ホーム » 生活環境改善 » 活性水素水・(電解還元水)※現在改訂中です。

活性水素水・(電解還元水)※現在改訂中です。


言説の一般的概念や通念の説明

語句説明

 本項では活性水素水、および電解還元水を評定する(電解還元水言説と活性水素水言説は類似する概念と思われる)。
 「活性水素」とは、(少なくとも本項目では)水の電気分解の際に金属から放出される電子によって水素が金属粒子と結合したものを指す。活性水素水を飲用することによる健康効果としては「抗酸化物質」による酸化防止が主張の大まかな骨格として考えられ、「体内で悪影響を及ぼす活性酸素を除去し、健康効果を得られる」といった広い意味のものや「生活習慣病への予防」、「アンチエイジング効果」といった主張がある。
 本項ではこの活性水素水(電解還元水)について、(主に経口摂取による)健康効果に重点を置きながら記述する。

効果の作用機序を説明する理論の観点

理論の論理性 (低)~(中)

 まず、そもそも「活性水素」が何を意味するものなのか、どのような手順により生成されるとしているのか説明する。
 活性水素仮説の主要な研究者による九州大学の白畑教授によると、水を電気分解したときに発生した水素が陰極表面に付着したものを「活性水素」と指す、と定義している。これ自体は化学の基本的な理解の範囲内であり、『「活性水素」なる「単原子水素」が水中に存在している』といったような一般通念として思われている物とは意味の異なるものであることがいえる(参考:「水商売ウォッチング」)。また、電解還元水についての明確な定義はないが、活性酸素除去効果をもつ還元水であるというのが、活性水素水言説における拠り所として扱われているようである。
 ただし、それらを健康効果として当てはめると不明瞭な点が多い。活性水素が活性酸素に対して除去効果――つまり抗酸化作用がある――としても結局それが人間の身体にどのように作用するのか、といったことへの明確な説明はない。たとえば、「活性水素水」を飲むことによって活性酸素除去効果(体内の活性酸素と「活性水素」が結びつくこと)があるとし、それが健康効果につながるとしても、その範囲は実際に水成分の通る、口腔、食道、胃、腸に限られると考えるのが自然なのだが、「活性水素水」言説においてはあやふやな説明しかない。(このことは、電解還元水言説においても同様の指摘ができる)
 これは、抗酸化作用を謳い、健康効果につながるとしている言説全般に言えることでもあるが、対象となる疾患や「健康」状態の指標が曖昧であることも一因といえるだろう。  

理論の体系性 (中)

 活性酸素が人体において有害であり、生活習慣病などの原因の一つであるという仮説は現在多く研究が進められている分野の一つであり、まだまだ不明な点は多いが今後の応用性が待たれるものではある。
 その中で、細胞内の酵素で分解しきれなかった活性酸素が病気の原因となる、という上記の前述の前提に基づくと、還元作用があるとしている電解還元水、あるいは活性水素水を人体に取り込むという理論は現代科学の体系性から著しく逸脱している理論ではない。
  ただし、活性水素水に活性酸素への消去効果があったとしても(それ自体にも議論がある)、そもそも活性酸素と人体の健康の関係性についての議論が整っておらず、過度な健康効果言説(生活習慣病に「効く」や「がんの予防作用」など)における理論の根拠はまだまだ乏しいといえる。

理論の普遍性 (低)

 活性酸素における研究が進み、活性水素水研究においてもその抗酸化機能が信頼できるデータの蓄積や客観性において認められれば、万人に対して普遍性のある理論となりうるが、現状ではどちらの研究も検証不足だと評価せざるを得ない。
 また、活性酸素が人体に「どの程度」有害で、還元することによって「どの程度」健康効果があるのかという理論が確立されなければ、活性水素水の健康有効性言説の補強にはつながらない。前述の白畑教授の研究も「活性水素水を生成する」という基礎研究の段階であり、ヒトを使った臨床試験にはまだまだ程遠い。
 現在の活性水素水研究では、活性水素を生成しているとするデータの再現性や対象、つまり特定疾患への罹患率などへの特定化がなされていないため普遍性も低いと評価する。
 さらに、サプリメント全般の特徴として、“万人に効果がある”という普遍性の高くなるような“装い”を“まず初めに主張している”という問題点も挙げられる。多くのサプリメントでは、医学的には“未病”か、むしろ“健康状態”の人をその対象の大部分としており、「実は必要なかった」ケースをも初めから含んだ状態で言説が展開されている。こうした普遍性を装っている(ようにみえる)現状において、評定も低評価とするほかない。

実証的効果を示すデータの観点

データの再現性 (低)~(中)

 まず、「活性水素」の検出について述べる。「活性水素」の検出方法としては、「水素ラジカルの検出方法及び定量分析方法」(公開特許公報P2002-35420A)にて検出できるとしている。この技術自体は水の電気分解によって「活性水素」(金属粒子が電子を放出して水素と結合したもの)が生成されるとしたものであり公開されているデータでもあるため、そういう意味では再現性は高いと評価できる。ただし、“公開特許”という表記には注意が必要で、これ自体は製造特許にすぎず、効果を実証する意義をもたないものであることを追記しておく。
 また、これが活性水素水“言説”となると、健康効果についての臨床研究、あるいは「活性水素」が直接的に人体内で活性酸素を除去したかどうかについてよくわかっていないのが実情である。活性水素水だけでなく電解還元水自体の健康効果においても十分に確かめられているとは言えない。

データの客観性 (低)~(中)

 活性水素水のヒトへの健康効果において客観性の高い研究は多くない。「活性水素」とされるものを検出する技術自体はあるが、それと「健康効果」とは区別して考える必要性があるだろう。
 無作為化比較対照試験などの質の高い臨床的な研究によって健康効果が担保されているとはいえない。

データと理論の双方からの観点

データ収集の理論的妥当性 (低)

 「活性水素」それ自体を検出する技術的なステップはクリアしているが、活性水素の健康効果となると妥当なデータが十分に収集されているとは言えない。

理論によるデータ予測性 (低)

 抗酸化物質の人体への影響(健康効果)については、まだ議論の最中であるとはいえ概ね好意的な見解ではある。また、「活性水素」の検出自体も(試験管レベルでは)安定してできるとしているため、基礎研究としての土台は整っているといえる。
 しかし、活性水素と活性酸素の作用関係、ひいてはそれが人体のどの部分にどれほど影響を及ぼすのかという応用的側面についてはまだ不明瞭である。 予測性とは、どのような対象(ヒト)がどのくらい飲んで、そしてそれがどういう効果をもたらすかについて繰り返し検証できるかどうかを推し測る指標であり、そういう意味で、対象疾患が不特定であり、対象者も不明瞭な本言説ではこれを高評価とすることはできない。

社会的観点

社会での公共性 (低)

 活性水素水言説においては、「活性水素それ自体の研究」と「活性水素が人に及ぼす影響」の意味が混同されている。そのため、本来ならば基礎研究の段階である「活性水素」が「健康効果のある活性水素水」として一般に広まっていることが懸念される。
 主要な研究者が積極的に健康言説を広めているというわけでもないが、「活性水素」という名称やその理論の作用秩序などから、商業的、経済的な意味として活性水素水言説が利用されていると考えられる

議論の歴史性 (低)

 「活性水素水言説」において、その言説の作用範囲・効果などが社会において活発に議論されてきたという形跡は見当たらない。また、活性水素水に注目が集まったことが近年ということもあり、単純な歴史としても浅い。

社会への応用性 (低)

 活性水素水言説は商業的、経済的に利用価値が高く「活性水素」というネーミングを用いている商品が見受けられる。説明を簡略化しすぎ、あたかも既に健康効果が確かめられていると誤解させるような文脈もみられる。おおもとの電解還元水の健康効果も十分に確かめられているといえない中、「基礎的研究」から「実用的、応用的研究」へ至るプロセスが省略されており、(それが意図的とも見受けられることは重要な論点だと思われるが)、ビジネス面が先行しているといえる。

総評

疑似科学

 本言説の特徴は、電解還元水や活性水素水がなにを意味し、どのような働きをもっているのかが極めてわかりにくくなっていることである。活性水素水言説が電解還元水言説への説明として機能を果たそうとしている一方で、電解還元水言説自体が何を示すのか不明瞭なまま理論が構築されていることが見受けられる。
  そもそも、活性水素水言説では「活性水素」という語句に対する誤信が一般に広まりすぎていることにその問題の端を発していることが考えられる。単原子水素が自然に独立して存在しているものが(源流的な意味での)活性水素なのではなく、水の電気分解によって検出された水素を「活性水素」と定義しているに過ぎないのだ。
 活性水素水言説では、抗酸化作用を健康効果における“大動脈”として用いているが、しかし本当にその抗酸化作用がヒトに対して効果があるのか、といったことにたいする根拠あるデータはない。前述のように、そのような健康効果を電解還元水言説に求めているが、電解還元水が特定の疾患に対して明確な効果があったという信頼できる研究は見当たらない。
 付け加えると、電解還元水については管理医療機器として製造販売許可の下りているものもある。正式名称を家庭用電解水生成器というこれには、効能、使用目的として厚生労働省告示第112号にて「胃腸症状改善のためのアルカリ性電解水の生成。一般家庭で使用すること」とある(一方で、家庭用医療機器の区分とは家庭用マッサージ器や避妊具(コンドーム)などと同カテゴリー区分であり、それには効果と同様にリスク(安全性)に対する許可(認可)という意味も含意されていることにも注意されたい)。
  活性水素水言説においては(電解還元水言説においても)、仮にヒトに対しての抗酸化作用があったとしても、そこから健康効果に結びつけるためにはまだ幾つもの段階を経る必要があり、仮説検証を繰り返し行わなければならない。
 そういう意味で、現在の活性水素水言説(電解還元水言説の一部)には行き過ぎたものもあり、商業的な側面の強すぎるものとなってしまっている。具体的な疾患への効果などは「まだよくわからない」とするのが妥当だと考える。

参考文献:

『現代医学 七つの大罪』 林秀光
『病を癒す水が日本にもあった』 体が喜ぶ水研究会
季刊『理科の探求』左巻健男 2014春号 特集 ニセ科学を斬る! P48-111
季刊『理科の探求』左巻健男 2015春号 特集 ニセ科学を斬る!リターンズ p50-109

情報提供、コメント、質問を歓迎します。

(最終更新日時2016年1月13日)

投稿

投稿&回答

水素水についても評定をお願いします。 (投稿者:suisosuitokasseisuisosui,投稿日時:2017/08/09 09:47:06)

ご投稿ありがとうございます。現在前向きに検討中でございます。

(回答日時:2017/08/18 19:08:39)

国民生活センターが、 

健康にいいなどとして販売されている「水素水」と水素水生成器の事業者に対し、水素水を飲むことで期待できる効果をアンケートしたところ、最も多い回答は「水分補給」だった。

また、容器入り水素水10銘柄と生成器9機種を調べ、水素が検出されない銘柄や、表示されている水素濃度より低いものが生成される機種があった。そしてセンターは、販売されているものの広告の中に医薬品医療機器等法や健康増進法に抵触するものがあるとして、行政に対し表示の改善を指導するよう要望した。

国立健康・栄養研究所がホームページ上で、

俗に、『活性酸素を除去する』『がんを予防する』『ダイエット効果がある』などと言われているが、ヒトでの有効性について信頼
できる十分なデータが見当たらない。

2016年12月時点 (投稿者:国の発表では,投稿日時:2017/08/06 18:35:33)

ご投稿ありがとうございます。
行政によるこの発表はかなり大きいと思われます。また、昨年の行政のこの公表以来、水素水問題もやや沈静化しつつあるのでは、と認識しております(錯覚かもしれませんが)。
(回答日時:2017/08/18 19:11:58)

水素「水」とタイトルが書いてあるので、若干内容がずれるかと思いますが。
水素って空気中にも大量に含まれていますよね?
国際標準大気、1975年によると、0.5ppm
市販の水素水が、高濃度の物で7ppm(製造時?)
絶対的な摂取量で言えば、体内への取り込みや
毛細血管への暴露は、圧倒的に呼吸によるものの方が
多いと思いますがいかがでしょうか?
(投稿者:あぼ,投稿日時:2017/08/06 00:20:33)

ご投稿ありがとうございます。
ご指摘内容に同調しますが、正確なところはわかりませんね。そもそも、そういう観点からの測定方法があるのかも不明です。お答えになっておらず、申し訳ありませんが。
ただ、件のご指摘に関連して、「わざわざ水素を水で飲む必要があるのか」という観点から本研究にもご協力いただいている法政大学の左巻先生が面白い指摘をされています。
「水素水より「おなら」の方が水素多い 法政大教授の指摘が大反響」
https://www.j-cast.com/2016/06/28270845.html?p=all (回答日時:2017/08/18 19:13:01)

日本トリム社の浄水器に関して販促説明を受けた者です。
日本トリムの浄水器は胃腸作用への効果の点で管理医療機器の認可を得ていますが、この点を強調し還元作用による健康効果にもエビデンスがあるかのように混同させる巧妙な話術でプロモーションしています。
ですので弱アルカリ性化による胃腸作用のエビデンスが抗酸化還元作用にまで敷衍するものでない旨を明記していただけると実践的なリテラシーの向上に役立つ記事になるかと存じます。
ご考慮のほどよろしくお願い申し上げます。 (投稿者:わやくちゃかがくしゃ,投稿日時:2017/07/31 00:28:05)

ご投稿ありがとうございます。
情報提供承りました。
現在改訂中の評定内でも考慮したいと思います。 (回答日時:2017/07/31 06:41:45)

何度も繰り返します。電解還元水を疑似科学と評定されていますが全てと、捉えてもよろしいのですね。そうとしか捉えられませんが。厚労省の認証のうえに重ねて白畑仮説が出てきました。白畑仮説だけを疑似科学と評定するのならばもっと書き方を考えてください。皆さんをミスリードするしユーザーは気分が悪いです。厚労省の認証の臨床データや論文はあるはずですから間違いやおかしいところを厚労省に指摘して下さい。いつも厚労省が正しいとは限りませんから。この件について前にも問いました。答えは、否定はしないが効果の範囲が広すぎると疑義を持っていると。はっきりと疑似科学とされるなら今の評定で結構です。認証に正々堂々と疑義を申し出て下さい。科学と評定されるのなら疑似科学と評定されているのは自己矛盾です。白畑仮説と厚労省の認証は分けて書くべきです。前にも私は指摘しました。どのように心の中、頭の中を整理されているのか、私には解りません。 (投稿者:mizudaisuki,投稿日時:2017/07/15 23:32:52)

(回答日時:2017/07/18 14:21:10)

1 2 3 4 5 6

      ※投稿された記事やコメントは運用管理者が承認した後、掲載されます。

山形大学 天羽優子准教授のページ
「水商売ウォッチング」
「水素ラジカルの検出方法及び定量分析方法」 白畑 實隆
pdfファイル
日田天領水ホームページ
健康グッズショップウォーターヘブン
九州大学大学院細胞制御工学教室ホームページ
白畑教授によるエッセイ「水のこころ」
水ビジネス全般に関する疑似科学言説の検証サイト(海外サイト(英文))
Lenntech(オランダの企業)
活性水素水の疑似科学的側面の解説(英文)
日本農芸化学会誌Vol.74(2000) No.9 P994-998
還元水による動物細胞の機能制御と医療への応用 白畑 實隆
連続式電解水生成器等における表現・表示の自主基準について
厚生労働省医薬食品局 監視指導・麻薬対策課
医療機器基準等ホームページ
独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA)