ホーム » サプリメント » コラーゲン

コラーゲン

言説の一般的概念や通念の説明

語句説明

 コラーゲンとはタンパク質の一種であり、骨、軟骨、皮膚、角膜など体内の多くの部位に分布している。ヒトの体内に存在しているコラーゲンの総量は、全タンパク質の約30%(皮膚40%、骨・軟骨10~20%、血管7~8%と人体の部位によって割合は異なる(1))を占めるといわれており、特に皮膚や骨・軟骨などの主成分として繊維構造をつくり組織の構造や柔軟性を保つ役割を担っている(もう少し詳細に述べると、多くのタンパク質は細胞の中で機能を果たしているのだが、コラーゲンにおいては細胞の外に繊維状に存在しており、細胞と細胞のすきまを埋める役目を負っている(1)(2))。
 コラーゲンの特徴としては、そのアミノ酸配列であるアミノ酸X-アミノ酸Y-グリシン(Gly)を繰り返したものと、それと同じもの3本がらせん状に合わさった分子構造(3重らせん構造)をしており、分子量が約30万と非常に大きな高分子であることが挙げられる(1)(2)(3)。また、ヒドロキシプロリンという非必須アミノ酸が多く含まれていることも特徴であり、コラーゲンの目印として利用されている(2)(3)。 近年、こうしたコラーゲンを利用した言説が多く見受けられる。たとえば、いわゆる健康食品(サプリメントや機能性表示食品など)としてコラーゲンを多く摂取するといった言説や、美容効果を謳いコラーゲン含有の化粧品を使用するといったものがそうである。そこで期待される効果としても、肌がプルプルになるといった美肌効果や骨・関節への健康効果、紫外線障害抑制といった具合に幅広い分野に及ぶ。
 本項目では、以上のようなコラーゲンにおける人体への健康有効性について評定する。
 ただし、本項目ではいわゆる健康食品としてなどの経口摂取におけるコラーゲンの効果を評定の対象とし、外用のものについては基本的にその対象とはしない。美容効果を謳う化粧品等には多少言及するが、評定の基準としては経口摂取における健康効果に主眼を置く。
 また、本評定にあたっては、部分的にコラーゲンとコラーゲンペプチド(低分子コラーゲン)の言説(両者の説明は論理性の項目にて行う)を区別しつつ言及する。

効果の作用機序を説明する理論の観点

理論の論理性 (低)

 コラーゲンとコラーゲンペプチドにおいては、言説として若干意味の異なる部分があるため、ここではまず両者を簡単に説明しつつ全体を俯瞰する。
 まず、コラーゲン言説の一般的な理論から説明する。
 経口摂取におけるコラーゲン言説として提示されているものを簡略的に述べると、体内のコラーゲンは加齢とともに変質し、生成量も減ってしまうので、それを補うためにサプリメントなどで外から多く摂取すればよい、といったものである。確かに、年齢によってコラーゲンの生成量が減ることはよく知られており、それが身体の不調を引き起こしているという理論にもそれほど無理はない。しかし、この言説には消化吸収の基本的な理解が抜けている。
 コラーゲンをはじめ、タンパク質を食べると、胃や腸の中で分解され、アミノ酸(もしくはごく短いペプチド)の形で吸収されるのが普通である。アミノ酸は体内の色々な部位に運ばれ、そこでタンパク質として再合成される。つまり、コラーゲンを食べたからといって、それが体の中にそのままの形で運ばれ、機能するということではないのだ(4)(5)。
 また、食べたコラーゲンがアミノ酸に分解され、そのアミノ酸が体内でのコラーゲン生成に役立つのではないかという説に対しても、コラーゲンの特性が起因となってそのような反応は見つかっていない(つまり、体内の酵素で分解されヒドロキシリシン残基やヒドロキシリシン残基などにヒドロキシ化したものが、プロリンやリシンには変わらずコラーゲンに再合成されないということ)(5)。さらに、高分子であるコラーゲンは一般的に水に溶けにくく吸収性も悪いため(1)、サプリメントなどで取り入れたコラーゲンが、体内でコラーゲンに再合成されるというのは、理論というよりも単なる希望的観測に過ぎない(6)(7)。
 次に、コラーゲンペプチド(低分子コラーゲン)言説について説明する。
 前述のように、高分子であるコラーゲンは消化吸収性が悪いため、体内においてコラーゲンを再合成する役には立たないとの指摘がある。では、コラーゲンをゼラチンに加水分解し、それをさらに酵素分解したコラーゲンペプチド(分子量が少ないということ)であるならば、吸収力も高くなり、体内でのコラーゲン生成にも役立つのではないか、というのがコラーゲンペプチド(低分子コラーゲン)の簡単な理論である。
 つまり、コラーゲンペプチドの形で経口摂取すれば健康効果が期待できる、といったものである。さらに、体の中に運ばれたコラーゲンペプチドが細胞に対して何らかの「シグナル」を送っており、それが細胞を活性化させているのではないか、といった仮説も現在提案されている(1)。
 ただし、このコラーゲンペプチドの「シグナル」説などは面白い仮説ではあるが、現在のところ、それをきちんと立証できているとはいえない。
 コラーゲン言説と比べると、コラーゲンペプチド言説の方が理論的な説明として整っており、また、今はまだ不明瞭なことは多いものの今後の発展性をうかがえるだろう。
 しかし全体を総括すると、理論面は“推論”の域を出ておらず、秩序だった説明になっていないことがいえる。

理論の体系性 (中)

 コラーゲン言説は、他の学術分野と決定的に相いれないものともいえないのだが、それを選択する必然性もないこともいえる。 そして、その点において特筆すべきは、コラーゲンの構築にはビタミンCが深くかかわっているということである。ビタミンCがヒトの体において重要な役割を果たしていることはよく知られたことであるが、コラーゲン構築においても同様だということだ。
 前述したように、コラーゲンは3重のらせん構造をしているのだが、ビタミンCはそのらせん構造を保つ働きをする酵素を助ける、補因子として作用している(8)。コラーゲン分子が規則的な3重らせん構造を形成するためには、アミノ酸(プロリンやリシン)に水酸基(-OH)がそれぞれ一つずつ付加されなければならず、その規則性が失われると、結果的に弾力性や強度のあるコラーゲン繊維が構築できなくなってしまう。ビタミンCは水酸基を付加する酵素を補助しているため、それが良質なコラーゲンの形成につながっていることいえるのだ。
 つまり、ビタミンCを多く採る方が体内での良質なコラーゲンの形成には意味があり、わざわざサプリメントなどでコラーゲンを経口摂取する必然性はないことがうかがえる(4)(5)(8)。
 また、摂取量という観点からもビタミンCに分がありそうだ。コラーゲンは確かに体内に大量に存在するタンパク質だが、同時に入れ替わり(分解から再合成まで)が非常に遅いことも知られている。具体的に述べると、ヒトの体内では1日に200~300グラムのタンパク質が分解されるのだが、コラーゲンはその内の1~2グラムに過ぎない。つまり、体全体のタンパク質やアミノ酸の流れからすると、コラーゲン合成のために特に“コラーゲン”を摂取するという必要はないことがいえるだろう(5)。
 これに由来してか、コラーゲンの経口摂取の目安は1日5グラム程度とされているが、その根拠は希薄である(1)。対してビタミンCはヒトの体内での需要も高く、その摂取量についても疫学的研究に照らし合わせながら、必要量、奨励量、目安量と策定されている(たとえば、成人(12歳以上)の必要量は1日85ミリグラムである) (8)(9)。

理論の普遍性 (低)

 現状では効果があると示された臨床データでも、それに寄与する条件が確定されておらず、効果報告も主観的評価である場合が多い。たとえば、「プロリンの摂取不足の人がコラーゲン不足になりやすく、それらの人は低分子コラーゲンを飲むことで効果がある」などの研究がされれば、効果のある範囲を特定できるが、現在の研究段階では、普遍性においても低評価だと考えるのが妥当だろう。
 また、コラーゲン言説ではその健康効果の範囲も問題となってくる。コラーゲン言説が幅広い効果を謳っている理由として、コラーゲンにはⅠ型、Ⅱ型といった具合に合計29種類の分子種があり、それぞれで体内での分布が異なっている(1)(2)(3)(4)(5)(10)ことが考えられる。つまり、たとえば皮膚や骨にはⅠ型が多く含まれ、角膜にはⅤ型が分布されているのだが、それらを一緒くたにすることによって普遍性を広く装うことができてしまう(これらの型はアミノ酸配列や分子構造の違いによる区分である)。

実証的効果を示すデータの観点

データの再現性 (中)

 経口摂取におけるコラーゲンの健康効果において、過去には被験者の主観に依存した研究データも多かったが、現在では二重盲検法での肌の状態の改善や、関節炎の改善なども報告されている(1)。 しかし、依然として業界団体が主体となって研究を行っており、再現性に乏しく信頼もおけない。少なくとも、効果があるとする抜群に再現性の高い研究成果はまだない(11)(12)。
 ただし、コラーゲンペプチド言説(低分子コラーゲン)の研究においては注目すべきものもある。たとえば、コラーゲンを摂取するとプロリルヒドロキシプロリンやヒドロキシプロリルグリシンといったアミノ酸が2つ繋がったコラーゲン特有のペプチドが特異的に増加する(佐藤 2005)などがそうである(1)(13)。これは、前述のコラーゲンペプチド「シグナル」説の原点となったものであり、現在この分野で最も注目されている研究の一つといえる。コラーゲンペプチドの血中濃度の推移などに着目した実験が行われており、再現性も高い。
 しかし、これについてはまだ基礎的研究の段階であり、健康効果言説としてのコラーゲン研究と直接的には結びついていないのが現状だ。
 基礎研究の再現性を重視し中程度と評価するが、健康効果についてはまだよくわかっておらず、今後の研究が待たれる(12)。

データの客観性 (低)

 言説全体を総じて、利益団体や企業が先導してその研究が進められている状態では、得られるデータの客観性という観点に立つと疑問が残る。
 たとえば、コラーゲンサプリメントの解説書などにおいては、あたかもその研究によって効果が実証されたかのように説明されているが、出版元など、その背景には業界団体が見え隠れしている(14)(15)(16)(17)(18)。

データと理論の双方からの観点

データ収集の理論的妥当性 (中)

 美肌効果や健康効果について収集すべきデータは明瞭であるが、多くは主観的な報告に頼っている。現在の研究においてはプラシーボ効果の排除や二重盲検法を用いているなど、肯定的にとらえることができるものもある(1)。
 ただし依然として、(特に商品の販売元などにおけるものでは)疑問の残る研究も多く、研究の質という意味ではばらつきがある(7)。

理論によるデータ予測性 (低)

 コラーゲンを、どのような状態の人がどの程度経口摂取すると、どの程度の改善が得られるか、理論が確立していない。
 コラーゲンペプチド(低分子コラーゲン)研究においては、基礎的研究としてはデータ予測性の高い実験が行えることはうかがえる。
 しかし、それと経口摂取による健康言説とを明確に結びつけるまでには至っておらず、健康効果の方では、何となくデータを収集してみたら成果が得られた、といった具合に理論面が追いついていないことがうかがえる。
 つまり健康効果言説において、予測できる実験が行えるとはいえない。

社会的観点

社会での公共性 (低)

 現在、言説としてのコラーゲンを継続的に研究し、かつ利益相反のない機関は確認できない。良心的な研究者も多くいるのだが、それ以上に商品販売を目的とした研究者、あるいは機関が目立ってしまっており、公的機関などが警鐘を鳴らしているのが実態である(たとえば、日本では「国立健康・栄養研究所」(11)、海外では「FDA(アメリカ食品医薬品局)(19)」「WHO」などがそれに当たる)。
 コラーゲンそれ自体の研究においては公共性に一定の評価をあたえることはできるが、言説としての評定とは少し意味が違うこともわかるだろう。
 研究されているようでされていないという現状から、公共性は低いと評定する。

議論の歴史性 (中)

 コラーゲン自体の本格的な研究は、1960年代になってタンパク質の生合成のメカニズムの基本が明らかになったことにより始まった。しかし、コラーゲンに特有のヒドロキシプロリンというアミノ酸においては、その20年ほど前から注目され研究が進められており、それが今日のコラーゲン研究の礎となったといってもよいだろう(3)。この段階では、純粋に生化学の問題としてコラーゲンが研究されており、経口摂取による健康有効性などは一切語られていなかった。
 健康言説としてコラーゲンが注目されるようになったのは1990年代に入ってからであるが(1)、食品や美容品としてのコラーゲンの効果には初めから懐疑的な意見が多く、むしろこれまでコラーゲン研究に従事していた研究者の方が積極的に疑問視していたことは議論の歴史性という意味において特記事項といえる(2)(3)(5)(7)(10)。
 ただし現在では、そうした純粋な生化学としての研究者たちも健康言説に併合しているようにも見受けられ、特にコラーゲンペプチドの研究が盛んになってからはそれが顕著であることは付しておく。

社会への応用性 (低)

 コラーゲンを含むいわゆる健康食品(サプリメント、機能性表示食品)においては、特に広告などの販促行為から、その応用性が損なわれているという面が強いだろう(20)。
 たとえば、コラーゲンの広告でよく見かける「翌日に肌がプルプル!」といったものがある。しかし、たとえコラーゲンに美肌効果があったとしても、肌は1ヶ月かけてターンオーバーするため、翌日に実感できる効果が表れることはない(7)。このように、コラーゲン言説が、コラーゲンに対する認識やその研究可能性をも奪ってしまっているということが推察される。
 コラーゲンペプチド(低分子コラーゲン)に関しても、主要な研究者は概ね控えめな態度をとっており(1)、今後の研究に期待するなどとしているが、販売元である企業などがそうした成果を見切り発車して社会に送り出しており、商品の効能を誇大表示したまま販売されているものが多い。

総評

疑似科学~未科学

 数多あるサプリメント成分の代表格としてコラーゲンが挙げられることが多い。経口摂取におけるコラーゲンの健康有効性については疑いが残るものの、データも提示されている。しかし理論面に関しては全くといっていいほど整備されておらず、その効果についても、過去にはむしろコラーゲン研究者の方が懐疑的だったことは、いわゆる健康食品の言説において珍しいことといえるだろう。
 サプリメントや機能性表示食品などにおいて、消費者は費用対効果(つまり期待される効果に対する対価)を常に念頭に置かねばならず、そういう意味で現在社会にて応用されているコラーゲン製品の多くには批判的にならざるを得ない。
 しかし、研究面においてコラーゲンに全くその価値がないわけではなく、むしろコラーゲンペプチドを始めとして基礎研究としてはしっかりと考察されており、今後の研究可能性にも期待が持てる。
 ただし、やはり社会との関わり方には注意が必要で、コラーゲン言説はその点において“もったいない”一例といえるだろう。

参考文献:

(1)『コラーゲンからコラーゲンペプチドへ』 日本ゼラチン・コラーゲンペプチド工業組合
(2)『コラーゲン』 藤本大三郎
(3)『コラーゲン物語』 藤本大三郎
(4)『コラーゲンの秘密に迫る』 藤本大三郎
(5)『コラーゲンの話』 大崎茂芳
(6)『「健康食」はウソだらけ』 三好基晴
(7)『サプリメントの正体』 田村忠司
(8)『ビタミンCの事典』 石神昭人
(9)「日本人の食事摂取基準(2010年版)」 厚生労働省
(10)『人の体は再合できるか』 林利彦
(11)http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail23.html 独立行政法人国立健康・栄養研究所
(12)「コラーゲンの安全性と機能性」 石見佳子 国立健康・栄養研究所 2004
(13)http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16076145 Identification of food-derived collagen peptides in human blood after oral ingestion of gelatin hydrolysates.  Iwai,K  Hasegawa,T Taguchi,Y Morimatsu,F Sato,K Nakamura,Y Higashi,A Kido,Y    Nakabo,Y Ohtsuki,K J. Agric. Food Chem.,53,6531-6536 2005
(14)『EBMサプリメント事典』 蒲原聖可 編集協力:DHC医薬食品相談部
(15)『サプリメント・健康食品』 蒲原聖可 編集協力:DHC医薬食品相談部
(16)http://www.promedial.jp/prom/prom02.htm  低分子コラーゲンの説明 ロート製薬株式会社
(17)http://www.asahi-fh.com/perfectcollagen/ingredient/collagen.html 低分子コラーゲンの説明 アサヒフードアンドヘルスケア株式会社
(18) http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/entry_142/ コラーゲンに関するページ わかさ生活
(19)医療用コラーゲンについて FDA(関連リンク参照)
(20)『デタラメ健康科学』 ベン・ゴールドエイカー

http://www.tokiwayakuhin.co.jp/news/2011/09/post20110908.htm 第29回日本美容皮膚科学会
「コラーゲン経口摂取が結合組織(骨、皮膚)におよぼす作用」春日井昇平 小山洋一 公益財団法人コスメトロジー研究財団法人 2004研究報告
「天然素材コラーゲンの機能性」小山洋一 皮革科学 2010日本皮革研究所健康食品の安全性・有効性情報
http://cosmedmd.blogspot.jp/2012/09/collagen-supplements-do-they-really-work.htmlコラーゲンの美容効果についての解説 (英文)
顔皮膚注射におけるコラーゲン FDA(関連リンク参照)

情報提供、コメント、質問を歓迎します。

(最終更新日時2015年8月19日)

投稿

投稿&回答

DHCがスーパーコラーゲンなるものを開発しましたよね?
なんでも世界で初めてコラーゲンを肌に浸透させることに成功したんだそうです。
モニターによるとあきらかにシワも減ったそうですが
まがいものですか???
動画ありますのでご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=G2sMLBOygoQ (投稿者:渡辺,投稿日時:2016/02/02 23:03:11)

話題になっていますよね。
仮に効果があるとしても、これまでの自社製品を自ら否定しているようにしか見えないのですが……苦笑
抗議や訴訟問題に発展していないのが不思議です。
(回答日時:2016/02/09 15:55:50)

コラーゲンの摂取と合成に話の焦点が当てられているように感じられたのですが、コラーゲン繊維架橋については評定しないのでしょうか。
創傷治癒において、細胞増殖時にコラーゲン産生が起こり、次いで組織再構築時にコラーゲン繊維架橋が行われるとされています。(文献内3章B)
つまり、正常な細胞組織構築にはコラーゲンの合成だけでなく、どのようにコラーゲン繊維架橋が行われるかも重要なのではないでしょうか。
産生と繊維架橋が合成の名のもとに一括りにされているように感じられました。
コラーゲンがかかわる疾患であるケロイドについて記述します。
ケロイドは真皮にコラーゲンが蓄積され増大する疾患であり、治療にあたりコラーゲン発生抑制とともに、コラーゲン繊維の変性も必要とされています。(文献内4章A)
このことからも、コラーゲン産生とコラーゲン繊維架橋を同一に扱うことは注意しなければならないのではないでしょうか。
健康時と治癒時を全く同じにみることはできませんが、少なくとも、コラーゲンの健康効果を述べるにあたりコラーゲンの産生だけでなく、産生されたコラーゲン繊維が正しく架橋するかどうかも評定に加えるべきではないでしょうか。
参考文献:金原出版株式会社「創傷管理と治癒システム」 (投稿者:cheapie,投稿日時:2016/01/02 09:42:10)

ご指摘ありがとうございます。
おっしゃる通りですね。
コメント掲載ののち、他の閲覧者様がたの反応によって、再度考察いたします。 (回答日時:2016/01/13 16:47:14)

燕の巣が美容にいいといわれますが、どうなのか検証して欲しいです。 (投稿者:堀)

コラーゲンの合成能力が弱くなっているなら、材料を増やせば結果として再合成されるコラーゲンの総量は増えるのではないでしょうか?

実際無理な食生活でコラーゲンのみならずタンパク質が不足している方も増えているようですし。(若者の過度のダイエットによる栄養失調が増えていることを鑑みると) (投稿者:みなと)

病理医です。コラーゲンの外用については、保湿ならびに創傷治癒促進についてエビデンスがあります。項目をコラーゲン外用とされた方がよいかと思います。 (投稿者:sugikota)

sugikota様
ご投稿ありがとうございます。
ご指摘の通り、コラーゲンの外用品についてはエビデンスがあります。そこで、本研究では「経口摂取サプリメント」に対象を限定して評定しており、その旨は評定の序論にて一応記述しています。
カテゴリーもサプリメント内の「コラーゲン」でありますので、主旨は伝わるかと考えておりましたが、不十分だったでしょうか?

1 2

      ※投稿された記事やコメントは運用管理者が承認した後、掲載されます。