ホーム » 生活環境改善 » 活性水素水・(電解還元水)※現在改訂中です。

活性水素水・(電解還元水)※現在改訂中です。


言説の一般的概念や通念の説明

語句説明

 本項では活性水素水、および電解還元水を評定する(電解還元水言説と活性水素水言説は類似する概念と思われる)。
 「活性水素」とは、(少なくとも本項目では)水の電気分解の際に金属から放出される電子によって水素が金属粒子と結合したものを指す。活性水素水を飲用することによる健康効果としては「抗酸化物質」による酸化防止が主張の大まかな骨格として考えられ、「体内で悪影響を及ぼす活性酸素を除去し、健康効果を得られる」といった広い意味のものや「生活習慣病への予防」、「アンチエイジング効果」といった主張がある。
 本項ではこの活性水素水(電解還元水)について、(主に経口摂取による)健康効果に重点を置きながら記述する。

効果の作用機序を説明する理論の観点

理論の論理性 (低)~(中)

 まず、そもそも「活性水素」が何を意味するものなのか、どのような手順により生成されるとしているのか説明する。
 活性水素仮説の主要な研究者による九州大学の白畑教授によると、水を電気分解したときに発生した水素が陰極表面に付着したものを「活性水素」と指す、と定義している。これ自体は化学の基本的な理解の範囲内であり、『「活性水素」なる「単原子水素」が水中に存在している』といったような一般通念として思われている物とは意味の異なるものであることがいえる(参考:「水商売ウォッチング」)。また、電解還元水についての明確な定義はないが、活性酸素除去効果をもつ還元水であるというのが、活性水素水言説における拠り所として扱われているようである。
 ただし、それらを健康効果として当てはめると不明瞭な点が多い。活性水素が活性酸素に対して除去効果――つまり抗酸化作用がある――としても結局それが人間の身体にどのように作用するのか、といったことへの明確な説明はない。たとえば、「活性水素水」を飲むことによって活性酸素除去効果(体内の活性酸素と「活性水素」が結びつくこと)があるとし、それが健康効果につながるとしても、その範囲は実際に水成分の通る、口腔、食道、胃、腸に限られると考えるのが自然なのだが、「活性水素水」言説においてはあやふやな説明しかない。(このことは、電解還元水言説においても同様の指摘ができる)
 これは、抗酸化作用を謳い、健康効果につながるとしている言説全般に言えることでもあるが、対象となる疾患や「健康」状態の指標が曖昧であることも一因といえるだろう。  

理論の体系性 (中)

 活性酸素が人体において有害であり、生活習慣病などの原因の一つであるという仮説は現在多く研究が進められている分野の一つであり、まだまだ不明な点は多いが今後の応用性が待たれるものではある。
 その中で、細胞内の酵素で分解しきれなかった活性酸素が病気の原因となる、という上記の前述の前提に基づくと、還元作用があるとしている電解還元水、あるいは活性水素水を人体に取り込むという理論は現代科学の体系性から著しく逸脱している理論ではない。
  ただし、活性水素水に活性酸素への消去効果があったとしても(それ自体にも議論がある)、そもそも活性酸素と人体の健康の関係性についての議論が整っておらず、過度な健康効果言説(生活習慣病に「効く」や「がんの予防作用」など)における理論の根拠はまだまだ乏しいといえる。

理論の普遍性 (低)

 活性酸素における研究が進み、活性水素水研究においてもその抗酸化機能が信頼できるデータの蓄積や客観性において認められれば、万人に対して普遍性のある理論となりうるが、現状ではどちらの研究も検証不足だと評価せざるを得ない。
 また、活性酸素が人体に「どの程度」有害で、還元することによって「どの程度」健康効果があるのかという理論が確立されなければ、活性水素水の健康有効性言説の補強にはつながらない。前述の白畑教授の研究も「活性水素水を生成する」という基礎研究の段階であり、ヒトを使った臨床試験にはまだまだ程遠い。
 現在の活性水素水研究では、活性水素を生成しているとするデータの再現性や対象、つまり特定疾患への罹患率などへの特定化がなされていないため普遍性も低いと評価する。
 さらに、サプリメント全般の特徴として、“万人に効果がある”という普遍性の高くなるような“装い”を“まず初めに主張している”という問題点も挙げられる。多くのサプリメントでは、医学的には“未病”か、むしろ“健康状態”の人をその対象の大部分としており、「実は必要なかった」ケースをも初めから含んだ状態で言説が展開されている。こうした普遍性を装っている(ようにみえる)現状において、評定も低評価とするほかない。

実証的効果を示すデータの観点

データの再現性 (低)~(中)

 まず、「活性水素」の検出について述べる。「活性水素」の検出方法としては、「水素ラジカルの検出方法及び定量分析方法」(公開特許公報P2002-35420A)にて検出できるとしている。この技術自体は水の電気分解によって「活性水素」(金属粒子が電子を放出して水素と結合したもの)が生成されるとしたものであり公開されているデータでもあるため、そういう意味では再現性は高いと評価できる。ただし、“公開特許”という表記には注意が必要で、これ自体は製造特許にすぎず、効果を実証する意義をもたないものであることを追記しておく。
 また、これが活性水素水“言説”となると、健康効果についての臨床研究、あるいは「活性水素」が直接的に人体内で活性酸素を除去したかどうかについてよくわかっていないのが実情である。活性水素水だけでなく電解還元水自体の健康効果においても十分に確かめられているとは言えない。

データの客観性 (低)~(中)

 活性水素水のヒトへの健康効果において客観性の高い研究は多くない。「活性水素」とされるものを検出する技術自体はあるが、それと「健康効果」とは区別して考える必要性があるだろう。
 無作為化比較対照試験などの質の高い臨床的な研究によって健康効果が担保されているとはいえない。

データと理論の双方からの観点

データ収集の理論的妥当性 (低)

 「活性水素」それ自体を検出する技術的なステップはクリアしているが、活性水素の健康効果となると妥当なデータが十分に収集されているとは言えない。

理論によるデータ予測性 (低)

 抗酸化物質の人体への影響(健康効果)については、まだ議論の最中であるとはいえ概ね好意的な見解ではある。また、「活性水素」の検出自体も(試験管レベルでは)安定してできるとしているため、基礎研究としての土台は整っているといえる。
 しかし、活性水素と活性酸素の作用関係、ひいてはそれが人体のどの部分にどれほど影響を及ぼすのかという応用的側面についてはまだ不明瞭である。 予測性とは、どのような対象(ヒト)がどのくらい飲んで、そしてそれがどういう効果をもたらすかについて繰り返し検証できるかどうかを推し測る指標であり、そういう意味で、対象疾患が不特定であり、対象者も不明瞭な本言説ではこれを高評価とすることはできない。

社会的観点

社会での公共性 (低)

 活性水素水言説においては、「活性水素それ自体の研究」と「活性水素が人に及ぼす影響」の意味が混同されている。そのため、本来ならば基礎研究の段階である「活性水素」が「健康効果のある活性水素水」として一般に広まっていることが懸念される。
 主要な研究者が積極的に健康言説を広めているというわけでもないが、「活性水素」という名称やその理論の作用秩序などから、商業的、経済的な意味として活性水素水言説が利用されていると考えられる

議論の歴史性 (低)

 「活性水素水言説」において、その言説の作用範囲・効果などが社会において活発に議論されてきたという形跡は見当たらない。また、活性水素水に注目が集まったことが近年ということもあり、単純な歴史としても浅い。

社会への応用性 (低)

 活性水素水言説は商業的、経済的に利用価値が高く「活性水素」というネーミングを用いている商品が見受けられる。説明を簡略化しすぎ、あたかも既に健康効果が確かめられていると誤解させるような文脈もみられる。おおもとの電解還元水の健康効果も十分に確かめられているといえない中、「基礎的研究」から「実用的、応用的研究」へ至るプロセスが省略されており、(それが意図的とも見受けられることは重要な論点だと思われるが)、ビジネス面が先行しているといえる。

総評

疑似科学

 本言説の特徴は、電解還元水や活性水素水がなにを意味し、どのような働きをもっているのかが極めてわかりにくくなっていることである。活性水素水言説が電解還元水言説への説明として機能を果たそうとしている一方で、電解還元水言説自体が何を示すのか不明瞭なまま理論が構築されていることが見受けられる。
  そもそも、活性水素水言説では「活性水素」という語句に対する誤信が一般に広まりすぎていることにその問題の端を発していることが考えられる。単原子水素が自然に独立して存在しているものが(源流的な意味での)活性水素なのではなく、水の電気分解によって検出された水素を「活性水素」と定義しているに過ぎないのだ。
 活性水素水言説では、抗酸化作用を健康効果における“大動脈”として用いているが、しかし本当にその抗酸化作用がヒトに対して効果があるのか、といったことにたいする根拠あるデータはない。前述のように、そのような健康効果を電解還元水言説に求めているが、電解還元水が特定の疾患に対して明確な効果があったという信頼できる研究は見当たらない。
 付け加えると、電解還元水については管理医療機器として製造販売許可の下りているものもある。正式名称を家庭用電解水生成器というこれには、効能、使用目的として厚生労働省告示第112号にて「胃腸症状改善のためのアルカリ性電解水の生成。一般家庭で使用すること」とある(一方で、家庭用医療機器の区分とは家庭用マッサージ器や避妊具(コンドーム)などと同カテゴリー区分であり、それには効果と同様にリスク(安全性)に対する許可(認可)という意味も含意されていることにも注意されたい)。
  活性水素水言説においては(電解還元水言説においても)、仮にヒトに対しての抗酸化作用があったとしても、そこから健康効果に結びつけるためにはまだ幾つもの段階を経る必要があり、仮説検証を繰り返し行わなければならない。
 そういう意味で、現在の活性水素水言説(電解還元水言説の一部)には行き過ぎたものもあり、商業的な側面の強すぎるものとなってしまっている。具体的な疾患への効果などは「まだよくわからない」とするのが妥当だと考える。

参考文献:

『現代医学 七つの大罪』 林秀光
『病を癒す水が日本にもあった』 体が喜ぶ水研究会
季刊『理科の探求』左巻健男 2014春号 特集 ニセ科学を斬る! P48-111
季刊『理科の探求』左巻健男 2015春号 特集 ニセ科学を斬る!リターンズ p50-109

情報提供、コメント、質問を歓迎します。

(最終更新日時2016年1月13日)

投稿

投稿&回答

内容がオープンに改訂されていくプロセスは客観的であり、空想や一定範囲の証拠を元とした結論で硬直しているのではないという部分に、筆者の編集姿勢に好ましさを感じます。私としましては発展途上の科学の評定を推しますし、一方で過大広告が生じています。改訂中ということですが、参考になる資料がありますのでご活用ください。

定義としては、水素分子や金属と結合した水素により体内で活性水素が発生するという仮説ですね。
活性水素水(マグネシウム発生なのか電解なのか)と、電解還元水が同一なのか私は確認していません。水素を含むということについては同様であり、試験管研究では、電解水素水はただの水素水にプラスアルファした抗酸化力があるようです。後で示すパーキンソン病の試験もその考えにあるようです。
・Electrochemically reduced water exerts superior reactive oxygen species scavenging activity in HT1080 cells than the equivalent level of hydrogen-dissolved water
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0171192

>水成分の通る、口腔、食道、胃、腸に限られると考えるのが自然なのだが、「活性水素水」言説においてはあやふやな説明しかない。

既存の知識では、飲食品の経路は、腸から吸収できないものは排泄され、吸収されるものは腸壁、門脈、肝臓、肝静脈、大静脈、内蔵です。水素は吸収されるようです。

また人が水素水を飲用することにより呼気中の水素が増加することから、そのような考えは自然ではありません。ラットでの水素水の飲用が内蔵を保護しています。仮に活性水素の仮説がおかしくても現象の再現性として何かが生体で起こっていることは確認されています。
・Estimation of Molecular Hydrogen Consumption in the Human Whole Body After the Ingestion of Hydrogen-Rich Water
https://link.springer.com/chapter/10.1007%2F978-1-4614-1566-4_36
・Oral hydrogen water prevents chronic allograft nephropathy in rats
http://www.kidney-international.theisn.org/article/S0085-2538(15)54211-7/fulltext

水素ガスでは動物研究、人間での小規模試験を経て、この度360人のデータを集めることとなっています。以上から水素が何も起こさないと考える方が不自然です。
・水素で心停止後の脳機能改善(毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20170124/ddm/013/040/006000c

>ヒトを使った臨床試験にはまだまだ程遠い
以下の研究は、電解水素水生成装置を使っています。症例報告といった人での初歩的な研究も超えているかと思います。
電解水素水を使ったパーキンソン患者での二重盲検試験が先行し、これを踏まえての、電解したのではない水素水の大規模二重盲検試験が終わったが結果がまだ報告されていないという報告があります。連続した試験です。
・Pilot study of H2 therapy in Parkinson's disease: A randomized double-blind placebo-controlled trial
http://onlinelibrary.wiley.com/wol1/doi/10.1002/mds.25375/abstract
・A randomized double-blind multi-center trial of hydrogen water for Parkinson’s disease: protocol and baseline characteristics
https://bmcneurol.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12883-016-0589-0 (投稿者:mim,投稿日時:2017/06/16 14:30:52)

ご指摘、ならびに情報提供ありがとうございます。
これまでの記述では情報が混同していたため、対象を絞った評定としていく方針です。
全体の見直しのため時間がかかることが予想されますが、改訂中ということでご容赦ください。 (回答日時:2017/06/19 11:15:27)

批判が空想に基づいています。
林秀光は『患者よーガンで』に書いてありますが、
岩波書店『理化学辞典』の「活性水素」の項目を引いており、
ここの筆者が言うように「生み出した」とか「定義した」のではないですね。
ここの筆者の述べる「活性水素なる単原子水素が水中に存在しているといったような一般通念」がどこから来ているのか存じません。

林秀光は水素分解酵素による体内での水素分子の水素原子への分解を想定していたようです。
・http://www.new-water.org/secret/index5.html
白畑は水素原子を「想定」していただけで、後に白金ナノコロイドの関与して水素分子が水素原子となると考えていますが。
・PMID 9169001や、「還元水による動物細胞の機能防御と医療への応用」

実際には電解水素水では
・腎不全の酸化ストレス対策に関する包括的研究
・電解水透析の臨床検討
・馬の非ステロイド系抗炎症薬誘発胃潰瘍に対する電解水素水飲水の予防効果
といった研究が行われているようです。

2016年9月30日のコメントに「本評定中では、一応、応用的なヒトへの健康という面に重点を置いていまして」とここの筆者と思わしき方が書いてありますが、
透析への臨床検討というのは「臨床応用」ですので、
そういった情報が欠けたままでの疑似科学だとの評定は、調査不足だと言えます。

現在、厚生労働省の承認による「先進医療B」として
水素ガスが脳細胞の死滅を防止するという、動物での基礎研究から発展した人間での医療研究が進んでいます。
体に入った水素が何も起こさないという研究結果によって
水素による健康現象自体が完全に否定されたということでもなく、
むしろ水素が人体で作用するという方向で証拠が蓄積されているところですよね。

研究は動物試験から人での応用の連続性にあり、周辺分野の水素や、水素を含んだ水での研究が行われていますから、
「疑似科学」とまで呼ぶには調査不足なのではないでしょうか。 (投稿者:mim,投稿日時:2017/06/14 11:34:29)

ご投稿、ならびにご指摘ありがとうございます。
すでに若干の改訂を加えましたが、現在全体的に見直しております。 (回答日時:2017/06/15 17:10:39)

一連のやり取りを読ませていただいた最後に、以下のような回答に正直“非科学的”と感じました。

「ご見解理解いたします。ただ、本評定中では一応、「応用的な」ヒトへの健康という面に重点を置いてまして、そういう意味での記述となっています。

従いまして、確かにおっしゃるような基礎研究の成果はいえるかもしれませんが、しかし現状ではその効果を広く謳うという意味において「科学」にまでも少し遠い位置にあると思われます。」

「応用的な」安全性ないし応用性が保証されなければ『「科学」にまでも少し遠い位置にある』ということは、たとえばiPS細胞もまだまだヒトへの応用という意味では十分ではありません。つまりは、それは「科学とは未だ言えない」レベルにあると、ここでは判断されるという理解でよろしいのでしょうか。
科学に対する、ある意味「挑戦」ですね!!
(投稿者:ポー,投稿日時:2017/02/01 17:27:09)

ご投稿ありがとうございます。
ご指摘の趣旨を図りかねるのですが、何点かご返答を。
>「応用的な」安全性ないし応用性が保証されなければ『「科学」にまでも少し遠い位置にある』ということは
とのことですが、たしかに「応用性」は本サイトの基準の一つですがそれが絶対であると言明しているわけではありません。
というより、現在の水素水問題では「過度に効能を標榜すること」に対する問題の方が深刻に思います。
参考に↓
http://www.asahi.com/articles/ASJDW5VWQJDWUTIL038.html
http://www.sankei.com/life/news/170123/lif1701230029-n1.html

仮に、水素水に謳われているような健康効果があるならば、むしろ速やかに医薬品として流通し、多くの人の健康に役立てててほしいとすら期待するのですが。 (回答日時:2017/02/04 10:26:06)

京大再生研の金宗です。Nature Medicineの2007年の論文から始まった話ですが、確かにその水をどの程度飲めば、何にどれぐらいの効果があるのか数値化するのは困難だと思います。その水素の量、投与法、患部へのターゲット化の問題と考えます。
 最近の研究では、徐々に効果が明らかにされてきており、特に中国と米国の組織・臓器移植や循環器等の治療に効果があるというデータが数多く出てきています。抗酸化作用や抗炎症作用が、組織細胞レベルで効果が実証されてきています。炎症というのは、かなり広範囲の疾患でハブ原因になっておりますので、抗炎症作用は様々な疾患に有用です。
 注目すべきは、水素がポリエチレン袋を透過して、中に入れてあるメチレンブルーという試薬の青色を消す実験結果です。皮膚や粘膜を透過して、ターゲットに到達することが想定されるからです。
 従いまして、現状、疑似科学ではないと考えます。しかし、市販されている水素水の中の残留水素量が問題なので、これを生産・流通企業がこれをよく把握した上での生産・販売体制を整えることがより公益につながると考えます。 (投稿者:金宗 潤,投稿日時:2016/09/28 13:30:01)

ご投稿ありがとうございます。
ご見解理解いたします。ただ、本評定中では一応、「応用的な」ヒトへの健康という面に重点を置いてまして、そういう意味での記述となっています。
従いまして、確かにおっしゃるような基礎研究の成果はいえるかもしれませんが、しかし現状ではその効果を広く謳うという意味において「科学」にまでも少し遠い位置にあると思われます。
(※ちなみに、あえて評定なさるとすればどれが妥当だと思われるでしょうか?) (回答日時:2016/09/30 15:51:11)

実に胸のつかえが下りた対話でした。
投稿者の内容に納得!
残念ながら、私には科学的根拠に基づいた意見には程遠い知識しか持たず、代弁してくださった投稿者に感謝!
今、水素水に救いを求める者にとり大切なことは自ら正しい情報を知識にすること。
情報の氾濫に、何が正しく、何が間違いか翻弄されます。
投稿者の意見は、一刀両断!
ありがとうございます。 (投稿者:奈良のミー,投稿日時:2016/06/26 09:46:32)

(回答日時:2016/06/27 16:39:23)

1 2 3 4 5

      ※投稿された記事やコメントは運用管理者が承認した後、掲載されます。

山形大学 天羽優子准教授のページ
「水商売ウォッチング」
「水素ラジカルの検出方法及び定量分析方法」 白畑 實隆
pdfファイル
日田天領水ホームページ
健康グッズショップウォーターヘブン
九州大学大学院細胞制御工学教室ホームページ
白畑教授によるエッセイ「水のこころ」
水ビジネス全般に関する疑似科学言説の検証サイト(海外サイト(英文))
Lenntech(オランダの企業)
活性水素水の疑似科学的側面の解説(英文)
日本農芸化学会誌Vol.74(2000) No.9 P994-998
還元水による動物細胞の機能制御と医療への応用 白畑 實隆
連続式電解水生成器等における表現・表示の自主基準について
厚生労働省医薬食品局 監視指導・麻薬対策課
医療機器基準等ホームページ
独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA)