雑誌に掲載された論文でさえ、ネット上で間違いが指摘されて最終的には撤回されました。また、血液型と性格に“肯定的”な論文を書いた清水先生は、心理学会誌の掲載は見事にリジェクトされました。繰り返しになりますが、私には○B○KATAさんや清水先生のような才能はないので、残念なことですが、書くだけ労力のムダというものです(汗)。
この掲示板やネットの方が、リジェクトされないだけ、はるかに良いのですよ。 (投稿者:ABO FAN,投稿日時:2016/10/03 22:03:18)

(回答日時:2016/10/03 23:42:07)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46

      ※投稿された記事やコメントは運用管理者が承認した後、掲載されます。