ホーム » サプリメント » グルコサミン

グルコサミン

言説の一般的概念や通念の説明

語句説明

 本項では、近年メディアを中心に広まっているグルコサミンの健康有効性について評定する。サプリメントをはじめとした経口摂取によるグルコサミン言説では、その効果を関節症全般に広げているが、主要な研究が行われているのは「変形性膝関節症」という特定疾患への有効性においてである。
 ここで、「変形性膝関節症」について簡単に説明する。人間の関節、つまり骨と骨を繋ぐ部分には軟骨が存在しており、その軟骨は加齢とともに劣化していく。そして、膝関節において加重の衝撃を支えきれなくなると「変形性膝関節症」という疾患を発症することとなる。
 変形性膝関節症の自覚症状についてはここでは言及しないが、グルコサミン言説では前述の劣化を軟骨の主要成分であるグルコサミンを多量に摂取することにより防ぎ、「変形性膝関節症」の予防、治療ができるという旨の主張がなされている。
 以上がグルコサミン健康有効性の中心的言説であり、これを「変形性膝関節症」に限らず、他の関節症にまで効果範囲を広げているのが現在のグルコサミン研究の実態である。そこで、本研究ではグルコサミン言説の核心である「変形性膝関節症」に特に対象を絞って評価を行っていき、他の関節症への言及は極力避けながら論述していく。

効果の作用機序を説明する理論の観点

理論の論理性 (中)

 変形性膝関節症の治療に関して、現代医学的視点から理論的な可能性だけを考慮するならば、たとえば、膝関節に直接注射すれば一過性の健康効果は期待できるかもしれない(本項で主に述べるサプリメントと単純比較はできないが)。しかし、それを食べることで実現しようというのは、別問題である。人間は食べた物質がそのまま体中に行き渡るような構造にはなっていないからだ。グルコサミンを体内に取り入れたからといって、すぐにグルコサミンのまま身体の各部位に配分されるわけではない。
 たとえば、人間は一日に三〇〇~四〇〇グラムのブドウ糖(グルコサミンはブドウ糖の誘導体である)を摂取している。しかし、経口摂取サプリメントのグルコサミン含有量はたかだか一~二グラム程度に過ぎない。よって、グルコサミンサプリメント程度の微々たる量をいくら摂取しようと、それが広く体内に輸送されたのち、膝で十分な量のグルコサミンを確保できるか疑問が残る。
 以上を総合的に判断して、グルコサミン言説の論理性は中程度と評価する。ただし、これはグルコサミン理論が合理的説明に基づいているという意味ではなく、あくまで理論的可能性のみを考慮したうえでの評定であることを付け加えておく。

理論の体系性 (低)

 グルコサミン言説の多くでは、体内におけるグルコサミンの生成過程が希望的観測に基づいており、不明瞭な面も多い。論理性項目でも述べたが、そもそもある特定物質を摂取したのち体内にそれがそのまま反映されるのはビタミン類やDHAなどごく一部の成分における仕組みに過ぎない。特に、タンパク質やブドウ糖などは消化吸収されたのちに身体全体に必要な各物質に再生成されるため、グルコサミンを大量に摂取したからといってそれがそのままヒト体内の「必要部位(疾患を抱えている部分)」に対して再生成されると考えるのは楽観的で希望的観測である(ただし、動物実験においてはこうした傾向が示されており、人体への有効性についても示唆されてはいる)。
 以上の理由からグルコサミン研究の他の科学的領域との体系性については低評価とするが、これは暫定評価であることを付け加えておく。

理論の普遍性 (低)

 信頼できるグルコサミン研究において、現在までのところ軽度の変形性膝関節症の治療においてのみ有効性が示されている。しかし、重篤な症状が改善したとの研究報告はなく、予防効果においても同様の評価がされている。よって、グルコサミン言説の効果範囲は極めて狭く、普遍性も低いことがいえる。
 さらに、グルコサミン言説で一般に広く蔓延しているのは「関節における病気全般」に対してであるが、現在のところ軽度の変形性膝関節症においてのみでしか有効性が示されていないことから、普遍性を装っている問題さえがある。

実証的効果を示すデータの観点

データの再現性 (低)

 データの再現性という面ではグルコサミンはまだまだ研究不足である。たとえば、利害関係者のみで構成された団体における研究ではグルコサミン言説を積極的に肯定しているが、実際の研究内容は「個人の感想」といったおよそデータとはいえないものが見受けられる。
 第三者からのチェックのある信頼性の高い研究ではデータの再現性において概ね否定的な結果を示しており、特に変形性膝関節症の予防において肯定的な見解を示している研究報告はない。
 ただし、軽度の変形性膝関節症の治療においては若干ではあるが肯定的なレビューもあり、今後の研究報告次第では再現性において再評価が必要な事態も考えられる。しかし、冒頭で述べたように現在までのグルコサミンの有効性研究ではデータの再現性は低評価とするのが妥当だろう。

データの客観性 (低)

 グルコサミン研究について、優れた客観性を保った実験でその有効性について肯定的な結果を示した実験報告はわずかである。
 ヒトでのRCT(無作為化比較対照試験)が行われている研究もあるが、その多くは否定的な結果に終わっており、有効性を示している研究の多くは他の要因での効果を排除しきれていない。
 また、医学的研究においても症例対象研究が主要となっており、コホート研究などでの予防医学的観点からの研究は皆無といってよい。

データと理論の双方からの観点

データ収集の理論的妥当性 (低)

 そもそもグルコサミンがどのような関節症に対して有効であるのかということを明確に特定している研究報告自体が極めて少ないことは問題だろう。あいまいな表現を用いて様々な関節炎、関節症に効くかのような誤信を抱かせる研究が多く、その効果も自覚症状の軽減をアンケート調査などに頼って行っているものが多い。

理論によるデータ予測性 (低)

 グルコサミン硫酸塩とグルコサミン塩酸塩では身体への作用機序が異なることがデータから示唆されている。しかし、理論面での明確な区別のないまま研究が進められており、そういう意味で予測性は低い。さらに、たとえば米国におけるグルコサミン塩酸塩の扱いは、FDA(アメリカ食品医薬品局)が否定的な見解を示されていたりと、“まだよくわかっていない”というのが実態だといえる。
 対象となる理論に対して実験データがあいまいなまま検証されている現状においては、予測性は低評価とする。

社会的観点

社会での公共性 (中)

 有効性を過度に主張するグルコサミン研究の背景には利害関係者からの資金援助や企業が商品化するために行った“研究”である場合が多く、これはグルコサミン研究のメタ分析においても明らかになっている(1)。変形性膝関節症の有効性に特定した研究においても前述の傾向性は当てはまり、特に予防効果があるとした研究ではそうした公共性が保たれているものはないといってよい。
 いわゆる健康食品というカテゴリー内でのグルコサミン研究において、米国ではFDA(米国食品薬品局)、日本では国立健康・栄養研究所といった信頼できる団体では“どちらともいえない”や“まだよくわからない”といった玉虫色の見解を発表している。
 以上を総合的に判断して公共性は中程度と評価するが、「学術団体」を称した営利団体の研究には留意する必要があるだろう。

議論の歴史性 (中)

 グルコサミン言説では、欧米各国では長くその効果が認められてきた、といったものがある。確かに、特に欧州においてグルコサミン(硫酸塩)の効果が肯定的に捉えられていることも見受けられるが、こと「議論」という意味では、それが成熟したものであるとは言い難い。肯定的な効果があるようにみえるから、なんとなく使われているようにも見受けられ、反省的な議論が展開されてはいないだろう。
 日本においてはそれがさらに顕著であり、塩酸塩と硫酸塩との区分においてすら誤解されたまま流布され、それへの批判的な議論も見受けることができない。

社会への応用性 (低)

 日本で中心的に研究されているグルコサミン塩酸塩は、国の「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質」として指定されている(3)。これは「食薬区分」において、医薬品的効果を謳わなければ「食品衛生法」の管理下に置かれるという意味である。
 逆に「専ら医薬品として使用される成分本質(原材料)リスト」にカテゴライズされているものは、いわゆる健康食品(「サプリメント」など)として使用できない(こちらは「医薬品医療機器等法(旧薬事法)」の規制の対象となる)。
 より厳格な「医薬品医療機器等法(旧薬事法)」に抵触しその規制を受けてしまうため、「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質」に区分されているものにおいて、その効果について強い主張は行いにくいはずだ。
 しかし、日本ではその事実を逆手に取り「サプリメント」として広く流布されることを肯定しているかのような言説が多く見受けられる。それらはメディアを利用した宣伝戦略に多く見受けられ、そうした実態が、社会一般がグルコサミン言説に対して十分な知識を得るための機会を逸する要因となってしまっているとさえいえるだろう。
 以上から、グルコサミンの社会での応用性については低評価とする。メディアを使った宣伝戦略、市場開拓がグルコサミン言説の科学的信頼性を決定的に損なっているといってよいだろう。

総評

疑似科学

 グルコサミン研究の最大の問題点は、サプリメント市場を意識した研究姿勢と体制である。例えば信頼性のある研究でも、ごく軽度の変形性膝関節症の治療効果においてのみ若干有効性のあるというレビューは発表されている(2)が、それを重度の変形性膝関節症の治療や予防効果、そして他の関節症にまで効果範囲を広げて主張しているのが現在の多くのグルコサミン言説である。これでは単に市場規模を広げるための説明であり、科学的研究とはいえない。
 今後グルコサミン言説が科学的な研究姿勢を整えるためには、サプリメント市場との決別、効果範囲を特定疾患に絞るといったことが必要である。そして消費者においても、安易で過激な主張に惑わされない知識を身につけることが重要である。

参考文献:

(1)「Effects of glucosamine, chondroitin, or placebo in patients with osteoarthritis of hip or knee: network meta-analysis」 Simon Wandel, Peter Jüni, Britta Tendal, Eveline Nüesch, Peter M Villiger, Nicky J Welton, Stephan Reichenbach, Sven Trelle BMJ 2010;341:c4675
(2)「Randomised, Double-Blind, Parallel, Placebo-Controlled Study of Oral Glucosamine, Methylsulfonylmethane and their Combination in Osteoarthritis.」 Usha PR, Naidu MU Clin Drug Investig. 2004;24(6):353-63.
(3) http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syokuten/040601/betu.html 「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)」の食品衛生法上の取扱い 厚生労働省 『ひざの痛い人が読む本』 井上和彦・福島茂
『グルコサミンはひざに効かない』 山本啓一
『「リスク」の食べ方』 岩田健太郎

情報提供、コメント、質問を歓迎します。

(最終更新日時2016年5月31日)

投稿

投稿&回答

有意義なサイトを構築されておられることに敬意を表します。生命現象は遺伝情報の発現に関する「セントラルドグマ」に則って展開します。この生命の摂理を常に意識されて今後も活動されることを願います。【タンパク質やブドウ糖などは消化吸収されたのちに身体全体に必要な各物質に再生成されるため、グルコサミンを大量に摂取したからといってそれがそのままヒト体内の「必要部位(疾患を抱えている部分)」に対して再生成されると考えるのは楽観的で希望的観測である】とありますが、一低分子化合物であるグルコサミンやブドウ糖と、遺伝情報によって作られる「情報高分子」であるタンパク質は同列に扱わない方がよいと思います。生物は、生きていくために必須の機能分子である莫大な種類のタンパク質を各遺伝子が指定する順番でアミノ酸を繋げることによって作ります。遺伝子の指令によって細胞の中で重要なタンパク質を作るのが生命の摂理であり、コラーゲンも「酵素(一般名詞としての酵素には意味がありませんが)」も経口摂取してもそのまま働くものではありません。それに比べて、グルコサミンは遺伝物質でも高分子物質でもありません。経口摂取の後、一部は代謝や分解されるでしょうが、原理的には、何らかの効果があっても不思議ではありません(実際にどうかは別問題で、あくまで原理の問題です)。この区別はとても大事だと思います。グルコサミンやブドウ糖に再生成という概念は持ち出さない方がよいと思います。因みに、タンパク質も「再生成」されるわけではありません、「自分の」タンパク質を新たに作るわけです(タンパク質と言う言葉自体にも意味がありません、どのタンパク質か(どの遺伝子の産物か)ということが重要です)。 (投稿者:MB,投稿日時:2016/07/14 08:23:44)

(回答日時:)

(回答日時:2016/06/01 17:10:52)の回答に対するコメントです。
> 国立健康栄養研究所の「総合評価」において、変形性膝関節症への有効性が示唆されているとは書かれていないようですがいかがでしょうか。
以前の私のコメントを引合いに出し、上記のコメントをしている事から推測すると、もしかして回答者様は変形性膝関節症について理解せずに回答を書いておられますか?変形性膝関節症と骨関節炎の関係をちゃんと調べて頂けば、私が指摘している意味が分かると思います。
> 改訂すべき個所とその草案をいただけないでしょうか。それによって改訂作業も捗りますし、また、議論すべき箇所も明確になると思います。
ごめんなさい。サイト運営側ではないので、そこまでやってあげる義理はありません。情報提供した事を精査し、ご自身でちゃんと更新していきましょう。学生の内から楽をしようとしていたら、社会に出て通用しませんよ。いいサイトになるよう頑張って下さい。
(投稿者:情報提供者,投稿日時:2016/06/03 09:35:03)

>変形性膝関節症と骨関節炎の関係をちゃんと調べて頂けば、私が指摘している意味が分かると思います
ーーすみません。わかりません。「骨の炎症」あるいは「関節炎」という意味では括ることができるでしょうが、そういうことですか?というよりそもそも、「骨関節炎」では幅が広すぎ、何を指しているのかちょっとわかりにくいようにも見えますね。
また、国立健康栄養研究所における有効性の「総合評価」には、
(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
このような記載もあり、情報提供者さまのこれまでのコメントに見るような「有効性は示唆されている」ということを担保できるものでもないように思います。

>ごめんなさい。サイト運営側ではないので、そこまでやってあげる義理はありません。情報提供した事を精査し、ご自身でちゃんと更新していきましょう。学生の内から楽をしようとしていたら、社会に出て通用しませんよ。
ーーええ。まったくおっしゃる通りだと思います。
ただ、惜しむらくは、情報提供とされつつ、その実、議論においても「優位に立とうとされてしまった」ことでしょうか。
非常に参考になるご意見、ありがたく思っていますが、「情報提供」とされるならば、最後の言及は必要なかったのではないでしょうか。単に「暇がない」「義理がない」とのお返事だけで十分で、そのあとの私個人への言及(ととれるもの)が、かえって議論を誘発させてしまっているように思うのですが……。
出過ぎたことを言いましたが、ご自身の「立ち位置」は明確にされたほうがよいかと思います。 (回答日時:2016/06/03 11:14:38)

(回答日時:2016/06/01 16:56:21)の回答に対するコメントです。
残念ながら、国立健康栄養研究所にある情報が全てではありません。情報源が偏っているから、このページの情報が偏ってしまっているのです。他人がまとめたページを鵜呑みにするのではなく、こういうHPを作るのであれば、ご自身でPubmed等で文献検索をして情報収集をした後、ページを作成しては如何でしょうか。

(回答日時:2016/06/01 16:56:39)の回答に対するコメントです。
リンク先のFDAのページを確認するよう要望しましたが読んでおられますか?ざっくり読んだ感じですと、このページはグルコサミンの効果について、肯定や否定しているページではなく、Rotta社がFDAに変形性膝関節症などのリスク低減表示について許可申請をして、それに対してFDAが提出された情報では科学的根拠が薄いので許可できないという内容ではないでしょうか?(ゆっくり読む暇がなかったので、間違ってたらすいません)
そもそもアメリカではグルコサミンが膝関節向けのサプリメントとして日本よりも堂々と売られているのはご存知ですか? (投稿者:情報提供者,投稿日時:2016/06/02 15:16:03)

>残念ながら、国立健康栄養研究所にある情報が全てではありません
ーー??論点がズレているような気がするのですが……。
情報提供者さま:「データの客観性」と「データ収集の理論的妥当性」についての要望を出させて頂きます。
記載されている情報の元になった出典を教えて頂けないでしょうか。

たとえば、国立健康栄養研究所におけるグルコサミンの有効性について、少なくとも「変形性膝関節症」については肯定的であるとのレビューはほとんどないように見受けられます。

残念ながら、国立健康栄養研究所にある情報が全てではありません。情報源が偏っているから、このページの情報が偏ってしまっているのです。

こちらは、「出典を……」とのご意見に対する返答ですので、このレスポンスでは意味をなさないように思います。また、別のコメントにおいては、
>信頼できる団体である国立健康・栄養研究所のグルコサミンページの総合評価を見る限り、「有効性が示唆されている」となっており、HPの記述と矛盾しておりますが、
ーーともあり、これでは筋が通らないようにも思います。
>Rotta社がFDAに変形性膝関節症などのリスク低減表示について許可申請をして、それに対してFDAが提出された情報では科学的根拠が薄いので許可できないという内容ではないでしょうか?
ーーこれは、対象リンクのネーミングに問題がある、というご意見だという認識でよいでしょうか。確かに語弊がありますかね。改訂します。
(回答日時:2016/06/03 10:38:20)

(回答日時:2016/06/01 16:42:42)の回答に対するコメントです。
プラセボの異常値というのは、プラセボの改善率が明らかにおかしな数字だという事です。私の主観かもしれませんが、通常プラセボの改善率が60%もあれば、プラセボ効果以上の何かが起こっていると考えられませんか?

(回答日時:2016/06/01 16:55:08)の回答に対するコメントです。
> こういう問題は潜在化しているようには考えられないでしょうか?
そう考える事ができると思いますが、だから疑似科学だという結論に至るのとは違うと思います。
> 過去に「あんち」さんへの回答における「意味」とは矛盾するのではないでしょうか?
「あんち」さんはグルコサミンが配合されている医薬品について「医薬品承認のルートに何らかの抜け道・欠陥があるのでしょうか?」とのご質問でしたので、コンドロイチンを医薬品にする事、グルコサミンを医薬品添加物として配合する事はルール上問題が無い事をお教えしたにすぎませんので特に矛盾はないと思いますけど・・・。私の文章が下手過ぎて変な「意味」に捉えられてしまったのだったら申し訳ありません。

(投稿者:情報提供者,投稿日時:2016/06/02 13:49:56)

>私の主観かもしれませんが、通常プラセボの改善率が60%もあれば、プラセボ効果以上の何かが起こっていると考えられませんか?
ーーすみませんが、よく知らないのですが、グルコサミン研究においては、通常プラセボの改善率が60%以上あれば、「プラセボの異常値である」と考えるような、何か「総意」のようなものがあるのでしょうか?

>医薬品承認のルートに何らかの抜け道・欠陥があるのでしょうか?」とのご質問でしたので
ーーなるほど。理解しました。
(回答日時:2016/06/03 10:19:35)

「社会への応用性」へのコメントです。
前半の説明は正しい説明が分り易く説明されており素晴らしいですが、「しかし」以降の部分をもう少し丁寧に分り易く記載頂けないでしょうか?
現状の文章を読んでの私の感想としては「事実を逆手に取り「サプリメント」として広く流布されることを肯定しているかのような」とありますが、この項目に記載されているように、事実としてグルコサミンは医薬品ではなく食品である為、逆手に取らなくてもサプリメント(=食品)として流通するもので、別に問題ないのではないでしょうか。
宣伝戦略とそのせいでグルコサミンの知識を得る機会を逸するとしていますが、その因果関係をわかりやすく教えて頂けないでしょうか。宣伝戦略は商品を売る為の物であり、知識の提供とセットにすると薬機法に抵触する可能性が高い為、同時に行う事はなかなかできません。その為、サプリメントメーカーは如何に薬機法に抵触せずに訴求を顧客に伝えるかの工夫をしています。(サプリメント全体でみると薬機法に抵触して、効果効能を書いてしまっているのを多く見かけますが・・・)。
また、グルコサミンの知識を得る機会を逸するとありますが、このHPの方がそれに該当するように思います。科学的根拠をほとんど示さずに否定し、示したとしてもマイナス情報ばかりをピックアップしているため、情報の偏りが多く、グルコサミンについて正しい知識を得る機会を逸しています。こういったHPこそ、否定的な情報も肯定的な情報も全てオープンにする事が大事だと思います。 (投稿者:情報提供者,投稿日時:2016/06/02 13:43:39)

なるほど。そうした見方もあるかもしれませんね。
しかし、
>その為、サプリメントメーカーは如何に薬機法に抵触せずに訴求を顧客に伝えるかの工夫をしています
ーーまさにこの問題を指摘しているわけでして、現在の販売の実態を「工夫」という見方をするのには、少々疑問を覚えます。 (回答日時:2016/06/03 10:26:08)

1 2 3 4 5

      ※投稿された記事やコメントは運用管理者が承認した後、掲載されます。